tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

テニスがおもしろい理由 アメリカに来て、テニス中毒になってしまったケルンの日記。

USオープンドロー。

来週から始まる全米オープンのドローが発表になりました。

トップハーフにジョコビッチとマレー。
ジョコビッチのクォーターは、順当にいくと3回戦でデミトロフ、準々決勝でデルポトロと当たることになります。

先日のシンシナティのトーナメントの時、解説者たちが、今、順位を上げて来ている若手プレーヤーの中で、誰をコーチしたいかという話になりました。リストには、錦織、ラオニッチ、ポスピシル、ヤノウィッツ、デミトロフが挙っていたのですが、パトリック マッケンローやダレン ケイヒルら解説者が意見一致で選んだのがデミトロフでした。
全米でも活躍するかも?

マレーは、初戦がロドラ、準々決勝でバーディッチ。
マレーのウィンブルドン優勝以降のトーナメントの結果は、今ひとつ。
去年の決勝の二人は、今年はセミファイナルで対決となることになります。

ボトムハーフは、フェレールとナダル

フェレールのクォーターは、9人のクウォリファイヤーが集まっています。フェレールの初戦も予選通過者。
でも、3回戦でグルビス、4回戦でヤノウィッツと、ワイルド系のプレーヤー、準々決勝はガスケかラオニッチ?若手の強敵がそろっています。
このクォーター、誰が出てくるか分からなくて面白そうです。

ナダルのクォーターは、初戦がアメリカのハリソン、2回戦がポシピシル、4回戦にイスナー、準々決勝にフェデラー
おっと、錦織選手が出てくるかもですね。錦織選手は2回戦でトミック。ここの準々決勝は、ナダルは堅いでしょうが、相手はどうなるかわかりませんね。

この夏のトーナメントをみるに、優勝候補はナダルでしょう。
USオープンシリーズも、イスナーを追い越して1位となったので、もし、全米オープンで優勝すれば、$2.6ミリオンの賞金に、$1ミリオンのボーナスがつき、トータルで$3.6ミリオン。
テニストーナメント史上、最高の賞金となります。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルXフェレール 全仏決勝。

ナダルは、4時間37分のフルセットでジョコビッチを降し、決勝進出。
グランドスラム記録、同じ大会での8勝を賭けて、カントリーマン フェレールと対戦です。

準々決勝でフェデラーにストレートセットの勝利のソンガ、フランスの期待を背負って、ルコンテ以来(1988)の決勝進出を目指していましたが、ストレートセットでフェレールに敗退。
フランス人の全仏チャンピオン、30年のドラウトはまだ続きます(1983年のヤニック・ノア以来)。

フェレールは、この全仏でまだ1セットも落としていません。
彼にとっての、初めてのグランドスラムファイナル。緊張するだろうなぁ。
オープン史上、グランドスラム決勝進出までに一番大会数を要したプレーヤー。
ナダルとの対戦成績は4-19と芳しくありませんが、フェレールのハードワークが実るといいな。Go Ferrer!!


時間をさかのぼり、フェデラーの準々決勝の敗退は残念。多分、もう全仏勝利のチャンスはめぐってこないだろうなと思いますが、今回のファイナリスト フェレールも31歳。Never say neverです。

錦織選手のナダル戦も残念な結果。
相手が全仏のナダルなので、仕方ない気もしますが、コメンテーターのジョン・マッケンローが、錦織のセカンドサーブは今後の大きな課題と言っていました。あと、風が強かったので、ショットを打つ時に、無駄にジャンプしない方がいいとも言っていたかな。
大きな大会、ベスト16までは進めても、ベスト8の壁は厚いです。
ギルバートが以前、錦織のロールモデルはフェレールと言ってました。まずは、目指せベスト10です。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 04:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

全仏’13 30-years-old+の活躍。

ロブレド、またも2セットダウンからカムバック。アルマグロに勝利で、ベスト8に進出です。
3試合連続2セットダウンからのカムバック勝利は、グランドスラム史上86年ぶりの快挙。
手術を要した左足の怪我のため、去年の今頃の彼のランキングは470位。アルマグロに勝利後、泣いている彼を見て、私も得意のもらい泣きでした。

ロブレドの次の相手は、同じく31歳のフェレール。調子のよかったケビン・アンダーソンに3,1&1のストレートセットの貫録勝ち。

そして同じく31歳のフェデラーは、シモーンにフルセットで勝利。
1セット目が6-1フェデラーだったので、そのままスイスイと行くかと思いましたが、次の2セットをシモーンが取り、1-2からのカムバックとなりました。
シモーンは、1回戦(Def ヒューイット)、3回戦(Def クエーリ)とも5セットマッチだったので、ちょっと疲れがでたのかも。

というわけで、ボトムハーフからは、3人の31歳がクオーターファイナルにコマを進めました。

トップハーフでも、ランキング100位以内の最年長プレーヤー、35歳のハースが、ユーズニー戦(彼は30歳)を制してベスト8の切符を手に入れる可能性も高そうです。

そして注目のナダル×錦織。ベスト16の中では最年少の錦織選手が、どこまでナダルに太刀打ちできるか、楽しみです。


ところで、ちょっと時間をさかのぼり、3回戦の一番のブロックバスター マッチアップ、ジョコビッチxデミトロフは、デミトロフのプレイを期待していただけに、ストレートセットでの敗退は残念な結果。

グランドスラムでは、マドリッドのようなとりこぼしはジョコビッチにないだろうとは思いましたが、もう少し競って欲しかったな。
将来のNo.1、ベイビーフェデラー(+ シャラポバのボーイフレンドでもある)と呼ばれてきたデミトロフ、以前のフェデラーのコーチについていたこともあり、サービスモーションは、フェデラーのサーブそのもの。
ナブラチロワが、このパワーヒッティングの時代に、シングルバックハンドはどうかなと言っていましたが、これからの彼の活躍に注目です。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

French Open 2013 天気の影響。

今年のフレンチオープン、寒い上に雨が多い。
開催前から、今年のローランギャロスはは何十年ぶりかの寒さ、そして雨が多い予報ということでしたが、この天気の負の影響を受けるであろうといわれているのがナダル

湿ったコートと寒さで、彼の武器であるトップスピンでジャンプするボールの威力が減少、他のプレーヤーにとってのチャンスのフレンチオープンとなるであろうという話です。
この天気であれば、セミで当たった場合、ジョコビッチがナダルに勝てる確率がかなり高くなると。

そして、今年のドローがトップヘビーのため、”もう一度フェデラーがフレンチを勝つとするなら今年”とも言われています。
ボトムハーフの、先日ローマでジョコビッチに勝ったバーディッチも、モンフィースの活躍ですでに敗退。
可能性として、フェデラーが決勝に行くまで、相手がすべてフレンチプレーヤーというのもあり得そうです。

怪我からのカムバックトレイルのモンフィース、バーディッチの試合をフルセットの末の勝利、2回戦も、ATPヘッドケースプレーヤーのトップに挙げられるグルビスに3-1で勝利で、両方ともエンターテイニングな試合でした。The player to watchです。

今回のフレンチ、まだ錦織選手のプレーは一度も見ていませんが、2回戦も勝利で、次の相手は、こちらもかなり強いキャラクターのベノワ・ペール。ローマではセミファイナルまでいったプレーヤー(l. Federer)。
勝利して、4回戦でナダルに挑んでもらいたいところです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織クンのメンフィス決勝。

錦織クンが、メンフィスのトーナメントの決勝に進出。
準々決勝で、チリッチに勝ててよかったね。

相手は、フェリシアノ ロペス。イストミンに勝利しての決勝進出。(イストミンの名前を聞くたび、薬のような名前だと思う)

メンフィスのトーナメント、ATP250だと思っていたら、500だったんだね。
獲得ポイント高いし、勝てるといいな。
今日は家にいて、試合をみるとします。


今週、デュバイのトーナメントに出るジョコビッチが、来週、ロサンゼルスにやってきます。
UCLAで行われるチャリティーエキシビション "LA Tennis Challenge"。ムスメに見に行ってみたらといっておいたけど(私は仕事のため無理なので)、チケットは50ドルだそう。
それにしても、もしデュバイで土曜の決勝まで行けば、地球の裏側まで飛んできて、翌週月曜のエキシビションに出るって言うんだから、トッププレやーも大変だなぁと思います。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 03:41 | コメント(1)| トラックバック(0)

ジョコビッチとユニクロ。

あれよあれよという間にフレンチオープンが開幕。

この全仏から、タッキーニからユニクロへ衣替え(5年契約)のジョコビッチも、スタラーチに30で勝利。

2009年に、ジョコビッチと10年契約を結んだタッキーニですが、タッキーニにとって、ジョコビッチがビッグになりすぎ、彼との契約金も、彼のウェアの流通も追いつかなくなったとのこと。

2007年に破産後、香港の実業家に買い取られたタッキーニでしたが、ワールドNo.1となったジョコビッチを抱えるのは無理だったようです。

それにしても、錦織クンやジョコビッチのユニクロウェア、地味です。


今日の見所は、アザレンカのカムバック。
イタリアのブリアンティを相手に、前半大苦戦。
1セット目をタイブレークで落とし、そして2セット目04からのカムバックでした。(67、64、62)
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

マスターズ ローマ。

ベスト4が出そろいました。
セミは、ジョコビッチxフェデラーナダルxフェレール。

ジョコビッチ、ナダル、フェデラーのトップ3が、そろってセミファイナルに進んだのは、2007年の全仏以来、24回目。
この3人は、コンシスタントに強いです。
このうちの7回は、マレーもベスト4に進んでいます。

ジョコビッチは、マドリッドのブルークレーを批判した後、このローマのコートをパラダイスと呼んでいましたが、セミまで順調に勝ち上がってきています。

全仏前の最後のビッグトーナメント、明日の試合を楽しみにしておきます。


さて、今日はこれからムスコをエアポートに迎えに行くのですが、到着時間は午前1時半。
こんなに遅くまで飛行機って飛んでるんだね。びっくりです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

マドリッドの決勝と#2ランキング。

マドリッドの決勝は、フェデラーxバーディッチとなりました。

デルポトロとフェデラーだと思っていたけど、バーディッチが1セット目と2セット目をタイブレークで制して勝利。

フェデラーとティプサレビッチの方は、62、63。

風がとても強かったらしいですが、試合後、ティプサレビッチは、
”コート上でのいろいろな状況に、うまく合わせてプレイできるという面で、フェデラーはワールドNO1プレーヤーだと思う。”と話しています。


ここで面白くなってきたのが、ワールドランキング。
フェデラーが優勝すれば、ナダルを抜いて第2位となります。
まだローマのマスターズがあるので、どうなるか分かりませんが、フレンチオープン前の、2位と3位の入れ替わりは大きいです。

1位と2位、または3位と4位が入れ替わっても、たいしたことはないですが、2位と3位ではシード上の影響がかなり違います。

もし、No3シードだと、シード選手が順調に勝ち進んだ場合、ジョコビッチとナダルの両方に勝たなくては優勝はありませんが、フェデラーがNo2シードをゲットできれば、50%の確率でジョコビッチとナダルが同じハーフになるので、どちらかに勝てばいいということになります。

さてさてどうなるでしょう。


明日は母の日です。
Happy Mother's Day to all the moms out there!!!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

マドリッドの決勝と#2ランキング。

マドリッドの決勝は、フェデラーxバーディッチとなりました。

デルポトロとフェデラーだと思っていたけど、バーディッチが1セット目と2セット目をタイブレークで制して勝利。

フェデラーとティプサレビッチの方は、62、63。

風がとても強かったらしいですが、試合後、ティプサレビッチは、
”コート上でのいろいろな状況に、うまく合わせてプレイできるという面で、フェデラーはワールドNO1プレーヤーだと思う。”と話しています。


ここで面白くなってきたのが、ワールドランキング。
フェデラーが優勝すれば、ナダルを抜いて第2位となります。
まだローマのマスターズがあるので、どうなるか分かりませんが、フレンチオープン前の、2位と3位の入れ替わりは大きいです。

1位と2位、または3位と4位が入れ替わっても、たいしたことはないですが、2位と3位ではシード上の影響がかなり違います。

もし、No3シードだと、シード選手が順調に勝ち進んだ場合、ジョコビッチとナダルの両方に勝たなくては優勝はありませんが、フェデラーがNo2シードをゲットできれば、50%の確率でジョコビッチとナダルが同じハーフになるので、どちらかに勝てばいいということになります。

さてさてどうなるでしょう。


明日は母の日です。
Happy Mother's Day to all the moms out there!!!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:18 | コメント(1)| トラックバック(0)

ジョコ&ナダル マドリッドボイコット。

評判の悪いマドリッドのブルークレー。
昨日、ベルダスコに逆転負けを喫したナダルに続き、今日、ティプサレビッチに敗れたジョコビッチも、マドリッドのコートが、このブルークレーである限りは、来年はここではプレイしないとのこと。

ジョコビッチは、「今週のトーナメントのことは、少しでも早く忘れて、”本当のクレー”でのプレイに気持ちを切り替えていきたい。」と話しています。

でも、このサーフェスを批判しながらも、うまくプレイできているプレーヤーもいるわけで、マドリッドのブルークレーは、ジョコビッチとナダルに、フィジカル+メンタルな影響も及ぼした?

明日のセミは、ティプサレビッチxフェデラー、バーディッチxデルポトロ。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

マドリッド ブルークレー。

マドリッドのマスターズ1000が始まります。
このトーナメントって、WTAも一緒だったっけ?と思ったら、2011年からコンバインされたそう。

久しぶりにフェデラーもトーナメントに帰ってくるのは楽しみ。
マドリッドの新しいブルークレイコートは、滑りやすいらしい。
プレーヤーの間では、今のところ評判は芳しくありません。
テレビで観るには、球が見えやすいでしょうね。




マレーは、背中のけがで欠場。錦織クンもバルセロナで痛めた腹部のけがのため、マドリッドとローマは欠場のよう。全仏までに戻って来られるといいですね。


さて、1年ちょっと前にセカンドジョブをゲットしてから、とにかく時間がなく、テニスもとんとご無沙汰していたのですが、6月半ばに片方の仕事が、8月の初めにはもう一つの仕事も終了することになり、トンネルの終わりが見ててきたぞ!という感じ。
引っ越す前に、少しテニスもできるかも。

Uターンまで、あと3ヶ月!
早く家が売れないかなー。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップ 2012。

明日から、デビスカップ。

スイスxアメリカは、もちろん放送があるので、楽しめそうです。
アメリカのダブルスのボブ ブライアンは、先日の赤ちゃんの誕生で、今回のデビスカップはお休み。
マイクがハリソンとチームアップなので、スイスの金メダリストダブルスチーム、フェデラー&バブリンカにもチャンスがあるかも。

日本とクロアチアも接戦が期待されているとのこと。
http://www.daviscup.com/en/news/articles/close-match-expected-between-japan-and-croatia.aspx
Bourbon Beans Dome で行われると書いてあったので、バーボン ビーンズ? 変わった名前だなぁと思っていたら、お菓子のブルボンが冠だったのですね。
ビーンズドームということで、豆の形をしたドームなのでしょうか。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:51 | コメント(2)| トラックバック(0)

テニスストリング。

遅ればせながら、錦織クンの全豪ベスト8、立派でした。
ビッグ4には、まだなかなか歯が立たないものの、(とはいえ、年末のくたびれてしまったジョコビッチには勝ているので)また彼への期待が高まります。

先日、ついに、大量に買いだめしていたストリングが在庫切れ。
オンラインで見てみると、"こんなに高かったっけ?”という値段になってた。
しばらくストリングスを買わなかったうちに(どれくらいだろう。2年ぐらい?)、値上がりしちゃったの。
きっと、知らないうちに新しいのがいっぱい出てると思うので、他のを試してみようかな。

ナチュラルはとても高いので、シンセティックでナチュラルに近くて、値段も手頃っていうのはないものでしょうか。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

6度目の優勝。

フェデラーが、ソンガにフルセットで勝利。
ATPファイナル、6度目の優勝。このシーズンエンドのトーナメントの最多優勝記録です。

1セット目をフェデラーが6ー3で取った後、2セット目も54とリードしてのサービスゲームでしたが、ソンガがブレイク。
そしてタイブレークをパワーでソンガが取り、3セット目へ。

ソンガに流れが変わったかなと思ったけれど、フェデラーが1ブレイクをキープして、3セット目も6ー3で制して、去年に続き、今年もチャンピオンとなりました。

フェデラーは、ラウンドロビンを含めて、全試合に勝利ということで、1500ポイントと賞金160万ドルをゲット。


ダブルスの方も、ベテランデュオ、ネスター&ミルニがポーリッシュペアのマトコウスキー&ファステンバーグを下して優勝。

彼らも、フェデラーと同じく全勝で優勝。
賞金の方は、29万ドル。シングルスと比べると、かなり差が激しい... : (


というわけで、ATPのシーズンはこれで終了ですが、今週末は、デビスカップの決勝です。

スペイン x アルゼンチンは、スペインがナダル、フェレール、ベルダスコ、ロペス。アルゼンチンが、デルポトロ、シーズン終盤で調子を上げたモナコ、そしてベテランのナルバンディアン、チェラというラインナップ。

ホストはスペイン。セビルのコートは、クレーのインドア。
アルゼンチンもクレーには強そうですが、層の深さからいくと、ATPファイナルの疲れが、ナダルとフェレールにどれだけ影響するかもあるけど、やっぱりスペインかな。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATPファイナルの決勝。

シングルスは予想通り、両試合もストレートセットで、フェデラーdefフェレール、ソンガdefバーディッチ。

決勝はラウンドロビンのリマッチ、フェデラー x ソンガ。
ソンガは、ATPファイナル、初の決勝進出。
フェデラーは、優勝すれば、レンドル、サンプラスの記録を抜いて、ATPファイナル6度目の優勝記録を達成します。

明日の決勝は、フェデラーの100回目の決勝。
100回のマイルストーンは、コナーズ(163)、レンドル、マッケンロー、ビラスに続き、オープンエラで5人目。


ダブルスの方は、ブライアンズがネスター&ミルニに敗退。
そしてポーランドペアのマトコウスキー&ファステンバーグが、インドペア、ブパティ&パエスにマッチタイブレークで勝利。

ネスターとミルニは、共に他のパートナーと優勝経験あり。
ポーランドペアは初のATPファイナル、決勝進出です。


さて、サンクスギビングが終わり、次はクリスマス。
今日は暖かかったこともあり、外の飾り付けもほとんど終了。
家の中もかなりホリデーシーズン調になってきました。
続きは明日かな。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATPファイナル 4強。

今日も意外な結果のグループAでした。

ジョコビッチがティプサレビッチにストレートセット負け。
そして、バーチッチが、1セットダウンからフェレールに逆転勝ちで、グループのトップでセミファイナルへ。

ジョコビッチは、試合後、シーズンの終盤で燃料切れ状態だと話していました。

ということで、セミファイナルは、フェデラーxフェレール、ソンガxバーディッチ。

ダブルスの方も、2勝してセミに進出を決めていたブライアンズが、ブパティ&パエスに破れ、勝敗が21でタイとなり、Head-to-Headの結果で、インドペアが、グループAの1位となりました。

ダブルスのセミファイナルは、ブパティ&パエス x マトコウスキー&ファステンバーグ、ネスター&ミルニ x ブライアンズ。


Black Friday Saleは、予定通り、朝5時過ぎに出発。
8時にはミッション終了で帰ってきました。
今年のブラックフライデーは、ミッドナイト(またはそれよりも前)にオープンする店が増えたためか、いつもより空いていた気がするな。
私たちが着いた頃に、帰る人がたくさんいたし。
明日は、クリスマスのオーナメントを出すことにしています。
いよいよホリデーシーズンだね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATPファイナル ソンガがセミへ。

今日はThanksgiving。
今年はターキーの代わりにチキンにしてみる。


山のように食べ、子供をお腹に抱えているよう。

ATPのファイナルを、今日は結構見ることができました。
ナダルがソンガに敗退で、フェデラーに続き、ソンガがセミへ進出。
ナダル、肩の調子が今ひとつだったようですが、O2アリーナのサーフェスは、やはり得意ではなさそうです。

明日のグループAのラウンドロビン最終戦、絶好調のフェレールに続き、セミへ出てくるのは誰になるのか、楽しみです。
それにしてもフェレール、マレーとジョコビッチに勝利で、グループいち抜け、すごいです。

明日はブラックフライデーの買い物に出かける予定。
早起きできるかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

上海ベスト4。

上海のベスト4が出揃いました。

フェレールxロペス、そしてマレーx錦織。

錦織クンは、ドルゴポロフにストレートセットで勝利したんですね。
寝ている間の出来事で、再放送を見ることとします。よかったね。

セミに進出ということで、来週の月曜の錦織クンのランキングは、プロジェクトで32位。
マレーに勝利できると20位台です。1000のトーナメントのポイントは大きいです。
ジョコビッチとフェデラーがお休みのマスターズですが、ベスト4はすごい。

フェレールは、このトーナメントでロンドンのATPファイナルにクォリファイ。
残ルスポットは3人。

まだパリのマスターズもあるし、大逆転がないともいえませんが、今の6位から8位のバーディッチ、フィッシュ、ソンガでそのままいけそうな気がします。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

上海ベスト8。

上海のベスト8、錦織クン、よかったね。

ソンガに2回戦で当たるドローだったので、なんでまたと思ったのですが、ソンガに勝利の後、今日、ジラルドにも勝利で、ベスト8に進出。

ソンガに勝った時点で、プロジェクト45は達成ということだったので、今度のプロジェクトは“20”ぐらい?

自信が大きく影響するテニスなので、このトーナメントでつけた自信で、これからどんどん調子をあげてくるでしょうね。

最近、コンフィデンスのレベルが下がっているナダルは、メイヤーに敗退。ちょっと驚きでした。

錦織クンの次の相手は、ドルゴポロフ。
面白そうな試合です。

セミまで進むと360ポイントを獲得なので、20位台も見えてきます。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

東レPPOのボールパーソン。

今日の午後、東レのパンパシフィックオープンを見たわけですが、あのボールパーソンのユニフォームはどうしちゃったの?と思わずにはいられず。

以前も、変わった格好をしているなと思った覚えがあるのですが、今年のは、なんだろう、幼稚園児みたい。
がんばっちゃってこけた感じ?

普通に、Tシャツやポロにショーツじゃだめなんでしょうかね。


メンズのマレーシアのトーナメント、錦織クンが、トップシードのアルマグロに、フルセットで勝利してましたね。

セミファイナルの相手は、今まで4敗のティプサレビッチ。
今度こそは勝てるといいね。

錦織クンのダブルスパートナーだったりもするドナルド・ヤングも、タイのトーナメントでセミに進出してた。

今年になって、ついにブレイクスルーの彼、ランキングは錦織選手と10ポイント差の55位まで上げてます。

錦織選手もヤングも、優勝すればトップ40入りもできそう。

ティプサレビッチ、バグダティス、トロイッキのマレーシアのトーナメントよりは、モンフィース、マレー、シモーンが残っているよりタイのトーナメントの方が厳しそうかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

ストーザーの初優勝。

サム・ストーザーが、セリーナをストレートセットで降し、USオープンで優勝!

ビッグアップセットでした。

セリーナで決まりだと思っていたので、とってもびっくり。
優勝が決まった時は、よかったねーと泣けてしまったのでした。

女子のテニスは、すべてのグランドスラムの優勝者が違い、そのうち、3人が初優勝という、なかなか面白い年となりました。


明日の男子の決勝の方は、いつもどおりのジョコビッチxナダル
ちょっと面白さに欠けますが、今回こそは、ラファ、がんばれ!

昨日の、セミファイナルのフェデラーは、とーっても残念な負け方。
ロジャーのマッチポイントでの、ジョコビッチのリターン、アウトかと思い、やったね!と一瞬思ったのだけど、しっかり入ってました。
かなりのラッキーショットだったけど、運も実力のうち。



自分のテニスの方は、すっかりご無沙汰だったのだけど、今日、2年ぶりぐらいに、クラブのOrganized Practiceというのに行って来ました。

一応、レベルは分かれているのだけど、サインナップすれば、誰でも参加できるレッスンで、今日は、私を含め、女性3人に男性ひとりの、トータル4人。

それぞれ違ったタイプのプレーヤーで、期待以上の面白いドリルでした。
また都合がつけば行ってみよう!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルのクランプ。

昨日のUSオープン、ナダルナルバンディアンにストレートセットで勝利。
でも、この試合よりも話題になったのだ、ナダルのプレスカンファレンスの途中で起こった出来事。

http://youtu.be/ABY0BR8d_z0

右足のクワッド(大腿)とハムストリングの両方が痙攣したということで、めちゃくちゃ痛そうでした。

テニスプレーヤーにとっては、珍しいことではないそうですが、カメラの前で起こってしまったので、大きな話題となってしまいました。


今年のUSオープンは、すでに14人のプレーヤーがシングルスマッチからリタイア。(ウォークオーバーを含めると18人)
錦織選手も残念ながら、この中の一人となってしまったわけですが、グランドスラムがオープンになってからの、最多棄権者の記録となっています。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーの敗退。

フェデラーが、ソンガにまたも敗退。
ロジャー、不得意プレイヤーが増えちゃったね。

テレビで放送があると思っていた、モントリオールのナイトセッションですが、日中のセッションを放送していたESPNの放送がなし。
それなら、テニスチャンネルでやっているかと思えば、そちらもデビスカップの再放送かなんかをやっていて、放送の気配なし。

ESPNが放送権は持っていたけど、ESPNのどのチャンネルでも放送しなかったんでしょうね。
でもESPNがライブストリーミングをやっていたので、ちらりと試合を見ましたが、フェデラー、ソンガのパワーに押されてた感じでした。

2セット目を取った時は、もしかして?と思わせたけど、3セット目は61と、残念な結果でした。

これで、トップ4は、ジョコビッチが残るだけ。
このトーナメントもジョコビッチかな。
彼を止められるとすれば、ソンガのような気がします。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダル敗退。モントリオール ボトムハーフの行方。

ナダルがクロアチアのドディグに敗退。
3セット目を53でリードしながら、ドディグにブレイクされ、2セット目と同じく、3セット目もタイブレークへ。

最後は、ドディグのパワフルなクロスコートバックハンドウィナーで、75で終了。(16、76、76)

ドディグは、ナダルにリードされたことで、リラックスできたとか。
ナダルは、痛めた左足が100%ではないと、トーナメントの前に話していましたが、ドディグのサーブもショットも、後半、とても冴えていました。


これで、ボトムハーフからは、マレーとナダルが消え、勝ち残った8人のうち、3人(フィッシュ、バーディッチ、バブリンカ)以外は、シードされていないプレーヤー。

誰もがファイナルに行くチャンスがありそう。


対照的に、トップハーフは、チリッチ以外は全部シードプレーヤー。
チリッチは、昨日、デルポトロに勝利で、ちょっとびっくり。

今日は注目のフェデラーxツォンガです。
ロジャー、リベンジできるといいね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

マレーの敗退。

昨日は、マレーが、アンダーソンにぼこぼこにされ、気の毒な負け方。
以前も、しばらくの休養の後、こんなことがあったっけ。
かわいそうだったな。

2年連続でタイトルを取ったロジャーカップでの初戦敗退で、全米を前にセットバックです。

今日のモントリオールは、昨夜の雨で、見所いっぱいの一日。

フェデラーナダル、ジョコの初戦、ツォンガxトミック、バーディッチxドルゴポロフ。
ベルダスコxカムケの3セット目もどうなるかな。


さて、昨日は、うちのケーブルサービスを他の会社に変えようと、オンラインでサービスをオーダー。

オンラインで向こうの担当者とチャットをしながらプロセスを進め、インストレーションも、ちょうど今日が空いていたので、パーフェクト!と思っていたら...

今朝、メールのインボックスをチェックすると、他にもいろいろと認可しなくてはいけないものがあるので、電話をくれとのメールが。

結局、電話でさんざん待たされた後、今日は伺えないので、リスケジュールしてくださいとのこと。
今日、来ると思っていたサービスは、3週間後になってしまったのでした。

あれだけ、オーダーに時間をかけたのに、プロセスの途中で、聞かなきゃいけないことは聞いておくれよ。
Grrrrrr!!


というわけで、仕事もお休みで、ケーブルの人も来ないので、ワイドオープンの、テニス観戦日となりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

Happy B-Day, Roger!

フェデラーもついに30歳。

キャリアも終盤だけど、もういくつかのタイトルはいってほしいところ。

今週から、他のトッププレーヤーと共に、ツアーに戻って来るわけですが、カナダのロジャースカップ、#1シードとなったジョコビッチと同じトップハーフ、ツォンガと3回戦で当たる可能性のあるクォーターとなっています。

今年から、WTAとATPが、トロントとモントリオールに分かれて、同じ週にトーナメントをすることになりました。

以前は1週間ずれていたのですが、同じ週になったことで、どうなんでしょう、もし、カナダで近所に住んでいるのなら、同じ週でない方が、両方楽しめていいかも。

来週のシンシは、男女合同トーナメントとなっています。
時間があれば見に行きたいと思っているのだけど、来週に限って、仕事のスケジュールが変わってしまい、難しそうになってきました...。


昨日は、DCのモンフィースxステパネッックの決勝も見たりしたのだけど(ステパネックが優勝。30歳過ぎてもまだまだいけるね)、オハイオのPGAトーナメントで、石川遼クンががんばってました。

最後のホールでボギーとなってしまい、2位タイから4位タイになってしまったのは残念だったけど、自己最高ということでよかったね。

優勝のアダム・スコットは、イバノビッチの元ボーイフレンド。

タイガー・ウッズに、先月解雇されたキャディーのスティーブ・ウィリアムスが、スコットのキャディーを務めていたということで、そちらの方でも話題となっていました。

石川遼クンの今後の活躍にも期待です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー&ヒンギス組 in ロンドン?

2012年のオリンピックでデビューする、テニスのミックスダブルス。

フェデラーヒンギスのスイス組が誕生するかも?というニュース。
http://www.fanatix.com/roger-federer-asks-martina-hingis-to-be-london-olympics-2012-mixed-doubles-partner/

ヒンギスが、フェデラーから直接ではないけれど、チームフェデラーの誰かから、可能性を尋ねられたとか。
今、WTAにはスイスの強いプレーヤーがいないしね…

ミックスダブルスとなると、強そうなのは、セルビア、ロシア、チェコ、アメリカ。フランスもいけるかも。


暑い日本から帰ってきたら、アメリカ中西部も記録的な暑さ。
日本に負けてないかも。
留守にしていた間、スプリンクラーをセットしていたにもかかわらず、庭の芝生はからっからにドライになっていました。
この週末に向けて、またヒートウェイブが来るのだそうです。晴れ
どうしちゃったんでしょう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップと結婚式。

デビスカップが始まり、ワールドグループは、今のところ大きなアップセットはなし。

アルゼンチンは、すでにカザフスタンに3-0で、セミファイナル進出を決めました。
アルゼンチンのセミの相手は、シングルラバーでジョコビッチレスのセルビアが、2-0でスウェーデンをリードしているので、ディフェンディングチャンプとなりそうです。

フランスxドイツは、フランスが2-0でリード。

アメリカxスペインは、先ほどファーストラバーが終了。
フィッシュxロペス、5セット目までもつれ込み、最終セットは8-6でロペス。
セカンドラバーは、ロディックxフェレールです。
(スペインは、ナダルレス)


今日、日本から帰って来ましたが、なんとも大忙しな10日間でした。
突然、結婚式に出ることになり、それがまたスケジュールをよりバタバタに。

でも、久しぶりに出席した結婚式は、新郎新婦共にとてもかわいくて、ほんのりとした気分になったのでした。
式の後の食事も、とても美味しくて、景色もとってもきれいだった。



結婚といえば、ジョコビッチが、ガールフレンドのエレナ・リスティッチと結婚するというニュースが。
http://macedoniaonline.eu/content/view/18548/46/

ウィンブルドンでの初優勝、ワールドランキング1位、おめでた続きのジョコビッチ2011です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウィンブルドン勝者予想。

明日からウィンブルドンが始まりますが、優勝者の予想の記事がいくつか出てました。

メンズでは、一番ピックが多かったのがフェデラー、そしてナダル、マレーの順。

レディースの方は、圧倒的にシャラポバを選んでいる人が多かった。

読んだ記事の中で、ジョコビッチを選んでいる人がいなかったのが意外でした。去年もセミまで行っているのにね。

ダークホースのチョイスは、ツォンガが一番多かった。
ツォンガは、フェデラーのクォーターです。


フレンチで、多分彼の最後のチャンスを逃したフェデラーに、ウィンブルドンではがんばってもらいたいところです。



先日、友達が彼女の犬を連れてやってきました。




うちのラファエルもブースかもでっかいと、改めて思ったのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

全仏2011 第2週目。

全仏も2週目に入り、シード同士の対戦も増えて、面白くなって来ました。

女子の方は、今日、#3シードのズボナレバが敗退。
#1シードから#3シードまでが姿を消し、みんなにチャンスがあるトーナメントとなって来ました。

シャラポバの、キャリアグランドスラムの可能性も、かなり高くなって来たかも。


メンズの方は、昨日の、デルポトロxジョコビッチが、もう少し競ってくれると面白かったのになぁ。
おととい、日が暮れて、11でサスペンドとなったこの試合、休めたことは、デルポトロの方に有利かと思ったけれど、やっぱり、ジョコビッチの勢いは止められなかったみたいでした。


この春は、これでもかというくらい雨が多く、ここ周辺は、観測史上2番目に雨の多い春(3月から5月)となっています。
といっても、今日は5月29日。今日の夕方もサンダーストームが予想されているし、まだ、記録は更新されそう。

これでもまだ、竜巻による大被害を受けた州にくらべれば、たいしたことはないですが。


今週の金曜から、ハイスクールのテニスの州大会が始まります。
金曜は見に行けないので、土曜までなんとか勝ち残ってくれるといいのだけど。
1回戦の相手は、去年、州大会で2位だか3位だかだったチームだそうで、まぁ、がんばるしかないね。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

マドリッドのナダルxジョコとローマの予選。

マドリッドは予想通りの決勝。
ベルーチが、セミファイナルでジョコビッチを相手に1セット目を取った時は、Giant-Killing Runが続くかも?と思わせたけれど、やっぱり、ジョコビッチでした。

ナダルも、1セット目をフェデラーに取られたものの、残りの2セットを取り、決勝進出。

決勝は、クレイで37連勝中(2009年の全仏以来)のナダルと、33連勝中(去年のワールドツアーファイナルズ以来)のジョコビッチの対決。


一方、ローマの予選に出場中の錦織選手は、予選のファイナルラウンドを突破。(Def デル ボニス 6-7,7-5,6-2)
本戦に出場です。今度は勝てるといいね。


今日は母の日。
いつもどおり日本の母には、花を送りました。

去年、初めてオーダーした花屋さんが、とてもいい花束を送ってくれたので、今年もそこにお願いしました。
期待通り、今年も素敵な花を届けていただいたようで、私も母もハッピーでした。

うちの子供たちが、母の日に何が欲しいかと何度も聞くので、“あなたたちのきれいな部屋が見たい!”と言っておいたけど(いつも、それは大変なことになっているので…)、さてどうなるかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手、優勝ならず :-(

ヒューストンのクレイコート チャンピオンシップの決勝、錦織選手、アメリカのスウィーティングに敗退。

6-4、7-6のストレートセット。
2セット目、錦織選手の5-4のスウィーティングのサービスゲームで、何度かセットポイントを握るも、最後のポイントが取れずタイブレークへ。

タイブレークは、最初から最後まで、スウィーティングの優勢。7-3でゲームオーバーとなりました。

2セット目が取れたら、相手に疲れが見えてきていたので、錦織選手、いけるかなと思ったのにな。

風がとても強く、やりにくそうではあったけど、それは、どちらにとっても同じことで、スティーティングの“Go for broke”っぽいテニスが、今日は功を奏した感じでした。

残念だったなー


明日から、新しい仕事が始まります。

降って沸いたような仕事の話が、思いがけない展開で決まり、自分でもびっくり。自分のニーズにかなり合っている内容だったので、やるしかないかなと。

今までの仕事も細々と続けていく予定だけど、とりあえず、新しい仕事が始まって、様子をみるとします。がんばらなくちゃ。


              
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

チャリティーサッカー ATPワールドツアー オールスターズ。

昨日行われた、チャリティーサッカーゲーム、Hope Match for Japanは、フォートローダーデール ストライカーズの4-2。

ATPワールドツアーオールスターズは、ジョコビッチ、錦織、Fロペス、モナコ、ガスケ、トロイッキ、マリー、バグダティス、ツォンガ、メルツァー、ドルゴポロフ、スタラーチ、ヒダルゴ、マレロ、ベルダスコ、ナダル、フェレール、そしてガスケのトレーナーがゴールキーパーとして参加しました。



みんな,忙しい中、感謝です。
集まった10万ドルは、レッドクロスへ寄付されるそうです。

参加プレーヤーの中で、今日、ソニーエリクソンオープンの1回戦があったのが、ヒダルゴ、ロペス、そして錦織選手。

3人とも1回戦勝利。よかったね。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATP チャリティー サッカーゲーム。

ジョコビッチがイニシアティブをとり、ATPのプレーヤーたちのチームと、フロリダのプロサッカーチーム、フォートローダーデール ストライカーズが、日本の被災者への寄付を集めるため、チャリティー試合をすることになりました。

“I am very concerned for the people of Japan and think it is only right that we do whatever we can to help those in need,"とジョコビッチ。

ATPのプレーヤーで、参加を表明しているのは、ジョコビッチ、ナダル、マレー、フェレール、ベルダスコ、F.ロペス、ガスケ、トロイツキ、バグダティス、メルツァー、そして錦織選手。

フェデラーは、怪我を防ぐため、テニス以外のスポーツは一切やらないと、しばらく前に宣言しているので、サッカーはパス?


試合は、明日、23日。
ライブストリーミングがあるかもしれませんね。

追記:

ライブストリーミングはないよう。残念。
DjokerNole Novak Djokovic
Thanx for your msg. There will not be LIVE broadcast of football match,but there will be a lot of tv's making reports.Should be a fun :-)

テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

Wozniacki&Azarenka with a Japanese flag.

インディアンウェルズのウォズニアッキxアザレンカ、アザレンカが左足の怪我で途中棄権。

この二人、日本の旗をコートに持ってきました。


AP Photo


Matthew Stockman/Getty Images
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

インディアンウェルズ プレーヤーからのメッセージ。

ナダルからのメッセージ


“I was there last year, and the people were always really nice with me, so I am open to do everything for Japan, and am very sorry and so sad, because what’s happening is terrible.”


ジョコビッチのテーピング
http://yfrog.com/h2playhj

AP Photo


マレー tweeted


Can't believe what's happening in japan, such a shame, the footage is shocking thoughts go out to everyone involved....:-(


キム・クライスターズ tweeted

Watching some more news about Japan on tv... So devastating to see ! Thinking about everyone who is affected , stay strong!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップ1回戦。

デビスカップ一回戦、さっき、USAXチリのセカンドラバーが終了。

チリのキャプデビルがイズナーをアップセット、1日目を11のタイとしました。(ロディックdefマスー)
スコアは、67、67、76、76、64。
4時間22分の試合で、マラソンマン イズナーも、燃料切れ。


他にもアップセットがあったのは、セルビアxインド。
トロイッキは、最初の2セットを簡単に取った後、3、4セット目をボパナに取られたものの、最終セットを63で辛勝。

その後の、セカンドラバー、ティプサレビッチが、デバーマンにストレートセットで破れる波乱。

セルビアxインドも11。

ジョコビッチが、USハードコートシーズンへの準備のため欠場で、ジョコレスのセルビアチーム。
インドは、かなり個性の強いベテランのパエスとブパティが怪我のため欠場で、返って、のびのびとプレイできているのかも?


さて、今週末、日本から甥が遊びに来ることに。

他の町に住んでいる時に来てくれていれば、いろいろと連れて行くところもあったのだけど、ここは...、何もないんだな。

その上、この週末は、天気もすごく悪そう。困った。
 
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー&錦織 リベンジならず…。

デュバイのフェデラーは、ジョコビッチのサーブに答え無しで、6-3,6-3のストレートセット負け。
ジョコビッチのファーストサーブが入った時は、8割以上の確率で、ジョコのポイントとなっていました。

ジョコビッチはこのトーナメント2連覇。
セルビア応援団も、かなり多く、“ノバック”チャントで盛り上がってた。


デルレイビーチの錦織選手は、ミスが多かったな。
ファーストサーブが入らず、風もあって、思ったようなプレイができなかったよう。
チェンナイの時と同じ6-4,6-4のスコアでした。
残念だったね。

ティプサレビッチの決勝の相手は、デルポトロ。
昨日の試合は、怪我の前のレベルにかなり近い感じのプレイ。
ビッグヒッティングのデルポに、最初のセットを6-1で落としたフィッシュだったけど、2セット目は、4-1とリード。
でも、そこからまたブレイクバックされて、7-5で試合終了となってしまいました。

この調子で行くと、デルポトロのカムバック1勝目が見られそうな感じです。


アカプルコは、フェレールがフルセットでアルマグロを降し、このトーナメント2連覇。
アルマグロの3週連続勝利を阻みました。


昨日は、じっとテレビの前に座って、ずっと観戦はしていないものの、デュバイの決勝、デルレイビーチのシングルスとダブルスのセミファイナル、WTAのドーハの決勝(ズボナレバdefウォズニアッキ)、アカプルコの決勝と、山盛りの土曜日となったのでした。テニスボール

テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーxジョコ 錦織xティプサレビッチ…

今日は、たくさん面白い試合が見られそう。

デュバイは、#1と#2のフェデラーxジョコ。
ロジャーのリベンジなるか?(全豪のセミは、ストレートセットでジョコ)


デルレイビーチは、錦織選手がセミに進出。
今日の相手は、ティプサレビッチ。これもリベンジなるか?です。
(チェンナイの準々決勝は、ストレートセットでヤンコ)

もし、デルレイビーチのタイトルを取ることができれば、キャリアハイの50位以内にランクインとなるかも。

もうひとつのセミも、フィッシュxデルポのブロックバスター。
それぞれ、フィッシュは病気から(甲状腺機能異常)、デルポトロは手首の手術からのカムバックトレイル。
デルポトロは、どんどん調子を上げているようだし、春の大きなトーナメントに向けて、順調に調整できているようです。


アカプルコの決勝は、3週連続の勝利なるかのアルマグロに、ディフェンディングチャンプのフェレール。

セミのフェレールxドルゴは、1セット目はなかなか見せてくれたのだけど、2、3セット目は、一方的にフェレール。
ドルゴポロフも、アップダウンが激しいので、フェレールぐらい安定したプレーヤーが相手だと、なかなか勝つのは難しそう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロディックのマッチポイント ダイビングショット。

メンフィスの決勝、ロディックxラオニッチは、ビッグサービングフェストで、面白くないかなぁと思ったりもしたのだけど、なかなか見せてくれました。

1セット目と2セット目はタイブレークで、それぞれ1セットずつを取った3セット目、ロディックの6-5のラオニッチのサーブで、ロディックがブレイクポイント。

二つ目のブレイクポイントの、ダイビングパッシングショットで、ロディックの勝利。
このショットは、“The best shot of 2011”の候補となること間違いなしです。



ラオニッチは、試合後のインタビューで、“(最後のポイントは、)YouTubeで最も見られたポイントの一つになるかも。そのショットを受けた方のサイドだったけど、少なくとも、そのビデオの説明欄に、自分は載ってるはず。”と、コメント。スマイル

この優勝は、ロディックのツアーレベルの30勝目。
現役のプレーヤーでは、フェデラーナダルに続く記録です。
そして、フェデラーと並んで、過去11年間、最低でもツアーで1勝上げているプレーヤーにもなりました。

かなりのベテランとなったロディック、このビデオで、彼のボールドスポットも話題となりそうです。冷や汗

テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の決勝と錦織選手の予選敗退。

錦織選手が、メンフィスのトーナメントの予選で敗退。

相手は、先日、SAPオープンで、ストレートセット勝利したハヤック。
リベンジされてしまいました。

錦織クンは、予選の#1シードなので、まだラッキールーザーの可能性もあるかも。


ロッテルダムは、ソダリングがツォンガを降して優勝。
ソダリングは、キャリア初のタイトルディフェンス。

2セット目までは見たのですが、3セット目は、ちょっと目を離している隙に終わっていた。(6-3,3-6,6-3)


ブラジルは、ちらっとライブストリームを見たけれど、アルマグロがドルゴポロフに勝利。
アルマグロは、このトーナメント2度目の優勝です。
ドルゴ、残念!


サンノゼは、今、決勝の最中。
昨日、デルポトロに勝ったベルダスコと、モンフィースの棄権で、セミをウォークオーバーとなったラオニッチの対戦。

1セット目のタイブレーク、ベルダスコが6-2でリードしていたのに、ラオニッチが逆転で8-6。
面白くなってきました。

ブラジル、ロッテルダムとも#1シードが勝利しているので、ベルダスコも続きたいところ。


WTAのパリの決勝は、キビトバがクライスターズに勝利。

全豪の時の解説で、“今までグランドスラムを勝ったことがないプレーヤーで、一番早くグランドスラムタイトルを手に入れそうなWTAのプレーヤーは?”という質問で、キビトバの名前が上がっていました。

キビトバもラオニッチも、本物そうです。


今日は、気温が零下を脱却!
今週は、最高気温がずっと0℃以上となりそう。Heat Wave~~~!
雪がちょっと溶け始めたので、バードフィーダーまで行けるかなと思い、ブーツを履いてズボズボと行ってみたけれど、やっぱり深いところはまだ30センチぐらいあった。
今週中に溶けるかなぁ。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

クライスターズ、No.1へ返り咲き。

パリのトーナメントに出場中のキム・クライスターズがセミに進出。
これで、来週のランキングで、No.1に返り咲きです。

ウォズニアッキは、かえってリラックスするかも。
グランドスラムの優勝無しのNo.1には、結構、メディアが厳しいから。


ロッテルダムは、ソダリングがユーズニーに、トロイッキがチリッチに、リュビチッチバグダティスに、勝利。
バーディッチは、フルのため棄権で、ツォンガのウォークオーバー。


サンノゼの、注目ヤングガン対決、ラオニッチxべランキスは、ラオニッチが勝利。セミへ進出です。
今日の夜のもうひとつの注目の試合は、ヒューイットxデルポ。
デルポトロ、カムバックへのテストとなりそうです。


ブラジルは、アルマグロがチェラを降して、決勝へ。
決勝の相手は、メロと対戦中のドルゴとなりそうな感じ。

最近、またTennis Integrity Unitが、ATPプレーヤーたちを、八百長疑惑で調査しているそうですが、ドルゴポロフもTIUから手紙を受け取った一人だそう。

TIUから手紙を受け取ったことを明らかにしたティプサレビッチは、
“彼らが必要としている情報は、銀行や電話の記録など、全部提出した。”
と、後ろ暗いところがないので、問題なしと話しています。
http://news.yahoo.com/s/afp/20110210/sp_wl_afp/tennisausopenfixing



テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

ライブストリームサイトの差し押さえ。

先週末はスーパーボウル。
我が家は、全然興味がないチーム同士だったこともあり、コマーシャル以外は、ほとんど見ることもなくその夜が過ぎたわけですが…

スーパーボウルを前に、政府がいくつかのスポーツのライブストリーミングサイトをシャットダウンしてしまいました。

これらのサイトって、イリーガルだったのねと今になってわかったのですが、非常に不便になってしまった。

また、新しくライブストリームのサイトを開拓しなくては。


今日は、錦織選手が、アメリカのワイルドカード スミチェックに、サンノゼのトーナメント2回戦で敗退。残念。

同じトーナメントで、カナダのラオニッチは、ブレイクにストレートセットで勝利。ブレイクの引退も間近かもしれません。


ロッテルダムのトーナメントは、思いがけず早々にツアーに戻ってきたマレーが1回戦で敗退。
1回戦での敗退は、11ヶ月ぶりだそう。アイタタ
1回戦の相手が、バグダティスというのもアンラッキーだった。

そのバグダティスは、2回戦でもロペスに勝利で、準々決勝に進出です。


ブラジルのトーナメントは、ドルゴポロフがセミファイナルへ。
初タイトルへ1歩前進。


ここのところ非常に寒くて、今朝は、マイナス20℃だった...
この冬は最悪です!暖かいところに引っ越したいなぁ。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロッテルダム、サンノゼ & フェドカップ。

去年もトッププレーヤーが欠場してしまったロッテルダムのトーナメント。
今年も、トップシードのジョコビッチが肩の怪我で欠場を発表。

でもセカンドシードのソダリングは、すでに現地入り。
アンディ・マレーも、もっと長い休養をとるかと思いきや、ロッテルダムのトーナメントに出場する方向のようです。


サンノゼのトーナメントは、錦織選手が#8シード。
#2シードのモンフィースのクォーター。1回戦の相手は、チェコのハイェック。


今週末のフェドカップ、意外な展開はフランスxロシア。
クズネツォバがコルネに、シャラポバがラザノも敗れ、フランスの2-1となっています。
オーストラリアxイタリアも、スキアボーネがグロスに敗退、一方、ペネッタがストーザーに勝利で1-1。

予想通りの展開は、アメリカxベルギー。
ウィックマイヤーとクライスターズが、マテック サンズとウダンに勝利で2-0。
この二人なら、フェドカップに手が届きそうです。

ひとつの国から二つの国となった対戦のチェコxスロバキアは、サファロバとキビトバが、ハンチュコバとシブルコバを降して、チェコの2-0です。


日本のフェドカップチームは、アジア/オセアニア ゾーンのグループBで全勝。
ワールドグループⅡのプレイオフへ駒を進めています。


今日は、午後、買い物に出かけようと思っていたのに、突然大雪。雪だるま
こんな予報だったっけ?
あっという間に10センチくらい積もってしまいました。

結局、タイミングを逃して、買い物に行けず。
今日までのクーポンがあったのになぁと思ったけど、ムスメに、“車で事故にあったら、全然セーブにならないよ。”と言われ、それもそうだねと思ったのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪明けランキング。

1位から5位までは変わりなし。
でも、2位のフェデラーと3位のジョコビッチは、85ポイント、鼻の差です。

準々決勝まで進んだドルゴポロフは、14ランクアップで32位、錦織選手も12ランクアップで70位。

ベスト16まで進んだ、カナダのラオニッチは、ポジションを58上げて、94位、ベスト100入りです。


今朝、福井県の高速道路が大雪で大変なことになっているとニュースに出ていましたが、アメリカも大きなストームが横断中。


30州に影響を及ぼすらしいこの超大型ストーム、ここにも山ほどの雪を降らせそうです。
6年ぶりぐらいの大雪になるらしい…雪だるま

テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジョコビッチ 二つ目の全豪タイトル。

期待していた接戦ではなく、ジョコビッチのストレートセットの圧勝で終わった全豪の決勝。

マレーは、母国のメディアにまた叩かれるんだろうなぁ。
負け方も悪かったし…

ジョコビッチは、デビスカップの優勝で、プレッシャー下でのプレイが、よりよくなったみたい。
全豪の優勝も、セルビアに捧げると、スピーチで話していました。

この2度目の全豪優勝で、ジョコビッチは、“One-Slam-Wonder"リストから脱出。
彼のこのトーナメントでの調子を見ていると、今年、二つ目のスラムもいけそうな勢いです。


全豪が終わり、2月はATPは静かな月。

ハムストリングを負傷したナダルは、3月のインディアンウェルズが次のトーナメント。
多分、怪我はそれまでに完治するだろうとのこと。

フェデラーは、インディアンウェルズの前に、2月の後半、デュバイをプレイする予定。

ジョコビッチは、デュバイの前にロッテルダムに出場予定ですがどうかな?

マレーも、ロッテルダムが次のトーナメントですが、スキップする可能性が高いかもね。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪決勝とマレー兄弟のペンギン。

キム・クライスターズが、予想通り、全豪で優勝!

AFP PHOTO / GREG WOOD

キムの子供のJadaの年齢もあり、今年が彼女がツアーにフルに参加できる最後の年になるかもとのことでしたが、全米、全豪の優勝と続き、Kim's Slamの始まり?

メンズのファイナル、ジョコビッチxマレー、本命はジョコビッチみたいですが、去年、フェデラーに敗れた時のマレーを見ているので、今回は、勝たせてあげたいなと。

ペンギンのまねもおかしかったし。
http://yfrog.com/0bws5z
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

エナン、2度目の引退。

エナンが2度目の引退を発表。
痛めた肘は、もうプロフェショナルのレベルではプレイできないほどのダメージなのだそうです。
http://www.justine-henin.be/en.php#/news

ウィンブルドンでの優勝を目指してカムバックしたはずなのに、志半ばで、怪我で引退となってしまったのは残念。
もう少し、決断までに時間をかけてもよかったのではと思うのですが。


今日のセミファイナル、フェデラーxジョコビッチは、ここの明日の朝、後半は見ることができるかも。

勝者にジョコビッチをピックする人が多いけど、ロジャー、がんばれ!


女子の方は、ウォズニアッキxリ・ナ、クライスターズxズボナレバ。
決勝は、リxクライスターズの可能性が高い?
クライスターズも好きだけど、ズボナレバにもがんばって欲しい。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルの全豪敗退。

今日の全豪のマッチアップは、ズボナレバxクビトバ、クライスターズxラドワンスカ、マレーxドルゴポロフ、ナダルxフェレール。

ズボナレバとチェコのライジングスター クビトバは競るかなと思ったけれど(クビトバのウェアは、ネックラインがかなり深く、テレビカメラの角度を調整しなくてはならなかったとか...)、まず、間違いなく、クライスターズ、マレー、ナダルがセミに行くと思っていたのです。

が...、朝起きて、全豪の続きを見たら、ナダルがフェレールにストレートセットで負けてしまいました。

ナダルの怪我は、ハムストリング?太ももの辺り。

PHOTO / GREG WOOD

去年の準々決勝も、膝の怪我のため、マレーとの試合をリタイアしたナダル、ついていないです。

これで、ラファスラムは、振り出しに戻るになってしまいました。

そして、ドルゴポロフに勝利したマレーに、また去年と同じように道が開けたわけですが、今年は、このチャンスをものにできるか?

ドルゴポロフは、マレーには負けてしまったけど、この全豪の活躍で、ランキングは46位から34位へアップ。ブレイクスルーとなるかな。


今日は、オーストラリア デイ ということで、TVブースで、いろいろな人に、オーストラリアの有名な(infamous?)ブレッドスプレッド、ベジマイトを食べさせていたけど、オーストラリアンのケイヒルだけは、ぱくぱくと食べてました。冷や汗

かなり変わった味らしいベジマイト、酸っぱいバターみたいな味と書いてはあったけど、どんなんでしょう?

テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

ドルゴポロフ ベスト8。

昨日は、ドルゴポロフがソダリングに勝利。ベスト8に進出です。

1セット目を16で落とした時は、あぁ、やっぱりだめかなと思わせたけど、2セット目からは、いろいろなショットを織り交ぜて、ソダリングからミスを引き出していました。( 1-6, 6-3, 6-1, 4-6, 6-2 )

ジュニアの頃は、才能はあるのにやる気の方がね...というプレーヤーだったようですが、父コーチから他のコーチに代えたのもよかったのかもね。

準々決勝の相手はマレー。
過去に、デビスカップで1度対戦した時は、一方的にマレー。
インタビューでも、あの頃は、まだマレーのようなプレーヤーと対等に対戦できるような力はなかったと話していたけど、今回は、もっと面白い試合が期待できそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=GLAkSILh9Vw


もう一人、全豪で頭角を現したヤングスター ラオニッチは、フェレールに31で敗退。
フェレールはナダルとのオール スパニァード準々決勝です。


そうこうしているうちに、こちらはオールスイス、フェデラーxバブリンカの試合が始まりました。
ストレートセットなら、最後まで見られるかも。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪Day7、The Longest Match&Upsets。

昨夜は、フェデラーxロブレドを見ているうちに睡魔に襲われ、たくさんの面白そうな試合を見逃した。今日は、再放送を見なくては。


スキアボーニxクズネツォバの、5時間近くのマラソンマッチ。(女子のグランドスラムレコード 4時間44分)


ペトコビッチのシャパポバアップセット(ペトコビッチは、コートの外でも、トゥイターやブログで有名。シャラポバのウェアは、去年の×から、今年は◎へ。)


バブリンカのロディック戦。(子供が生まれたと思ったら、奥さんとすぐに別居したバブリンカ、元フェデラーのラングレンを雇い、調子を上げています。)
準々決勝の相手はフェデラー。
オープンになってからのグランドスラムで、準々決勝のAll-Swiss対決は初めて。


ここの時間で夜始まる、月曜のデイセッション、ソダリングxドルゴポロフは、なんとか見ることが出来そう。これもまた楽しみです。


今日も、最高気温はマイナス10℃ぐらい。
TV観戦日和ではあります…やっちゃったぁ

ここのところ、寒い日が続いているのでが、昨日来たガスのビルを見てまいったぁ…ガックリ…余計に寒い気分になったのでした。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

ミロス・ラオニッチ。

カナダのラオニッチ、ユーズニーに勝利で4回戦進出。

いろいろな解説者によると、彼がNext Big Thingの筆頭なのだそう。

2回戦ではロドラにストレートセットで勝った、20歳のミロス・ラオニッチは、3歳の時に家族とカナダに移り住んだそうですが、去年の秋からは、スペインでトレーニングを受けているようです。

彼のおじさんは、元モンテネグロのバイスプレジデントなのだそうです。

http://www.1310news.com/sports/article/173036--unknown-raonic-arrives-at-the-australian-open-firing-service-rockets

ラオニッチの次の相手は、#7シードのフェレール。

一方、オーストラリアのライジングスター トミックは、ナダルにストレートセットで敗退。
でも、2セット目は7-5とがんばってた。

そして、ナダルの次の相手は、4時間以上のマラソンマッチでイズナーに勝利したチリッチ。
明日までに体力回復、むずかしいかも。
ヒューイットと1回戦で長い試合をしたナルバンディアンも、あまりの疲れで、2回戦はリタイアしてたし…)

ユークレインのドルゴポロヴも、ツォンガに勝利。
4セット目、5セット目と6-1で落としたツォンガ、フィットネスはまだ100%ではないようです。

ドルゴの4回戦の相手は、ソダリング。


ダブルスの試合では、こんな出来事が。


http://sports.yahoo.com/tennis/news?slug=reu-openspat_pix

パエズの態度に、ロペスとモナコは、かなり頭にきたようです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

”キムは妊婦?” ウッドブリッジの失敗。

Be Careful what you text!

クライスターズの2回戦勝利で、コートでのインタビューをしたウッドブリッジ、クライスターズに、彼がリネー・スタブにテキストした内容をばらされ、赤面。



“シドニーで、リネーがあなたから送られてきた、私についてのテキストメッセージを見せてくれたのよ。”とキム。

“僕がなんて言ってた?”

“私が妊娠しているんじゃないかって。”

うそだろうーと慌てたウッドブリッジですが、“そうなの?”とキムに聞くと、キムの答えはNO。

その上、“テキストには、なんだか気難しそうに見えるし、胸も大きくなったみたいだしと書かれてた。”とキムが言うと、“あぁ、これで僕のテレビのキャリアも終わりだな。”とウッドブリッジ。

観客は大笑いでした。


昨日は、オーストラリアのトミックが、フェリシアノ・ロペスにストレートセット勝利。
態度と実力が近づいてきた?

カムバックトレイルのデルポトロは、残念ながらバクダティスに負けてしまいました。
デルポトロは、怪我でツアーから離れている間、フェデラーナダルが電話やメールでサポートしてくれたことを感謝してた。


今日からは3回戦。

3回戦になると、シード選手が対戦するので、競った試合が多くなりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーの5セットバトル。

朝起きてテレビを見たら、フェデラーがシモンを相手に、2セット目をクローズするところ。

6-2,6-3のスコアを見て、これはストレートセットで行きそうと、朝食やランチの準備をし、子供を学校に送り、帰ってきてシャワーをした後、テレビをまた見ると、あれあれ、2-2になってる!

やっぱり、過去2戦ともシモンが勝利しているし、フェデラーにはやりにくい相手なんでしょうね。

最終セットは、フェデラーが1ブレイクアップで、6-3で終了。

今まで最初の2セットを取ったら負け無しのレコードを、166-0に更新でした。

でも危なかったね。

AFP PHOTO / PAUL CROCK
(シモンを見るたびに、ムスメの友達に似ているなぁと思う。)

試合後のインタビューで、クーリエに、“3セット目と4セット目をシモンに取られて2-2とされた時、頭の中で、どんなことを考えていた?”という質問に、“ジルが疲れてくるといいなとか、5セット目はもう少しミスしてくれるといいなとか思ってた。”と正直な答え。

“ジルとの対戦はいつもフルセットで、今回はじめて勝ったので、もう対戦しないといいな。”と冗談交じりで言ってました。

次のロジャーの相手は、これもまた最近調子を上げているマリースです。


錦織選手もマーヤーに勝利で、3回戦進出!
1セット目だけライブストリームで見ました。よかったね。

次の相手は、ティプサレビッチに2セットダウンからカムバック勝利のベルダスコ。#9シードです。
大きなチャレンジとなりそうです。


トーナメントが始まる前に、テニスウェアのことを聞かれたときに、“肌がたくさん出るウェアだよ。”と話していたヴィーナス ウィリアムスですが、そのウェアがこれ。

AFP PHOTO / TORSTEN BLACKWOOD



過去にクレマチスのために買ったラティスを思い出したのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

ダブルベーグルと折れたラケット。

見ていて痛々しい試合でした。やっちゃったぁ
サフィナ、優勝候補筆頭のクライスターズが1回戦の相手というのも不運だったけど、カムバックへの道のりは長そう。特に6-0、6-0のロスは痛いです。

元々、フットワークのいいプレーヤーではなかったけど、サフィナの動きはかなりドタドタした感じ。

勝ったクライスターズも、サフィナに同情的だった。でも、それもサフィナにとっては、余計悲しいかも。

トリプルベーグルになりそうだったのは、ブラジルのダニエル。
ナダルを相手に、6-0、5-0で、膝の怪我のためリタイア。


一方的な試合が多かったロッドレーバーアリーナでしたが、最後の試合は見せてました。

ナルバンディアンヒューイットは、5時間近くのフルセットマッチ。
最初にマッチポイントを握ったのはヒューイットだったけど、最終的に勝利したのはナルバンディアン。最終セットは9-7。

William West/AFP/Getty Images

解説で、この試合に負けると、この試合がもしかしたらヒューイットの全豪最後の試合になるかも?と言っていたけど、調子が悪いというわけではなかったので、まだいけそうな感じだってけどな。


残念だったのは、伊達選手の敗退。
3セット目、伊達選手の4-1で、ラドワンスカがメディカルタイムアウトを取り、それから流れががらっと変わってしまいました。(6-4,4-6,7-5)

解説のナブラチロワが、本当にタイムアウトが必要だったのか?それとも伊達のリズムを崩すためだったのか?と…

自分のプレイに怒って、ラケットをコートに打ち付けていたラドワンスカ、3セット目の終盤には、ショットを打った瞬間に、野球のバットのようにラケットが折れて飛んでいくというハプニング。

idth="384" height="231">

現在のツアーでは、伊達選手のようにフラットに打つプレーヤーがほとんどいないので、特にカウンターパンチャーのラドワンスカのようなプレーヤーには、やりにくい相手だったようです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪 Day1。

錦織選手はフォグニーニに3-1で勝利。
よかったね。

AFP PHOTO / PAUL CROCK

ライブストリーミングは、8つのコートをフィーチャーしていたので、この試合もやってました。

次の相手は、ダビデンコをアップセットしたドイツのマーヤー。
ブリスベンではクォーター、ブリスベンではセミに進み、調子を上げてきているプレイヤーです。


#18シードのクェーリーは、ポーランドのクボットに敗退。
#16シードのフィッシュと#12シードのモンフィースは、2セットダウンからカムバック、フルセットで辛勝です。
両者とも、2セットを落とした後の勝利は初めて。


他のトップシードのプレーヤー、フェデラー、ジョコ、ロディック、バーディッチらは、危なげなく初戦に勝利。

フェデラーの次の相手は、シドニーで優勝したシモ-ン。
シモーンは、過去2戦ともロジャーに勝っています。

注目のブルガリアのティーンエイジャー、ディミトロヴもストレートセットで勝利。


さて、明日の注目1回戦は、ナルバンディアンヒューイット
ナルバンディアンは、オークランドのファイナリスト、ヒューイットは、クーヨンのエキシビションで優勝で、二人とも調子はよさそうです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

Rally for Relief

オーストラリアの洪水被災者へのチャリティーイベント、Rally for Reliefは、イベント終了時には、チケットの売り上げや多くの会社からの寄付を含めて$180万。


Nicolas Asfouri/AFP/Getty Images

前半は、ジョコビッチ、マレー、ロディック、ウォズニアッキ、ズボナレバ、エナン、イバノビッチ、アザレンカが、ヒューイットとラフターのチームに分かれて、シングルス、ダブルス、トリプルズをプレイ。

トリックショット合戦を見て、当たり前かもしれないけど、みんなうまいよなぁと感心。


後半は、ナダルフェデラー、クライスターズ、ストーザーのダブルス。

最初は、ナダル&キムとフェデラー&サム、そして、パートナーを代えて、ラファ&ロジャーとキム&サムとなり、ラファとロジャーの球を、バンバン打ち返せるキムとサムに、これまた感心したのでした。


Nicolas Asfouri/AFP/Getty Images


月曜から始まる全豪の初日は、シャラポバ、ウォズニアッキ、フェデラー、ジョコビッチとスター満載。

錦織xフォグニーニも、11時開始の最初に試合です。
かなりアウトサイドのコートなので、ライブストリーミングがあるかなぁ?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

アデレード エキシビションならでは…。

いろいろなファンへのサービスがあったようですが、中でもアメリカのマッケンロー&ハリソン x フランスのルコント&ロドラのダブルスはこんな感じ。



ロドラは脱ぎっぷりがいい。ハリソンは、若いのにお父さんたちを相手にがんばってた。



錦織選手は、元気になったようで、ロドラとの試合に勝利してました。
虫垂炎じゃなくてよかったね。




先日、久しぶりに1時間ほどダブルスをプレイしたけど、やっぱり、サーブを打ったり、たくさんのボレーを打ったりすると、手首がちょっと心配な感じだった。

その上、足元に打ち込まれたボレーをとろうと、とっさにラケットを動かしたら、ラケットで左手親指を叩き、爪が割れて出血。鈍いなぁ、まったく。

チームへの復帰は、もうちょっと延期にしておいた方がよさそう?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪ドロー。

ナダルのサイドには、ソダリング、フェデラーのサイドにはジョコビッチ、#5シードのマレーは、ナダルのトップハーフ。

錦織選手の1回戦の相手は、イタリアのフォグニーニ、2回戦でダビデンコに当たるボトムハーフの位置に引かれています。

どちらかというとトップハーフの方がヘビーウェイトな感じ。

ナダルのクォーターには、イズナー、チリッチ、ロドラ、フェレール。
ソダリングのクォーターには、グルビス、ツォンガ、マレー、そしてデルポトロ。

ボトムハーフのフェデラーのクォーターは、クェーリー、フィッシュ、モンフィース、ロディック
ジョコビッチのクォーターは、バーディッチ、ダビデンコ、カーロビッチ、そしてデビスカップのチームメイト、トロイッキ、ティプサレビッチがいます。
この二つのクォーターとも、同国のプレーヤーが固まってます。


1年前は、ハイチの地震被災者へのチャリティーイベントが行われましたが、今年は、オーストラリアのクイーンズランド州を襲った大洪水の被災者へのチャリティーエキシビションが、日曜日に行われるそう。

ナダル、フェデラー、ジョコビッチ、ヒューイット、クライスターズ、ストーサー、ラフターが参加予定。

ブリスベンのトーナメントが行われたラフター アリーナも水でカバーされたそうですが、全豪のメルボルンも雨。
予報はあまりよくなさそうです。
http://sports.yahoo.com/tennis/blog/busted_racquet/post/Brisbane-flood-leaves-Pat-Rafter-Arena-under-wat?urn=ten-306614
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

トミックの全豪ワイルドカード。

オーストラリアのトミックが、全豪のワイルドガードをついにゲット。
シドニーの予選を勝ち上がって、メインドロー入りしたことがキーになったようです。

このトミックに1回戦で勝利したのは、個人的に注目のドルゴポロヴ。

AFP PHOTO / Greg WOOD
#1シードのクェーリーにも勝って準々決勝に進み、次の相手はシモンです。

マラソンマッチで、フェリシアノ・ロペスに1回戦に勝利したデルポトロは、2回戦でメイヤーに敗退。3時間半の1回戦が、響いていたかも。
でも、手術した手首は順調のようで、試合後のインタビューでも、とてもポジティブな感じでした。



昨日は、午後からじゃんじゃん雪が降り、子供たちに、今日は休校?という希望を持たせたのですが、残念ながら、タイムリーに雪が小降りになり、学校、ありました。

それで、ムスコが車を出す前にと、雪かきをしたのですが、先日買ったスノウブロワーが、なかなかやる。

今までのでっかいのから(ニックネームは、全然雪を飛ばせないのでスノウプッシャー)、小振りのに買い替えたのだけど、パワーがあって、雪が軽かったこともあってか、数メートル向こうまで雪を飛ばしてた。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手、虫垂炎?

アデレードのワールドテニスチャレンジに出場予定だった錦織選手、具合が悪くなって欠場だそうで、盲腸炎ではないかと疑われているみたいです。

http://onehd.com.au/onehd/newsarticles/Tennis-Nishikori-has-suspected-appendicitis-S-728918.htm

試合前のイベントでは、元気そうだったのに、全豪を前に、大丈夫でしょうか…。




追記:
http://www.facebook.com/keinishikori?v=wall

Facebookによると、
“Hi everyone...a quick update…I started feeling very ill while flying to Adelaide. In Adelaide the stomach pain worsened and doctors feared it was appendicitis. The first tests came back last night and at this point the doctors have ruled out appendicitis. They think it was a severe reaction to something I ate. Feeling a little better this morning. Will keep you guys posted.”

ということで、最初は、虫垂炎だと疑われていたようですが、ドクターの診察で、どうも虫垂炎ではなく、食あたりではないかということのようです。
全豪は大丈夫かも?

テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーのドーハタイトル。

ドーハのトーナメントは、フェデラーが、6-3、6-4でダビデンコを下し優勝。

フルで不調だったナダルが、準決勝でダビデンコに負けたので、アブダビの再現にはなりませんでした。

これで、ロジャーの全豪前の調整は、最高に近いものになったよう。



ブリスベンの決勝は、#1と#2シードの、ソダリングとロディックが決勝へ。
この決勝は面白そうです。


チェンナイは、錦織選手に勝ったティプサレビッチが、セミでマリースに敗退。
もう一方のセミは、バブリンカがバーディッチをアップセットで、バブリンカxマリースの決勝。

錦織クン、残念でしたね。
次は、アデレードのワールドテニスチャレンジに参加。
レジェンドのパット・キャッシュとオーストラリア/パシフィックチームでプレイです。

初戦の相手は、アメリカチームのブレークに代わって出場の、アメリカの新しいホープ、ライアン・ハリソン。


昨日から、北極からの大気で冷え込んできていたけど、今朝は、マイナス15度ぐらいになってました。

平均では、1月半ばが気温のボトムなので、ついに来たかという感じ。まいったぁ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手、準々決勝へ。

錦織選手がアレハンドロ・ファヤに逆転勝利で、チャンナイのクォーターファイナルへ。
http://news.yahoo.com/s/afp/20110106/sp_wl_afp/tennisatpindindia?

1、2回戦とも1セット目を落とした後のカムバックで、自信につながりそうだけど、本人も、スロースタートはこれからの課題と話していました。

次の試合は、ティプサレビッチ。
ギルバートが、圭がモデルにするのは、フェレールやダビデンコのようなタイプのプレーヤーだと言っていたけど、ティプサレビッチも似た感じ。
クイックスタートでいけるといいね。

錦織選手は、4月までは失うポイントはないので、ランキングを上げていくチャンスです。


ラケットをヘッドにスイッチしたシャラポバは、オークランドの準々決勝ででハンガリーのアーンに敗退。
シャラポバは、来週のシドニーのトーナメントのワイルドカードを断ったようなので、次のトーナメントは全豪です。

ブリスベンのワイルドカードを直前に手に入れた、オーストラリアのティーンエイジャー、トミックは、1回戦でドイツのメイヤーにストレートセットで敗退。
全豪のワイルドカードは、ますます怪しくなってきた?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手とユニクロ。

朝、ちらっとチェンナイのトーナメントのライブストリームを見ていたのですが、錦織クンのウェア、アディダスではなく、クオリティーのあまりよくないライブストリームの画面をじっと見ると、Uniqloのウェアでした。

ユニクロって、スポーツウェアもやっていたのか、それとも、これからその分野に入っていくのか、よく知りませんが、サイトで見ると、5年契約のようですね。
http://www.facebook.com/keinishikori/posts/141211435936544

一方、チリッチのウェアは、フィラからLiNingへ。
リ・ニン、またクロアチアのプレーヤーと契約です。(リュビチッチは数年前から)


試合は、1セット目が6-4でチリッチ、2セット目はタイブレークで錦織で、3セット目にもつれ込んでいます。


ユニクロの洋服といえば、アメリカでは多分、ニューヨークにしかショップがないのですが、日本からのギフトで、薄いダウンジャケットをもらいました。
それがとても薄いのにとても暖かくて、すごいなと感心したのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:50 | コメント(4)| トラックバック(0)

新シーズントーナメントいろいろ。

昨日のアブダビのエキシビション決勝は、7-6,7-6で、ナダルフェデラーを下して優勝。

今週のドーハのトーナメントは、この二人がエントリー。
ナダルサイドにはダビデンコ、グルビス、フェデラーサイドにはツォンガ、トロイツキがいます。

予選にジョコビッチの弟、マルコが出ていたけれど、予選の#1シード、チュディネリに敗退。残念だったね。


チェンナイのトーナメントは、ギルバートをコーチに加えた錦織クン、1回戦はディフェンディングチャンプ、#2シードのチリッチが相手。

わざわざそこに引かれなくても…。
USオープンの再現で、今回も、錦織クンにがんばってもらいたいところです。


ホップマンカップは、イバノビッチ&ジョコビッチのセルビアが、シングルスをふたつともとって、カザフスタンに勝利。
昨日は、同じグループAのオーストラリア(モリック&ヒューイット)がベルギー(エナン&ベメルマンズ)に2-1で勝利しています。


オークランドのシャラポバは、噂どおり、ヘッドとの契約のよう。
彼女のラケットラインが出るようです。
http://tennisreporters.net/ttn%20122910.html


今日で冬休みも終了。
明日からまた6時に起きることが出来るのか!?特にムスコ…

テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

サンプラス トロフィー盗難事件。

サンプラスの多くのトロフィーが盗難にあったそう。
ロサンゼルスのパブリック ストーレッジから盗まれたそうですが、狙って盗んだのか、それとも、盗んでみたらサンプラスの所持品だったのか、それは、ニュースからはわかりませんでした。

http://news.yahoo.com/s/ap/20101208/ap_on_sp_ot/us_sampras_trophies_stolen

盗まれたのは、ツアータイトルのトロフィーやカップ、デビスカップ、オリンピックリングなどなど。
グランドスラムトロフィーは、14個のうちの13個は無事と書いてありました。
家に置いてあったのかな、ひとつ以外は…?


デビスカップの決勝も終了で、テニス観戦も冬休み。

年明けのホップマンカップは、セルビアのジョコビッチ&イバノビッチというスーパーペアの出場もあり、楽しみなのだけど、出場予定だったセリーナ(w/イズナー)が足の怪我で、エナンのパートナーのはずだったダーシスも、足首の怪我で欠場となっています。

これ以上の欠場者が出ないといいけど。


“今年こそは、ホリデーシーズンの準備を早く始める!”と誓ったはずなのに、あぁ、もう12月の序盤も終わろうとしている。
ホリデーシーズンは楽しいけど忙しくて、好きだけど嫌い。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

セルビアのデビスカップ優勝。

デビスカップ決勝は、フランスの2-1で迎えた最終日、ジョコビッチがモンフィース(6-2,6-2,6-4)に、トロイツキがロドラに(6-2,6-2,6-3)ストレートセットで勝利。

セルビア、デビスカップ初優勝。トロフィー



アウトサイダーとしては、もう少し接戦だと盛り上がったのになぁと思うのですが…


そして、優勝チームは、お祝い(?)のヘアカット。



写真をパッと見ると、誰?という感じになったセルビアチーム。彼らのキャリアで最高の日となったようです。
Congrats!!
http://www.daviscup.com/En/photos/galleries/gallery.aspx?id=45189
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップダブルス、フランスのカムバック。

デビスカップ決勝のダブルス、ジモニッチ&トロイツキxロドラ&クレモンは、2セットダウンから、フランスがカムバック。

3-6、6-7、6-4、7-5、6-4の、4時間半の試合でした。

今日のStrongest Linkは、見た限りではクレモンだったかな。

ロドラは、本人も試合後に、“すごく緊張していて、足が動かなかった。”と話していたけど、クレモンが引っ張っていた感じ。

この負け方は、ジモニッチとトロイツキ、かなり落ち込みそう。


昨日は、意外と静かだなと思った観衆も、今日は荒れ模様。

2セット目の終盤には、ティプサレビッチが、ポイントの途中で騒ぎ出す観客に、“こんなことをやり続けば、セルビアはポイントやゲームを失ってしまう。”とマイクで警告。

この荒れた2セット目は、セルビアがタイブレークで取ったものの、その後、フランスがカムバック。

フランスは、ツォンガ、ガスケ、ベネトーらのチームメンバーを初め、モレスモサフィンたちも応援に来てました。



これで、明日の4thラバーは、ジョコビッチ、背水の陣です。


試合後、セルビアのキャプテン オブラドビッチは、ラインジャッジは、国民精神が足りないとか、ダブルスの試合が終わる前に、スタジアムを去ったファンに、“あんな大事な場面でこの場を去るほどの、大事なことがあったのか!?”と、彼も大荒れだったのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップ決勝1日目はタイ。

デビスカップ決勝、セルビアxフランスは、第1日目を1-1で分けました。

1戦目のティプサレビッチxモンフィースは、モンフィースが試合の前に、“この大舞台で、地元の観衆を前に、ティプサレビッチはきっと緊張するだろう。”と話していた通り、ティプサレビッチは、ダブルダブルフォルトのスタート。

2セット目は、タイブレークまで持ち込む健闘ぶりでしたが、結果的には、6-1、7-6、6-0でモンフィース。

セカンドラバーのジョコビッチxシモンは、これも一方的に、6-3、6-1、7-5でジョコビッチ。

両国とも、エースががんばりました。


そして、明日はダブルスですが、ジョコビッチは、ダブルスをプレイかも知れないと試合後話していました。

一方、ジョコビッチのコーチは、今日のモンフィースの調子を見るに、“明日、ジョコがダブルスをプレイするのは、あまりよいアイディアではない。”って話していたそう。

さて、どうなるでしょうね。


明日のダブルスがどちらに転んでも、4戦目のジョコビッチxモンフィースは、勝負をかけた熱い戦いとなりそうです。


数日過去にさかのぼりますが、ATPのBest8が、ペイントがついたボールでステンシルしたセルフポートレイトと使ったラケットのチャリティーオークションが終了。

最終日に、ぐっとプライスが上がったのがロディック
8人中トップの$33,100で落札されました。


フェデラーは、$27,300、ナダルは$24,500で、8人のトータルは、$127,755に上ったそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップ決勝。

明日から、デビスカップの決勝がセルビアで行われます。

1st ラバーは、ティプサレビッチxモンフィース、2nd ラバーは、ジョコビッチxシモン。

ロドラがシングルスに出るのではと言われていたけど、キャプテン フォージェが、明日の2戦目に選んだのは、シモンでした。

ロドラは、土曜日のダブルスに、クレモンと組んで、トロイッキ&ジモニッチと対戦です。

セルビアの決勝進出は初、応援がすごいことになりそう。


昨日、今日と、朝起きたらうっすらと雪が地面をカバーしてた。
そして、今朝は、ブースカが、今シーズン初のスノーエンジェルを作って、冬の到来をエンジョイしていたのでした。



私は、ぜーんぜんうれしくない。まいったぁ

スノウスローワー、買いに行かなきゃなぁ。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーの優勝。

フェデラーナダルのATPファイナルは、6-3,3-6,6-1でフェデラー。

最後のポイントは、きわどいボールだったけど、コールはIN。ナダルのチャレンジもなく、試合終了となりました。



ボールのバウンスが低い、O2アリーナのサーフェスはフェデラーに有利と言われていたけど、この試合に勝って、力を証明したかったのはフェデラーの方ということで、プレッシャーは、彼の方によりかかっていたみたいでした。

フェデラーは、このトーナメント、レンドルとサンプラスに並ぶ5度目の優勝。
ラウンドロビンを全勝での優勝で、最高ポイントの1500ポイントと165万ドルを獲得。
来年への弾みとなりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

マレー、惜しい!

ATPファイナルのシングルス、マレーxナダルは、3セット目がタイブレークにもつれ込む接戦。

タイブレークで、最初にダブルミニブレークを取ったのはマレーだったけど、その後、ナダルに追いつかれ、最終的には8-6でナダル。

地元だということもあって、マレーに勝たせてあげたかったけど、やっぱり、正念場で競り勝つのが、ワールドNo.1だよなー。

でも、マレーはインタビューで、“Today is the reason I play tennis。”と、ポジティブは発言。
史上最強の2人のプレーヤー(ナダル&フェデラー)と、トーナメントを戦っていかなくてはならないので、もっと上達しなくてはいけないと。

今日の試合は、とっても見ごたえがあって、がんばれ、マレーと思ったのでした。

それにしても、ナダルは、“The Beast”という感じ。彼のパワーはすごいです。




フェデラーxジョコビッチは、買い物に行っていたので、見られなかった。
スコアだけを見ると、あれ?ジョコビッチ、どうしちゃったのかな?という、1&4でフェデラーでした。

この試合は、後で見るとして、ATPファイナルのファイナルで、No.1とNo.2が対戦するのは、1986年以来(レンドルxベッカー)、ナダルxフェデラーは、今年2回目の対戦となります。

二人とも調子がいいので、面白い試合が期待できそう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

ラウンドロビン 3戦目。

シングルス グループBは、今日、ソダリングにストレートセットで勝ったフェデラーが1位で、フェレールに勝ったマレーが2位で、セミに進出。

マレー、地元の期待に応えることができてよかったね。


ダブルスの方のグループAは、フライステンバーグ&マトコウスキーが全勝で1位、2位は、2勝1敗のブライアンズ。


ところで、チャリティーのオークション、“Art of Tennis”、ATPファイナルの8人が、ペイントをつけたボールをラケットで打ってステンシルしたものですが、ソダリング、フェレール、そしてマレーがebayでビッドが終了。

残るは5人ですが、今のところ、ナダルが26,000ドルでトップ。
続いてフェデラーの、25,700ドル。
やっぱり、この二人がずば抜けて高いんだよなー

http://shop.ebay.com/i.html?_nkw=art+of+tennis+self-portrait&_sacat=0&_odkw=art+of+tennis&_osacat=0&_trksid=p3286.c0.m270.l1313


明日は、ラウンドロビンの最終日。
ジョコビッチの目は大丈夫かな?

テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジョコビッチのコンタクトレンズ。

注目のナダルxジョコビッチ、1セット目の途中までは接戦で、タイブレーク?と思いきや…

5-5辺りから、ジョコビッチの右目がよく見えなくなってしまったよう。

コンタクトレンズが、ヘンなとこにいってしまったのか?

1セット目の後、ドクターらしき人に、コンタクトレンズを外してもらっていたけど、2セット目も、最初のセットの前半のような勢いはなく、試合はその後、7-5,6-2で終了。

インタビューでは、“片目で、ナダルのようなプレーヤーに勝つのは不可能。今まで経験のないことなのに、こんなに大事な試合でこんなことが起きるなんて…”

というわけで、ボールがよく見えなくなったと話していました。

http://sports.yahoo.com/tennis/news;_ylt=AjKstcJ_avRYiRECUa5qVxY4v7YF?slug=reu-finalsnadal_pix


これで、グループAも、第3戦目の結果まで、誰がセミに進むかわからなくなりました。

ロディックがジョコに、ナダルがバーディッチに、ともにストレートセットで勝てば、今日、バーディッチにストレートセットで敗れ、0-2となったロディックにもチャンスが。

反対に、ジョコがロディックに、バーディッチがナダルに、ともにストレートセットで勝てば、現在、2勝のナダルも、セミに進めないことに。


一方、グループBのダブルスの方は、ジモニッチ&ネスターが、セミファイナルへ一番乗り。

でも、来年、このペアも解散。
あれだけドラマいっぱいで結成したペアですが、意外と短かったね。
今年後半の不調が、ブレイクアップする原因みたい。

来年から、ジモニッチはロドラと、ネスターは、今日の対戦相手、ミリュニとのペアリングです。

第3戦目の、ブパティ&ミリュニ x ムーディ&ノーマンの勝者が、セミへ進出となります。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

ラウンドロビン 第2戦目。

フェデラーxマレーは、6-4、6-2でフェデラー。
かなり一方的な試合だったよう。

フェデラーのインタビューで、“調子のいい時のマレーじゃなかった”と話していたけど、ソダリング戦では冴えていたマレーのファーストサーブも、今日はあまり入らなかったみたい。

第一試合の、ダブルスの試合までは、朝、見ることができたのだけど、フェデラーxマレーは、見ることができませんでした。

夜の再放送を、チェックすることにします。

1試合目の、ドゥルーイ&パエスxメルツァー&ピッシュナーの試合もは、3セット目のマッチタイブレークで、メルツァーたちが4-8ぐらいだったかな、かなりダウンしていたのに、それから逆転で、10-8で勝利。

試合は終わるまでわからないね。

意外にもブライアンズが、ポーリッシュペア、フライステンバーグ&マトコウスキーに、これもまた、3セット目のマッチタイブレークで10-8で敗退。

フライ&マト組、2勝0敗で、グループA 1位になっています。

今日、最後の試合、ソダリングxフェレールは、7-5、7-5でソダリング。
フェレール、惜しい!すごく悔しそうで、かわいそうだったな。

これで、グループBシングルスは、ロジャーが2勝0敗で1位、マレーとソダリングは、ともに1勝1敗で、セット数も22。
でも、ゲームの勝率が、マレーが50%、ソダリングが47.62%で、マレーが2位となっています。

今、2敗のフェレールも、3戦目でマレーにストレートセットで勝って、ソダリングがフェデラーにストレートセットで負ければ、セミファイナルへの可能性あり。

一方、現在1位のフェデラーも、ソダリングにストレートセットで負けて、マレーがフェレールにストレートセットで勝つと、セミに進めない可能性もあります。

去年のように、1ゲームの接戦となるかも!
面白くなってきた!


さて、子供たちの学校は、明日からサンクスギビングのブレイク。
今年はさぼって、ターキーをパスしようかと。
個人的に、あまりファンではないしな...
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATPファイナルとモヤの引退式。

ATPファイナルの第一日目、マレーがソダリングに6-2,6-4で勝利。

もっと競ると思っていたのに、意外でした。
ソダリングも話していたけど、マレーのサーブが冴えていたみたい。

そしてフェデラーはフェレールに、6-1,6-4で勝利。

グループBは、1ゲーム差で、フェデラーが1位、マレーが2位、そして、ソダリング、フェレールとなっています。


明日は、ジョコビッチxバーディッチ、ナダルロディック
ナダルは久しぶりのトーナメント。
去年は怪我もあり、1勝もできなかったO2アリーナで、初勝利を挙げられるかな。


今日は試合の間に、カルロス・モヤの引退セレモニーも行われました。
デメンティエバのような涙はありませんでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

プライムミニスター&トップ8。

ATPファイナルは、明日、スタート。

初日のシングルスは、ソダリングxマレー、フェデラーxフェレールとなっています。

このトップ8プレーヤーが、英国プライムミニスターを訪問。

なぜかフェレールだけ、グレイのスーツ。冷や汗
フェレール、メモを受け取らなかったのかな…?



このブログの最後の写真、“Best in Show”のキャプションも笑えた。
http://sports.yahoo.com/tennis/blog/busted_racquet/post/The-five-best-pictures-from-media-day-at-the-ATP?urn=ten-287599#remaining-content
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATPファイナル ラウンドロビングループ。

ナダルのグループAには、ジョコビッチ、バーディッチ、ロディック
フェデラーのグループBには、ソダリング、マレー、フェレール。

ベスト8のみのドローなので、どちらも楽なマッチアップはないものの、フェデラーのグループは、ソダリング、マレーと三つ巴の争いとなりそう。

去年、マレーは、ラウンドロビンで、フェデラーとデルポトロと同じく2勝1敗だったにもかかわらず、タイブレークの結果、1ゲーム差で、セミファイナル進出を逃しています。


ナダルの方は、彼の怪我の回復状態にもよるだろうけど、最近、バーディッチもロディックも、勢いがあるとはいえないので、ジョコビッチとナダルかな。


イリノイのチャレンジャーの錦織選手は、1回戦、グッチオーニにストレートセット勝利で、2回戦の相手は、デリック。

彼は、イリノイ大学のテニスチームで、NCAAチャンピオンとなった、地元のスターです。
応援がすごそう。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手、今週はイリノイ。

錦織クン、ノックスビル チャレンジャーで,ケンドリックをストレートセットで下して優勝。
http://www.knoxnews.com/news/2010/nov/15/nishikori-is-kendricks-daddy/?partner=RSS

今週は100位の一歩手前、101位まで順位を上げています。

今週は、イリノイ大学で開催されるチャレンジャーのトーナメントに第1シードで出場です。
忙しくなければ、見に行きたいのだけど、今週は、残念ながらちょっと無理か。…日曜ならなんとかならなくもないかな。

錦織選手、このままいくと来年の全豪はダイレクトでエントリーできそう。


いよいよサンクスギビングが来週となり、先日、久しぶりにモールに行ったら、すごい人。
不景気がうそのようでした。

すでにBlack Fridayのディールが、インターネットに出ていますが、今年はいいものに出会えるかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:13 | コメント(2)| トラックバック(0)

ソダリングのマスターズ1000 タイトル。

ソダリング、マスターズ1000初優勝で、来週のランキングは、マレーを越してキャリアハイの4位へ。

前夜は緊張して眠れなかったと話していたソダリング、インドアに強い彼ではあるけど、調子に乗っていた地元のモンフィースを6-1、7-6のストレートセットで下し、ATPファイナルの優勝候補となりそうです。

これでナダルフェデラーの2強から、ジョコを加えた3強、プラス、マレーの4強、そしてATPは5強時代?



ATPファイナルでは、最高1500ポイントを獲得することが出来るので、イヤーエンドランキング No.3は、ジョコビッチ、ソダリング、マレーの争いとなりそうです。


昨日はとても暖かくて、庭の片づけが出来たのに、今日は打って変わって、ひとけた台の気温。
どんよりと曇った空で、いよいよこの土地特有の暗ーい冬の到来を思わせてのでした。(鬱)
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

パリ マスターズ ベスト4。

昨日はロドラが、ジョコビッチを倒し、今日は、ダビデンコにもストレートセット勝ち。
そしてもう一人のフレンチ、モンフィースがマレーに勝利で、ベスト4にフレンチプレーヤーが二人。地元ファンは、盛り上がってました。
(セミファイナルに、フランスのプレーヤー二人は、トーナメント史上初)

明日のセミは、ロドラxソダリング、モンフィースxフェデラー

フレンチ同士の決勝もありえるけど、ソダリングxフェデラーの方が、可能性が高そう。


このパリのトーナメント、サーフェスがとても速いのだそうです。

ジョコビッチは、グラスを除くと、このコートが一番速いと話していました。

(試合には仮装で登場)

ロディックは、このコートの速さに近いのは東京と言っていたので、有明のコートもかなり速いんだね。


ノックスビルのチャレンジャーに出場の錦織選手は、今回は取りこぼしなくベスト4に進出。優勝できるといいね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

マスターズ パリ大会。

先週で、Daylight Saving Timeが終了。
日曜日に、1時間時計を戻したので、今週から、子供たちが学校に行く時間が、少し明るくなりました。



街灯もほとんどない道なので、これでちょっと安心。
でも、あっという間に日が短くなっちゃって、また、真っ暗なうちに家をでなくちゃいけなくなってしまうのだけど…


さて、今週は、今年最後のマスターズ、BNPパリバのパリの大会です。

時間がある時に、ちらっと放送を見ようとしているのですが、テニスチャンネルが悪いのか、ここのローカルケーブルカンパニーが悪いのか知らないけど、放送が途切れ途切れ。

今朝も、ベルダスコxクレモンの試合を見ていたところが、途中でポーズされた状態。

ベルダスコは、最低セミファイナルまで行かないと、ATPファイナルのチャンスがなくなるわけですが、USオープン以来、一勝しかしていないらしく、自信のレベルもかなり下降

現在、ベルダスコの次にランクされているユーズニーは、グルビス戦を背中の怪我で途中棄権、ATPファイナルはなくなりました。

このトーナメントを優勝すると、ファイナルへのチャンスがあるメルツァーも、かなりのロングショット。あまり現実的ではないかも。

というわけで、今週、ATPレースの1位から8位までがロンドンへ進みそうです。
怪我人続出の最近ですが、この8人がヘルシーな状態で、ロンドンでプレイできるといいと思います。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

デメンティエバの引退。

全然知らなかったので、びっくりでした。

ズボナレバが、クライスターズとの試合の後のインタビューで、デメンティエバがリタイアしたことを話していたので、最初は、怪我で試合をリタイアしたの?と思ったけど、どうも話がおかしい。
キャリアにピリオドということだった!

サービスモーションも変わって、ダブルフォルトもぐんと減った最近ですが、やはり、いろいろと怪我があったしね。

他のプレーヤーのコメントから、デメンティエバはとてもいい人みたい。
第二の人生が楽しいものになりますように。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

WTA チャンピオンシップ。

ものすごい嵐が来る!と数日前からニュースで伝えられていた今日、この辺りの被害は全然無し。

ミッドウェストエリアで、観測史上2番目に低い低気圧だったらしい。
…といわれても、あまりピンと来ないけど、ムスコ曰く、
“今日、身長測ったら、ちょっと高いかもね。”
確かに。

被害がひどかったところは、竜巻がいくつもタッチダウンしたそうで、大変だったみたい。



ドーハでの、WTAファイナルが開幕。

今日の勝者は、マルーングループでは、ウォズニアッキ(def デメンティエバ)、ストーザー(def スキアボーニ)。
ホワイトグループは、ズボナレバ(def ヤンコビッチ)。
(マルーンって、なんだかパッとしないけど、WTAのカラーだからってことかな。)

このトーナメントの結果によっては、ランキング2位のズボナレバが、1位のウォズニアッキに取って代わる可能性もあったわけですが、ウォズニアッキはあと1勝すれば、今年の1位は確定ということで、今日の調子を見るに、まず間違いなさそうです。

そうえいば、WTAのロゴが変わりましたね。
…まぁ、どうでもいいかなぁというのが感想です。
GAPのように、世論の大反対で、元に戻るということはなさそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーの64thタイトル。

ストックホルムでの優勝で、フェデラーのタイトルカウントは64に。
ピート・サンプラスと並んで、オープンエラで第4位となりました。(コナーズがトップで109、レンドル 94、マッケンロー 77)

記録は、まだまだ更新できそう。


ストックホルムのトーナメントで、ソダリングのATPファイナル入りが決定。
ナダル、フェデラー、ジョコビッチ、マレーに続いて5人目。

残るスポットはあと3つ。

現在、ベスト8へのレースで6位から9位の、バーディッチ、フェレール、ロディック、ベルダスコは、今週のトーナメントへの出場はなし。

10位から14位の、ユーズニー、メルツァー、ソンガ、チリッチ、アルマグロは、ベスト8へは、ロングショットではあるけれど、今週の250トーナメントで、大きなポイントを獲得できれば、チャンスは少し広がります。


ところで、シャラポバ婚約のニュースは本当だったみたい。
ブヤチッチ、大金星です。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

シャラポバの婚約?

シャラポバ婚約の噂が…。

相手は、交際相手のブヤチッチ。ロサンゼルス レイカーズのシューティングガード。

これって、本当か?

http://www.tmz.com/2010/10/21/maria-sharapova-sasha-vujacic-engaged-proposed-los-angeles-lakers/


今日は、うれしいびっくりなことがありました。

だめだろうなと思っていた大学から、ムスコへアクセプタンスレターが届いた!

アプリケーションを出したのは2、3週間前だけど、つい数日前、ハイスクールからこの大学へ成績表が送られたばかりだったので、そのスピードにもびっくり。びっくり

とりあえず、1校合格ということで、ムスコも安堵したのでした。
よかった、よかった。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

上海マスターズ。

東レや楽天オープンで、日本は盛り上がっていたでしょうね。

なにせ時差が大きいもので、これらのトーナメントは、ほとんど見ることもなく終了。

そして久しぶりのマスターズ、2回戦から面白そうなカードが目白押しで、たくさん観戦したいところだけど、なかなかそうもいかず。


この秋、ムスコがシニアになり、大学の説明会、アプリケーションの提出、奨学金やファイナンシャルエイドのサーチや申し込み、なにやら忙しい!

夏休み中に大学にアプリケーションを出した子たちは、すでに合格通知が届いていたりして、うちも早くよいニュースが届くといいけどね。

それにしても、アメリカの大学は高い!!
なんとかしてくれー


でも、今日は、午前がオフなので、ちょうど良くフェデラーxイズナーを観戦中。

最近のイズナーは、夏ほどの勢いがないなぁと思う。
サーフェスとか、シーズン終盤の疲れとかなんでしょうか。

ロジャーの秋のナイキ アウトフィットは、上海のボールパーソンたちとマッチのムラサキ。ビミョー
今までムラサキって、着てなかったかもね。


さて、明日は、久ーしぶりに友達とテニス。
何ヶ月ぶりだ?
手首の方は、...鍼の先生、あんまり当てにならなかったかも...やっちゃったぁ

もう以前のようにはできないのかもねと、かなりあきらめムードとなっています。
でも、のんびりと友達と楽しみながらのプレイは、なんとかなるような気がする。
ラケットも、変えてみようかな。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーとデビスカップ。

フェデラーレスのスイス、カザフスタンに05で敗退で、デビスカップ ワールドグループ脱落です。

05って、どうした!?

2004年以来、ワールドグループのプレイオフになると、スイスのレスキューにやってきたフェデラーですが、今回は、それをスキップ。
USオープンで好調だったバブリンカもいることだし、今回は大丈夫と思ったのかね。

それとも、デビスカップは、それほどフェデラーにとっては大事じゃないのかな?

USオープン決勝の翌週で、それも病み上がりに、3rdラバーのダブルスで敗退した後、4thラバーでバーディッチに勝ち、セルビアをデビスカップ決勝に導く動力となったたジョコビッチ、コロンビアの高地まで旅して、3日間で11時間近くプレイし3勝を挙げ、アメリカをワールドグループに残したフィッシュとは対照的です。


これでスイスは、ヨーロッパ/アフリカ ゾーンから勝ち上がってこなければならなくなった訳で、ワールドグループに返り咲くには、ゾーンでのタイを勝った後、ワールドグループのプレイオフに勝たなければならず、もし、フェデラーが、デビスカップを手にしたければ、キャリア終盤の彼、時間が限られてる感じ。

オリンピックにはすごく燃えるのに、なぜ、デビスカップにはあまり燃えないんでしょう。
一緒にがんばってくれそうなバブリンカもいるのにね。

オリンピックより、個人の栄誉感は、デビスカップの方が薄いかも。

デビスカップのスケジュールも、彼自身の体調の維持のために出場しない理由みたいだけど、他にも理由がありそう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

キャリアグランドスラム。

USオープン、ナダルの優勝で、彼は最年少でキャリアグランドスラムを達成。

まだまだ先があるナダルは、グランドスラム優勝記録をどこまで伸ばせるでしょう?

フラッシングメドウズは、月曜日も雨が降り、試合が途中で中断。

試合途中で放送局は、CBSからESPN2へ。
ESPN2もフットボールの試合があるということで、10:15を過ぎるようなら、放送局はESPN Classicへまた移動ということだったけど、直前に試合は終了。
でも、優勝セレモニーは、ぶちって感じで時間切れでした。

結局、女子も男子も、途中でアップセットがいくつかあったものの、優勝は多くの人の予想通りのクライスターズとナダルだった。


さて、ポストUSオープンはちょっとのんびりと思ったけれど、週末はデビスカップのセミファイナル。

セルビアxチェコも、フランスxアルゼンチンも面白そう。
どのチームも、ほぼベストメンバー。

ジョコビッチは、初戦でステパネックと対戦。USオープンで疲れてそうなのにえらいね。


フランスxアルゼンチンは、朝早くから放送があるので、ちょっと見られるかなぁと思っていたけど、うちのワンコたちが絶不調で、明日の朝いちでドクターに見てもらうことに。犬

ラファエルは、今週の初めから調子が悪くなり、いわゆるお腹をこわした状態。“また、ティッシュでも食べたんじゃないの?”と思っていたら、昨日からブースカも同じ症状に。

ありゃ、これは何かのバクテリアかバイラス!?

ブースカは、この前10歳になった老犬なので、病院に連れて行かなくちゃと電話したら、今日はもう予約がいっぱい。
というわけで、明日になってしまったわけのだけど、一体、何の病気でしょう?

2匹が一度にこんなに具合が悪くなったのは初めて。
スチームバキュームを、上に持って行ったり、下に持って行ったり、今日は、掃除疲れです…。やっちゃったぁ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 04:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

マンデイ ファイナル。

メンズのファイナルは、雨のため、月曜に延期。

ジョコビッチにとっては、うれしい雨。
フェデラーとのフルセットマッチで、リカバリーに時間が欲しかったところです。

それにしても、ロジャー、先にマッチポイントを握っていたのになぁ…
ジョコビッチのガッツィーなプレイに拍手です。

土曜は、ジョコのお父さんにプラスお母さんまで、ジョコの姿がでかでかとついているTシャツを着てた…冷や汗

ジョコビッチが、準々決勝の後で、お父さんが着ているTシャツについて聞かれた時に、“自分は絶対着ないけど、彼は、息子を誇りに思っている父親なので…”と。

セミで、ジョコビッチが勝っても、フェデラーが勝っても、多分、好調のナダルには勝てないだろうと思っていたのだけど、ナダルのキャリアグランドスラム達成なるか?
多分なるな。

同じエラに、フェデラーとナダルの、2人の史上最強のプレーヤーが出るなんて、すごいです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

ズボナレバのストリング。

昨日のセミファイナルは、なかなか面白かった。

ウォズニアッキxズボナレバは、みんなの予想に反してズボナレバ。

とはいえ、ズボナレバは、ウィンブルドンに続いて、グランドスラムファイナルに連続出場なので、キャリアで最高の年になりそうです。

それにしても、ズボナレバのストリング、よく切れました。

4回ぐらい切れたかな。
何度もストリングが切れたため、ストリングが切れたラケットをリストリングしてもらっている間に、古いラケットを使ったりしていました。
それでも集中力が落ちなかったところが、今まで、エモーショナルなことで有名だったズモナレバ、精神的に強くなったのかもね。

ナチュラルガットを、プロプレーヤーがあまり使わなくなってからは、こんなにストリングが切れるのは珍しいって言ってたけど、解説によると、ナイロンの細いストリングを、ものすごくタイトに張っているのでは?ということだった。

彼女のラケットのステンシルから、ストリングはGammaみたい。


二つ目のセミは、1セット目を落としたけど、クライスターズが次の2セットを取って、ヴィーナスに勝利!

キムのファンとしては、ちょっとはらはらしましたが…


そういえば、昨日の女子のセミの解説、テニスチャンネルは、ナブラチロワにクリス・エバートも加わって、超豪華でした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 03:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーのリベンジ。

昨日のフラッシングメドウズは、すごい風!

突風で、ナプキンやプラスティックの袋が乱れ飛び、プレイがストップすることも何度か。

この風をよりうまく攻略したのが、ジョコビッチとフェデラー

ジョコビッチはモンフィースに、フェデラーはソダリングにストレートセット勝ち。

モンフィースは、風の中でやりづらそうで、とても彼らしくないテニス。ちょっと残念だった。


フェデラーxソダリングは、風が吹けばフェデラーに優位といわれていたけど、その通りの天気。

サーブトスがとても高いソダリングは、大風のため、サーブのコントロールが冴えず、サービスエースもトータルで2本でした。(フェドは18本)

64、64、75で、3セット目、ちょっとサーブの調子が出て来たところのソダリングを、ストレートセットで下すことができました。
フレンチオープンで、セミファイナルへの道をソダリングに阻まれ、GS連続セミへの進出記録が途絶えたロジャーなので、Revenge is sweet だったことでしょう。

これで、セミファイナルは、去年と同じくフェデラーxジョコビッチ。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 02:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルとフェデラーバン。

ナダルについての面白いニュースがありました。

ナダルが、全米オープンで使われている、選手用のメルセデスのシャトルに、フェデラーの大きな写真が付いていたというので、乗ることを拒んだと。
http://www.nypost.com/p/sports/tennis/driving_em_mad_TKmvPZwHwzejvH37ukhg0M?CMP=OTC-rss&FEEDNAME=

ラファに限って、そんなことする?というニュースでしたが、やっぱりデマ。ちょっと笑えた。
http://www.daylife.com/article/07JN2B20r6aJy


昨日は、フェデラーがストレートセットでメルツァーに快勝。
2セット目のタイブレークは、ネットコードのラックもあり、メルツァーがちょっとかわいそうでもあったな。

そして、予想通り、フェデラーのセミの相手はソダリング。
モンタニアスに31で勝利です。

楽しみなセミファイナルになりそう!


ボトムハーフのもう一方のブラケットは、ジョコビッチがフィッシュを、モンフィースがガスケをストレートセットで下し、これもまた面白そうなマッチアップ。

フィッシュは、すでにフルセットを2回プレイしていることもあり、さすがに疲れたかな。
30ポンドの減量で、すごくリーンになって調子を上げて来ているので、今年の後半も活躍が期待できそう。

ガスケは、何度かチャンスがあったのだけど、それをものにできず。
でも、今回はノーシードでここまで勝ち上がって来たし、今後の自信となりそうです。


さて、今日は、ふたつのスパニヤード対決(ナダルxロペス、ベルダスコxフェレール)に、アメリカの期待を一身に背負う侍サムとバブリンカ、そして、レーダーから外れていたユーズニーとロブレドの対決です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

マレーの敗退とスペイン勢の活躍。

土曜日は、錦織選手、途中棄権で残念でした。

プレイできるかどうかわからないという状態で臨んだモンタニアス戦でしたが、足の付け根の怪我ということで、2-6,1-2でリタイア。

モンタニアスも、錦織クンの動きが悪かったので、すぐに怪我をしているとわかったようです。
猛暑の中での5時間の試合で、さすがに体が参ってしまったよう。
早く怪我を治して、また活躍に期待です。

アメリカのティーンエイジャー カプラは、シャラポバを相手に、ダブルベーグルで完敗。
トップレベルでプレイするには、もう少し時間がかかりそうです。


さて、昨日は、トップハーフの試合がありましたが、マレーがバブリンカに敗れる波乱。
マレーのグランドスラムの夢は、また来年に持ち越しです。
かわいそうだけど、がんばるしかないね。


トップシードのナダルは、シモンにストレートセット勝ち。

シモンは、数日前に、予定より早く男の子の赤ちゃんが誕生したということで、3セット目は、すでに心は家族の下に飛んでいたそうです。

ナダルを筆頭に、トップハーフは5つのスポットをスペインの選手が占めました。

ベルダスコ(Def ナルバンディアン…ナルバンディアンがもう少し行けると思っていたけど)、フェレール(Def これもスペインのトレバー)、ロペス(スタコフスキーが足の指の怪我のためリタイア)、そしてロブレド(ロドラが頭痛とめまいのためリタイア)。

ロペスが、僕たちが強いのは“もうクレーだけじゃないんだ”と話していましたが、その通り。

ボトムハーフには、モンタニアスも残っているし、スペイン勢、大活躍です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 20:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の3回戦とティーンエイジャーの活躍。

今日の錦織選手xモンタニアスの3回戦は、また第一試合。
ハリケーン アールは、心配されたほどの影響はなく、錦織選手のお休みは、1日だけとなりました。
コート#11ということで、ライブストリーミングはありそうです。

今日のマーキーマッチアップは、ブレイクxジョコビッチ。
ホームタウンでリサージしているブレイクが、応援を背にどれだけがんばれるか。

それから、アメリカでの注目は、カプラxシャラポバ。

2回戦でレザイに勝利して、3回戦に進出の18歳のカプラ、去年のウダンのランの再現となるかで、注目を集めています。

昨日は、メンズサイドで、アメリカのティンエイジャー、ライアン・ハリソンが、5セット目をタイブレークで落とし、スタコフスキーに敗退。
すごい観客を集めてました。

ハリソンは、ベンジャミン・マッケンジー似で、きっと人気がでるだろうなぁというハンサムな男の子。
今後の活躍に注目です。


昨日は、手首に鍼を打ってもらいに行ってきました。

ファミリードクターが、鍼師を知らないというので、オンラインのディレクトリーでacupuncturistを探したところ、多いのが白人の若い女性でとても意外だった。

でも、やっぱり鍼といえば中国だよなと、スポーツインジュリー治療を掲げていた中国人のドクターを選び、行ってみることに。

でも、オフィスが穴蔵のようで、大丈夫かなぁ...と不安になったのだけど、ドクターは普通そう。

“炎症はそんなにひどくないので、2回ぐらいの治療でよくなると思うよ。”とうれしいことを言ってくれた。

帰る時に、毎日交換してねと湿布をくれたのだけど、これがすごい匂い。どーしよー

ミントフレーバーの中国食材店を手首に巻いている感じ。
子供たちにもいやがらているのだけど、これが効いたらラッキーということで、しばらく我慢です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の2回戦勝利!

今日も暑くなったフラッシングメドウズでしたが、錦織選手、5時間のフルセットマラソンを戦い抜いて、 5-7, 7-6 (6), 3-6, 7-6 (3), 6-1で,#11シードのチリッチに勝利!おめでとう!!

見ているこっちまで、くたびれてしまう試合でした。

先にトレーナーを呼んだのは錦織クンだったので心配しましたが、ヒップの辺りをマッサージしてもらった後は大丈夫そうに見えました。

さすがに5セット目は、二人ともくたくた状態。
試合の後は、二人ともバッタリだっただろうな。

とりあえず、1日、もしかしたら、ハリケーン アールが近づいて来ているので、その影響によっては2日お休みがあるので、3回戦までに体力が回復するといいね。

次の相手は、#21シードのモンタニアス。
クレイで強い選手ですが、なんといっても、今年の彼のハイライトは、春にフェデラーに勝利したこと。

今回はハードコートだし、錦織クン、行けるかもです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロディックの敗退とフットフォルトコール。

話題盛りだくさんの全米オープン3日目となりました。

ナイトマッチで起こったのが、ロディックのアップセット。

セルビアのティプサレビッチが、3-6, 7-5, 6-3, 7-6(4)でロディックに勝利。

結婚を機に調子を上げるプレーヤー、多いです。
フェデラー、フィッシュ、そしてティプサレビッチ。

ロディックも新婚なのにな…

予想していたベスト8の一人が欠けてしまいました。

このアップセットで物議をかもしたのが、3セット目のロディックへのフットフォルトコール。

フットフォルトをコールされたロディックが、“どっちの足が!?”とラインジャッジに詰め寄ると、彼女は、“右”と間違った足を言ってしまい…

それを聞いたロディックは、“今まで右足のフットフォルトをコールされたことなどなーい!”と怒り。

スローモーションで見ると、フットフォルトは確かだけど、右利きのロディックなので、ラインを踏んでしまったのはもちろん左足。

プレスカンファレンスでも、“右と左もわからないなんてっ!”と怒りは収まらないようでした。

これが、去年の全米で、セレナ・ウィリアムスにフットフォルトコールをしたジャッジと同じじゃなくてよかったよ。


他にも、トップ10シードでノックアウトされたのは、バーディッチ。

最近のグランドスラムで好成績だったバーディッチですが、フランスのロドラに1回戦で敗退です。

欠場もあって34位までがシードされている今年の全米で、35位のロドラが初戦の相手だったバーディッチにとってはアンラッキーなドローでした。


女子の方は、アザレンカが救急車で運ばれるというインシデントも。

ダルコを相手にした1セット目で、コートでクラっと倒れてしまい、そのまま車椅子→救急車となってしまってリタイア。

最初は、熱中症かと思われましたが、試合の前のウォームアップ中に、ジムで転んで、頭と腕を打っていたということで、軽度の脳しんとうと診断されたそうです。

優勝候補の一人といわれていたアザレンカだったのに、残念な全米となってしまいました。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジョコビッチのFive-Set Scare。

ジョコビッチの初戦の相手は、同胞のトロイツキ。

今日のフラッシングメドウはすごい暑さだったようで、日本みたい?

暑さに弱いといわれているジョコビッチでしたが、1-2でダウンの後、残りの2セットを取り(6-3,3-6,2-6,7-5,6-3)、2回戦に進出です。


他にも5セットマッチを乗り切ったシードプレーヤーは、マーディー・フィッシュ。
def ハヤェック 6-0,3-6,4-6,6-0,6-1という、ちょっと不思議なスコアラインでした。

フルセットでアップセットされたのは、バグダティス
クレモンに3-6,6-2,6-1,4-6,5-7で敗退。
多く出場したUSオープンシリーズでの疲れを懸念されていましたが、残念な結果となりました。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の勝利。

錦織選手、1回戦勝利!

7-6、5-2で、コロレブが2セット目でリタイアです。

1セット目をタイブレークで落とした後、怪我のタイムアウトで、腕をマッサージしてもらっていましたが、結局はリタイアとなりました。

次の相手は、順当にストレートセットで勝ちあがってきたチリッチ。

コロレブとの試合、サービスエースも何本もあり、調子がよさそうに見えた錦織クンの、2回戦での健闘に期待です。


錦織選手と同じく予選から勝ち上がってきた、ケンドリックとマウラーは、シード選手を相手にフルセットの大健闘でしたが、それぞれアウトラストしたのは、シード選手。

ケンドリックはモンフィースに、マウラーはソダリングに敗退。グッドマッチでした。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の一回戦。

予選を通過した錦織クンの一回戦の相手はカザフスタンのコロレブ。
全豪では、バーディッチをアップセットしたプレーヤーですが、最近の成績は振るわず。
ウィンブルドンのナダルとは違い、勝利のチャンスあり。

試合は、月曜日の第一試合めです。


2回戦はというと、#11 シードのチリッチと当たる位置。
USオープンシリーズのチリッチの成績は、トロント、モントリオールとも一回戦で敗退しているので、好調とはいえないかも。


予選参加の伊藤選手と杉田選手は、本戦まであと1勝というところで敗退。残念でした!



さて、夏休みも残すところ1週間となり(やっと)、9月からの始動に向けて、私も子供たちも、さすがに準備をしないと…と思っているのだけど、いまだに時差と格闘中です…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 18:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

USオープン ドロー発表。

USオープンのドローの発表をESPNでやってました。
くじを引いていたのは、昨年優勝のキム・クライスターズ。

さて、メンズの方は、シンシナティでの優勝で、No.2で全米オープン入りのフェデラーのハーフにはジョコビッチが、ナダルのハーフにはマレーが引かれました。

今回は、結構均等な感じのドローです。

トップハーフのナダルのクォーターは、3回戦であたる可能性のあるコールシュライバー以外は、ベスト8までは、ナダルに大きなトラブルはなさそう。

ナダルのクォーターのボトムは、混戦模様で、フェレール、グルビス、ナルバンディアン、ベルダスコのうちの誰かが、ベスト8に出てきそうです。


マレーは、3回戦ではバブリンカと、4回戦では、クェーリーかアルマグロとの対戦になりそうです。
準々決勝では、バーディッチかイズナーが相手となりそう。


ボトムハーフのジョコビッチのクォーターは、この夏、ホットなバグダティスかフィッシュが4回戦でジョコとあたる位置に、その後は、ダビデンコロディック、モンフィースが控えています。


フェデラーは、ヒューイットやメルツァーがいるけど、ベスト8までは大丈夫そうかも。
問題は、ベスト4への対戦で、ソダリングまたはチリッチが上がってきそうです。


というわけで、予想の準々決勝は、ホームコートアドバンテージを踏まえて、
ナダルxナルバンディアン、マレーxイズナー、フィッシュxロディック、フェデラーxソダリングという感じかな。


日本から帰ってきたら、すっかり朝夕が涼しくなっていて、心地いいー!
日本の夏に、分けてあげたいような気持ちよさです。

ホールドしておいたメールを取りに行ったら、その中に、テニスクラブから、秋からのトラベルリーグに申し込めーと案内が来てました。

さてさて、数ヶ月休むべきか、なんとなく手首の調子も少しよくなってきている気がするので、来週から始めようか、悩むところです…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

USTA プレイオフ。

ここのところずっと暑かったのだけど、この週末は穏やかで涼しかったのはラッキー。

朝、8時の試合ということで、45分前に現地集合。
体、半分寝てた。

結果は、1-6で、最初のセットをころっと落とした後、2セット目を6-4で取り、最後のセットのマッチタイブレークは、8-10…負けです。やっちゃったぁ

やっぱり外テニスがすごく下手!だめだね。

チーム全体も、2-3で負け。あぁ、悔しいなあぁ。

でも、最初のラウンドはラウンドロビンなので、まだステイトに行けるチャンスはあるし、Go Team!です。


その後、みんなに、“Have fun in Japan!”と送り出され、午後の用事を済ませて、さすがに日本行きの準備に取り掛かったわけで。

はたと気がつけば、お土産、足りないんじゃない?
困った。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 20:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー+アナコーン、マレー+ケイヒル?

錦織クン、今週のトーナメントは予選勝ちあがりましたね。
相手が、ケビン・アンダーソンだったので、大丈夫かなぁと思ったけど、よかったね。

ワシントンのメインドローの方は、ロディックの山に引かれて、勝ち上がれば、3回戦でロディックに当たる位置です。
そこまで上がってくれば、TVで見ることもできるので、がんばれ!



今日のロサンゼルスの決勝、見ようと思っていたのに、テレビをつけたら、3セット目が終わるところ。

フルセットでクェーリーが、マレーに勝利。

スコアを見ると、すごく競ったようなので、見たかったなぁ。

マレーは、最近、コーチと別離。
ケイヒルがコーチになるのではという噂でしたが、昨日のセミファイナルの放送中に、ESPNのコメンテーターのダーレン・ケイヒルが、“フルタイムのコーチを求めているのなら、僕ではありえない。”と言ってました。

アディダスの選手強化プログラムや、ESPNの仕事やらで、フェデラーのフルタイムコーチとしてのリクエストを断ったように、マレーでも、フルタイムのコーチにはならないようです。


フェデラーは、元サンプラスのコーチ、アナコーンを雇うみたいですね。
全豪の後、今日ひとつのロジャーなので、新しいコーチいいかも。
昨日、ケイヒルも、グッドマッチだって言ってました。



今日は、どうにも人が足りないからと、夕方、テニスに駆り出されたのですが、結局、一人がNo Show!

バタバタと駆けつけることなかったじゃない!
約束は守ろうよ!と思ったのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

Wish you were here, Rafa...

ディフェンディング チャンピオンのスペインが、ダブルスラバーを3-1で落とし、フランスが3-0で、デビスカップ準決勝に進出!

デビスカップで、フランスがスペインに勝ったのは、87年ぶりだそうです。

スペインのキャプテン コスタは、きっと、“ラファがいたらなぁ…”と思っただろうなと。

シングルスラバーで、フェレールにフルセットで競り勝ったモンフィースと、ベルダスコをアップセットしたロドラ。
ホームアドバンテージで、速いハードコートが功を奏したよう。



セルビアxクロアチアは、ダブルスをセルビアが取り、セルビアの2-1。
チリッチxジョコビッチが、肝となりそうです。


ロシアxアルゼンチンは、ダブルスがアルゼンチンで、2-1のリード。
アルゼンチン、がんばってるね。


バーディッチとステパネックを欠くチェコも、大健闘。
チリを相手に、シングルスを2-0でリード。
ダブルスは、ドゥルーイーとサーマックのチェコが有力。
ここも3-0で決着かも。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダル、南アフリカへ。

膝の休養でデビスカップを欠場のナダル、南アフリカに、ワールドカップの決勝を見に行くそうです。

サッカーには全然興味がない自分さえも、つい試合を見てしまうワールドカップなので、ファンにはたまらないんでしょうね。

ラファもヴヴジラ、吹くのかな。


デビスカップの準々決勝のフランスxスペインは、ナダル以外にも、ツォンガが膝、ガスケ、マチーユが背中の怪我のため欠場。
ということで、シングルスラバーは、フェレールxモンフィース、ベルダスコxロドラとなっていました。

放送は、カメラが、なんだか網戸の向こうにあるような映像で、とても見にくいのが残念。


ロシアxアルゼンチンは、ナルバンディアンががんばったとしても、やっぱりダビデンコ&ユーズニーのロシアかな。


チリxチェコは、バーディーチが欠場し、混戦?


注目のセルビアxクロアチア、シングルスは、ジョコビッチxリュビチッチ、トロイッキxチリッチ。

ダブルスは、ジモニッチと、先日結婚したティプサレビッチのセルビアに軍配が上がりそうだけど、クロアチアはホームのアドバンテージもあり、競りそうです。



やっとヒートウェーブが去り、今日の最高気温は80度台にさがりそう。

月曜のレッスンを受けたムスメは、ヒートにやられてひっくり返るし、火曜に試合があった私も、試合後、グロッキー状態。勝てたのはよかったけどね。

この日、初めてダブルスのパートナーだったクレアに、試合前の準備不足、試合後のアフターケアを指摘され、試合前、試合後に摂るべきものをいろいろ教えたもらったのでした。メモメモ。

うちの犬たちも、エアコンの噴出し口がベストフレンド。
今日はちょっと外で遊べそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルのサマーサルト。

ナダル、強い!

もっと競ると思っていたバディッチとの決勝でしたが、3,5,&4のストレートセットでナダル。

グランドスラム、8度目の優勝です。
この調子でいくと、記録の塗り替えも数年後かもね。


優勝を、サマーサルトでお祝い。
彼は、やることがかわいいね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

予想通りと予想外の優勝。

予想通りだったのは、セリーナとスボナレバの決勝。

セリーナが、3&2のストレートセットで勝利。
13個目のグランドスラムタイトルです。


予想外だったのは、ダブルスの決勝。

ズボナレバ&ベスニーナを下して、バニア・キングとヤラスラバ・シュベドバが優勝!

ADRIAN DENNIS/AFP/Getty Images

USとカザフスタンのペア、二人ともセンターコートでプレイするの初めて。
シードされていないペアが、優勝したのは5度目。
二人ともこの優勝に驚いていたようです。よかったね。

一方、ダブルロスのズボナレバは、気の毒でした。


メンズのダブルスの方も、予想外の決勝でした。

そして、こちらもノーシードのメルツァー&ペッシュナーがストレートセットで、リンステッド&テカウに勝利。


IAN KINGTON/AFP/Getty Images


さて、今日のメンズの決勝は、予想通りとなるでしょうか…?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー バディーチに敗退...

今回は、アニマルちゃんと私の祈りは届かず、フェデラーがバディーチに 6-4, 3-6, 6-1, 6-4で敗退です。

フェデラーは試合後に、“背中と足にちょっと問題があり、思ったようにプレイできなかったのは残念。”と話していましたが、バディーッチは、それのコメントに対して、“言い訳を探しているのかな?”とチクリ。


来週のランキングでは、フェデラーが3位へ、2003年の11月以来ということになります。

いよいよ世代交代でしょうかね。
ヴィーナスも、ノーシードのピロンコバに負けちゃったしね。


これでウィンブルドンのセミファイナルは、ジョコビッチxバディーチ、そして、ソダリングに3-1で勝ったナダルとドッグファイト中のツォンガxマレーの勝者。みんな23~25歳と旬のプレーヤーたちです。



昨夜は、USTAの試合があり、8時からスタートの予定が、前の試合が長引き、コートが空くのを待っている間に8時45分くらいなってた。

試合は、6-1,6-2だったのだけど、デュースが多かったのか?、終わったのは10時過ぎ。

非常に夜に弱い私としては、体が寝かけてるよぉという試合でした。

先日、ムスメのコーチに、サーブにアドバイスをいただいたのだけど、それをあまり意識しすぎて、どうもサーブの具合がよくなかった。
まずは、もっと新しいフォームでサーブの練習をしないとだめだなと思ったのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 02:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウィンブルドン セカンドウィーク。

今日は、ミドルサンデーでウィンブルドンはお休み。

朝、ムスメをテニスのレッスンに連れて行き、途中からパラっと雨?…と思ったら、どわーっと降り出し、ムスメも私もコーチもびしょぬれ。

でも、雨は数分であがり、結局そのままレッスンを続けたのだけど、テニスコートの乾く早さにびっくり。

30分後には、ほとんど乾いていました。


しかしながら、その後、この辺りは大荒れ。
竜巻警報も鳴り、すごい嵐が通り抜けていったのでした。

今年の天気はかなりヘンです。
こんなに北まで竜巻がやってくることはとても少ないのだけど、どうしたわけか、今年は何度も竜巻警報が発令されています。
どうなってるんだろうね???


さて、明日のウィンブルドンは、あまりに盛りだくさん。
シングルスの4回戦がすべて行われるので、どの試合を見ようか、迷ってしまう一日です。

女子の注目は、セリーナxシャラポバ、エナンxクライスターズ、男子の方は、ジョコビッチxヒューイットかな。

3回戦もフルセットマッチとなったナダルの右膝は、なんとか大丈夫そう?
本人によると、“good, good, not bad.”ということらしいですが…

ナダルの明日の相手は、マチーユ。
順当に勝ち上がれば、準々決勝でナダルとソダリング(明日の相手はフェレール)の対決。これもまたブロックバスターです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

歴史的な試合の完結。

イズナーxマウーの試合は、5セット目を7068でついに終了。
トータルで11時間5分の試合、勝者はイズナー。

どちらかが負けなくてはいけなかった訳ですが、マウー、気の毒だった。

でも、彼のスポーツマンシップは◎!

ウィンブルドンが、彼らの歴史的な試合に敬意を表してと、試合の後にちょっとしたセレモニーを催したのですが、そこでのインタビューも相手を讃えて、立派でした。

しかしながら、このセレモニー、ヘンマンらがイズナーとマウー、そしてアンパイアにギフトを渡し、二人にインタビューしたところまではまぁよかったのだけど、その後、この3人をスコアボードの横に連れて行き、フォトセッションは余計。
なんだか浮かれた感じで、いただけないと思ったのでした。

このイズナー、今日も朝から試合だったのだけど、完全に燃料切れの状態。
トーナメント側も、せめて、もう少し遅い試合にしてあげればよかったのに。(セレモニーより、こっちの方を考慮したあげればね...)

サービスエースも取れず、ストレートセットで、デ バッカーに敗退です。
今年のメンズのシングルスで、今のところ、一番短い試合となってしまいました。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

59-59 and beyond!

ウィンブルドン、出かけていた3日間でいろんなことが起こっていました。

月曜日、出かける車の中で、アニマルちゃんから、“Pray for our Roger!”とテキスト受け、その後、彼女がPlay-by-Playで、試合の最後までテキストを送ってくれました。

あぁ、危なかった…。今日の試合は、少しだけフェデラーらしくなってた?
スコアしか見ていないので、これからハイライトを見ようと思います。


後、話題はマウーとイズナーの試合。
朝、ホテルで、昨日から順延された試合の5セット目をチラッと見て、その後、今度は、ムスメの友達がテキストを送ってくれていたのだけど、5セット目のスコアを知るたびに、“えーっ!?”と驚き!

結局、また試合は順延。59-59(言うまでもなく、いろんな面で大記録)の5セット目、一体どこまで行くのでしょう?


他のいろんなことを置いておいて、今日、コートサイドで物議をかもしたのが(コートサイドとも言えないけど)、ジェームス・ブレイクとコートサイド レポーター パム・シュライバーとのやり取り。

あっという間に消されてしまうかも知れないけど、こちらがビデオ。


http://www.latimes.com/sports/la-sp-wimbledon-notes-20100623,0,5323363.story


これだけ、ネガティブなコメントを試合中に聞かされると、ブレイクもキレル気持ちわかるな。

最初に、“あなたがテニスをプレイしてたなんて信じられないよ。全部聞こえてるよ。”とブレイクが言ったところで、ボリュームを下げてささやくようにレポートするかと思いきや、シュライバーは、同じ声の高さで、“ジェームスに文句言われた!ウサギの耳を持ってるね。”

それを聞いたブレイクからは、xxxワードも飛び出し、結局、ブレイクは、ハセに6-2,6-4,6-4で敗退。

膝もかなり悪いみたい。この膝が治らなければ、選手生命にかかわりそうです。

これは、シュライバー、退場!です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルx錦織 ウィンブルドン1st ラウンド。

イーゴン インターナショナルを見ていたら、画面の下にウィンブルドンのドローが流れていました。
錦織選手が引かれたのは、ボトムハーフの下から2番目。
相手は、ウィンブルドンではNo.2シードのナダルです。

これはがんばるしかないでしょう。


そのほか、ナダルのクォーターには、グラスでは会いたくないイズナー、その前にはグルビス、そして彼のクォーターのもう一方のサイドには、ソダリング。
なかなかヘビーなドローです。


ナダルと同じハーフのクォーターにはマレー。
彼の山から他に出て来そうなのは、ツォンガ、ベルダスコ、調子に乗っているクェーリー。
マレーにとっては、比較的によいドロー。


トップハーフ、フェデラーのクォーターは、準々決勝で会う可能性があるプレーヤーとしては、バーディッチ、バブリンカ、ダヴィデンコ。
ベスト8までは、あまり要注意プレーヤーは見えない感じ。
でも、最近のロジャーは、ちょっと心配だけどね。


トップハーフ、ジョコビッチの山は、まずはモンフィスと先日久々に優勝のヒューイット、ジョコと反対のサイドには、ロディック、チリッチがいます。
このクォーター、誰が出てくるかなぁ。



ウィンブルドンの開幕とともに、この学区は夏休みがスタート。

ハイスクールは、今日がファイナルの最終日。

10時半には学校が終了で、ムスコは、夜、自分たちのバンドのパフォーマンスの後、“Toy Story 3”と見に行くと、えらく楽しみにしてました。(気持ちは先走りしているみたいだけど、まずは、テストに気合を入れて欲しいんだけどな…)

ムスメの方は、たくさんの友達とコンサートを見に行くので、母は、なんだか遠いミュージックシアターまで運転手。連れて行く担当で、帰りは他のお母さんがやってくれるそうで、ラッキーです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー、No.1シード。

フェデラーが、ウィンブルドンの#1シードに昇格。

グラスコートでの成績が評価に加わるウィンブルドンのシードですが、フェデラーが#1、ナダルが#2で、ジョコビッチ、マレーは、ランキング通り。

#5シードには、ランキング7位のロディックが入っています。

シードの1と2が入れ替わっても、シード選手はドローイングで振り分けられるので、対戦相手はそのくじにかかっている訳で、1番と2番ではあまり損得はないかも。


女子の方は、そのままセリーナとヴィーナスが、#1、#2シードとなっています。



夕べは、久しぶりにUSTAの試合に行ってきました。

手首はまだちょっと痛かった...
でも、サーブを手首を気にしないで打ってみたら、なかなかよかった。
結構、サーブでフリーポイントをゲットできて、62、61の勝利でした。
試合の後は、すぐにアイシング。それがよかったのかな、今朝はそんなに痛くなかった。

やっぱり試合は面白いね。なんとかこの手首を治したいものです。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 02:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

ヒューイット、フェデラーに勝利。

フェデラーで決まりだと思っていたハラのトーナメント、1セット目を6-3でロジャーが取った後、2セット目をタイブレークで落とし、3セット目は6-4でヒューイット

最近、先にセットを取った後、負けてしまうというパターン、多いです。

ついに、ヒューイットがフェデラーに勝利。15連敗に終止符。(ソダリングも12連敗後の勝利だったっけ)

怪我からの復帰後、久々の勝利で、ヒューイット、ウィンブルドンに向って、勢いがつきそう。


ハラのトロフィーは、パッと見、アイデンティカルで、どちらが優勝で、どちらが準優勝かわからない感じ。


それにしても、ロジャーは、ちょっと心配だ。



イーストボーンの錦織選手は、#3シードのクニツィンにフルセットで勝利。本戦入りを決めています。
よかったね。

1回戦の相手は、同じクォリファイヤーのクズネツォブ(クズネツォバの親戚ではないですが)、若者対決です。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:11 | コメント(2)| トラックバック(0)

クィーンズの波乱。

今日のクィーンズは、前日、日没のため途中延期となった、マレーxフィッシュで、ディフェンディングチャンピオンのマレーが敗れる波乱。

前日、3セット目の3-3までだったかな、プレイした後、延期となったわけですが、モーメンタムがあったマレーは続けたかった一方、追いつかれてきたフィッシュは止めたかったということで、ちょっと揉めていました。

IAN KINGTON/AFP/Getty Images


ロンドンのファンはがっかりでしたね。



そして、マレーの敗退の後、ナダルがロペスに敗退。

IAN KINGTON/AFP/Getty Images

1セット目を落としても、カムバックすると思ったのになぁ。
全仏決勝の後、ロンドンに入って、ちょっと練習した後のトーナメントだったので、疲れたいたかもね。


これで、ジョコビッチ、ロディックらはすでに敗退しているし、No.1シードからNo.6シードまでがいなくなってしまいました。



ハレーの方は、フェデラーヒューイットがセミに進出。

二人とも次の相手は、ペッシュナー、ベックと地元のドイツ選手です。

フェデラーは、このハレーのトーナメントとライフタイム契約をしたそう。そんな契約あるんだね。




今日は、友達宅でプール開き。
予報ほど気温は上がらなかったのだけど、かなり温めてくれていたので、気持ちよーく泳いできました。

泳いだ後は、ジャクージに入って、すっかり出来上がり。ビールが美味しいっ!ビール
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の敗退と全英ワイルドカード。

ランチタイムに、そうだっと錦織選手の試合をライブストリームで見ましたが、すでに2セット目後半。

6-3,6-3で、ガスケに敗退です。残念でした。



でも、いいニュースも。

ウィンブルドンワイルドカードに、錦織選手が選ばれていました。よかったね。
http://www.wimbledon.org/en_GB/pdf/WildCards_2010.pdf



ここ数日、ファミリールームのテレビでテニスチャンネルが映らなくなったので、ケーブルカンパニーに、また電話しなきゃと思っていたら、また、今日は映ってた。

…一体、どうなっているんだろうね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

The return of the King

というわけで、ナダルが全仏チャンプに返り咲き。おめでとう!
6-4, 6-2, 6-4で、ソダリングにリベンジでした。


PATRICK KOVARIK/AFP/Getty Images

この勝利で、約1年ぶりにワールドNo.1にも返り咲き。
年末のATPツアーファイナルへの出場も、一番乗りで決めています。

去年は怪我で数ヶ月休んでいるので、ラファのNo.1への君臨は、しばらく続きそう。



今日、2週間ぶりにテニスをしてみましたが、やっぱり手首が痛いんだなぁ…

一番痛いのは、フォアのボレー。困るじゃない。

あぁぁ、来週USTAのリーグに復帰しようと思っているのだけど、これって大丈夫?と暗い気分になったのでした…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:22 | コメント(2)| トラックバック(0)

スキアボーネィの全仏優勝。

彼女は全身で喜びを表現するので、こっちまでうれしくなってしまいます。よかったね。

BORIS HORVAT/AFP/Getty Images

スキアボーネィ(この書き方が一番近い?)が全仏で優勝するとは、誰が予想したでしょう…

今日の彼女のプレイを見るに、全力を出し切っている感じ。
解説のジョン・マッケンローも、“She can do anything right now!”と感心していました。

イタリアのフェドカップでの活躍が役立ったかもね。
今年のフェドカップの決勝も、イタリアxアメリカです。


サム・ストーサー(彼女も、ストーサーと呼ばれたり、ストーザーだったり…)も、今日は残念だったけど、これからもっと活躍しそう。

サムは、3年前、ライム病でキャリアを危ぶまれた後、プレイできることの喜びを再認識して、プレーヤーとしての人生観が変わったとか。

彼女のマスキュラーな体を見ていると、努力がわかる気がします。


プレーヤーの名前の呼び方といえば、こんなビデオを見つけました。“えっ?誰?”と思える発音もあったりして…難しいです。


と、これを書いている時に突然停電っ!
昨日は、雷、大風、雹まで降って、停電するかもと思ったけどしなかったのに、今日は、晴天風なし…。わからないものです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:12 | コメント(2)| トラックバック(0)

フレンチオープン メンズセミファイナル。

去年は、NBCが放映権を持つセミは、録画で、その上、フェデラーxデルポトロのマッチではなく、ソダリングxゴンザレスの方のみを放送で、批判が集まったNBCですが、今年は、最初のセミファイナル、ソダリングxバーディッチをテニスチャンネルでライブで放送するそうです。
(2試合目、ナダルxメルツァーはNBC)

フェデラーがセミファイナルに進まなかったので、NBCもテニスチャンネルにライブを許したよう。


ナダルxメルツァーは、かなりの確率でナダルだろうけど、ソダリングxバーディッチは面白そう。

ボルグが、ソダリングはワールドNo.1になるだろうと話していましたが、フェデラーに勝った勢いで、決勝まで進むかもね。
http://msn.foxsports.com/tennis/story/bjorn-borg-says-robin-soderling-will-reach-top-ranking-060210



明日は州大会を見に行こうかどうしようかと迷い中。

夕方までは、かなり遠いし、50%ぐらいやめようかなぁ気分になっていたけど、買い物中にグローサリーストアで友達に遭遇。
彼女が、“私だったら、絶対見に行くっ!”というので、やっぱりそんなものかなぁと、また、“行くべき?”と思ったり。

ホテルまで取っている親御さんたちもたくさんいるのだよねー

というわけで、一応差し入れのフルーツや、パンなんかも焼いたりして用意はしましたが、明日の朝の気分で決めよう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手のクイーンズメインドロー入り。

錦織選手、クイーンズのメインドロー入りが決定だそうです。

全英だと思っていたら、とんだ早とちりで、大変失礼しました。
mazzaskiさんが教えてくださいました。ありがとうございます。



今日の全仏、女子のセミファイナルは、あっという間に終了。

スキアボーニが、タイブレークで1セット目を取った後、デメンティエバが、ふくらはぎの怪我で棄権。
2回戦で痛めたようですが、それが悪化したみたい。

泣いていてかわいそうでした。

これでスキアボーニは、グランドスラム、初ファイナル。(イタリア人女性初)
コートへのキスが効いたかな。


そして、もうひとつのセミは、ストーザーの快進撃で、6-1,6-2で、ヤンコビッチに勝利。

こちらは、1980年以来、30年ぶり、オーストラリア選手のの女子ファイナル入りです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 02:58 | コメント(4)| トラックバック(0)

ジョコビッチ&セリーナ ノックトアウト!

サム・ストーザー、エナンに勝利の後は、No.1シードのセリーナ・ウィリアムスをフルセットで制して、セミファイナル進出。

3セット目は8-6の接戦。流れがセリーナの方に行ったかと思ったところだったけど、最後、踏ん張りました。

どこかのスポーツライターが、以前、混戦のWTAで、1位になる可能性がある技量とコミットメントがあるプレーヤーは、このストーザーだと書いていましたが、今日の試合を見るに、確かにそうかも。



ジョコビッチの方は、2セットを取った後、その後の3セットをメルツァーに落とし、敗退。(3-6, 2-6, 6-2, 7-6(3), 6-4)

最後のゲームは、きわどいラインコールもあったよう。

PATRICK KOVARIK/AFP/Getty Images


一方、ナダルは、アルマグロに最初の2セットはタイブレークに持ち込まれるも、タイブレークになると、アルマグロを引き離して勝利。
ストレートセットで、セミファイナル入りです。

アルマグロ、かなりいい線まで行ったのだけど、クレーでナダルに勝つまでには至らずです。



これで今年の全仏のセミファイナルは、ストーザー x ヤンコビッチ、デメンティエバ x スキアボーニ。

メンズは、ソダリング x バーディッチ、ナダル x メルツァーと、男女とも、29歳のびっくりセミファイナリストをフィーチャーです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー、ソダリングに敗退...。

ソダリングの勝利で、フェデラーのグランドスラム、連続セミファイナル記録が23でストップ。

ローランギャロスで2年連続でディフェンディングチャンピオンを倒したのは、1984年(ノア)と1985年(レンドル)のビランダー以来。ソダリングも同じスウィードだね。

忙しかったので、ちらちらっとライブスコアを見ながら応援してたのになぁ(ランチのときは、調度雨で中断中...)。あぁあ...

去年は、ソダリングがナダルに勝って、ロジャーにキャリアグランドスラムの道を開いてくれたのだけど、今年は、フェデラーの連続優勝、記録更新への道に立ちふさがった彼でした。


PATRICK KOVARIK/AFP/Getty Images


ということで、ナダルが全仏で優勝すれば、ワールド#1が入れ替えです。

サンプラスの286週ワールドランキング1位の記録にタイとなるのに、あと1週のフェデラーですが、さて、どうなるでしょうか。


そして、もう一人セミファイナルに勝ちあがったのはバーディッチ。
ユーズニーに、ストレートセットで勝利です。

HORVAT/AFP/Getty Images

個人的に、今年の全仏、メンズのベストドレッサー。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

ヴィーナス、マレーの敗退。

全仏のミドルサンデイは、ヴィーナスがパトロバに敗れる波乱。

パトロバ、3回戦でリザイに、3セット目を10-8で競り勝ちした甲斐がありました。

ヴィーナスは、ドレスではがんばりすぎるくらいがんばっていたのだけど、戦績は、残念だったね。


そして、マレーがバーディッチにストレートセットで敗退。
バーディッチは、全仏で初のベスト8入り。

フランスの期待を一身に背負っていたツォンガは、1セット目をユーズニーに落とした後、脚の痛みのため途中棄権。
これで、シングルスでは、フランスの選手、全滅です。

PATRICK KOVARIK/AFP/Getty Images


フェデラーは、同胞のバブリンカにストレートセット勝ち。

次の対戦は、去年の決勝の再現です。(xソダリング)

フェデラーがが準々決勝に進出したことで、全仏の後、ロジャー以外でランキングNo.1になる可能性があるのは、ナダルだけとなりました。(ナダルが優勝して、ロジャーが準々決勝で敗退した場合)


今日、3セット目をプレイしたエナンxシャラポバは、6-2,3-6,6-3でエナン。

3セット目、シャラポバが2-0とリードした3ゲーム目を、0-40からブレイクをしのいだエナンがカムバック。

でも、シャラポバも、かなり調子が戻ってきている様子で、ウィンブルドンでも活躍しそう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーのメルセデスパートナー契約。

フェデラーがメルセデスベンツとグローバルパートナー契約

全仏のTV放送で、早速、SLSのコマーシャルに出てました。

このコマーシャルが、ちょっと面白くて、いろんな人が、勝利の瞬間に、腕を天に向かってあげるシーンが出てきて(そのうちの一人がロジャー)、最後にSLSのガルウィングドアがウィーンと開くというもの。

フェデラーのパートナーリストは、どんどん長くなりそうだね。



全仏7日目は、メンズの方でもアップセットがありました。

ロディックが、ATPのアントニオ・バンデラス、ガバシュビリに、ストレートセットで敗退。

PATRICK KOVARIK/AFP/Getty Images

そして、ジョコビッチのクォーターから出てくると思っていたフェレールも、メルツァーにストレートセットで敗れています。

メルツァーは、グランドスラムで、初めてのベスト16入りです。

シードされていない選手で、上記の二人の他に残っているのは、アメリカのジネプリ。アメリカの男子プレーヤー、最後の一人となっています。


女子の方は、注目のエナンxシャラポバが、クリフハンガーで、セットカウント1-1のところで、試合は明日に順延となっています。

モンフィスやリザイの試合は、こんなに暗くてボールが見えるのか?というくらいまで試合をやってましたが、今日は、ちゃんときりがいいところで、明日への順延を決断。グッドジョブです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の敗退と盛りだくさんの全仏6日め。

今週はメモリアルデイウィークエンドということで、連休。

今日はあまり早起きする必要がなかったのだけど、6時過ぎに目が覚めた時に、“今日は錦織クン、1試合目だったな。”と、さっさと起床。

TVをつけたところ、昨日の雨のため、今日はトッププレーヤーが目白押しのスケジュールで、セリーナ・ウィリアムスやナダルが同じ時間で試合をしていたため、TVは諦め、ライブストリームで試合を見ながら応援していたんだけどね…

残念ながら、6-1,6-4,6-4で、ジョコビッチに敗退です。
3セット目の8ゲーム目で、何度もデュースになったのだけど、錦織選手がジョコのサーブをブレイクできなかったのが痛かった。

残念だったけど、これでランキングも200位前後まで上がりそうだし、まだシーズン、先は長いので今後の活躍に期待です。


今日、メンズの方は、フェデラー、ナダル、ジョコ、マレー、ソダリングを始め、ほとんど順当勝ち。
ただ、#12シードのゴンザレスは、以前記事にも書いたドルゴポロブに敗退しています。

JACQUES DEMARTHON/AFP/Getty Images


女子の方は、ディフェンディングチャンプのクズネツォバが、キリレンコに敗退。
今回は、1回戦のように、大カムバックとはいかなかった様。

トップシードのセリーナ、ヴィーナス、ウォズニアキ、デメンティエバたちは、3回戦へ進んでいます。


明日のブロックバスターマッチは、エナンxシャラポバ、これは楽しみです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手のマラソンマッチ。

2セットダウンだったので、肘のこともあるし、カムバックは無理かと思っていたけど、やりましたね。
2-6, 4-6, 7-6(3) 6-2, 6-4で、3時間半の接戦を制しました。

CYRILLE CADET/AFP/Getty Images

予選が始まる直前の、モヤや、カーロビッチの欠場の発表で、ぎりぎり繰上げ本戦入り(PR 106位)の幸運(錦織クンにとっては)を生かすことができたね。おめでとう!

今日のローランギャロスは、30度を超える暑さだったみたいです。
今日の疲れが2回戦まで残らなければいいけど…

2回戦の相手はジョコビッチ。今度はシャトリエかレングレンのスタジアムコートでのプレイを楽しめそうです。



暑いといえば…

今日は午後からが仕事だったので、午前中が空いていたのですが、どうにもプレーヤーが足りないから試合に出てくれーっとコーチに頼まれ、朝からチーム対抗戦に参加。

この辺りも、今日は30度を越える暑さ!

その上、クラブに行ってみると、なんと試合はバブルの中だというではないの。

バブルは、でっかーいバルーンでできたテントのようなものなのだけど、もちろん冷房なし。
外からのヒートで、中はもわーんとサウナ状態。

2時間の試合で、ウェアを絞れるかというくらい汗をかき、午後はどろーんとなってしまったのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

全仏ドローとナダルの腕時計。

全仏のドローが発表されていました。

注目の錦織選手は、ジョコビッチのクォーター、1回戦で、コロンビアのジラルドに勝てば、2回戦でジョコと当たる位置です。

ジラルドは現在55位、今年になって、50ランク以上上げてきている選手です。
ツォンガ戦だったか、イズナー戦だったかをちらりと見ましたが、かなり強敵だと思います。


ジョコビッチのクォーターには、フェレール、ロディックフェレロが引かれていますが、このクォーターからはフェレールかな。


ジョコと同じボトムハーフは、ナダル
ラファのクォーターには、バダスコ、アルマグロ、ゴンザレス。

ベスト4をかけた戦いは、順当に行けば、バダスコxナダルで、やっぱりナダルだね。

そういえば、全仏でナダルが着ける腕時計にも注目です。

ナダルとパートナー契約を結んだリシャード ミルのリミテッドエディション、RM 027。

50個限定だそうです。

お値段の方は、42万5千ドル!いかがでしょう?

http://sports.yahoo.com/tennis/news?slug=ap-frenchopen-nadalswatch


さて、全仏のトップハーフの方は、フェデラーのクォーターにソダリングが引かれています。
でも、準々決勝に行くまでに、ティプサレビッチ、バブリンカ、モンフィースが。

ソダリングの方も、チリッチ、モンテニアス、グルビスがいるので、準々決勝はどうなるかわからないけど、ロジャーがんばれ!


フェデラーと同じハーフは、マレー。
マレーは、しょっぱなからガスケが相手。
ガスケは、今週、ニースの大会の決勝まで進んでいます。
一番の注目1回戦です。

他にマレーのクォーターにいるのは、バグダティス、バーディッチ、そしてユーズニーとツォンガ。

このクォーターから出てくるのは、予想がつかないけど、フランスの期待を背負うツォンガ、…かバーディッチ?


去年の史上最大のアップセット(ソダリングDefナダル)のような波乱がまた起きるのか、それとも、順当にトッププレーヤーたちが勝ち上がるのか、全仏は明日開幕です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の全仏本戦出場。

予選からかと思っていたのですが、メインドローだったのですね。
おめでとう!

ワイルドカードはすでに発表されているし、どういう枠なんでしょうね?Special Exemptかな。

チャレンジャー2連勝の勢いに乗って、全仏で勝利を挙げられるといいね。
http://blog.keinishikori.com/

さて、どんなドローになるでしょう。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルのマスターズシリーズ記録達成。

久しぶりのフェデラーナダルの決勝は、結局いつもと同じ結果となり、6-4,7-6でナダル。

最後のポイントが、イレギュラーバウンスだったのか、ロジャーの空振りという、“えっ?”という終わり方。

ナダルは、これでマスターズトーナメント、18個目のトロフィーを獲得。アガシを抜いて、記録達成となりました。
これから、もっともっと増えそう。


フェデラーも、このマドリッドでは、フェレール、グルビスに勝利しているので、全仏に向けて、かなり自信になったかもね。




女子の方は、興味がなかったので、ちゃんと見なかったけど、フランスのリザイがヴィーナスに勝利。

この二人、ウェア対決もすごい!
どっちなら着る?
ムスメに聞いたら、選んだのはヴィーナスのウェア。
“I don't wanna look like a tin man.”だそうで…。確かにね。冷や汗
http://sports.yahoo.com/tennis/gallery#photoViewer=urn%3Anewsml%3Asports.yahoo%2Cgetty%3A20050301%3Aten%2Cphoto%2C6aef928bd0429210f9fda7c1521abf4f-getty-98397812cb036_mutua_madrile%3A1
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の優勝とマドリッドのセミファイナル。

錦織クン、サラソタのチャンレンジャーで優勝!(2-6,6-3,6-4 def Dabul)
2週連続のチャレンジャー優勝で、今週の304ランクアップの345位から、また100位ぐらいアップしそうです。
全仏へ向けて勢いがつくといいね。

サラソタのトーナメントは、ライブストリーミングがあったのですが、テクニカルな問題で、ずっと見られなかったのだけど、今日はちゃんと映ってました。

でも、カメラの位置が、コートのコーナーで、これじゃちゃんとコート全体が見られないじゃん?という状態。
サラソタオープンのライブアップデイト、かなりはずれでした。


とはいっても、今日は、ムスメのハイスクールでカンファレンスのトーナメントがあり、それを見に行ったため、サラソタのライブストリーミングも、マドリッドの準決勝も、チラッとしか見られなかったのでした。

(母の応援が功を奏したかどうかはわからないけど、結果は2位。どうしても、このチームには勝てないんだなー
地区大会、州大会でリベンジです!)


マドリッドのセミは、アルマグロがかなりがんばったんだけど、やはりフルセットの末、勝ったのはナダル


そして、だめだと思ってたけど、フェデラーが今年のクレーシーズン好調のフェレールに勝った!

去年のマドリッドの決勝以来、1年ぶりのフェデラーxナダルの決勝対決です。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

ドルゴポロフ Jr。

今日のマドリッド、ちらちらっと観戦しましたが、印象的だったのは、ナダルxドルゴポロブJr.。

変わったフォアハンドのドルゴ、上半身の動きが大きくて、肩が抜けそうな感じ。

予選を勝ち抜いてきた、現在62位のドルゴポロブは、21歳で、トップ100の中で、最も若いのだそうです。

試合の結果は、6-4,6-3でナダル。でも、ナダルもちょっとてこずっていた様に見えました。

ポニーテイルで、女の子みたいな彼、お父さんは、元ATPプレーヤー、お母さんは、ヨーロッパ大会で、金メダルを取ったこともある体操の選手というジーンの持ち主です。これからよく見るプレーヤーになるかもね。


(ムスメ曰く、スポンジボブに出てくる、スクィッドワードが、顔をぶつけてハンサムになるというエピソードがあるのですが、それに出てくる、“ハンサムになった時のスクィッドワードにちょっと似てる。”と。これって、ハンサムだっていう意味?…)


他の試合は、アルマグロがソダリングに、グルビスがユーズニーに、マレーがチェラに勝ってました。

もうすぐパパになるF・ロペスも、病気で欠場のロディックに代わって出場のヘルナンデス仁勝利です。



女子の方は、セリーナ・ウィリアムスが、ペトロバに敗れる波乱…。

それにしても、このマドリッドの女子の方は、次々にシード選手が消えて、トップ5で残っているのはヴィーナスのみ。全仏を前に大荒れです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の優勝&トーナメントフォト。

錦織クン、サバンナのチャレンジャーで優勝!おめでとう、よかったね。


Find more photos like this on Skidaway Today
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー▼ 錦織▲ 

今日のフェデラーは、50 アンフォースト エラーで、大荒れのテニス。

またも、キャリアで一番の勝利を、今回は、モンテニアスにプレゼントでした…


2セット目しか見なかったけど、短いショットのアタックを何度も失敗。

ブレイクポイントも、ロジャーらしくないミスで逃してしまうし、タイブレイクも、5-2とリードしながら、その後、5ポイントを連続で落とし、ゲームセット。


あれだけバランスがいいショットで有名な彼なのに、なんだか半歩アジャストできていないようなショットが多く、ちょっと先が思いやられるようなゲームだったのでした。



女子のローマは、マリア ホセ マルチネス サンチェスが、ヤンコビッチをいろんなショットで翻弄し優勝。

最近いないタイプの、いろいろなショットを使い分けるプレーヤーなので、ツアーにとって、面白い存在になるかも。

あまり上手そうに見えないところも、またいいのかもね。



ジョージアでクレーのチャレンジャーに出場中の錦織クンも、セミファイナルに勝ち、決勝進出。よかったね。

相手が、ロジャー同様、アンフォーストエラーで崩れたそうで、6-1,6-1の勝利です。



明日の決勝の相手は、アメリカのスィーティング。明日も、錦織クン、勝てるといいね。
http://www.skidawaytoday.com/photo/photo/show?id=1992542%3APhoto%3A23793


テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

セリーナのコメント。

ローマのセミファイナル、セリーナ ウィリアムスxヤンコビッチは、流れがあっちにいったり、こっちに来たりの接戦。結果は、4-6,6-3,7-6でヤンコビッチ。

その後、ヤンコビッチとセリーナがネットで握手した時のセリーナのコメントが物議をかもしています。



よく聞き取れないのですが、メディアによると、“私はごまかすようなことはしない、ジャスティンじゃないんだから。”というようなことを言っているとか。
http://www.tennis.fm/2010/05/henin-on-serenas-mind-after-jankovic-controversy/


ことの始まりは、3セット目のタイブレークの最初の方で、セリーナのサーブに対して、ヤンコビッチが自分の準備ができていなかったと抗議。(ヤンコビッチはリターンをミス)
アンパイアは、準備はできていたとヤンコビッチの抗議を認めず、セリーナのポイント。

その後、タイブレークの半ばで、今度は、セリーナが手を上げて、準備ができてないとヤンコビッチに知らせるも、ヤンコビッチはすでにサービスモーションに入っていて、それが見えなかった模様。
この時は、セリーナが手を上げたままリターンをしなかったこともあり、リプレイ。これにもヤンコビッチが抗議というストーリー。




セリーナのコメントは、有名な2003年の全仏の事件に基づくもの。
エナンが手を上げていたので、それを見てセリーナがサーブをミス。
エナンが手を上げていたのを見ていなかったアンパイアは、セリーナのサーブをフォルトとコール。
それはないでしょうのセリーナと、手を上げていたとアンパイアに言わなかったエナンとの間には、まだ深い亀裂のようです。


このトーナメントで、カムバックトレイルか?のイバノビッチは、マルチネス サンチェスに敗退で、決勝進出ならず。

それにしても、サンチェス、見ていてフォームが美しくはないのですが、いろんなショットを持っていて、相手にするにはイヤーなタイプです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

イバノビッチのカムバック。

イバノビッチが、ローマで快勝中。
アザレンカ、デメンティエバ、そしてパトロバにも勝って、ベスト4進出です。

イバノビッチ、ついにスランプ脱出?

かなりメンタルな部分でつまずいていたので、このトーナメントで自信がつくと、またランキングを上げてきそうです。

WTAとしても、彼女が戻ってきてくれるのは大歓迎でしょう。



サバンナでチャレンジャーに出場中の錦織クンも、2回戦に勝利してました。

次の相手は、ケンドリック、勝てるといいね。


フェデラーも、クレーで今年の初勝利をあげることができ、明日は、クレモンとクォーターで対戦です。

初戦も、めちゃくちゃ楽勝でもなかったので、ちょっと心配ではあるな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

ローマのいろいろ。

今年初のクレートーナメントに出場のフェデラーを応援しようと思っていたら、初戦でグルビスに敗退してしまい、おやまぁとガッカリだったのでした。

最近、調子を上げてきたグルビス、今日も、イタリアのホープ、ヴォランドリに勝利で、ベスト8に入っています。

相手がグルビスだったということもあるけど、クレーシーズンの出だしでこけてしまい、これから、マドリッドと全仏で3000ポイントを守らなければいけないので、ロジャーも大変だね。

でも、キャリアもこの時期になると、ランキングも以前ほどは気にしないのかも。

フェデラー、なんだか今年は、対戦相手に“The biggest win of his career”をまたいくつかプレゼントしてしまうような気もするな。

シングルスでは負けてしまったフェデラーですが、スイスのアレグロと、WCで今年初のダブルスエントリー。

2回戦も勝利で、ベスト8に入っています。
次の相手は、ツインタワーのイズナーとクウェーリー。
こっちでがんばってもらおう。


#4シードのマレーも、今日、フェレールに敗退。
今年、クレーコートで最も数多くの勝利を挙げているフェレールが相手だったので、これは仕方なかったね。

それにしても、この写真は、あんまりじゃない?スコットランドの期待の星なのに。
http://www.heraldscotland.com/sport/other-sports-news/andy-murray-loses-out-to-on-form-spaniard-1.1024132

というわけで、クォーターファイナルは、ジョコxベルダスコ(面白そう!)、フェレールxツォンガ(これは、フェレールに一票)、グルビスxロペス(グルビスにがんばってもらいたいところ)、ナダルxバブリンカ(…)となっています。


ところで、このローマの新しいスタジアム、モダンなコロシアムという感じで、とてもおしゃれです。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェドカップ 接戦!

ローマのマスターズが始まります。

ドローは、トップハーフにフェデラーナダル、ボトムハーフにジョコビッチとマレー。

今日、バルセロナで優勝のバダスコは、ジョコのクォーター。バダスコに敗れたソダリングは、ナダルのクォーターに引かれています。

ケーブルカンパニーのオフィスにいって、なんだか新しいものと交換しないとテニスチャンネルが映らなくなるってことだったんだけど、よくわかりませんが、なんだか映ってる。

ケーブルカードのリビングのテレビと、ケーブルボックスの2階のテレビとでは、テニスチャンネルのチャンネルが違うというのがとても不思議なのだけど、まぁ、映ってるからいいか。

というわけで、明日からのローマのライブも見ることができそうです。



さて、今日はフェドカップ2日目。

アメリカxロシア戦が、思いがけず面白い。

ロシアは、たくさんのトッププレーヤーたちを欠いていて、デメンティエバがシングルスで2勝、他の2人、クドリアフツェバがウダンに、マカロバがマテック-サンズに敗退。

このマカロバxマテック-サンズが、白熱していて、思わず釘付け。
ムスコが、マテックを見て、“この人、怒ったら怖そうだね。”…確かに。

ということで、最後のダブルスに勝敗がかかってきてます。

USのダブルスにはフーバーもいるので、アメリカ、フェドカップ決勝進出かな。

そうなると、決勝の相手はチェコをスィープしたイタリアです。


プレイオフでは、ベルギーxエストニアで、クライスターズが怪我。
足の筋断裂だそうです。全仏までに帰ってこられるといいけど。
クライスターズの代わりに、左手小指の骨折で出場したエナンは、フルセットで敗退しましたが、ウィックマイヤーが2勝を上げ、ワールドグループ復帰を決めています。

ベルギーは、このトップ3がフェドカップに出ることができれば、来年の優勝候補の筆頭かもね。


ヨーロッパの空の交通麻痺で、予定よりかなり遅れてスロべニア入りした日本チーム。

時間は少し遅くしてもらえてみたいですが、日にちまでは遅らせてもらえず、やっぱり準備不足だったのかな、スロベニアに4-1で敗退しています。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

バルセロナ、タラハッシー。

フロリダのチャレンジャーに出場の錦織クン、今日は、日本の伊藤選手にフルセットで勝利していました。

ライブストリーミングは、時間的に見るのは無理。

次の準々決勝の相手は、ジネプリ。タフな試合になりそう。
Protected rankingがあるうちに、ぐっと順位が上げられるといいね。
http://www.facebook.com/photo.php?pid=59664456&op=1&o=global&view=global&subj=72918281253&id=5211779


バルセロナの方は、ナダルレスでも、バダスコ、フェレール、フェレロらのスペイン勢がベスト16の半分を占めています。

ナダルは、バルセロナでの記者会見で、今回の欠場は、怪我を予防するためのもので、膝の怪我の再発ではないと話しています。
http://rafaelnadal.com/content/rafas-barcelona-press-conference
毎年のことですが、ATPのスケジューリングを批判。
やっぱり、ドローの深いところまで行くと、3週連続はつらいよね。




自分のテニスの方はといえば、先日のチーム練習は、ステーションドリル。

3人のコーチが、それぞれのコートで、それぞれ違ったドリルをやるというもの。

普通は、一斉にどのコートでも同じドリルをやり、ドリルが終わるごとに、適当にメンバーを入れ替えて、次のドリルを始めるのだけど、ステーションドリルは、同じメンバーでコートを移動するので、誰と同じコートになるかが、練習の濃さにも結びつくよな…

と、思っていたら、一緒になった二人は、とても上手いプレーヤーたち。
思ったとおり、練習後、かなりの充実感でした。

先週から加わった、新しいコーチのジョン君も、また違ったアドバイスをくれるし、なかなかグッドです。

これで、手首の痛みがなくなって、思いっきり打てるようになると最高なんだけどなぁー。

夏のUSTAのリーグも、早くサインアップしろとせっつかれているのだけど、ホントに、この手首で大丈夫か…?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルの欠場と火山灰。

ナダルの体のためには、その方がいいでしょう。

今日、ナダルがバルセロナのトーナメントの欠場を発表しています。

明日、公式な記者会見があるようですが、全仏を前に、また怪我をしたくないものね。


アイスランドの火山の噴火で放出された灰のため、ヨーロッパの空の交通は麻痺状態。

ナダルも、モンテカルロの優勝後、すぐに陸路でスペインへ移動していたみたい。

今度のATPのトーナメントが、ヨーロッパに集中しているのが不幸中の幸い。個人でバンを用意したり、ATPがバスをチャーターしたりしているようです。


一方、陸路で移動できない距離となると、日本のフェドカップチームのように、予定通り、現地入りできないケースも。

日本xスロベニアの試合の日程をずらしてもらうように要請しているとのことです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:52 | コメント(2)| トラックバック(0)

ナダル、11ヶ月ぶりの優勝。

ナダルが、6-0,6-1でバダスコを下し、モンテカルロ6連覇。
http://www.cbssports.com/tennis/story/13242722/nadal-rules-again-on-clay-with-sixth-straight-monte-carlo-title/rss

ナダルのトーナメント優勝は、去年のローマ以来、11ヶ月ぶりです。試合の後、タオルに顔をうずめて泣いてました。よかったね。

バダスコは、打っても打っても球が戻ってくるので、もっともっとということで、アンフォーストエラーが重なっていってしまった感じ。


ここ数ヶ月の好調に、この優勝で、ナダルは今年の全仏優勝候補の筆頭です。

でも、今週のバルセロナ、来週のローマと3週連続のスケジューリングは、ちょっと怪我の再発を心配させます。



先週、チャレンジャーに出場の錦織選手は、2勝を挙げました。(2勝目は第一シードのラム)

準々決勝で、優勝したKamkeに敗れてしまったのは残念でしたが、また今週のフロリダでのチャレンジャーで調子を上げられるといいね。
どこかでライブストリーミングしてたら見たいところ。タイミングが合えばだけど。

同じバトンルージュのトーナメントに出場の添田選手は、準決勝まで進出。よかったね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

ラファxナンド。

フェルナンドバダスコ、マスターズ1000、初の決勝進出だのだそうですね。へぇと意外でした。

相手は、モンテカルロ6連覇を目指すナダル
このコートとナダルのテニスの相性が、よほど合っているのでしょう。

バダスコにとって、出だしは最悪。ベーグルセット、目前です。
バダスコは、なんだか首の筋が変なのかな?トリートメントを受けてました。

今後、カムバックできるかどうかは、疑問。


ムスコに、"バダスコのウェアは、暑苦しそうで似合わないね。”と言うと、”いつもウェアのこと、何か言いたいんだね。”と彼。冷や汗

そうだよー、やっぱり、ウェアは大切だよっ
今回のナダルのウェアはマル。ブルーのトップに、白のブルーのチェックのショーツはさわやか。

以前の、マルチカラーのストライプのトップに、茶色のチェックのショーツはかなり×だったけどね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

マレー、全豪の後遺症。

マレーが、マイアミに続き、モンテカルロでも初戦敗退。
今回は、2&1のストレートセット(x コールシュライバー)。かなり痛い。

去年のロディックのように、マレーも、グランドスラムの決勝で、フェデラーに敗退したことが響いているよう。


ロディックも、昨年のウィンブルドンで、フェデラーに惜敗してから、しばらく調子が上がらなかったけど、今年は、久しぶりにマスターズも勝って、元に戻った感じ。

マレーも、イギリスの大きな期待に応えられなかったということもあり、全豪の後、ずっと何か引っかかっている感じなのだそうです。

その上、GBのデビスカップチームのごたごたもあり、頭がすっきりしていない様子。

メディアにもわぁわぁ言われ、気の毒だなぁと。


モンテカルロ キング、ナダルはキング振りを発揮。
今日は、ダブルベーグルかと思ったけど、6-0,6-1でベレーに快勝。

ジョコビッチも、バブリンカを6-4,6-4で下しています。

モンテカルロのベスト8のうち、5人がスペインの選手。クレー大国、さすがです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

モンテカルロ 2回戦。

モンテカルロのマスターズ1000、今日は、ジョコビッチ、ナダル、マレー(ワイルドカードで出場)たち、トップシードの初戦です。

フェデラーは、このマンダトリーではないモンテカルロはパス。
去年も、よい戦績ではなかったので、失うポイントも少ないけど、家族やロジャーの年齢から考えても、モンテカルロは、今後、彼のスケジュールから抜けるかも。


一方、ナダルはディフェンディング チャンプ、ジョコは、去年、決勝まで進んでいるだけに、ポイントを失いたくないところ。

最近、あまり調子がよくなかったジョコビッチは、コーチの一人、トッド・マーチンと離別。
やはり、コーチは一人の方がいいということで、コーチはまたヴァイダのみとなっています。このチェンジが功を奏すかな?(2回戦はセラに勝利)

現在、4位のマレーも、昨年は準決勝まで進んでいるので、ポイントを落として、休養中の5位のデルポトロとの入れ替わりは避けたいでしょう。



ところで、今週、久しぶりの試合で、バトン ルージュのチャレンジャーに出場の錦織選手、1回戦勝利。よかったね。




さて、旅行から帰って来た後、美味しいものを食べまくってきた付けが回ってきているだろうと思いきや、体重が増えていなかった!

キャンパスツアーで、歩き回っていたのがよかったのかな。とりあえず、めでたし!

先日、2週間ぶりにテニスをしたら、翌日は、手の甲、腕、肩、体の右サイド、ヒップ、足とぜーんぶ筋肉痛。
こんなに簡単に衰えるものなんだ…と思ったのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジョコビッチ&マレー 敗退。

マイアミのソニーエリクソン オープン、ジョコビッチに続き、マレーが初戦で敗退!

この大会のドローは、フェデラーと、No.4シードのナダルが、トップハーフとボトムハーフに分かれているので、久しぶりにこの二人の決勝もよし、インディアンウェルズのリュビチッチのように、びっくりチャンプも面白そう。
(リュビチッチはさすがに疲れたかな、この大会、途中棄権しています。)

この大会、テニスチャンネルとCBSとFSNが放映権を分けているので、全部がテニスチャンネルだったインディアンウェルズのように、いっぱい見ることができないのは残念。

案の定、ローカルで放映番組が分かれているFSNは、この地区の今日の放送は無し。(まったくFox、嫌い!)
誰が見るんだろう?というような、地元のベースボールチームの歴史の番組やってた。まいったぁ


ところで、うちはケーブルでテレビを見ているのですが、この前、ケーブルカンパニーから手紙が来て、なんとかっていう新しいものを設置しないと、テニスチャンネルが含まれる“スポーツパック”のチャンネルたちが見られなくなるらしい。

電話したら、ケーブルカードを持って来れば、新しいのと交換してくれるんだって。
面倒くさいなぁー。でも、来月の初めから、新しいのに切り替わるみたいだから、やっぱり行ってこなきゃ。


今日は、ムスコ&ムスメが、Relay for Lifeのチャリティーに参加で、一晩中いない。

去年のRelay for Lifeは、夜中に雨が降り始め、超早朝に家に帰ってきたのですが、今年はインドア。
近所の展覧会場でやってます。

というわけで、母はとってものんびりモード。
今日は、ムスメのハイスクールのテニスの試合があり、朝早ーく起きたので(うちのハイスクールが1位だった。めでたい!)、こののんびりはうれしい。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

ヤンコビッチとリュビチッチ!?

インディアンウェルズのトーナメントで、この二人が優勝するとは、誰も予想していなかったかも。

競馬だと万馬券?


ヤンコビッチは、7ヶ月ぶりの優勝。
最近不調だった彼女、同じセルビアのイバノビッチと同じ道を辿るのでは?と言われていたので、それに歯止めです。(一方イバノビッチは58位に転落)
彼女のキャリアで、この優勝は一番大きなものとなりました。

ヤンコビッチとウォズニアッキの試合を見るに、どうしても、“Stella, why? WHY?”という気分に。

USオープンのウォズニアッキのドレスは、モップのようだと言われていましたが(なぜあの色なの?)、今年のドレスも、???

ムスコに、“このドレス、変だよね。”と言うと、“病院で診察の時に着替える、診察服みたい。”と的確な表現。

ステラ・マッカートニーのセンスは、どうも私には理解できないかな。


対照的に、ヤンコビッチのネオングリーンのドレスは、お日様に映えて、なかなかグッドでした。

しかしながら、ドレスは今ひとつだけど、戦績の方は上向きのウォズニアッキ、今週はランキングを2位まで上げています。



リュビチッチは、初めてのマスターズトロフィー。
リュビチッチにとっても、最も大きなトーナメントでの優勝です。

すごくうれしそうで、見ているこっちもうれしくなる感じ。
ジョコビッチ、ナダルロディックに勝っての優勝、喜びもひとしおでしょう。

ランキングも13ランク上げて、13位となっています。
31歳、まだまだがんばれ。



今週から始まるマイアミのマスターズ、錦織クンが出場予定でしたが、サーブ時にまだ肘に違和感があるということで、欠場することに。

なかなかよくならないね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

リュビチッチのリサージェンス。

マレーがソダリングに負けた時点で、今年のインディアンウェルズの決勝は、全仏の再現で、ナダルxソダリングだと思いましたが、これが大はずれ!

ナダルxリュビチッチのセミの1セット目だけを見て、やっぱりナダルには勝てないか...と思って出かけたのに、帰って来てビックリ。36、36、64、76でリュビチッチが勝っている?!Happy Birthday!!これはうれしいだろうな。

これは、再放送を見てみなくちゃ。


その上、ロディックxソダリングは、64、36、63でロティック。予想と全然違う...

後者の試合も、コスコから戻って来てテレビをつけたらちょうど終わるところ。
この試合も、見てみないとね。


今夜は、ナダルのダブルスのファイナルがあります。
ワイルドカードで出場のナダルのパートナーは、マーク・ロペス、相手は#1シードのネスター&ジモニッチ。これも面白そう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

リュビチッチのハッピーバースデー。


インディアンウェルズ、No.2のジョコビッチもリュビチッチに敗退で、ナダルとマレーの決勝か?

今日の、マレーxソダリングの準々決勝に注目です。

それにしても、Birthday Boyのリュビチッチ、がんばってます。(31歳)

でも、セミファイナルの相手はナダル。やっぱりナダルかな。

ジョコビッチは、デビスカップの疲れが出ていたようです。


女子の方は、ヤンコビッチxストーサーとラドワンスカxウォズニアッキのセミファイナル。

個人的には、あまり惹かれないかな。





ムスメが、ハイスクールのVarsityチームのトライアウトに参加していたのですが、無事、Varsity入りが決定。
めでたいっ!

シーズナルプレイヤーの彼女、これで、かなりやる気も出たようで、プライベートレッスンを取りたいと言い始めたので、よいコーチを見つけてあげなきゃね。


私も今日は試合があり、ウォームアップの時は、これはいける?と思ったのだけど、試合が始まると、相手は結構賢いテニス。

結果的には、7-5,6-4で勝利でしたが、2セット目を5-1でリードしておきながら、5-4まで追いつかれたのはバツ。

気を抜かないようにと、自分に言い聞かせていたのに、反省です。

でも、自分のサーブを全部キープできたのは◎。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 03:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

No.1シード フェデラーの敗退。

女子のNo.1シード、クズネツォバに続き、昨日、フェデラーバグダティスに敗退。(5-7,7-5,7-6)

1stセットをフェデラーが取った後、まぁ、大丈夫そうかと寝てしまいました…

2回戦のハネスク戦の時も、2セット目をハネスクに取られて、解説者が、“長くツアーを休むと、集中力を維持するのが難しくなる。”と話していましたが、2回戦の時は、3セット目をすいすいと取れたのでよかったけど、今回はそうは行かなかったようで。

2セット目で2つ、3セット目で1つ、フェデラーのマッチポイントがあったようですが、バグダティスがそれらをセーブ、“Best win of my career.”と話しています。

フェデラーが、マッチポイントを握りながら、試合を勝利に導くことができなかったのは、2006年のローマ以来。(vs ナダル

トップハーフのロディック、マレーには大きなブレイクです。



インディアンウェルズのコートの外で話題になっているのが、Hit for Haitiのチャリティーイベントで、コート内でVerbal Matchとなったアガシとサンプラス。

一緒にコートにいたナダルは、“早くしゃべっていたので理解できなかった。それが返ってよかった。”
フェデラーは、“この二人は“タイムアウト”が必要かな。”

その後、アガシは謝罪を表明していますが、チャリティーイベントでこれはいかんです。



テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

バイディソバ 引退?結婚?

今度のバイディソバ&ステパネックの噂は本当でしょうか?

http://communities.canada.com/MONTREALGAZETTE/blogs/opencourt/archive/2010/03/15/nicole-vaidisova-to-retire.aspx

スランプに陥って176位までランキングが落ちてしまったバイディソバ(最高は2007年の7位)、引退して、7月にステパネックと結婚という話が。

過去に、結婚許可書を申請したこともありましたね、この二人。今度は、本当にウェディングベルを鳴らす?



インディアンウェルズは、#3シードのアザレンカ、そしてクライスターズが敗退で、女子の方はますます混戦模様。


メンズの方は、ダヴィデンコが左手首の骨折で棄権。
しばらくの休養が必要そうです。

ダヴィデンコは、ラケットのディールで、現在もやもやの中。
テニスウェアは、インディアンウェルズからダンロップ。
ラケットの方は、黒塗り。
ダンロップ、プリンス共にエンドースを主張しているようですが…


ナダルはアンチッチに快勝。
ジョコビッチは、コールシュライバーに、3セット目のタイブレークを制して辛勝しています。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

No.1シードの敗退。

インディアンウェルズ、エナン敗退の後は、#1シードの、クズネツォバがナバロに敗退。(6-4,4-6,6-1)

ヴィーナスとセリーナがずっとボイコットしているこのトーナメント、サフィナも怪我で欠場。

そして#1シードの敗退で、#2シードのウォズニアッキ、#3シードのアザレンカ、#4シードのデメンティエバ、加えて、昨日、快勝クライスターズに大きなチャンス。
それからシャラポバも混戦に加わるかも。
(シャラポバxゼン・ジーを観戦中ですが、相変わらずダブルフォルトが多い!大丈夫かな。)


そういえば、昨日見た試合の中で面白かったのが、ロディック&ブレイクxマレー&ハッチェンス。

結果は、7-5、7-6でロディック&ブレイク。
アメリカのトップスターということで、アウトサイドコートのブリーチャーは満員。盛り上がっていました。



今日は、Spring Forward Day。時計
時計の針を1時間進めて、今日からDaylight Saving Timeが始まります。

また、子供達が学校に出かける時間に日が昇っていないのは嫌だけど、夕方、日が長くなった気分になれるのはいい。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

インディアンウェルズ 2010

アメリカでの仕事の帰りに、ちらりと我が家に寄ってくれた日本の友達が無事帰国。

懐かしい話に花が咲いたのでした。

天気もよかったし、彼女が来てくれた日は、今年で一番暖かい日で、大雪とかじゃなくて、本当によかったよー。


そして、今年の初マスターズ、インディアンウェルズが開幕。

ジョコビッチがセカンドシードということで、なんだかドローが目に新しい感じ。

ナダルは、フェデラーのハーフに。順当に行けば、準決勝で顔合わせです。

他にトップクォーターに引かれているのは、ロディック、モンフィース、それからワイルドカードで出場のナルバンディアン


ナダルのクォーターは、ダビデンコ、バダスコ、そしてデビスカップで活躍したイズナーがいます。
ナダルの島は、勝ち抜くのが大変そう。


ジョコビッチのクォーターは、クロアチアのチリッチ、今年クレーコートで活躍のフェレロ


ボトムハーフののマレーのクォーターは、ソダリング、ツォンガ、カーロビッチ、フェレールと、ここもひしめき合っています。



昨日のチャリティーイベント、HIT FOR HAITIはすっかり見忘れてしまった。


レディースで、チャリティーに参加のエナンは、本選の2回線で、ダルコに敗退の大アップセットです。(6-2,1-6,6-4)
テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

クロアチアxセルビア。

週末のデビスカップは、大きなアップセットはなく終了。

アメリカのジョン・イズナーは、クレーコートでジョコビッチを相手にフルセットの大健闘でした。

セルビアは、初めてデビスカップの2回戦に進出。
そして、2回戦の相手は、チリッチ、カーロビッチのクロアチアです。

過去の歴史から、すでに開催地を巡って、心配事が出てきてるよう。

ホームコートはクロアチア。
クロアチアとしては、イバニセビッチやアンチッチの故郷、スプリットを一番の候補に挙げているそうですが、過激なクロアチアへの応援を心配して、セルビアは、首都のザグレブで開催して欲しいとリクエストしているようです。


スペインは、スイスに、フランスはドイツに順当勝ち。
このテニス大国の対戦は面白そう。


地震のため、遅れて開催されたデビスカップで、イスラエルを相手に勝利を挙げたチリは、チェコ(Def ベルギー) のステパネック&バーディッチの2メンチームと2回戦で対戦です。

この二人組み、過去のリュビチッチ&アンチッチを思い出させます。
クロアチアは、この二人だけでデビスカップで優勝していますから、チェコも可能性ありです。(去年は準優勝)


そして、この週末のデビスカップのヒーローは、アルゼンチンのナルバンディアン

日曜にスウェーデンを相手に2-2となった後、直前まで足の怪我でスウェーデンに行くことさえ決まっていなかったナルバンディアンが、ダブスルに続き、シュワンクに代わってファイナルラバーをプレイ。
怪我でデルポトロ&モナコを欠いたアルゼンチンを、二回戦へ導きました。
2回戦の相手は、ロシア。ダビデンコとアンドレアブなしでも、インドに勝利。



今週末からは、今年初のマスターズ1000、インディアンウェルズが始まります。

手首の怪我のデルポトロとチリの地震で地元に残ることにしたゴンザレス以外のトッププレーヤーたちは今のところ出場予定。

今年の放送は、どうしようもなかったFoxは抜けたそうで、テニスチャンネルが全部放送するんだって。 Hooray!!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップ 2010 1st ラウンド。

デビスカップが始まりました。

今年のアメリカチームは、ロディックとブレイクが抜けたので、イズナー、クェーリーにブライアンズというラインアップ。

アメリカの対戦相手はセルビアで、ホームコートアドバンテッジはセルビア。もちろんクレーのコート。

イズナーにクレーコートはとても似合わなかったけど、トロイッキを相手に大健闘。でしたが、7-6,6-7,7-5,6-4でセルビア。

クェーリーの相手は、ジョコビッチ。こちらも4セットでセルビア。

US、このタイを勝ち抜くのは厳しそうです。


その他のタイは、だいたい順当。

スイスがスペインを相手に、1日目を1-1で分け、がんばってます。

お互いにFedererlessとNadallessですが、スペインの方が断然層が深い。

ニュー パパのバブリンカ、がんばれです。



来週は、日本の友達が、アメリカでの仕事の帰りに、うちにちょっと寄ってくれることになりました。

彼女と知り合ったのはシカゴ。
もう、何年ぐらい会ってないだろう…7、8年くらい?

すごく楽しみ!!今週末は、家の掃除しなくちゃ。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルinミュージックビデオ。

ナダルがシャキーラの“Gypsy”ミュージックビデオに出演。
とてもセクシーでかっこいいではないですか!


すごくシャイな感じのラファが...とちょっとビックリもした。

フルバージョンはこちら


デルレイビーチは、錦織選手、1回戦敗退。
それでもフルセットだったので、出場した成果はあり?

デルレイビーチの準決勝は、グルビスxニメネン、フィッシュxカーロビッチとなっています。


デュバイの決勝、ジョコビッチxユーズニーは、雨でサスペンド中。
テレビで見るに、結構ざぁざぁ降っていて、デュバイでもこんな雨が降るんだなぁと。

最近、ユーズニー、調子がいいです。


調子がいいといえば、フェレロも。
3トーナメント連続決勝進出。
アカプルコの決勝の相手は、先週のブエノスアイレスと同じくフェレール。
3連続優勝となるでしょうか。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 03:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の復帰戦。

今週のデルレイビーチのトーナメントに、錦織クンがワイルドカードで出場。

肘の状態が完璧ではないでしょうから、様子をみながら、どれだけできるか挑戦なのでしょう。

1回戦の相手は、ベンジャミン・ベッカー。


一方、デュバイのトーナメントは、フェデラーが欠場を発表。
肺の炎症だそうです。

これで、膝のナダル、手首のデルポトロと、トップ5のうち3人が欠けてしまいました。

ジョコビッチとマレーにとってはチャンスです。



今日は、朝、ムスコを起こし、犬たちを外に出そうとドアを開けてビックリ。
大雪!!雪だるま雪だるま雪だるま

あわててテレビでチェックしたら、この辺り、みんなSnow Dayで休校でした。
オリンピックを見てる分、全然、天気予報を見てなかった。

子供たちはもちろん大喜び。犬たちも。


最近、コンピューターの調子が悪くて、昨日は、インストールしたり、アンインストールしたりと、一日中、コンピューターとお付き合い。

嫌なヤツ、トロージャンだと思われる。

それにしても、こういうウィルスを作る人は、他のことに頭のよさを活かしてくれないかしら。

Anti Virusのソフトウェアの会社が、ウィルスを作り出してるんじゃないかというのが、ダンナーの意見ですが、どうなんでしょう。

このAnti Virusのソフトウェアたちも、再度インストールして走らせると、さっきまでは役立たずだったのに、突然、山盛りのマルウェアを見つけたりするんだけど、これって、本当なのかと大変疑問に思うのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 04:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

バダスコのニューラケット。

バダスコがサンノゼのトーナメントで、ロディックを破って優勝。(3-6, 6-4, 6-4)

トップ10プレーヤーとの対戦連敗記録を15でストップすることができました。

年末のロンドンでのATPファイナルでも、フェデラー、デルポトロ、マレーを相手に、全部フルセットの末、デルポとマレーは3セット目のタイブレークで敗退。

今年の全豪でも、ダビデンコに5セット目を落として敗れています。


今回の勝因は…ヨネックスのラケット?(ペイントジョブでなければ)


バダスコは、サンノゼでTecnifibreではなく、ヨネックスのラケットを使っています。
モデルは、最新ののRDiS 200なのだそうです。


バダスコ、またトップ10に食い込んでくるかな?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーのエチオピア訪問。

フェデラーがエチオピアを訪れています。


フェデラーのチャリティー、ロジャー フェデラー ファウンデーションは、南アフリカやエチオピアなどのアフリカの国々に、教育のための寄付金を提供しているそうですが、エチオピアを訪問をするのは、今回が初めてだとか。
子供たちの大歓迎に、とても感動したロジャーだったみたいです。

こちらのビデオでは(画像は悪いけど)、ロジャーが、女の子を雨から守ろうとしているところがいい。



女の子からの“何歳なの?”という質問に、“いくつだと思う?”と、質問で返したロジャー。
“白人の歳はよくわからないけど、45歳くらい?”と女の子が答えたそうで…思わず笑った。

http://www.rogerfederer.com/en/rogers/news/newsdetail.cfm?uNewsID=1025


オリンピックも開幕し、オリンピックもテニスの試合も観るとなると大変そう。


ロッテルダムのセミファイナルは、出かけていて、両方ともミス。

ダビデンコ、ジョコビッチとも敗退で、ソーダリングxユーズニーの決勝。意外でした。
決勝は忘れずに観よう。


パリのWTAの準決勝、メラニー・ウダン、残念だった!
デメンティエバ戦、1セット目を取ったところまでは観たんだけど、その後、逆転されてしまったんだね。

パリの決勝は、ペネッタに勝ったサファロバとデメンティエバ。


サンノゼは、すでにバダスコが決勝進出を決め、今日の夜、ロディックxクウェーリーのセミファイナル。

ロディックは、Mrs.ロディックのブルックリン・デッカーが、今週、Sports Illustratedの表紙を飾り、話題となりました。
ダンナとしては、かっこいいとこ見せておかないとね。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

キム クライスターズの人形。

昨年の全米オープンで、カムバック優勝したキム・クライスターズのバービードールが、ドイツのおもちゃフェアで発表されました。

http://af.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idAFTRE61255V20100203

アスリートで、バービー人形のモデルとなるのは初めてだとか。

キムの2歳の娘さん、ジェダの人形もあるのだそうです。

服装は、二人ともUSオープン優勝の時のもの。

キム、かなり細身だね…。それにしてもこのペアはかわいい。



キムやエナンに続け?と、去年の9月に、コカイン陽性反応での2年間出場停止期間が明けたヒンギスが、WTTに出場を表明。

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/02/02/AR2010020201991.html

ビリージーン キングが中心となっているワールドチームテニスは、夏にアメリカで行われる団体戦。

今年は、ウィリアムス姉妹、シャラポバらが参加することになっています。
チームのドラフトは、2月11日。

キム クライスターズも、去年、WTTに参加しています。

今の時点では、WTAへの復帰はないと話していますが、どうでしょうね。
でも、ヒンギスもすでに29歳。ちょっとツアー復帰は厳しいかも?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

New ATP Ranking

全豪後のランキングは、優勝のフェデラーはもちろんそのまま1位(11350 pts)ですが、それ以下、2位 ジョコビッチ 8310、3位 マレー 7800、4位 ナダル 7670となり、2005年の夏以来、ナダルがベスト3から脱落。

とはいえ、マレーとの差は僅かだし、ナダルは去年のウィンブルドンをを欠場しているので、今の時点のランキングは、あまり気にならないかも。

全豪のジャイアントキラー ジャイアントのチリッチが、自己最高の10位へ。今年はベスト10以内に地位を確保しそうです。


2月はグランドスラムの後、マスターシリーズもデビスカップもない、ATPにとっては静かな月。

錦織クンが復帰を予定しているサンノゼの大会を楽しみにしておきます。
でも、ダラスのチャレンジャーも欠場だというし、サンノゼまでに戻ってこられるのかな?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーのスイート16。

フェデラー、4度目の全豪優勝!くすだまくすだまくすだまくすだま

マレーを6-3,6-4,7-6で下して、16個目のグランドスラムトロフィーを手に入れました。


WILLIAM WEST/AFP/Getty Images

悔し涙のマレー。
http://www.youtube.com/watch?v=HxLaqPJmo1E

“地元のみんなの応援に答えられなくてごめん…”と声を詰まらせた後、“ロジャーのように泣くことはできるのに、ロジャーのようにプレイできないのはだめだなぁ。”と。
自分のチームへの感謝の言葉は、こみ上げる涙で続かなくなってしまいました。(もらい泣きです。)

ロジャーは、ビクトリースピーチで、“アンディは、(泣いた)去年の自分よりよっぽどよく振舞ってる。君のようなすばらしいプレーヤーは、いつかグランドスラムを勝つので心配ない。”とコメント。
http://www.youtube.com/watch?v=ajBnkbH9h5o

ハイチ震災者へのチャリティーオークションで、フェデラーのラケットは2万5千ドルで落札されました。
http://cgi.ebay.com/Tennis-stars-auction-racquets-for-Haiti-Roger-Federer_W0QQitemZ170437551913QQihZ007QQcategoryZ50122QQssPageNameZWDVWQQrdZ1QQcmdZViewItem

ナダルのラケットは7100ドル、ジョコビッチのラケットは3000ドルで落札されています。

全豪スタート直前、フェデラーを中心に、ハイチへの支援金を集めるためのエキシビションで始まったチャリティー、ATP、WTA、ITF、グランドスラム委員会からの寄付金やオークションをあわせて、60万ドルの寄付金を集めました。
Well done!です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルの膝の診断。

ナダルの右ひざの怪我は、スペインに帰って検査をした結果、右ひざの後ろの部分に小さな裂傷が見つかったそうですが、4週間の休養後、ツアーに復帰できるそう。

腱とかがほころびてる感じなんでしょうか。

とりあえず、来月始めのロッテルダムは欠場を発表していますが、何ヶ月もなんてことにならなくてよかった。


昨日は、ムスコと遠出し、帰りの車の中から見た、昇りはじめた月が大きくてびっくり。

“月が大きい!すごい!!”と私。
“地球のアトモスフィアが、何かの影響でレンズ効果が出たりすることってあるのかなぁ?”と勝手に想像したり。
すると、“月が地球に近いオービット上にあるんじゃない?”とムスコ。

上に昇っていくと、そんなに大きくは見えなくなったのだけど、見事な満月でした。

うちに帰ってインターネットのニュースを見たら、ヘッドラインに月のことが出ていて、ムスコの言ったことが正しく、2010年で最も大きくて明るく見える満月だったんだって。

楕円形の月の軌道が、一番地球に近くなっている時に、満月になるのは、1年に1度か2度。
普通の満月より大きさは14%、明るさは、いつもより30%明るくみえるのだそうです。

走っていたフリーウェイが、真っ直ぐ月に向っていたので、ムスコも、“月に向って走ってるみたいだね。”と。

長時間のドライブは疲れたけど、いいもの見られてラッキーでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪決勝。

女子の方は、やっぱり寝ている間に終わっており、結構、朝早く起きてTVをつけたときには、男子ダブルスの決勝となっていました。

女子の決勝は、セリーナがエナンを6-4, 3-6, 6-2で下し、去年に続き全豪タイトルを手に入れました。

GREG WOOD/AFP/Getty Images

セリーナにとって、12個目のグランドスラムタイトルです。

ダブルスでは、ヴィーナスとこれまた優勝しているし、たいしたものです。(というか、他の人、もっとがんばれ!)

GREG WOOD/AFP/Getty Images

セリーナのウェアの色が、とってもかわいい。欲しい!


男子のダブルス決勝は、女子と同じくオールドスクール、ブライアン兄弟xジモニッチ/ネスター。

ブライアンズが、6-3、6-7、6-3で優勝です。

男子のダブルス、女子の決勝の前にやればいいのにと思います。
終わるのが深夜を過ぎているのはどうかと。


男子の決勝は、フェデラーxマレー。

準決勝で敗れたツォンガのマレーへのメッセージは、“Be ready to run”。

マレーは以前、試合に勝つとBritish/Briton/Brit、試合に負けるとScottish/Scotと、英国のメディアで報道されると話していましたが、ここまでくれば、英国挙げて、ヒーローと扱われるのか、それともここまできたからこそ、フェデラーに負けると、また国民みんなをがっかりさせるのか、どちらでしょう。

チリッチとの準決勝を見るに、74年ぶりの英国人グランドスラムチャンピオンの誕生も、かなり可能性がありそう。

フレッド・ペリー以来の快挙を、フレッド・ペリーを着なくなった年に成し遂げるというのも、ちょっと皮肉な感じもする。

AFP/AFP/Getty Images

自分としては、ロジャーに、去年の決勝でナダルに敗れた悔しさを晴らしてもらいたいところです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

ラケット オークション-ハイチ支援金。

全豪でトッププレーヤーに使われたラケットが、サイン入りでebayのオークションに出ています。

http://shop.ebay.com/tennis-australia/m.html?_nkw=&_armrs=1&_from=&_ipg=&_trksid=p4340

ラケットを提供しているのは、フェデラーナダル、ジョコビッチ、クライスターズ、ドーキッチ。

今現在のビッドは、フェデラーのラケットがトップで、13,500ドル、次はナダルが4,250ドル。

高すぎて手が出ません…

締め切りは、メンズファイナルがある日曜日、現地時間の午後10時。

売上金は、ハイチの地震被害者への寄付となるそうです。


話は変わり、昨日のマレーxチリッチ戦終了直後、またもクレイジーファンが、コートに降りてきて、チリッチとハンドシェイク。


FINDLAY KEMBER/AFP/Getty Images



全仏のフェデラーに帽子をかぶせようとした男、全米でナダルにキスをしていったヤツに続き、トーナメントでのセキュリティーがまたも問題になりそうです。

それにしても、ロッドレーバーのセキュリティーの人たち、ぜーんぜん気がついてなかったようで、グレードは“F”です。
観客席から、飛び降りてきたの?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪 マレーxチリッチ。

全豪メンズセミファイナル、マレーxチリッチ。
チリッチ、残念だったなぁ。

朝ごはんを作りながら見ていたので、しっかり聞いていなかったのだけど、セミファイナルまでに5セットマッチを3度戦い抜いたプレーヤーは、セミでいつも負けるというようなスタッツを出してました。

チリッチも1セット目は6-3で取ったものの、その後はオール マレーで、3-6. 6-4. 6-4. 6-2。

チリッチが疲れてたこともあるかもしれないけど、マレー、すごいショットもいっぱい。
去年のUSオープンのリベンジも果たし(ストレートセットでチリッチ)、全豪では初、グランドスラムでは2回目の決勝進出です。

TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images

見るたびに思うのは、マレーの口は長方形。

そして、チリッチは、すごく描きやすそうな顔だなと。
こんな感じ。



さて、今夜は(ここでは明日の早朝)もうひとつのセミ、ツォンガxフェデラー
ツォンガは、準々決勝のジョコビッチ、その前のアルマグロ戦が5セットマッチ。体力の方はどうでしょう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーの記録更新!

最もカウントされるトーナメントで力を発揮するプレーヤーは、フェデラーとセレナ・ウィリアムス。

この二人は、グランドスラムになると強い!

ダビデンコは、この全豪前の好調さで、優勝候補の筆頭に上げられ、ベスト16まではすいすいと勝ち上がってきましたが、バダスコ戦、フルセットで辛勝。
その疲れから回復はどうかと言われていました。

準々決勝の対フェデラー、1セット目は6-2でダビデンコ。
でも、フェデラー、起きた。
その後、6-3,6-0,7-5でとって、ロジャーのグランドスラム準決勝連続記録は23に!

http://www.youtube.com/watch?v=Cps5Bpz0TfI


TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images

次の相手は、ジョコビッチをフルセットで下したツォンガ。

ジョコビッチ、1セット目と2セット目をタイブレークでツォンガと1-1で分けた後、3セット目を6-1で取り、このまま調子を上げていくかと思いきや、4セット目の始め、具合が悪くなったみたいで、“I need to throw up."と、建物の中へ。

4セット目は、5セット目へのエネルギーを残すためか、ツォンガの5-0まで、ほとんど力が入っていないように見えました。
でもそれから、体調が回復したのか、蘇りを見せたのだけど、6-3でツォンガ。

5セット目は、やっぱり体調の影響か、6-1でツォンガとなり、フェデラーxツォンガの準決勝です。
ジョコ、かわいそうだったね。

GREG WOOD/AFP/Getty Images

ブラッド・ギルバートが、試合の途中でチェックした時には、ただの胃のむかつきみたいだと言っていたけど、食中毒とかフルとかのだったのかも?


ところで、昨日、準々決勝をリタイアしたナダルの右膝の痛みは、以前痛めたものが再発したのではなく、また別のもののようだと、ナダルのコーチ トニー・ナダルが話しています。

スペインに帰ってMRIを受けるようですが、長引くものではないといいんだけど…


女子の方は、セレナ、1セット目と2セット目0-4ダウンからカムバック。(4-6, 7-6 (4), 6-2)
アザレンカ、惜しかったな。
セレナ、ここまで来たら失うものはないとギアアップ。さすがです。

反対に、ヴィーナスの方は、リ・ナを相手に、3セット目終盤、ショットの勢いが失せ、2-6, 7-6 (4), 7-5でリ・ナがゼン・ジに続き準決勝へ。

中国パワー、すごい。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:07 | コメント(2)| トラックバック(0)

ナダルのリアタイア。

全豪のボトムハーフ、ナダルxマレーは、ナダルが右ひざを痛めてリタイア。


TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images

痛みを我慢しても最後まで戦うんじゃないかと思ったナダルが、3セット目でリタイアしたのは、ちょっと意外でした。

マレーも、“今まで痛みを乗り越えて戦っている試合を見ていたので、リタイアには少しびっくりした。”と話していました。

ナダルが感じた右ひざの痛みは、去年、彼に数ヶ月間の休養を要したひざの腱炎と同じような痛みだとか。

また悪化させて数ヶ月を棒に振るより、マレーとの試合は、すでに2セットダウンだったこともあり、ここはこれ以上、膝を痛めないことが得策と思ったんでしょうね。


痛みを我慢してフルセットを戦い抜いたのはロディック

ゴンザレス戦で右肩に痛みを感じたそうですが、それが、チリッチ戦では、肩の痛みプラス右手の2本の指の感覚が無くなってしまったそうで…

チリッチは、今年の全豪3回目のフルセットマッチを制して、キャリア初のグランドスラムセミファイナルへ。

ナダルは、マレーが優勝するんじゃないかと話していたけど、セミファイナル、チリッチにがんばって欲しい。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪 ベスト8。

全豪のベスト8が出揃いました。

昨日は、アルマグロxツォンガ、ダビデンコxバダスコともフルセットの戦い。

アルマグロは、左手首のScaphoidを骨折しているそうですが、6-3 6-4 4-6 6-7 9-7の健闘。
5セット目には、チャンスもあったけど、それをものにできず、ツォンガがベスト8へ。

ツォンガのクオーターの相手は、いつもはダブルスで活躍のクボットをストレートセットで下したジョコビッチ。
2008年の全豪決勝の再現です。

ところで、ジョコビッチに敗れたクボットですが、ダブルス(クボット&マラチ)では#5シード。
3回戦の相手は、カーロビッチ&べミック。クロアチア人とセルビア人ペアです。
全豪といえば、人種間の衝突がよく問題となりますが、これは一緒に応援できそうですが、どうでしょう。


ダビデンコxバダスコの試合は、前半を見て、ダビデンコの快勝かと思って寝たのだけど、起きてみると、あの後、バダスコ、がんばったんだね。
バダスコのトレードマーク、“気”のポーズも出てたみたいだけど、6-2, 7-5, 4-6, 6-7, 6-3、残念でした。

PAUL CROCK/AFP/Getty Images

フェデラーは、危なげなくヒューイットにストレートセット勝ち。
昨日は、シャープなショットの連発で、すごく調子がいい時のロジャーでした。

“ダビデンコ the マシーン”が相手の準々決勝も、この調子でいってもらい、グランドスラム連続準決勝記録を23に伸ばせるといいね。

さて今日は、ナダルxマレーとチリッチxロディク。
どちらもご馳走試合です!
デルポトロを下して駒を進めたチリッチ、このグランドスラムがブレイクスルーとなりそう。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪 ナイトセッションスケジュール問題。

2008年の、早朝までかかったバグダティスヒューイットの試合をきっかけに、全豪のナイトセッションのスケジュールが今年、変わりました。

今までは、まずは女子の試合、そしてその後、男子の試合となっていたわけですが、それは男女平等ではないということで、男女、順番に先に試合をすることになったそう。

ということで、今年から女子も深夜試合を経験することになったわけで、ナダルxコールシュライバーのナイトセッションの後にスケジュールされたクズネツォバの3回戦、彼女の勝利で試合が終わったのは午前2時近く。

クズネツォバは、スケジューリングへの不満の声を上げていました。

この試合からの体力回復が難しかったことも、4回戦のペトロバ戦敗退の、ひとつの要因となったかも?

確かに、男子の試合は5セットマッチだし、待つ女子の方が時間が読めなくて大変な気がするな。

それにしても、全米と全仏のチャンピオンを倒したペトロバ、ますます自信をつけたでしょうね。(ウェアでの失敗も帳消しにしよう。)

PAUL CROCK/AFP/Getty Images

次の相手は、同胞ウィックマイヤーを下したエナン
これに勝ったらすごい!


スケジューリングへの不満を叫んでいたのは、クズネツォバだけでなく、チリッチ戦にフルセットで負けた、オーストラリアのライジングスター+問題児、トミック。

こちらの試合も、終わったのが午前2時。
トミックの方は、“僕はまだ17歳なんだ。あんな遅いスケジュールにするなんて”“自分がリクエストした通りに日中の試合になってれば、自分は勝ってただろう。”とも…
http://www.news.com.au/couriermail/story/0,23739,26618564-10389,00.html

今までの彼の経歴から、周りからはトミックへの非難の声も上がっています。

トミックのアウトバーストに対して、バグダティスは、“言い訳を探す必要は無い。やらなければいけないことは、どんなコンディションでも、勝つ道を見つけ出すこと。”と大人の発言でした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 02:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

AO the Best Matches so far

昨日のブレイクxデルポトロ、そしてエナンxデメンティエバ、同時進行だったため、放送は行ったり来たり。

とはいっても、朝起きてテレビをつけた時は、これらの試合が終わった直後だったので、見たのは再放送だったけど。

ブレイク、今年の全豪はシードが付かなかったけど、デルポを相手に大健闘。
6-4, 6-7 (3), 5-7, 6-3, 10-8で、4時間20分近い試合でした。

デメンティエバは、前哨戦でセレナを下して優勝、いい調子でメルボルン入りしたけど、ドロー運が悪かった。

とはいえ、2セット目のタイブレークは、後半リードして、セットポイントもあったのだけど、しばらく休んでいたとは思えないエナンが、7-5,7-6で勝利。

試合勘が全然衰えていないみたいで、エナン、すごいね。

TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images

全豪との時差のお陰で、試合を見ながら眠りに落ちるここ数日。
でも、だいたい“今日の目玉”の試合の時には、すでに眠りこけているんだよね。

試合を見ながら寝たせいか、昨日の夜は、ロジャーが夢に出てきて…ふふ、なかなかよい夢だったんだ。
“賞金はどこの銀行に預けるの?”なんて、妙に現実的な質問を彼にした自分に、朝起きて笑えた。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

シャラポバの初戦敗退。

全豪初日の一番のニュースは、シャラポバの初戦敗退。

キリレンコが、7-6,3-6,6-4で勝利。

シャラポバ、エースも決まっていたけど、アンフォーストエラーが山積み。
2セット目をシャラポバが取った時は、このまま行くんじゃないかと思ったけど、キリレンコ、踏ん張りました。

アディダスのステラ・マッカートニーのエンドースメントを、ウォズニアッキに取られてしまったキリレンコですが、普通のアディダスの方が、ひらひらしてるステラ・マッカートニーより、きりっとしてて、強く見える。

一方、7千万ドルでナイキとの契約を更新したシャラポバは、どうしたのかな、そのウェア?でした。

ムスメと、“アマゾンって感じ?”

あの不思議なウェアも1試合で箪笥入り。よかったかも。やっちゃったぁ


WILLIAM WEST/AFP/Getty Images

WILLIAM WEST/AFP/Getty Images

テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

Hit for Haiti ライブストリーミング。

全豪オープンに出場のトッププレーヤーたちが、ハイチの地震被害者への寄付金を集めるために、エキシビションをやっています。

レッドチームは、フェデラーヒューイット、ストーサー&セレナ・ウィリアムス。

ブルーチームは、ナダルロディック、ジョコビッチ&クライスターズ。

なかなか見られないダブルスが見られます。

審判は、ジム・クーリエ。

笑える!

無料のライブストリーミングはこちら。
http://www.australianopen.com/en_AU/scores/hitforhaiti.html?fpos=r1



WILLIAM WEST/AFP/Getty Images


WILLIAM WEST/AFP/Getty Images


PAUL CROCK/AFP/Getty Images
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪 メンズドロー。

手首の怪我から復帰して以来、初めての試合がありました。
4ヶ月ぶり!

試合って、こんなにくたびれるものだったけ?
試合が終わって家に帰ってきたら、体がだるくて。
スタミナ、まったくなし。

試合は、一緒に組んだカナダ人の妖ちゃんが、びっくるすくらいFireeee!って感じで、お陰で6-3,6-2の勝利。

復帰第一戦を勝利で飾ることができて、とてもハッピーでした。


全豪のドロー、発表になりました。

No.5シードのマレーが、ナダルのクオーターに引かれ、ナダルとしてはアンラッキー。

ロジャーのクオーターも、最近、連敗しているダビデンコ、去年の全豪でも活躍したバダスコがいて厳しそう。
ダビデンコは、3セットマッチでは勝てるけど…と話していたけど、この数ヶ月でつけた自信レベルは、超上向き。
フェデラー、グランドスラム連続セミファイナル記録を伸ばすことができるかな。

デルポトロの山は、膝の怪我から復帰、先週のトーナメントでも優勝したロディック、若者ライバルのチリッチが。
デルポトロの手首の状態もどうなんでしょう?

No.3シードのジョコビッチの山には、肘を痛めているソダリング、ツォンガ、ガスケのフランス勢。
コカイン疑惑が晴れて、今週のトーナメントでもファイナルに出場のガスケ、全豪でも活躍に期待です。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

ファイナルズ、ファイナルズ。

ダビデンコ、決勝でナダルにも勝ち(0-6,7-6,6-4)、カタールオープンのファルコン(?)トロフィーを獲得。ナダルのは、ガゼール?

KARIM JAAFAR/AFP/Getty Images

ダビデンコの台頭は本物のよう。全豪でも活躍する可能性大です。


ブリスベンは、テレビで試合を見ましたが、ローラーコースターライドのような試合。

ロディックxステパネック、1セット目は競ってタイブレークとなったのですが、タイブレークとなったら、ロディックが7-2で勝利。

2セット目は、4-1だったか、ロディックの圧勝かと思いきや、そこからステパネックがカムバックして、またタイプレーク。1セット目と同じくロディックが先にリードして、そのまま行くかと思いきや、またステパネックがカムバック。
追いついて、競ったと思ったら、最後はステパネックのダブルフォルトで9-7のロディックでした。

WILLIAM WEST/AFP/Getty Images

ロディックは、今年のデビスカップの欠場を発表しています。
膝を休ませるためということですが、彼もキャリアの後半、なんとか、2つ目のグランドスラムタイトルが欲しいところでしょうね。

ブリスベンのセンターコートは、ホークアイ システムがないようで、セミファイナルでもファイナルでも、ラインコールでごちゃごちゃとなってました。

チャレンジシステムは、こういった選手たちの不平を取り除き、選手が感情的になるのを防ぐといった意味で、とてもいいシステムだと、新たに思ったのでした。


ブリスベンの女子は、3セット目の終盤までは見たのだけど、その後出かけ、大事なタイブレークを見ていません。
クライスターズxエナン、いい試合でした。(クライスターズ Def エナン 6-3,4-6,7-6)


WILLIAM WEST/AFP/Getty Images

エナンは足をこのトーナメントで足を痛めたそうで、今週のシドニーの欠場を発表しています。
全豪までに治るといいね。


オークランドのトーナメントは、こちらもベルギーのウィックマイヤーが優勝。(Def ペネッタ 6-3、6-2)

薬物検査をミスしたことで、1年間の出場停止を言い渡された彼女ですが、アピール後、この停止処分が撤回となり、ワイルドカードで、オークランドのトーナメントに出場し、優勝。今までで最高の勝利だと話していました。
ベルギーの第3のカムバックプレーヤーです。


チェナイは、チリッチがバブリンカを下し優勝。
バブリンカ、応援してたのにな。7-6,7-6、惜しかったです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:30 | コメント(4)| トラックバック(0)

ウィルソン BLX。

今週のトーナメントのファイナル、注目はブリスベンのクライスターズxエナン
オール ベルジャン&カムバックプレイヤーの戦いです。

クライスターズとエナンの留守中にランクを上げてきたプレーヤーたちは、今年は厳しい年になりそう。

彼女たち、そしてシャラポバのいない隙に、グランドスラムタイトルを取っておきたかったところですが、サフィナ、ヤンコビッチ、デメンティエバたちにとって、グランドスラムタイトルは、今年はかなり遠くなったかも。

キムとエナン、どっちが勝つかなぁ。自分としてはキムに一票。


それからもうひとつのドリームファイナルになるはずだったカタールのトーナメントは、ロジャーがまたダビデンコに負け(6-4,6-4)、ナダルとのファイナルが実現せず…

年末についにフェデラーに勝ったことで、ダビデンコ、自信がついたのかもね。

エキシビションとはいえ、この前は、初めてソダリングにも負けたし、ロジャーのオーラもちょっと薄らいできた?

ところで、フェデラーとエナンのラケット、新しくなってたね。

ウィルソンのBLXテクノロジーなのだそうですが、すごい火山の石みたいなのとすごいファイバーをすごくうまいこと組み合わせたそうで…説明を読んでもよくわかりません。まいったぁ

ロジャーのはSixOne Tour BLX。


エナンはTour BLX。


錦織クンもTour BLXのようですね。


早く、錦織クンのプレイを見たいところです。
彼のウェブサイトに動画がアップしてあったし、だんだんと復帰が近づいていることを祈ります。
http://blog.keinishikori.com/2010/01/from-imgimg-1.html

ホップマンカップの決勝は、スペインxイギリス。
時差ぼけも治ったので、今日は決勝を見られそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

ホップマンカップを見たかったけどzzz

昨夜はホップマンカップを見ようと思っていたが、すでに7時ぐらいから眠いー!

ラファエルとごろごろしていたら、一緒にうたた寝。
なんとか起きて、アメリカxオーストラリアを見るぞと思ったのに、ウダンとストーサーがウォームアップしているところですでにダウン。

昨日は、今年初のチーム練習もあり、時差ぼけと合わさって、ばったりでした。

アメリカ、2敗目を喫したようで、これで決勝への夢はなくなりました。
オーストラリアは1勝1敗で、2勝0敗のスペインに続き2位。

グループBのイギリスは、カザフスタンに楽勝かと思いきや、マレーが勝ち、ロブソンが負け、ミックスダブルスは、マッチタイブレークで12-10。辛勝でした。
2位につけているのは、ドイツに2-1で勝ったロシア。

週末には、クライスターズやエナンが出てるブリスベンや今日、ソダリングがジネプリにアップセットされたチェナイのトーナメントの放送もあるようで、シーズン幕開け、ファンにとってはうれしいね。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

復帰。

チームの練習に3ヶ月ぶりに復帰!

2時間の練習、大丈夫かなとちょっと心配ではあったけど、なんとか耐えられた。

後半、手首がちょっと痛いかも…とも思ったけど、鈍痛だったので、最後までプレイ。

2時間の練習の後は、しっかりアイシング。

今朝、起きた時には、痛みはなくなっていました。

しかしながら、体中が痛い!肩から腕から、足から背中から、何をするにもうなる。
3ヶ月で鈍りまくりです。

今週は、もう一度テニスを入れているので、これで、サンクスギビング以来、これはまずい状態に歯止めをかけたいと思います。

あと10日間で、最低、2ポンドは落とさなくちゃ!


先日、デビスカップ優勝のチームスペイン、首相邸での写真が出ていましたが、このチーム、ハンサムさでも、右に出るものはいなさそうです。

PEDRO ARMESTRE/AFP/Getty Images
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

スペインの連勝!

去年はアウェイでの優勝でしたが、今年は、ホームソイルでのデビスカップ獲得。

サード ラバーのダブルスは、ステパネック&バーディッチxバダスコ&ロペスで、スペインがストレートセット勝利(7-6,7-5,6-2)です。

喜びの蟹ポーズのロペスとバダスコ

LLUIS GENE/AFP/Getty Images

この10年間で4回目の優勝のスペイン、選手の層の厚さではぴかいち。
来年も優勝候補でしょうね。


LLUIS GENE/AFP/Getty Images

去年は、怪我でデビスカップ決勝に出場できなかったナダルも、とってもうれしそうでした。


今日の最高気温は、0℃を少し越えるくらい。
暖かかった11月が終わり、雪もちらついたりして、とっても冬らしくなってきました。

ホリデーシーズンになると、サルベーションアーミーというチャリティー団体が、いろいろなところでベルを鳴らして、寄付金を集めるのですが、そのベルリンガーに、今日はムスメがボランティア。


えらく寒かったようですが、友達とクリスマスキャロルを歌ったりして、楽しそうにやってました。
母も、ちょっとがんばって寄付してみた。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

水を得た魚 ナダル。

デビスカップの決勝戦が、バルセロナのクレーコートで始まりました。

朝、ナダルxバーディッチをちらっと見るチャンスがあり、ナダルの1セット目の後半から2セット目を見るに、“水を得た魚”。

7-5,6-0,6-2の快勝で、ATPツアーファイナルの全敗後のナダル ダウターたちが、これでちょっと静かになるかもね。

JOSEP LAGO/AFP/Getty Images

そして、夕方、セカンドラバーがどうなったかを、オンラインでチェックしようとしたら、ナダルの試合のことしか書いてない。

「何で?」と思ったら、まだ試合をやっているじゃないの!

フェレールが、最初の2セットを落とした後、カムバック。
1-6,2-6,6-4,6-4,8-6、4時間17分の接戦でステパネックに逆転勝ち。
フェレール、ヒーローだよー

LLUIS GENE/AFP/Getty Images


JOSEP LAGO/AFP/Getty Images
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

セリナ・ウィリアムスへの処罰。

グランドスラム委員会が、USオープンでのセリナ・ウィリアムスのラインズパーソンへの攻撃に対しての処罰を決定。
http://sports.yahoo.com/ten/news?slug=ap-swilliams-penalty&prov=ap&type=lgns

罰金は、$82,500、これは、グランドスラムの罰金としては最高額ですが、彼女にとっては痛くも痒くもない金額でしょう。

そして、2010年~2011年に、またこのような違反をグランドスラムで犯した場合、その次に来るUSオープンへの出場が禁止となり、罰金は倍増で、$175,000だそうです。

この観察期間の2年をおとなしく過ごせば、セリナはクリアとなるわけで、そんなに厳しい処分でもないかなと思います。


それから、テニス界でのニュースになっているのが、マレーと彼のガールフレンドとのブレイクアップ。
http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/andymurray/6699385/Andy-Murray-and-Kim-Sears-split-over-seven-hour-a-day-PlayStation-3-addiction.html

4年間のリレーションシップにピリオドということで、ガールフレンドのキム・シアーズ(フェドカップ キャプテンのニゲール・シアーズの娘さん)は、自宅に戻ってしまったそう。

The O2アリーナのファミリーボックスもKim-less。

GLYN KIRK/AFP/Getty Images


マレーは、ビデオゲームが大好きだそうで、何時間もゲームに釘付けの彼に、キムが呆れてしまったとか。(ホントかな?)
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

テニス してみた。

昨日はとてもいい天気だったので、ダンナー&ムスメと近所のコートに行ってみた。

1週間ぐらい前に、ちょっとだけミニテニスをやってみた時は、手首にほとんど痛みはなし。

というわけで、昨日は、普通にベースラインからのグランドストロークをやってみましたが、なかなかいい感じ!

ボレー、オーバーヘッドともに、痛みなく打てた!!

終わった時は、すこし手首が痛かったので、帰ってからアイシング。
今朝、起きた時には痛みはなく、こっ、これは12月復帰が実現しそうだよー!すごくうれしいっ


テニスフレンドたちに連絡しなくちゃ!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

ダビデンコの勝利。

ダビデンコ、ATPツアーファイナル チャンプ!

CARL DE SOUZA/AFP/Getty Images

たいしたもんです。
八百長疑惑で、グレイなイメージだった彼ですが、試合に勝てば、疑惑をかけられることもないので、それが、ダビデンコのモーティベーションになっているかも。

デルポトロ、後半、ちょっと疲れ気味に見えたかな。


GLYN KIRK/AFP/Getty Images

勝者を称えるスポーツマンシップは◎!

ついにフェデラーへの連敗を断ち切り、全部のグランドスラムのチャンピオンに勝利で優勝ですから、感慨もひとしおでしょうね。

インドアに強いというのもあるかもね。

A well deserved victoryということで、コリア、おめでとう!


ダブルスの方は、寝ているうちに試合が終わってた…
ラム&ミルニを応援していた自分としては、残念な結果だったようで。

夜、再放送を見ることにします。



金曜に、親知らずを4本抜歯したムスコ、まぁまぁの回復ぶりですが、やっぱり、かなり痛いみたいね。

手術の前にコンサルテーションに行った時、ドクターに、“手術の翌日、学校に行けるかしら?”なんて聞いた自分は、かなり鬼母だったかも。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 02:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロンドン グループB。

ATPツアーファイナル、今日はグループBのラウンドロビン最終戦。

最初のダブルスの試合で、ラム&ミルニが、ドゥルーイー&パエスに勝利したことで、ラムとミルニはセミファイナル進出が決定。

次のダブルスの試合は、ブライアンズが、クボット&マラックにストレートセットで勝てば、彼らがセミへ進めるということでしたが、やっぱり経験豊富の二人、しっかりとストレートセットで勝利。
今年度末のNo.1ランキング獲得に、希望をつなげました。

GLYN KIRK/AFP/Getty Images

ジモニッチ&ネスターのスタンブルで、ブライアン兄弟が優勝すれば、彼らがNo.1で2009年を終えることになります。


シングルスの方は、“ナダルとジョコで決まり?”は、まったくのはずれ。

Nothing to Loseのソダリングの快進撃で、ラウンドロビン、一抜けの彼に続き、今日は、ダビデンコが、ソダリングにフルセットで勝利、セミへの進出を決めました。

それにしても、ダビデンコのフットワークとライジングを打つタイミング、感心してしまいます。

というわけで、明日のセミファイナルは、

フェデラーxダビデンコ、デルポトロxソダリング

ラム&ミルニ x サーマック&マーティナック
ブパティ&ノウルズ x ブライアン&ブライアン

決勝には、誰が出てきてもおかしくなさそう。
早起きして見なきゃ。(もし買い物に行かなければだけど…)


今日は、サンクスギビングの後のブラックフライデー。
クリスマス商戦のオフィシャルな開始日で、お店の売り上げが黒字転換するということで、ブラックフライデーと言われていますが、今年は、黒字転換に大貢献?というか、我が家側からいうと大散財!

パーキングスペースがなくなるぎりぎり、朝、7時にモールへ。
目当てのものたちをさっさと買って、帰り際に、デパートで私のものもチラッと子供買い。

1時間後に帰ろうとした時には、もう駐車場はいっぱい。早く来て正解でした。

早く買い物を済ませなくてはいけなかったもうひとつの理由は、ムスコの、親知らず抜歯手術の時間に間に合わせるため!

ムスコは空っぽのお腹で一緒に買い物を済ませた後、口腔外科で4本抜歯。

麻酔が覚めるときに、面白いことを言って笑わせてくれたのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロンドン グループA。

ATPツアーファイナル、今日は、グループAのラウンドロビン、最終戦。

先日、ナダルが2敗し、その後ロジャーがマレーに勝って2勝目をあげたところで、今年度のランキング No.1を決めたフェデラーが、デルポトロと対決。

CARL DE SOUZA/AFP/Getty Images

シングルスの1試合目で、マレーがバダスコとの接戦を制して(6-4,6-7,7-6)2勝1敗となっていたので、フェデラーxデルポトロ戦に、誰がセミファイナル進出するかがかかっていました。

もし、ロジャーが勝てば、ロジャーとマレーがセミファイナルへ、もし、デルポがストレートセットで勝てば、デルポとマレーがセミへ、そして、デルポがフルセットで勝つとフェデラー、デルポトロ、マレーが3人とも2勝1敗でセット数も5-4でタイとなり、ゲーム数のタイブレークへという3つのシナリオ。

ロジャーが、1セット目を2-6で落とした時には、2ゲームしか取れないと、フルセットになっても厳しいかと思っていたら、2セット目は根性でタイブレークを取り7-6。
3セット目は、3-6でデルポトロに敗れてしまいましたが、獲得ゲームのパーセントで、フェデラーが44-40、デルポトロが45-43、マレーが44-43となり、フェデラーとデルポがセミファイナルへ。

マレーは、デルポトロと1ゲーム差で、セミへの進出を逃してしまいました。

ロジャーがデルポトロとの試合終了時、ネットでデルポに、
“これでセミに行けると思う?”と聞いたところ、デルポトロは、“俺はだめじゃないかな”と言っていたそうで、本人たちもどうなるかすぐにはわからなかったような僅差。


ダブルスの方は、すでにコンテンションから外れてしまっていたNo.1ペア ネスター&ジモニッチが、すでにセミに進出を決めているノウルズ&ブパティに勝利。なんとか面目を保ちました。

応援のポーランドペア、マトカウスキー&ファーステンバーグが、サーマック&マーティナックに敗退で、セミに進出ならず。残念!


さて、今日はThanksgiving。

今年は、今までとはちょっと違ったターキーに挑戦。
バルサミックヴィネガーとしょうゆで作ったソースにマリネードしてみた。


なかなか美味。


でも、今年のヒットは、マーサ・スチュアート レシピのアップルパイ。これがすっごくおいしかった!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:38 | コメント(2)| トラックバック(0)

ATPツアーファイナル。

タイミング的に、しっかり見たのはダブルスの方。

この大会は、ダブルスの試合も全部テレビで見ることができて、ほとんどダブルスしかやらない私としては、見てて楽しい!
彼らのショットメイキングはため息ものです。

最初の試合、第8シードのマトカウスキー&ファーステンバーグが、第1シードのネスター&ジモニッチに勝利。

GLYN KIRK/AFP/Getty Images

ネスター&ジモニッチ組みは、らしくない、ハーフステップ遅れているようなプレイでした。

ブパティ&ノウルズはサーマック&マーティナックに順当勝ち。

元チームメイトのちブレイクアップの、ネスター対ノウルズの対戦も見ものです。(多分木曜?)


シングルスの方は、最初のセット、調子が出なかったデルポトロが、マレーの5-0から目覚め、反撃するも、3セット目をマレーが6-2で取って、マレーが1勝目。

フェデラーは、1セット目をバダスコに取られ、危ないスタートでしたが、その後、リズムに乗って、なんとか勝利。

フェデラーとマレーのグループAの方が、強豪がそろっているので、この2人の昨日の1勝は大きいです。


今日は、グループBの試合。

シングルスは、ナダルとジョコビッチで決まり?
でも、ナダルの調子は、今ひとつというレポートが。
全仏の再現、ナダルxソダリングはおもしろそうです。
去年、ファイナルに進んでいるダビデンコも、侮れないか…

ダブルスは、個人的には、ラム&ミルニにがんばってもらいたい。

今日の初戦、この二人が、ブライアンブラザーズを相手に、1勝目を上げました!やったねっ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジョコビッチ→タッキーニ。

ジョコビッチは、来年からセルジオ タッキーニを着ることに。
http://news.yahoo.com/s/cpress/20091121/ca_pr_on_te/20091121_ten_djokovic_new_sponsor

K-Swissか?って噂を聞きましたが、タッキーニになったんですね。
彼のアイドル、サンプラスとマッケンローがタッキーニを着て、数々のタイトルを取ったと、ジョコが話しています。
10年契約だそうで、来年には、ジョコのウェアラインが出るそうです。


CARL DE SOUZA/AFP/Getty Images

ここのところ、絶好調のジョコ、ロンドンでのATPツアーファイナルも本命視されています。
この写真ではちょっとよそ見してますが、トロフィーにしっかりと照準を合わせていることと思います。

ATPの今シーズン最終戦は、いよいよ明日、スタートです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:07 | コメント(2)| トラックバック(0)

アガシの自伝の波紋。

ここ数日、自伝を出したアガシがいろいろなニュースショーにゲストとして出ています。

引退前のインタピューで、サフィンがアガシについてコメントしていましたが、とてもサフィンらしく、そしてそうだよねとうなずける内容。

「罪を犯したと思っているのなら、賞金を返すのはどう。」
「なぜ今になってこんな自伝を出すのかわからない。もうやってしまったことだし…。本を売りたいから?It's absolutely stupid!」

プレーヤーの間でも、アガシのサポート派、批判派、慎重派に分かれているようで。

“過ちは誰にでもある”のサポート派は、マレー、ロディック、バダスコたち。
ロディックとバダスコは、「アンドレは、これからもずっと僕のアイドル」と話しています。


批判派は、
「ロジャー・クレメンスと同じくらい罪深い」…ナブラチロバ。
「薬物使用をカバーアップして、そして今、それを告白し、スポーツ界にダメージを与えている」…ナダル
「こんなPRスタントをやってるアガシの本なんて買うべきではない!」…ヨアキム・ヨハンセン
「彼がドラッグをやっている時の試合相手は、自分だったかもしれないし、フェアじゃない!」…ボリス・ベッカー


慎重派は、フェデラー「失望した。これでまたATPに黒い雲がかかってくるだろう、でも、アンドレはテニス界や社会に貢献してる。」(そつのない答え)


ドラッグテストがポジティブだったわけでもなく、居場所を知らせるルールに違反したというだけで、先日、1年間の出場停止を言い渡された、ウィックマイヤーやマリース、そして、時代が違うとはいえ、嘘で薬物使用をごまかして、試合に出場し続けていたアガシ(それともATPのカバーアップ?)、納得がいかない気がする。

これからどういう展開になるのでしょうか。



ところで、テニスとは関係なく、最近、追っかけているニュースは、エアロスミスのニュース。

大ファンの姉から、“スティーブン・タイラーがエアロスミスをやめるって本当!?”というメールが。

辞めるって言ったり、辞めないって言ったり、一体どっち?という感じ。まいったぁ

スティーブンが、“エアロスミスを辞めない”と、ジョー・ペリーのライブに乗り込んで言った一方で、ジョー・ペリーは、スティーブンのことを、“友達”でも“バンドメンバー”でもなく、40年来の“知人”(acquaintance)と呼んでいることからして、まだまだ Stay tuned… です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

さよなら サフィン。

パリのマスターズ1000の2回戦で、サフィンがデルポトロに敗退。(6-4,5-7,6-4)

試合後にサフィンの引退式がありました。

ジョコビッチをはじめ、シモン、ロブレド、カーロビッチらがサフィンに敬意を表して式に参加。



彼のキャリアのハイライト、ATPプレーヤーからのコメントのビデオが流れた後、うるっと来たところで、サフィンのインタビューがあり、その中で、今日の試合相手、デルポトロのトーナメントでの健闘を祈って、
「賞金が稼げますように」とコメント。

さすが、サフィン、キャラクターです。笑ってしまった。

今夜のプランについても、「結婚してる人がここにはたくさんいるので、あまりおおやけにしないでおくよ。」

他にサフィンのようなプレーヤーはいないので、彼が引退してしまうのは本当にさびしい。





2005年でしたっけ、サフィンが全豪で優勝した年の、サフィンxフェデラーの準決勝は、私にとって、最も印象に残っている試合のひとつです。

パリのトーナメントからは、いつでも戻ってきてねと、“スタジアムの鍵”を受け取っていました。


ところで、昨日、届いたんだ!


ClimaCool FeatherII!! もうずっと前にディスコンティニューになり、買い占めていた在庫も切れ、仕方ないから他の靴を履いていました。
もう市場に残ってないと思っていたら、ボストンのスポーツ店で見つけた!

今まで履いた中で、この靴が一番自分の足にフィットすると思う。

探せばあるもんだね。

さて、この靴を履いて、テニスを再開する日はいつになることやら…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:00 | コメント(2)| トラックバック(0)

ドーピング違反で出場停止。

ベルギーの新星、ヤニナ・ウィックマイヤーとベテランのザビエル・マリースが、反ドーピング規則に違反したとして、1年間の出場停止処分に。
http://www.independent.co.uk/sport/tennis/wickmayer-and-malisse-banned-over-drugs-1816090.html

ウィックマイヤーは、3回の居場所通知違反で、マリースの方は、2回の居場所通知違反プラス通知した場所にいなかったことでテストをミスしたそう。

もちろん、プレーヤーはこの処分にアピールできるそうですが、それにしても、スパッと1年の出場停止処分は厳しいです。

ウィックマイヤーは、出場中のバリのトーナメントを途中欠場することに。(これによって、伊達選手がセミに進むことになったようです。)
マリースも、トーナメントを欠場です。

ウィックマイヤーは、USオープンでベスト4をはじめとした最近の活躍で、来週にはクライスターズを抜き、WTAランキングで、ベルギー女子のNO.1プレーヤーになるはずだったそうですが…


この夏にドーピング疑惑から復帰したガスケの試合を、昨日、久しぶりに見ました。

相手は、バゼルで、ゴンザレスのロンドンへの行く手を阻んだジャイアント イズナー。

最初のセットはイズナーが取りましたが、2セット目をタイブレークで、3セット目をクルーズで取ったガスケのプレイは、アグレッシブでかっこよかった。

ムスメと、“ちょっと髪、危なくなってきた?”という心配も…。


このバゼルの今日の準々決勝は、スイスのプレーヤー3人(フェデラー、バブリンカ、チュディネリ)が出場。地元ファンは盛り上がるでしょうね。
現在進行中の、ロンドンを狙う二人、ステパネックxチリッチも注目です。


バレンシアは、怪我からの復帰第一戦、マレーをはじめ、ロンドン ホープフルのダビデンコ、バダスコ、シモン、ロブレドが残っています。

明日からは、バゼルに加えて、フェドカップの決勝(アメリカxイタリア)とバレンシアのセミもTV放送があるので、観戦が楽しみとなりそうです。スマイル
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

新規契約の季節。

今年も残すところ2ヶ月となり、スポンサーの契約が切れる時期となりました。

アンディ・マレーがフレッド ペリーにさようならで、アディダスと5年間の契約。来年からはアディダスのウェアでプレイです。
契約金は、1年間で、約2~3百万ポンド(5~7億円)ではと言われています。すごいね。

それから、先日、サム・クウェーリーが、アディダスからK-Swissへスイッチすることを発表しています。

K-Swiss、最近、テニスウェアに力はいってますね。
噂のジョコビッチ→K-Swissはどうなるでしょう?


昨日、バレンシアでは、ツォンガが手首を痛めて、試合を途中棄権しています。

ロンドン候補の他のプレーヤーは、みんな勝ち星を挙げ、ロンドンへの望みをつないでいます。

久しぶりにバゼルのトーナメントに出場のフェデラーは、チョコレート色のコートでチョコレート色のウェアを着て、スムーズなプレイを見せてました。

そういえば、フェデラーはチョコレートのリント社と契約。リント社のグローバルアンバサダーとなっています。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

ベスト8へのラストスパート。

今週は、二つの500トーナメントが、バレンシアとバゼルで開催されます。

バゼルの大会は、タバコ会社、Davidoffが冠スポンサーということで、フェデラーに、この大会をボイコットすべきだとのプレッシャーがあったようですが、シングルス&ダブルスともに出場。(地元の大会だしね…)

アジアン スウィングをスキップしたフェデラーには、9月のデビスカップ以来の、久しぶりのトーナメント。

出場のプレーヤーの中で、ロンドンへのホープが残っているのは、ゴンザレス、チリッチ、ステパネックですが、ステパネックは、優勝しなければ、パリに希望をつなぐことができず、チリッチも、バセルでの優勝なしでは、まず無理。

一方、今年はまだ16のトーナメントしかプレイしていないゴンザレスは、この大会のポイントがすべて加算されるので、他のプレーヤの結果次第で、8位へ浮上も可能です。


バレンシアの方は、手首の怪我で休んでいたマレーが久しぶりに出場。

ロンドン ホープフルは、現在7位のダビデンコ、8位のバダスコ、それからツォンガ、シモン、モンフィース、ロブレドが出場ですが、シモン、モンフィース、ロブレドは、バレンシアの優勝がなければ、ベスト8には手が届きそうにありません。

バダスコとツォンガは、二人とも今年4つ目の500トーナメントということで、全ポイントが加算されます。

ダビデンコも、優勝すれば410ポイントをプラスすることができるので、ロンドンのスポットクリンチにかなり近づけそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 02:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

アガシの自伝。

アンドレ・アガシが自伝、“Open”の中で、彼が選手時代に、crystal methをやっていたというのを告白していて、大きな話題になっています。

個人的な感想としては、「ありそうなこと」という感じ。

この告白で、本のオーダーも急上昇とか。

他にもいろいろと彼が犯した過去の失敗が、この本には書かれているそうですが、この本を書いた理由は、自分の失敗から読者に学んでもらいたいということだそう。




今週、ドーハでは、WTAの今年最後のイベント、ソニーエリクソン チャンピオンシップが行われています。

ちらっちらとはテレビで見ているのですが、応援のアザレンカは、昨日、ウォズニアッキに惜敗。(6-1,4-6,5-7)

そのウォズニアッキは、今日、棄権したサフィナのサブ、ズボナレバを相手に、最後、足の痙攣で泣きながらの試合に勝利。(6-0,6-7,6-4)

このふたつの試合を見るに、ウォズニアッキのメンタルの強さに感心。
USオープンの、決勝進出の自信もあるんでしょうね。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 03:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

ストックホルム 噂は本当?

ストックホルムでの、売春婦をめぐる事件の方は、正式な発表はないまでも、この人で決まり的にみんな書いていますが、本当なんでしょうか?

http://tennistalk.com/en/previews/20091021/Gulbis,_Haas_and_Soderling_on_tap_for_Wednesday

http://www.gototennisblog.com/2009/10/20/tennis-gossip-was-ernests-gulbis-naughty-in-stockholm/

http://www.pimpimacemanagement.com/pimpim_pim.php


この事件がサイトに載った直後から、フォーラムでは、グルビスの名前がすぐに出ていたので、いかにもそういうことをしそうな人ってこと?



さて、今朝はオリオン座流星群がピークになるんだよと聞き、ちょっと早起き。

しかし…起きてみたら雨降ってた。まいったぁ
天気予報ぐらいチェックしなくちゃね。トホホ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

警察へ連行されたプレーヤーは?

昨日から噂でにぎわっている、ストックホルムでのテニスプレーヤー逮捕のニュース。

http://news.yahoo.com/s/cpress/20091019/ca_pr_on_te/20091019_ten_sweden_players_detained

“The two men were identified only as foreign citizens.”
ということで、スウェーデンのプレーヤーはクリア?


記事によると、売春婦を買った疑いということで、もし、自白書にサインをすると、裁判は避けられるとか。
2人ともストックホルムオープンに出場予定だったのか、1人だけだったのかは、はっきりしないみたいです。


ともあれ、誰だかわかったら、いろいろ言われそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

ダビデンコの優勝で…。

上海の決勝、ナダルダビデンコは、ストレートセットでダビデンコ(7-6,6-3)。


FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images

ナダルがインタビューで話していた様に、彼にもチャンスがあったのですが、ダビデンコがそれをしのいでの勝利。

試合は、いつもダビデンコが先に攻めて、ナダルがディフェンスに回ってました。
ダビデンコのライジングを打つタイミングもバッチリで、スウィングボレーもハイバックハンドボレーも、ほれぼれするようなショットを繰り出してました。


“Good job, Kolya!!" 奥さんのIrina。

FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images

優勝賞金は、$616,500。ダビデンコは以前、自分はそんなにお金を使わないんだけど、僕のワイフは買い物が好きと話してました。何でも買ってもらえそうです。


ダビデンコの優勝で、レギュラーシーズンをあと4週残し、ロンドンへのレースは、6位ロディック 4330pt、7位ダビデンコ 3450pt、8位バダスコ 3030ptとなっています。

決勝の解説の人によると、たぶん、ロディック、ダビデンコまでは決まりで、最後の1スポットは、インドアシーズンに強いソダリング(現在9位)になるのではという予想でしたが、どうでしょう。
(私も、個人的には、ソダリングに入ってもらうと面白そうだと思っているのです。)

バダスコは、デビスカップへの出場と、ロンドンへのベスト8入りを目指して、足の手術を先延ばしにしています。

ロンドンへの可能性があるプレーヤーで、今週のトーナメントをプレイする予定なのは、ダビデンコ(モスクワ)とソダリング(ストックホルム)。
2人とも第1シードで、両トーナメントとも、優勝ポイントは250です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルxダビデンコ。

ダビデンコxジョコビッチ、いい試合でしたねー。

今日は、朝早く、ムスコがテストに行かなくてはいけなかったので、土曜でも早起き。
早く起きたので、ジョコとダビデンコの試合を見ることができました。

すごい接戦で、最終セットをダビデンコがタイブレークで取り、ゲームセット。

FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images

2試合目のナダルxロペスは、1セット目をナダルが6-1で取った後、2セット目、3-0のところでロペスがリタイア(右足首)。
9人目のリタイアだっけ?

明日の決勝のナダルxダビデンコは、あまりに早朝で、ライブで見るのは無理そうです…

ダビデンコが今日の調子で臨めば、またいい試合になりそうです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

上海ベスト4とロンドンへのレース。

昨日の上海、リュビチッチナダル戦で1セット目と取り、おぉ、リュビチッチのリサージェンス!と思って見ていましたが、結局は、2セット目をナダルが6-3で取った後、リュビチッチは怪我(ヒップ)でリタイア。

上海のトーナメント、8人目の途中棄権のプレーヤーとなってしまいました。

ナダルのセミの相手は、ソダリングを破った同胞のフェリシアノ・ロペス。

ロペスは、先週のチャイナ オープンでは予選落ち。でも昨日は、ソダリングにストレートセット勝利。

本人もインタビューで“unfortunately I'm this kind of player. I can play very good one week and terrible the next week.”と話していますが、今日のセミファイナルは、どっちのロペス?


もうひとつのセミは、ジョコxダビデンコとなっています。


さて、ロンドンでのATPツアーファイナルへのレースですが、すでにフェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー、デルポトロは出場をクリンチ、残るは3スポット。

昨日までの結果では、6位 ロディック、7位 バダスコ、8位 ソダリングとなっていますが、今日、ダビデンコがジョコに勝つと、ダビデンコが7位へ浮上です。

ロディックは、今年度すでに4000ポイント以上獲得し、多分ベスト8入りできそうなので、最後の2スポットの争いかな。


今週、ミッドウェストから東にかけて、とんでもなく寒い!雪だるま
平均を10℃くらい下回る気温で、ヒーター、フル回転です。

観測史上、一番早い積雪を記録したところもあるようですが、ここは雪がなかったのはよかった。

手首は期待通りによくならず、10月、11月のテニスは、とりあえず、すべてキャンセルしたし、天気もこんなで、かなり暗い気分…やっちゃったぁ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

リタイア リスト。

上海のマスターズ、怪我で試合を途中棄権するプレーヤーが毎日のように出ていますが、昨日は、モンフィース(xリュビチッチ)とバブリンカ(xステパネック)がリタイア。

モンフィースは背中、バブリンカはお腹の筋肉を痛めてしまったよう。

トーナメントが始まってから、ズベレブ、ロディックハース、アカスーソ、デルポトロが途中棄権。

先日、ロディック、ナダル、ロブレドが、長すぎるATPシーズンに、不満を再度表明したばかりですが、長すぎるんでしょうか?こんなに怪我人が続出するということは…

トップ中のトップのプレーヤーにとっては長すぎると感じるシーズンも、普通のプレーヤーにとっては、短くしてもらっては困るものなのではと思いますが、どうでしょう。

どうにも疲れるのであれば、マンダトリーのトーナメントだけをプレイすれば?
といっても、出場報酬の魅力とか、スポンサーの関連とか、そうもいかないのかもしれません。

自分としても、USオープンが終わると、かなり観戦に気合が入らなくなってしまうのも事実。

上海の人たちもそうなんでしょうかね。スタジアム、がらがらです。
グランドスタンドなんか、観戦している人の数を数えられるくらいの試合もあったりして…。やっちゃったぁ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

チリッチのブレイクスルー?

昨夜はがんばって楽天オープンを見るぞ!と思っていたのに、案の定、ヒューイットxユーズニーの試合が始まったと思ったら寝てた。ZZZ

結局、楽天オープンもチャイナオープンも、再放送を見ることに。

チャイナオープンのチリッチ、すごかったね。
ナダルに6-1.6-3で勝利。

GOH CHAI HIN/AFP/Getty Images

あれだけ攻撃的にライジングを打たれたら、さすがのナダルもボールに追いつけませんでした。

ATPのNext Big Thingと呼ばれていたうちの一人、デルポトロは、去年の夏にブレイクスルー。今年はUSオープンチャンプとなりましたが、次はチリッチ?

今年のUSオープンの2回戦では、チリッチがレビーンを相手に2セットダウンからカムバック、その後、4回戦ではマレーにストレートセットで勝っています。(クオーターファイナルで、デルポに敗退)

明日の決勝の相手は、ソダリングに勝利のジョコビッチ。
テニスは“自信”のスポーツなので、チリッチ、今まで勝ったことのないジョコに勝てる可能性はかなり大きそう。

チリッチのランキング ベスト10入りも間近かも。



昨日、スポーツ医学のドクターの所へ行き、ついに、半ギブス取っていいよの許可が出た!

やったっ!なんだけど、全部痛みが取れたわけではなく、様子を見ながら、ゆっくりとテニスにカムバックしてみてねという感じ。

テニスをやってみて、また痛くなるようなら、今度はMRIで見てみましょうということでした。

スキッと治って欲しかったんだけどなぁ…


それで、とりあえずバンデージはしとくといいよというので、ぐるぐると手首に巻いて昨夜は寝てみた。

そして、今朝起きてみて、ふと右手を見てみると、ギャー、浮腫みまくってるー!

手がパンパン、風船状態でした。

最初は、昨日、ドクターのオフィスから帰ってきた後、そこでフィジカルセラピストに習ってきたエクササイズを、張り切ってやりすぎちゃった!?

と思ったけど、どうもバンデージをきつく巻きすぎてたみたい。(午後には普通の手になってた)
加減を考えろです。冷や汗
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

チャイナ&ジャパン オープン セミファイナル。

ほとんど私が寝ている時間に進行しているこのふたつのトーナメント。
今夜の楽天オープンのセミは、ちょっと夜更かしして見ようかなと思っています。

ヒューイットxユーズニーは起きてられるかもですが、ツォンガxモンフィースは無理そう。
こっちの方が見たいんだけどな。

チャイナオープンの、チリッチxナダル、ジョコビッチxソダリングも面白そう。
こちらの試合は、録画でやるみたい。


今日は朝早く、月探索機からのロケットが月にぶつかるのを生中継するというので、さっさとシャワーと浴びて、テレビの前でスタンバイ。

アナウンサーが、“あと5秒でロケットが月にぶつかります!”

4,3,2,1,0、… 

ロケットが月にぶつかった衝撃で、ぼわーっとダストが舞い上がり、そのダストからサテライトがデータを集めるって事だったんだけど…
サテライトを通して見る月には、なーんの変化もなく、????と思っているうちに、その映像を送っているサテライトが月にぶつかったので、そこで映像もおしまい。あれー?

すごいのが見られる!と期待させられていただけに、“へっ?”とかなりガッカリでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

マレーの欠場。

手首を傷めていたアンディー・マレーが、ジャパンオープンの欠場を発表。
http://andymurray.com/news/article/853

これ以上の欠場者が出ないといいですが…
3週連続のトーナメントとなるモンフィースとかが、次は危なそうかも。


同じ日程のチャイナオープンの方は、ナダルが怪我の診断の結果、出場することが決まったようです。

チャイナオープンを欠場はサム・クゥェーリー。

タイランドオープンでの練習の際、座ったガラスのテーブルが、靴の紐を結ぼうとかがんだ時に割れ、右腕を負傷。
緊急手術となったようで、回復に1ヶ月ぐらいは必要だとか。かわいそう。
安物のテーブルだったのか…


今週末は、ハイスクールのホームカミング。
ムスコのスーツ&ムスメのドレスを買いに行ったり、花をオーダーしに行ったり、いろいろバタバタ。
もっと早くから用意すればいいのにね。

今日は、冬休みの航空券の購入で、某航空会社に電話したら、まぁ、待たされること、待たされること。疲れた。
少々お待ちをの音楽が耳について離れなくなってます。
この不景気で、カスタマーサービスの人数が減ってるのかなぁ…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:00 | コメント(2)| トラックバック(0)

フェデラー、歌の才能。

今週は、韓国のトーナメントでの伊達選手の活躍や(http://www.sonyericssonwtatour.com/news/age-aint-nothin-but-a-number-20090926_2256076_1808792)、セレナ・ウィリアムス(怪我で欠場)以外のトップ10が揃うというパンパシフィックオープンで、日本は盛り上がっているでしょうね。

日本入りしたシャラポバが、自分のサイトで、
“公園で走っていたところ、20人くらいの子供達のグループに会い、日本語は分からないけど、自分の大きさにビックリしたみたいで笑っちゃった。”と書いていました。
http://www.mariasharapova.com/defaultflash.sps

私も彼女にバッタリ会ってみたいものです。


シャラポバも日本のトイレには感動したようですが、日本でトイレを買って帰ったというフェデラーは、疲労のため、今年もジャパン オープン(&上海)を欠場。

アジアスウィングは、全米、そしてデビスカップの後というタイミング的に、なかなかスケジュールが難しそう。

デビスカップのプレイオフに出場し、スイスをまたワールドグループに導いたフェデラー、歌(というかチャント)をリードするのもなかなかのものでした。

即席なのかなぁ?それにしては韻をうまくふんでます。


来年のデビスカップ ワールドグループ1回戦は、スイスxスペインに決まり、ブロックバスター対決。

ナダルは怪我さえなければ出てくるでしょうが、ロジャーはどうかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:39 | コメント(2)| トラックバック(0)

エナンの復帰発表。

エナンがTVインタビューで、カムバックを発表。
http://www.cbc.ca/sports/story/2009/09/22/sp-henin-silent-on-tennis-return.html

まずは、ベルギーとデュバイでエキシビションをプレイし、2010年のツアー復帰に備えるようです。



引退中に、彼女の中に闘志が戻り、彼女の夢であるウィンブルドン優勝が目標に、復帰を決意したようです。

最初は、あれだけカムバックを否定していたのに、やっぱり、コートに帰ってきましたね。

以前、記事で、Anti-Dopingのルールで、ツアーに参戦する3ヶ月前には、復帰を発表しなくてはいけないというのを読んだ気がします。

最近のWTAは面白くなかったので、キムとエナンの復帰で、興味がぐっと増しそうです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:32 | コメント(2)| トラックバック(0)

エナンのカムバック。

ベルギーの新聞で、エナンのカムバックの発表が、明日、火曜日にあるのではと伝えているそうです。

http://www.usatoday.com/sports/tennis/2009-09-21-henin-return_N.htm

本当なら、テニスファンにとってはグッドニュース。

全米でのクライスターズのように、今度は全豪で、エナンの大活躍もありえるかも。

Stay tuned です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

スペインとチェコがデビスカップ決勝へ。

今年のデビスカップ決勝は、スペインxチェコ。

スペインの方は、初のデビスカップセミファイナルに進んだイスラエルを相手に、王者の貫禄。

シングルスラバー、フェレール、フェレロが快勝。
ダブルスのロブレド&ロペスも、ラム&アーリックに3-1で勝利で、決勝に駒を進めました。

ダブルスでロブレドが冴えまくってた。

JOSE JORDAN/AFP/Getty Images

それにしてもチーム スペインは、結束力が堅そう。
ナダルもバダスコも、チームボックスからの応援が、見てて気持ちよかった。


チェコxクロアチアの方は、1日目のシングルスラバーが大接戦。

ステパネックxカーロビッチは、5時間59分、デビスカップ過去20年間で最長のシングルスの試合。
カーロビッチの78個のサービスエースをしのいで、ステパネックが6-7 (5), 7-6 (5), 7-6 (6), 6-7 (2), 16-14 で勝利。

HRVOJE POLAN/AFP/Getty Images

セカンドラバーのバーディッチxチリッチもフルセットの試合。チリッチの逆転勝利はならず、6-3 6-3 3-6 4-6 6-3 でチェコの2勝目。

ダブルスもこの2人が、チリッチ&ゾヴコにストレートセット勝利。

チェコは、1980年にレンドルのチーム(チェコスロバキア)がデビスカップを獲得して以来の決勝進出です。


決勝は、12月の初め、スペインで行われます。
スペインにかなり有利そう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

デルポトロの優勝と。

いい試合でした。
最後に笑ったのは(&泣いたのは)デルポトロ。3-6, 7-6 (7), 4-6, 7-6 (7), 6-2で、USオープン&グランドスラム 初優勝です。

TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images

フェデラーに勝ってもらいたい気もしたけど、今年は全仏&ウィンブルドンを取ったしね。

全仏以外、決勝が全部フルセットで、ファンにとっても見がいがあるグランドスラムでした。


そして最後の表彰式で…

ディック・エンバーグっ!



ディック・エンバーグは、ベテランのスポーツアナウンサーですが、この態度は、USオープンチャンプに対して失礼でしょ!

英語では自分の気持ちの半分も表現できないであろうデルポトロが、“スペイン語で話してもいいか?”と聞くと、“悪いけど時間がないから。”

TVで表彰式を見ていたムスメと私、“これってひどいよね!”と怒った。

彼のテニス人生で最高の時なんだよー、話させてあげてよ!!

先を急いでいるディックに、遠慮がちなデルポがもう一度、“スペイン語で話したい。”とお願いすると、ディックも今回は、“少しだけ”ということで、デルポにスペイン語で話すチャンスをあげてた。

デルポトロがスペイン語でなんて言ったかは想像しかできないけど、思わずもらい泣きしてしまったのでした。

ディック・エンバーグ、思慮がなさ過ぎ。キミはもう退場。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:10 | コメント(2)| トラックバック(0)

おめでとう、キム!!

おめでとう!!

EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images

反則なくらいにかわいい!

この優勝で、クライスターズのWTAランキングは19位に。
2年半のブランクの後のメジャー優勝、すごいです。

でも、1月からのツアーで、他の選手はかなり疲れが出ているでしょうから、その辺りは、フレッシュなキムに有利だったかも。


一方、暴言デフォルト渦中のセレナ・ウィリアムスが、やっと今日、謝罪ステートメントを出しました。

http://sports.yahoo.com/ten/blog/busted_racquet/post/-How-to-finally-apologize-by-Serena-Williams?urn=ten,189353

↑の記事にもあるように、彼女の本心ではないんでしょうから、それだったら、もう少し早く謝罪すればよかったと思う。

今朝のナショナルニュースなんか、MTVビデオアワードのカニエ・ウェストと並べられて、品格のなさを批判されてました。
残念なことです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

セレナ、コードバイオレーションで敗退。

USオープン女子の準決勝は、夜遅くなんとか雨も上がり、両方の試合が、ほとんど同時に行われました。

見せていたのはもちろん、セリーナxクライスターズ。

クライスターズの調子もよく、1セット目は6-4でキム。

そして2セット目、6-5でクライスターズがリードした12ゲーム目。
セリーナのサーブで、スコアは15-30。
ファーストサーブをミスし、セカンドサーブを打ったところで、フットフォルトのコール。

ここで、セリーナがキレた。



すでに1セット目が終わったところでラケットを叩きつけて壊し、ラケットアビューズでワーニングを受けていたので、2つ目のワーニングを受けると、1ポイントを失うことになります。

その失ったポイントがマッチポイントだったというわけで、なんとも残念な終わり方…
キムにちゃんと勝たせてあげたかったなぁ。

セリーナがラインズパーソンを、“このボールをアンタの喉に押し込んでやるわよ!”みたいに、放送できない言葉入りでののしったようで、アンスポーツマンライク コンダクトで、この試合2つ目のコードバイオレーションとなりました。

フットフォルトコールが正しかったかどうかは議論されるところ。
テープで見てもよくわからないくらい、ラインを踏んでいても、ほんの少しだったんじゃないかと。
あの場面では見逃してもよかったかもと素人としては思いますが、USオープンでどういうふうにレフリーたちを教育しているかですから、ほんの少しでもルールはルールということになのかもね。

このインシデントで、フットフォルトは、“足がラインを超したら”ということになる可能性もあり?

フットフォルトが間違いかどうかはわからないけど、あのセリーナの行動は大きな間違いでした。

もうひとつのセミは、本命のウォズニアッキがストレートセットで勝利。
クライスターズとウォズニアッキ、いい試合になりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

ガリクソン&パロット組の優勝。

昨夜のナダルxゴンザレス戦は、雨のため順延。
このUSオープン、初めて雨の影響を受けました。

今日の天気も悪そうなので、今日、予定されている試合も、土曜日まで流れ込む可能性ありです。


昨日のグッドストーリーは、ミックスダブルスで、ノーシードのアメリカのペア、ガリクソン&パロット組が優勝。


TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images

パロットを見た時に(というか、名前を聞いた時に)、“あっ、この人!”

数年前に、インディアナポリスのダブルスで、デルポトロと組んで優勝し、表彰式のときに、解説の人から(誰だったか忘れた)、“デルポトロは、何度もこの場に戻ってくるだろうけど、パロットは、こういう機会はもうないかも。”なんて言われてた。

よかったね、今度はグランドスラムの表彰式に戻って来ることができて。

トラビス・パロットのパートナーは、カーリー・ガリクソン。

カーリーのお父さんは、ビル・ガリクソンで、元メージャーリーガー。
日本の巨人でも活躍した方です。(ちょっと昔です)
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルファンのキス攻撃。

マレーがチリッチに敗退。

多くの人が、マレーの優勝を予測していたし、競った1セット目7-5のあとの、6-2,6-2は、意外な展開でした。

解説では、トレーニングのしすぎか?とも言っていましたが、次のグランドスラム 全豪は4ヵ月後と間が空いているだけに、引きずりそうな痛い負けです。

チリッチは、2回戦でアメリカのレビーンに、最初の2セットを落し、そこからカムバック。
全仏のフェデラーのように、2セットダウンからのカムバックで勢いがついたのかも。
次のクウォーターファイナルの相手は、ヤング&ジャイアント対決でデルポトロ。


ナダルxモンフィースの方は、どっちにも勝って欲しいような対決。

1セット目は、ナダルのお腹の怪我は大丈夫?と思わせたけど、2セット目からは以前のナダル。
1セット目と落した後は、3、1&3でナダル。

勝利の後は、クレイジーファンのアタックのおまけつき。


このファンの気持ちは、非常に分かる、かなりうらやましいかも。

でも、ラファ、ニコニコしちゃって、とても危険だったかも知れないのにね。
ポストマッチの記者会見でも、“a great fan”なんて言ってました…。いい人すぎ。

ナダルの次の相手は、ツォンガに勝ったゴンちゃんです。

STAN HONDA/AFP/Getty Images
テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウダンのバリケード。

昨日のUSオープン、ビッグニュースは、ウダンのベスト8入り。

EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images

1セット目を落とした後、ペトロバに逆転勝利で、10年前のセリーナ以来、最年少でUSオープンのベスト8に進出。

彼女の活躍は、ナショナルニュースのヘッドラインにもなり、メディアからのインタビューなどのリクエストがNo.1のプレーヤーとか。

若い時のヒューイットを思い出させるプレーヤーとも言われていました。
ポイントを取った時の、“カモーン!”もね。

顔の方は、口元が、メラニーのアイドル、エナンに似てると思っているのですが、個人的に…

(エナンといえば、ダベンポートが解説してるときに、“私は、彼女はツアーに帰ってくると思う。来年ぐらい。”と言ってました。どうでしょうね。)

ウダンの靴も話題で、アディダスは“やった!”です。


mi Barricade V は、自分でカスタマイズできる靴。
メラニー・ウダンの靴には、彼女のモットー、*BELIEVE*がサイドに入っています。

カスタマイズ シューズのお値段は、140ドルということで、ギフトとかにもよさそう。
バリケードが好きな人には、デザインするのも楽しそうです。

http://www.miadidas.com/CustomizeShoe.action?ident=I1250161467837_ST&type=10&displayConfigurator=&_sourcePage=%2FWEB-INF%2Fjsp%2FwomenShoes.jsp&pnavCatagory=WOMEN&pmodelDisplayMenu=mi+Barricade+V


メンズサイドは、アメリカには残念な結果に。

最後のアメリカ人プレーヤー、イズナーがヴァダスコに敗退。
これで、USオープンのベスト8はアメリカンレスとなり、今まで最低1人は、USオープンのベスト8にアメリカ人プレーヤーが入ってきたという記録が途絶えてしまいました。


さて、ついに今日から学校が始まったー!!

9月の第一月曜日は、レイバーデイで休日なのですが、ここの州には、“公立学校は、レイバーデイよりも早く学校を始めてはいけない”という法律が、数年前にできまして(この法律、個人的には時代に逆行した、とてもとんちんかんなものだと思っているのですが…)、今年は、7日が月曜だったため、一番遅く学校が始まるパターン。

やっと学校が始まり、私も今日からしばらく休んでいた仕事再開です!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 20:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

ペネッタのガッツ。

昨日、うちに戻ってきたら、ペネッタ(イタリア)xズボナレバをやってました。

テレビをつけたら、もう釘付け。

試合は、2セット目、6-5でズボナレバがリードしているところで、ペネッタのサーブ。
1セット目も、ズボナレバが6-3で取ってました。

2セット目の12ゲーム目は、デュースに何度もなり、ズボナレバがアドバンテージ&マッチポイントを取る度に、ペネッタがラリーの末、エースを決めるという繰り返し。

この2人のラリーがすごい!
ズボナレバは、もう悲鳴に近い声を上げながら打ってるし、ペネッタのショットもパワフル。
2人とも渾身の力を込めて打ってる感じで、見てるこっちまで力が入ってしまった。

6個のマッチポイントをセーブして、ペネッタが2セット目をタイブレークの末に取った時には、ズボナレバは力つき、感情の波にも飲まれて、3セット目はペネッタの6-0。

ズボナレバは、膝のテーピングも気に入らなかったようで、かなりエモーショナルになっていました。

ペネッタの次の相手は、ハンチュコバを軽く料理したセリーナ・ウィリアムス。


それから、キム・クライスターズも準々決勝進出!

6-0、0-6という試合のスタートも稀、最後の1セットで勝負でした。

次の相手はナ・リ。ミセス対決です。


面白そうだと思っていたケレラーとデルポトロの試合は、クライスターズxヴィーナス・ウィリアムスの裏だったこともあり、TVではやってませんでした。

(オフィシャルサイトでのライブも、CBSが放送権を持っている週末の日中はお休みです。)

ちらっとハイライトは、見ることはできたけど。
http://www.usopen.org/en_US/interactive/video/index.html?promo=slamtracker
試合は、デルポトロ 3-1で勝利です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

USオープン、注目プレーヤー。

ウダンがまたまたやりました!

シャラポバは、まだ100%とはいえないけど、それでも、彼女に勝利はすごいです。

最後のセットは、ブレイク合戦で、最後はウダンがサービスキープ。3-6、6-4、7-5で、4回戦に進出です。

シャラポバは、20個以上のダブルフォルトで、ウダンを助けてました。

メラニー・ウダンの次の相手は、ペトロバです。

この試合の前、フェデラーヒューイットに3-1で、ジョコビッチは、アメリカのクオリファイヤー、ウィッテンに競りながらも、同じく3-1で勝っています。
(ランキング276位のウィッテンは、くまさんのような人でした。)



昨日、テニスチャンネルの放送で、アウトサイドコートの、ケレラー(オーストリア)xクエバズ(アルゼンチン)の試合(かなり地味)をちらっと見せたのですが、解説のナブラチロバが最高でした。

ケレラーを前回見たときも、エモーション丸出しの人だなぁと思ったけど、昨日の試合も、ナブラチロバもビックリ、“エネルギーを無駄に使う人だね、この人は。それもネガティブな形で。”とコメント。

一方、試合に負けそうなのに、飄々とプレイするクエバスには、“グランドスラムなのに、もっと燃えないでどうする!”と喝。

ダニエル・ケレラーは、なかなかアニメーティングな、テニス界のジャック・ブラック?
ケレラーの次の相手はデルポトロです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

A day of upsets

応援していたデメンティエバが、アメリカのティーンエイジャー、ウダンに敗れてしまいました。

TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images

デメンティエバは、優勝候補に挙げられていたので、今回はいけるかも?と思ってたのにな。

17歳のメラニー・ウダン、ウィンブルドンでの活躍(3回戦でヤンコビッチに勝利)は、フルークではなかったようで、セリーナとヴィーナスの後を担うアメリカのプレーヤーになるのかも。

そして、このアップセットの直後の試合、ヤンコビッチがカザフスタンのシュベドバに、3セット目のタイブレークの末に敗れるという波乱。

EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images

ヤンコビッチのおばあちゃんが、前夜に亡くなったそうで、集中することができなかったのかも。かわいそうでした。


夜の試合では、もう1人の17歳のアメリカン、クリスティーナ・マッケールが、シャラポバに挑戦です。



話は変わって、昨日の夕方、鹿の親子がやってきたのだけど、このバンビがとても好奇心旺盛。

トランポリンの下にもぐってみたり、ハンモックを匂いに来たり、仕舞いには、裏庭を全力疾走すること数往復。

めちゃくちゃかわいかった!

ジョージ(と命名)

テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

US オープンとジミー・コナーズのデビュー。

今年最後のグランドスラム、USオープンが始まりました。

あんまりたくさん見ることはできなかったけど、杉山選手、残念だった!
最近、シングルスで頭角を現してきているストーサーを相手に、健闘したんですがあと一歩でした。

杉山選手のグランドスラム メインドロー連続出場記録は62。
もっと伸ばしていって欲しいです。

もうひとつ残念な負けは、ドナルド・ヤング。
ロブレドに、1回戦で敗れてしまいました。
なかなか、彼のブレイクスルーが来ないなぁ…

USオープン1日目、トッププレーヤー達は、ロジャーをはじめ順当勝ち。No big suprisesでした。


今年のUSオープンは、ジミー・コナーズがテニスチャンネルの解説に加わり、ジョン・マッケンローがESPNへ。
ジョンとパトリック、兄弟解説となっています。

テニスチャンネルには、ナブラチロワにダベンポートも加わりました。

コナーズもダベンポートも、さすがに解説が上手。とても聞きやすい。
コナーズは、マッケンロー兄弟に比べると、地味と言えば地味かもね。

これからの活躍に期待です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 02:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーの双子の写真。

フェデラーがfacebookに双子の写真をアップしています。
http://www.facebook.com/photo.php?pid=2102309&id=64760994940&ref=mf

どっちがどっちかは分かりませんが、ロジャーもミルカも幸せそうで、微笑ましい!(^^)

キャプションにもありますが、ロジャーのお父さんが撮ったみたい。
フェデラーの試合を見に来ている時に、よく写真を撮っている姿を見ますもんね。

フェデラーは、来週のモントリオールに予定通り出場するそうです。

久しぶりにトッププレーヤー達が揃うマスターズ1000、楽しみです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 17:51 | コメント(2)| トラックバック(0)

We got Screwed!!

今日からUSTAのプレイオフが始まりました。

ばったばったと忙しかったもので、自分が出る試合の直前に、ちゃっかりと会場へ。

試合は夕方の5時に開始。

最初のセットは、最初にサービスをブレイクできたことで、6-4。
でも次のセットは、先にサービスブレイクされてしまい、競ったけど5-7。

3セット目は、10ポイントのタイブレークで決めるのですが、これも競り、8-8となった時に、私のパートナーのサービスリターンを相手がアウトコール。

“えーっ!?”

あまりにも“IN”だったので、かなりびっくりしてしまった!

サイドラインにさわってもなかったよー。

“It was waaaay in!!”と抗議をしたものの、こればっかりは相手のコールだからね。

コートのそばにレフリーがいたので(いくつかのコートを回ってみてる)、彼女に判定を求めたら、自分から遠い方のラインなのでコールできないと…

結局は、そのまま10-8でマッチタイブレークを落し、私達の負け。

なんとあと味の悪い終わり方。

相手チームの真後ろで見ていたチームメイトも、このコールにはびっくりしてました。

試合は2時間以上かかり、かなりくたびれたー。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:47 | コメント(2)| トラックバック(0)

ガスケ、コカイン疑惑-続編。

今度は、ITFが上訴です。

ITFの審査機関がガスケへ下した2ヶ月半の出場停止を不服として、ITFがCAS(the Court of Arbitration for Sport スポーツ仲裁裁判所)へ上訴しています。
http://uk.eurosport.yahoo.com/06082009/58/itf-appeal-gasquet-cocaine-ruling.html

これが原因かどうかは分かりませんが、ガスケは、復帰第一戦になるはずだったモントリオールのトーナメントを欠場するとか。

ガスケにとって、せっかく晴れてきた空が、またまたどろりんと曇ってきました。
ガスケ、どうなっちゃうんでしょうか…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:38 | コメント(2)| トラックバック(0)

フェデラーのベイビーズピクチャー合戦。

フェデラー家のツインズが産まれたといわれている病院はこちら。



FABRICE COFFRINI/AFP/Getty Images

スイスホーンの音が聞こえそうな、ハイジがその辺を走ってそうな病院です。


イギリスのブックメーカーが早くも出したオッズは、フェデラーの子供が…ウィングルドンで優勝が100-1、グランドスラムで優勝が25-1、そしてツインズがウィンブルドンのダブルスで優勝が200-1。
気の早い話です。




FABRICE COFFRINI/AFP/Getty Images

まずは、近いうちにツインズの写真を見ることができるかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

フェデラー 双子のパパに!

出産予定日は8月と聞いていましたが、7月23日の夜、女の子の双子が誕生したそうです。
双子だったんだね、どうりでミルカのお腹が大きかったわけだ。

ベイビーの名前は、Charlene Riva & Myla Rose。
シャリーンとマイラと読むのかな。

フェデラーは、“最高の日”とベイビーの誕生を自分のサイトで伝えています。
http://www.rogerfederer.com/en/rogers/news/newsdetail.cfm?uNewsID=939

めでたいです!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

ガスケ、コカイン疑惑のHe says, She says。

やっと、ドーピング問題のトンネルを抜けたガスケが、今度は"Pamala"に訴えられています。

ナイトクラブでの"Pamela"とのキスによって、ガスケの体内にコカインが入ったと判断され、2ヶ月半の出場停止で事が済んだガスケですが、"Pamela"が、ガスケが言っていることは、事実とは違うと、名誉毀損でガスケを訴えるという展開になっていうようです…

http://www.lepost.fr/article/2009/07/20/1626886_affaire-richard-gasquet-maitre-yassine-bouzrou-ma-cliente-a-ete-instrumentalisee-interview-exclusive.html


まずは、ガスケと"Pamela"が会った夜、"Pamela"はガスケに、自分がコカインを吸ったと言っていないし、彼が言っているように、キスを何度もしていない。キスしたのは1度だけ、それも短いもの…なのだそうです
よくわかりませんが。ITFの裁定グループも、ちゃんと調査した上で裁決を下したんでしょうけどね。

ガスケ in ソープオペラ はつづくです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:27 | コメント(2)| トラックバック(0)

ガスケのカムバック。

ガスケのコカイン陽性テストを受けて、ITF(国際テニス連盟)の調査グループが下した判決は、2ヵ月半の出場停止。
http://www.itftennis.com/antidoping/news/pressrelease.asp?articleid=20264

5月1日~7月15日の2ヶ月半ということで、ガスケのトーナメント出場への道はクリアとなりました。よかったね。

ガスケの体内に入ったコカインの量が極少量(塩一粒分ぐらい)だったということで、ドーピング検査の前の晩にナイトクラブで出合った女性とのキスから、ガスケの体内にコカインが入ったとみられるということです。

今回、ガスケが意図的にコカインを吸引したわけではないですが、万が一、またドーピングのテストで陽性反応が出た場合には、生涯出場停止というあるそうで、女の子とのキスにも気をつけなければいけません…。

さて、自分のテニスの方も、USTAの夏シーズンが終盤。
私が参加している2チームのうち、1チームが今週の火曜日にフライト1位が確定。
今年もプレイオフに行けることになりました!祝

手放しで喜べないところは、火曜日の試合、私は負けちゃったんだよね…
それも3セット目のタイブレークを10-8で落として…
それも、このタイブレークが8-8の時に、ダブルフォルトで相手に9-8のアドバンテージをあげたのはこの私…

かなり落ち込んだ。なんてメンタル弱々なんでしょう。やっちゃったぁ
ディナラ・サフィナの気分をちょっと味わったのでした。

まぁ、他の人たちが勝ってくれて、4-1でうちのチームが勝てたのはとってもめでたいのだけどね。

もっと自信をつけなくちゃ。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

もう寝てしまう。

今日のUSTAの試合は、一番遅いスロットの夜9時からスタートの予定。

とはいっても、9時スタートってことは、その前に夜のUSTAリーグの2試合が普通入っているので(一番早いスタートタイムは6時半)、まず、前の試合が押して、予定通りに9時に始まることはないだろうと思ってたんだ。

そして予想通り、やっとコートが空いた時には、すでに9時40分。
朝に弱く、夜にも弱い私としては、体の温度がすでに下がってきてるよー。ZZZ

今日の対戦相手は、以前も対戦したことがあるペア。
1人の人は、どこの人かなぁ、東南アジア系の、すごく面白い人なの。
試合前のネット越しの挨拶の時も、いびきかいてるし。ガハハ

試合は、かなり競り、デュースだらけの試合で、1セット目は9ゲーム目をブレイクして、なんとか6-4。
2セット目は、体の温度が上昇してきたのか、6-2で取ってゲームセット。
終わった時には、もう11時だよー。

遅い試合の悪いところは、終わってもアドレナリンのせいか、疲れてるのに全然眠れないところなんだよね。(というので、この記事を書いてみているわけで…)

明日もれんちゃんで、7時45分からの試合に出なきゃいけなかったんだけど、試合が始まる前、待っている間にだめもとでチームメイトのビーちゃんに、“明日、試合出たい?”と聞いたら、OKだというではないですか。ラッキー!

明日はスケジュールが込み込みだったので助かった~


今日は、マイケル・ジャクソンのメモリアル サービスをテレビで見ながらいっぱい泣けて、それもかなり疲れた…
マイケルの子供達がかわいそうで。参りました。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーの15thグランドスラムタイトル。

フェデラー、サンプラスの記録を抜いて、グランドスラムタイトル記録達成です。

でも、あそこまで競った試合だったので、今回は、ロディックに勝たせてあげたかったなぁ。
最終セットは16-14、見ているこっちまでドキドキの面白い試合でした。

これでフェデラーは、ナダルが怪我で休んでいる間に、ワールドランキング1位に返り咲きです。

フェデラーの15個目のグランドスラムタイトル獲得直後用に、ナイキはちゃんとCMを用意。


プライベートジェット会社のネットジェットも、15thバージョンを作ってました。
(このCMはいやらしいと、我が家では不評ですが…)


そして、トロフィー授与式の時にフェデラーが来ていたジャケットには、後ろの右下に、金色の刺繍で“15”が。

オォォケェイ… I got itです。冷や汗

ともあれ、フェデラーの大記録、すごいです。
解説のギルバートは、ロジャーの記録は20ぐらいまで行くんじゃないかって言ってました。

さて、これからはUS Openシリーズ、ハードコートシーズンが始まりますが、その前に、週末にはデビスカップがあります。
ロディックは、クロアチア戦の欠場を発表してました。
さすがに疲れたよね、肉体的にも精神的にも。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:22 | コメント(4)| トラックバック(0)

ごめん、デメンティエバ。

全然セリーナの相手にならないだろうと思っていたデメンティエバ、大健闘でした。(6-7,7-5,8-6)
もう一歩だったんだけど、ここぞという時のセリーナのガッツはすごいです。

一方、サフィナの方は、ぼこぼこに…。
全仏の決勝の後、サフィナは5時間泣いていたそうですが、今回の6-1,6-0もかなりのいたたたた。
立ち直るのに時間がかかるかも。

ということで、女子の決勝は、またまた、個人的にはあまり興味なしのヴィーナスxセリーナ。
つまんないなぁ。

そしてウィリアムス姉妹対決以上にアメリカを沸かせてくれたのは、今日のロディックの活躍。

これまた観客の応援もあるし、絶対マレーだろうと思っていたのですが、ロディック、すごい!
コーチ ステファンキとうまく合っているんでしょうね。最近、調子がいいです。
結婚したこともあるかな。

とんちんかんNBCが、またやってくれて、この試合は、生ではなく録画で放送されました。
フェデラーハースは、ESPNで生放送)

とはいっても、出かけていたので、ムスメの友達が実況テキストをムスメの携帯に送ってくれて、ムスメと2人で、ロディック、やるじゃんと盛り上がったのでした。

ADRIAN DENNIS/AFP/Getty Images

帰ってから、NBCの録画放送の一部を見ましたが、すごくいい試合。(生放送だったらもっと面白かったのに)
トータルポイントも143-431と2ポイント差。どっちに転んでもおかしくなかったです。

観客が応援するアンディを自分のことだと思ってがんばるよと言っていたロディック、イギリス、国を挙げてのパーティーも終わりとなってしまいました。

CARL DE SOUZA/AFP/Getty Images

ロディックがこの調子だと、日曜日のフェデラーとの決勝も面白い試合になりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:35 | コメント(2)| トラックバック(0)

ナダルの両親の離婚。

膝の怪我でウィンブルドンを欠場のナダル、7月のデビスカップのドイツ戦のラインナップからも外れています。
http://www.usatoday.com/sports/tennis/2009-06-30-nadal-spain-davis-cup_N.htm

怪我のほうも然ることながら、両親が離婚することになりそうだという精神的なストレスも、彼の復帰に影響しそうです。

ナダルは、とても家族に近いことで有名なので、両親の離婚問題には、心を痛めていたようです。
http://tennisconnected.com/home/2009/06/27/rafas-parents-to-divorce/

ナダルがいないと、トーナメントも面白さに欠けるので、早く元気になって帰ってきてもらいたいですね。


ところで、今年のウィンブルドンで快進撃のマレーの幼少の頃の悲しい事件を、先日試合の途中で、テレビでやってました。

マレーが育ったスコットランドのダンブレーンは、小学校での銃乱射事件で有名になったところだとか。

8歳のマレーも、その時、その学校にいたそうですが、彼に怪我はありませんでした。
しかしながら、16人の子供たちと1人の先生が、この事件で命を落としたそうです。
http://sports.espn.go.com/sports/tennis/news/story?id=4290989

この町のためにも、マレーはウィンブルドンで優勝したいところでしょうね。

エリザベス女王も、男子の決勝の日のスケジュールを空けているという噂だし(女王が最後にウィンブルドンを観戦したのは、1977年、イギリスのバージニア・ウェイドが優勝した時)、次のアンディ同士の対決を制して、決勝まで駒を進められるでしょうか。

もう一方のセミファイナルは、Dr.Ivoをストレートセットで下したフェデラーと、全仏以来大活躍、ジョコに勝利のハース

両方とも楽しみ!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

メラニー・ウダンの活躍。

3回戦でヤンコビッチに勝利の金星を挙げた、17歳のアメリカン、Oudin(ウダンと読むのだそうです。)ですが、4回戦では、残念ながらラドワンスカに惜敗。

ADRIAN DENNIS/AFP/Getty Images

ウィリアムスシスターズが出場しないフェドカップで、代表に選ばれたりしていたので、きっと期待されているジュニアなんだろうと思っていましたが、グランドスラムで、予選から勝ち上がり、4回戦まで行けたのは立派です。

これからの活躍が楽しみです。


フェデラーは、全仏決勝のリマッチ、ソダリングと対戦。

競った試合でしたが、2セット目、3セット目をフェデラーがタイブレークで取って、ベスト8に進出。

今日は、アーミージャケット&ベストをギブアップで、普通のジャケット着てました。よいことです。
キンキラバッグは、まだ持ってたけどね...

CARL DE SOUZA/AFP/Getty Images

女の子の方で応援のアザレンカ(ムスメの友達に似ているというのも応援の理由のひとつ)も、ペトロバに2-1で勝利。

それにしても、今年のペトロバのウェアはいただけませんでした。
これで、このフリルたすきのウェアもリタイアだね。

CARL DE SOUZA/AFP/Getty Images

アザレンカの次の相手はセリーナ。
全豪では、もう少しでセリーナに勝ちそうなところだったのに、具合が悪くなってリタイア。
その後、マイアミでは、セリーナに勝利で優勝しています。
今回もよい試合が期待できそう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:48 | コメント(6)| トラックバック(0)

バトル。

ムスコ→ムスメ→そして私と回ってきた風邪?それともフル?で久しぶりにダウン。
病気をしないのが取り柄なのに、ムスメにゲホゲホ攻撃され、防ぎきれなかった!

熱は1日で去って行ったけど、どうも前頭がもやもやーってして、2、3日、体がしゃきっとしませんでした。

でも今日は大事な試合だし、昨日から活動再開。

今日のUSTAの試合は、とにかく息がすぐに上がり、2セットでけりがつかなければ、燃料切れになるだろうなぁという感じ。

その上、今年初のヒートウェーブの到来で、今日はこの夏初めてのオゾンアクションデー。

これでもかってほど汗をかいた甲斐があり、試合は6-2、6-4で勝利。
チームも4-1で勝って、全勝を守っています。

もうひとつ入っている4.0のチームも今日試合があったのですが、全勝チーム同士の対決。

ダブルスの2試合が、3セット目のタイブレークを、ひとつは10-8で、もうひとつは11-9で取り、4勝1敗でうちのチームの勝ち!
こちらのチームも全勝を守ることができました!


ウィンブルドンも始まりましたねー

昨日のフェデラーのアーミージャケット、そしてその下にベストのおまけつき...なんと申しましょうか、やりすぎ?
きんきら金のバッグも...そういうのはセリーナに任せとこうよ。
http://www.telegraph.co.uk/fashion/fashionnews/5605809/Roger-Federers-Wimbledon-fashion-sense-dazzles-Centre-Court.html

ウィンブルドンは試合を見るのはもちろん楽しみなのですが、ウェアが白ということで、特に女の子のウェアは、ディーテイルが凝っていて、そちらの方も見るのが楽しみ。

ヤンコビッチのウェアかわいかった。アンタ、やります。

CARL DE SOUZA/AFP/Getty Images

テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:31 | コメント(2)| トラックバック(0)

ナダルの全英欠場。

これはとっても残念!膝の腱の炎症で、ナダルが今年のウィンブルドンの欠場を発表しました。
無理してもっと膝を悪化させるより、今休んで、早く100%でカムバックして来たいということなんでしょうね。

ナダルと同じトップハーフに引かれていたマレーへの期待が、もっと高まりそうです。
http://www.wimbledon.org/en_GB/news/articles/2009-06-19/200906191245395523523.html

ナダルの欠場で、ナダルのスポットにそのままLucky Loserが入るかと思いきや、ボトムハーフの#5シード、デルポトロがナダルのスポットへ。
デルポトロのスポットへは、ジェームス・ブレイクがトップハーフから降りてきました。

そしてブレイクのスポットへは、キーファーが#33シードで入り、キーファーのスポットへLucky LoserのAlvesが入っています。

どういうルールに基づいてるんでしょうね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 04:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロジャーのキャリアグランドスラム。

おめでとう!!!
キャリアグランドスラム達成です!
最後の2ゲームは、解説のジョン・マッケンローまで、“こっちまで緊張してきた。”と話していました。
フェデラーファンの人たちは、みんなどっきどきだったと思います。

スコアは、6-1,7-6,6-4。
これで、サンプラスのグランドスラム優勝記録14勝にタイとなりました。

昨日は、サフィナがかわいそうで泣けちゃったけど、今日は、うれし泣きのロジャーにもらい泣きです。

PATRICK KOVARIK/AFP/Getty Images


一方、こちらは全仏の恥の人。

LIONEL BONAVENTURE/AFP/Getty Images
馴れ馴れしく近づくな!


LIONEL BONAVENTURE/AFP/Getty Images
でも、フェデラーに怪我がなくてよかった。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

No Waaaaaay!!!

今日の全仏の放送は、ネットワーク局のNBC。

放送は10時からということで、ライブじゃないってことじゃん。
まぁ平日だし、ニュースもやらなきゃいけないだろうから、100歩譲って録画放送でも許そう。

と思い、遅れて放送の ゴンザレスxソダリングの試合を、コンピューターでフェデラーxデルポトロの試合のライブスコアをチェックしながら観戦。
2セットダウンからのゴンザレスの逆転かと思いきや、5セット目、ソダリングがブレイクダウンからの復活勝利。
すごい試合でしたね。

そしてこの試合終了後、次はフェデラーxデルポトロ、待ってました!と思っていたら、コマーシャルの後、突然、画面は男女が抱き合っているシーンに!?あれー?

なにーっ!!!
しっかりレギュラーどおりのソープオペラが始まるではないですか!

うそでしょう!これはどうにも許せん、NBC!!許せない
テニスファンをバカにしてるね。かなり怒れた。

というわけで、観戦はライブストリームに切り替え。
途中で画面がコマ送りになってみたり、フリーズしたり…
それでもライブで見られたのはよかった。

最後のポイントのとこは、直前でライブストリームが完全にブラックアウトで見逃したけど、ロジャーのフルセットの勝利はすごく嬉しかった!(3-6, 7-6, 2-6, 6-1, 6-4)

PATRICK KOVARIK/AFP/Getty Images


ハート
BERTRAND GUAY/AFP/Getty Images

夕方、テニスチャンネルでの再放送をゆっくり見ることにします。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 04:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーの大事な1勝。

フェデラー、モンフィスにストレートセットで勝利で、グランドスラム連続セミファイナル進出記録を20に更新!よかったね。
試合終了後のスポーツマンシップも◎。

CYRILLE CADET/AFP/Getty Images

1セット目は競っていましたが、その後はモンフィスのミスも目立ち、7-6、6-2、6-4。
モンフィス、痛めている膝の調子もあまりよくなかったんでしょうか。

これで上の記録もすごいけど、もっとすごい記録まであと2勝。プレッシャーに負けずにがんばれ!

次の相手はデルポトロ。昨日、ロブレドに快勝してました。
競った試合になりそうです。


話はテニスから離れて、我が家の巣から巣立っていったヒナをはじめ、最近、裏庭には子供を連れた親鳥がよくやって来て、未だに必死にえさを取っては子供に与えていて、それがとっても微笑ましいのだけど、子供の鳥が、親鳥の後を追っかけて、親の背中をつつきながらえさをねだっているのを見ると、どこの世界も同じだなと、鳥に共感したり…。

巣を去ってからも、親鳥ってこんなに子供をケアするものだったんだね。
巣で待っててくれたほうが、親ものんびりできてよかったかも。

Starlingだと思う。ムクドリの一種。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 20:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

全仏クウォーター。

昨日は午前、午後とも仕事あり。
その後、スライド式の携帯電話をまっぷたつに壊してしまったムスメを連れて、携帯電話屋さんへ。

テキストのしすぎ!

保険もかけてないのでフルプライスでハンドセットを買わないといけないと言われ、値段を見ると、全部何百ドルもする!
それなら私の古いハンドセットをアクティベートしてちょうだいということで、ムスメはこの契約が切れるまで、または、彼女がお金を貯めるまでは、私のお古で我慢させることにしました。

それから家に帰ってすぐ、夜はUSTAの試合に出かけ(ダブルスでセーフ。6-1,6-1の勝利!)、結局全仏のライブもハイライトもかなり見逃してしまった。

マレーがゴンちゃんに敗れた試合は、ちょっとハイライトで見ることができました。
クレーだと、ゴンザレスの方が上なんでしょうか。
マレー、やることなすこと上手くいかない感じでしたね。

LIONEL BONAVENTURE/AFP/Getty Images)
マレーもこんなふうにラケットを運んでました。流行?

見たかったシャラポバxシブルコバの試合、再放送を見ようと思ってたのに寝ちゃった。
スコアをみると、シャラポバもやることなすこと上手くいかなかったんでしょうかね。

ソダリングも、ナダルに勝利の大金星の後しぼむことなく、ダビデンコに快勝してました。(これも見たかった)
ダビデンコがバダスコに勝った試合を見たときは、ダビデンコ、優勝候補?と思わせたんですけどねー

ダビデンコは、元々ソダリングが不得意のようですが、1,3&1のスコアを見ると、ナダルの試合の時みたいな試合だったんでしょうか。
ソダリングの鶴さん打法(勝手に命名)、腕からラケットにかけて、大きく羽を広げたみたいな打ち方で、とってもフラットなショット、クレーで有効なの?
怪我で休んでいる間に、ジムで鍛えた体が生かされているという話です。

さて、フランスの期待を一身に背負ったモンフィスと、キャリアスラム&サンプラスのグランドスラム記録にあと1勝のプレッシャーを背負ったフェデラーの試合が始まりました。

今日の午前中はオフ。ロジャーを応援しなくちゃ!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーのNarrow Escape。

ロジャー、あと数センチで、ナダルの後を追うところでした。

ハースの2セットアップ、3セット目の3-4、ハースのブレイクポイントで、ロジャーのインサイドアウトのフォアハンドがラインぎりぎりで決まり、そこがTurning Pointとなりました。

PATRICK KOVARIK/AFP/Getty Images

試合は6-7(4), 5-7, 6-4, 6-0, 6-2 で、アカスーソとの試合より冷や汗ものだよー

今日はバイオロジーのフィールドトリップで動物園に出かけたムスメからも、“ロジャー、勝った?”と心配の電話が。
ロジャー、子供にまで心配をかけてはいけません。

ナダルが負けたことで、返ってフェデラーにプレッシャーがかかるんじゃないかと思っていたけど、案の定。
でもハースがフェデラーに勝ちそうになったところで、タイトになったところが、ロジャーにとってはラッキーでした。
昨日ナダルに勝ったソダリングは、そんな様子はちっともなかったものね。

ロジャーの次の相手は、今日ロディックにストレートセットで勝ったモンフィス。
ロディックは2セット目の終わりから、もう暗すぎてプレイできないとレフリーに訴えていましたが、そのまま試合終了まで続行。彼にとっては残念な結果となりました。


今日の夜はUSTAのチーム練習があり、明日の試合のシングルスプレーヤーが1人不足しているところに、みんなで譲り合い…というかなすりあい?…じゃなくて押し付け合い?
“あたしゃ、あさっても試合があるんで、明日シングルスをしたら、このやわな肘が壊れちまうよ。”といいわけ。
うまいこと逃げられたかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナダルの敗退。

今年はまだナダルだろうと思っていたフレンチオープン、ナダルの4回戦での敗退にビックリでした。

CYRILLE CADET/AFP/Getty Images

ソダリングは数週間前のマドリッドでは、ナダルから1ゲームしか取ることが出来なかったのですが、今日の彼はまさに“in the zone”。
テニスチャンネルのナブラチロワも、いつもの彼のレベルよりかなり上という評価でした。

でもこのソダリング、NBCでもテニスチャンネルでも、どうもいい人そうに言ってませんでした。
なかなか難しい人のようで…

特にナダルとソダリングは、2年前のウィンブルドンでのインシデントもあり、友達では絶対ない感じ。


それにしても、ナダルも彼らしくないミスがとても多かった。
次々に出場したトーナメントの疲れか?
いや、ナイキのショッキングピンク+ブルーのスゥッシュ+ブライトイエローのラインのウェアのせいもあるような気がする。

意外だったのは、観客がソダリングをすごく応援していたこと。
ナダルもプレスカンファレンスで“ちょっと悲しかったな”と話していました。

このナダルの敗退で“オープン セサミ!”、今年の全仏はワイドオープンとなりました。
ロジャーのキャリアグランドスラムも夢じゃないかもしれないし、ソンガとモンフィスの優勝のチャンスも高くなり、フランスの期待もたかまりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

まんまるアガシ。

昨日のマドリッドファイナル、フェデラーがついに今シーズン初タイトル!! よかった、よかった。

JAVIER SORIANO/AFP/Getty Images

ナダルはジョコビッチとの長-いセミファイナルでかなり疲れていたのもあったけど、ロジャー、2セット目の最後のゲーム、0-30(だったと思う)からカムバックはえらい。
最後はサービスエースで決めて、去年の10月以来の優勝。
クレーでナダルに勝つのはまた感慨ひとしおでしょう。


マドリッドのファイナルの後は、ウィンブルドンの屋根つきセンターコートのお披露目エキシビションをテレビで見ました。

グラフ&アガシ x クライスターズ&ヘンマンのミックスから始まったのですが、なんとアガシが丸いこと!

GLYN KIRK/AFP/Getty Images
ヘンマンは全然変わってなかった。

そしてアガシは、ミックスの試合の間は特に、ずーっと微笑んでた。

GLYN KIRK/AFP/Getty Images

誰かに似てると思った…そう、お地蔵さん。

一方、グラフはガリガリ。もう少し食べよう。

GLYN KIRK/AFP/Getty Images

キムは、ちょっとふっくらした感じだけど、引退前とあんまり変わってなかった。

GLYN KIRK/AFP/Getty Images
憧れのフォームはそのまま。彼女のカムバックが楽しみです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:08 | コメント(2)| トラックバック(0)

ナダルxフェデラー ファイナル。

久しぶりではないですか。全豪以来です。

ジョコとナダルの試合は、ナダル膝も痛そうだったし、ジョコビッチかなと思ったけれど、やっぱナダルの根性はすごい。2セット目、3セット目をタイブレークで取って、またまた決勝進出です。

一方、フェデラーとデルポトロの試合は、ロジャーがんばりました!6-3、6-4で決勝進出!
相手がマレーだとまただめかなぁと思ったけれど、デルポトロがマレーに勝ってくれたもの。

久しぶりのナダルxフェデラー、明日が楽しみ。


ところで、すっかり終わったと思っていた9月からのクラブ対抗戦のインドアシーズンでしたが、実は大雪で流れた試合のメイクアップがあったようで、昨日の金曜がほんとの最終戦でした。

もう試合がないと思って、友達とのランチの約束を入れていたのに、コーチがどうにも人が足りないので出ろ!というので、急遽、ブランチにしてもらって、お腹パンパンで試合に参加。
パートナーは、今年初めて組むキャンディーちゃん。

欲張って喉まで食べ物が詰まってたもの、具合が悪くならなきゃいいなって気分で臨んだところ、なんと1セット目を6-0で取る大好調。

おぉ、このままちょちょいと勝ったりしてねなんてことを思ったところからもう間違い。
2セット目は最初にブレイクされて、後で追いつくもタイブレークを落として負け。
ベーグルで取ったセットのあとは、きっちり気を引き締めないとこういうことになります…

でも3セット目は、2セット目ではネットコードに当たってはこちらサイドに落ちていたボールが、向こう側に行くようになったよ。それで、5-2となったところで時間切れ。
私達が3セット目をリードしていたので、私達の勝利となりました。

チームも4試合中、3勝1引き分けで、最終戦を勝利で飾ることができました!やったね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

ガスケのサスペンション。

マイアミでのドラッグテストで、Aサンプルに続き、Bサンプルでもコカインの陽性反応が出たことにより、ガスケの暫定的な出場停止が決まりました。
http://uk.eurosport.yahoo.com/11052009/58/gasquet-provisionally-suspended.html
これで、ガスケの全仏出場はなくなりました…

ITF(国際テニス連盟)は、60日以内にこの問題の審査グループを結成し、ガスケとのヒアリングの場を持つことになります。

ガスケは、自分の無実を証明するために準備しているということですが、最悪2年間の出場停止となるかも。

このドラッグテストの結果を覆すのは、かなり難しい気がします。


昨日は、今シーズン最後のクラブのチーム練習があり、夜には、USTAのサマーチームのキックオフパーティーがありました。

ポトラックということで、忙しさもあって、かなり手抜きのオムライスを持参。
みんなの反応は、以前のエビフライの寿司ロールに比べるといまいちだったけど、まぁまぁというところでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

ガスケのコカイン疑惑。

ガスケが!? 薬物!? とニュースを読んでビックリでした。

フランスの新聞L'Equipeによると、マイアミでの尿検査で薬物が検出されたとか。
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5i8eAvH7Gi1LcdWRqzHYVrkLXakqA

それもコカインらしいということで、ドキッとしてしまったくらい意外でした。

記事を読むところによると、尿のサンプルにはAとBがあるようで、Aサンプルに続き、Bサンプルでもクロということになると、2年間の出場停止となるかもしれないようです。

打たれ強そうには見えない彼なので、2年間の出場停止になったりしたら、もう帰ってこないような気がする…
でもそれではもったいなさ過ぎ。

ガスケファンとしては、何かの間違いであって欲しいところです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

バリケードでいけるかも。

久しぶりに2日連続でテニスをしたら、なんか膝が痛いなぁー

でも、やっとアディダスのバリケードがブレイクインできた?

アディダスのCCフェザーの買いだめがついに尽き、今のCCのデザインがどうにも気に入らないので、バリケードを買ってみましたが、なかなか足に馴染まなかった…なんか硬くて、走るとどたどたってする感じ。

“ブレイクイン不要”が謳い文句だったCCフェザーは、箱から出したその日からしっくりだったので、ごついバリケードとの差は大きかった。

もうデザインが嫌でもCCを買うかと思っていたとこだけど、このバリケードでなんとかなりそうかもな。


今日は、秋冬のクラブ対抗戦のシーズン最終日。
私自身は不参加。ペイント屋さんがまだ来てるのと(いったい何日かかるんだ!?)、午後からはハイスクールのラクロスの試合でおやつ売りのボランティア。
うちのチームは、2位で今シーズンを終了のようです。

というわけで、再来週からは夏のUSTAが開始。
今年も誘われるまま3チームに登録してしまったけど、体第一でいきましょうと思います。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロジャーのジンクス。

フェデラー、今回も3セット目を落として、ジョコビッチに敗退です。

1セット目の途中まで見て、いけるかも!と思いながら、ムスメのテニストーナメントを見に出かけ、帰ってきて結果をチェックしたら、ジョコにまた逆転負けしてるじゃないの。

このジンクスを何とかしなくちゃ。
URGENT!! 求む フェデラーのコーチ!

ジョン・マッケンローが、ロジャーにいいアドバイスが出来るって言ってましたが、ロジャーにマッケンローっていうのも、なんかピンとこないしなぁ。

ジョコビッチは、このトーナメントで優勝しないと、マレーに3位の座を渡すことになってしまうそうなので、気合が入るでしょうね。

でも、決勝の相手は言うまでもなくナダル
ナダルの体力ってどうなってるんだろうね。


ムスメの方は、#2ダブルスでフライトチャンプとなり、こちらはとってもよい結果でした。祝

暖かそうに見えたので、サンダルなんか履いていったら、これが風が強くてすごく寒い!!

ジャケットは車の中に入れてあってラッキー、しっかりジッパーを上げ、フードもしっかりかぶり、ムスメからブランケットを借り観戦。

4試合見た後には、寒さですっかり疲れきってしまったのでした。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:24 | コメント(2)| トラックバック(0)

これはあまりにも…ジョコとフェデラーのCM。

ジョコビッチのヘッドのコマーシャル。

...ビミョー 笑えない…

そして、フェデラーのジレットのコマーシャル

...冷や汗 おぉ、ロジャー…


共に、“このコマーシャルを作った責任者、出て来ぉい!!”です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:55 | コメント(2)| トラックバック(0)

フェデラー、結婚後のインタビュー。

フェデラーがモンテカルロで、ミルカとの結婚のことについて話しています。

"It's been some years talking about it with Mirka, but it was not easy to find the time.We decided to get married only some weeks ago. We didn't want a huge wedding. There were no other tennis players there, just family and some very close friends. We managed to keep it a secret.

"It's a very special moment... A few tears here and there. It was nice... I got very emotional, you know, yet again. So it was very nice. It was just nice to know that she loves me so much, I love her so much.

"I thought it to be a bit more relaxed because we've been together for so, so long. Once you get married, there's not a whole lot that changes. But it definitely does change your mindset, your life.

"It's also nice to be able to present Mirka as my wife and not only as my girlfriend. That's just a big change for me, it takes maybe a bit of getting used to.'This is my wife' just sounds so much better.

"I feel like I have been on a honeymoon for the last years, so I don't feel necessarily I need to go somewhere, to a special place, to celebrate with her."

幸せそう!よかった。
明日のセピ戦、がんばれよー


今日は冷たーい雨が降り続き、Super Crummyな一日でした。
個人的にも、医療保険会社との揉めごとが片付かず、フラストレーションです。でも負けないぞ!

明日から天気回復の予報。頼むよー
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:42 | コメント(4)| トラックバック(0)

フェデラーのモンテカルロ参戦。

ワイルドカードを受けて、フェデラーが来週のモンテカルロのトーナメントをプレイすることに。
http://www.rogerfederer.com/en/rogers/news/newsdetail.cfm?uNewsID=886

彼のスポンサーのひとつが冠でもあるしね。(今年も冠大賞探しができるかな…)

体調がよいようなら、試合カンが鈍らないようにした方がいいと思うし、ファンにもグッドニュースです。

今となっては、クレイコートで打倒ナダル!を実現させるのは、かなーり難しそう。そして、ナダル以外にも強敵がいっぱい。
でも、やってみなきゃ起きそうもないことも起きないので、ロジャー、応援してるよ。


昨日、庭のバードフィーダーのえさがなくなったので、スーパーマーケットに買いに出かけました。

そして、セールになっていた40ポンドのそいつが重かった!
セルフチェックアウトの“ピッ”って値段を読んでくれるやつにコードを読ませようとして持ち上げた時に、手首が無理したみたいで、その後何をするにも痛い!

来週からテニスも再開だっていうのに、いやな感じです…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

また負けた。

久しぶりにトーナメントに出場のフェデラーでしたが、またマレーに負けてしまった。やっちゃったぁ

マレーといい、ナダルといい、完全にフェデラーをマスターしてますね。

ファイナルセットをポロリと落としてしまったところは、全豪の決勝のよう。
なんだかパターンにはまってる?

こうなったら、新しいコーチかな。
ケイヒルに振られてしまったし、誰かいないでしょうか。


また負けたといえば、うちのUSTAのチーム。
先週末の州大会でボロ負け。セクショナルへの夢はまたも砕かれたのでした。やっちゃったぁやっちゃったぁやっちゃったぁ


でも落ち込むこともありましたが、よいこともありました。
友達からの誘いもあって、久しぶりにゴールデン ステイトへ。楽しみ!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:05 | コメント(4)| トラックバック(0)

咲いた!

インディアンウェルズは、明日からテレビでの放送が始まりますが、残念ながら錦織選手、1回戦でリュビチッチに敗退でしたね。
勝ち上がってもらって、プレイを見せてもらいたかったですが…

久々にトーナメントにダブルスだけで復帰のシャラポバも、1回戦で敗退。故障中の肩はどうなんでしょう。
シングルスに戻ってくるのはいつになるのかな。

ダブルスといえば、フェデラーもダブルスにエントリーしています。
パートナーはロングタイムフレンドのアレグロ。
そして1回戦の相手はブライアン兄弟。これは見たい。でも放送はないでしょう。(ちらっとぐらいはあるかなぁ)

ウィルスによる体の不調から戻ってきたマレーも、ダブルスにエントリー。
ハッチンズと組んで、1回戦、バーディッチ&キーファーに勝っています。

マレーの体の調子はまだ100%ではないようですが、血液検査の結果、ウィルスは、フェデラーが病んだモノニュクリオーシスではなかったそうです。
でも何のウィルスであるかは未だに不明だとか。


話はぐるりと変わって、花が満開で、それに惹かれて買ったサボテン、その後、ずっとひとつも花が咲くことがなく年月が過ぎていっていましたが、3年ぶりぐらいで花をつけた。うれしい!


枯らすのは超得意な自分にとっては、何もしていないのに咲いてくれて有難うって気分です。
(父は園芸が得意だったのに、その血はまったくひいていない様で。)


明日はUSTAの州大会。
行ったことがないクラブであるので(それもあんまり行きたくない所)、遅刻しないようにしなくっちゃ。

ムスメはハイスクールのテニスチーム入り。
来週からいっぱい運動してくれる。よかった!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:55 | コメント(2)| トラックバック(0)

トライアウト。

今日から、インディアンウェルズのメンズの本選開始です。

去年までの冠、パシフィックライフはスポンサーを降り、今年からBNP PARIBAS Openとなっています。

ドバイでフェデラーと、トライアルとして一緒にトレーニングをしていたケイヒルは、結局、フェデラーのコーチの職を諦めたようです。

彼の子供達も小さいということで、アメリカにいる家族と離れてツアーについて回ることがやはりできないという結論に。
http://www.news.com.au/heraldsun/story/0,21985,25177663-11088,00.html

ということで、フェデラーはコーチレスのままインディアンウェルズ入りとなりました。


話は変わって、先日、ムスメがハイスクールのテニスのトライアウトを受けると言い出しました。

小学生の頃は、レッスンなんかも受けていましたが、ミドルスクールで陸上を始めてから、ぜーんぜんテニスをやることもなくなっていたので、大丈夫かい?と。

トライアウトは今週の月曜から1週間。
その前に、友達を誘って、2回ぐらい打ちに行っていましたが、少しはカンが戻ったかなぁ。

彼女が入れる可能性があるのは、もちろんJVと呼ばれる2軍ですが、トライアウトの初日に“緊張するー”と騒いでいたので、“いいじゃん、落ちても死ぬわけじゃないんだし”と言っておきました。

さてさてどういう結果になるでしょう。

自分の方は、今週末、USTAのコンボリーグの州大会。
最近、疲れ気味のため、いまいち気合が…、でもパートナーもいることだし、がんばらなきゃね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーとケイヒル。

噂となっていたフェデラー+ケイヒル ドバイで一緒にトレーニング中だそうです。
http://sports.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20090304.wsptfed4/GSStory/GlobeSportsOther/home

とりあえずはトライアルで、まだ長期の契約は結んでいないそうですが、ドバイ、そしてデ杯と、背中の怪我の予防措置でのロジャーの欠場にガッカリしていたファンにとしては(自分です)、明るい光が見えてきた感じ。

インディアンウェルズ、楽しみにしたいと思います。


昨日はひな祭り。

前日に日本人の友達から、明日は桃の節句だよと言われ、「えーっ!」と慌てて準備…とはいえ、派手なものはないのですが、母の手作りの雛人形を出し、ちらし寿司なんかも作って、ちょっとひな祭り気分になりました。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

罰金は30万ドル。

WTAがドバイのトーナメントに対して課した罰金は、今までで最高の30万ドル。

その他にも、シャハル・ペアに2010年の出場権を必ず与えることが決められています。(ランキングが下がっていれば、ワイルドカードとして)

今週、トーナメントに出場できなかったペアは、ランキングポイントをキープ(130ポイント)、そして、今週プレイできなった補償として$44,250が彼女に与えられます。
(この金額は、ペアの2008年トーナメント賞金の平均に、今年の賞金増額分を考慮したものだそうです。)

来週のメンズのドバイは、フェデラーに続き、ナダルが欠場を発表。ちょっとさびしいですね。

でも他の選手にとっては大きなチャンス。

ビザを発給されることになったイスラエルのアンディ・ラムは、ウリエットと組んで出場予定です。
(いつものパートナー、アーリッチはまだ怪我でお休みのため)

個人的には、ラムは、拒否されることが分かっていながらビザを申請したのではと思っていたのですが、ラムは、今回のビザ発給を、“a very good surprise”と話しています。


さて、このペアの出場拒否問題で、ドバイのトーナメントの放送をキャンセルしたテニスチャンネルですが、メンフィスのトーナメント、やってくれるかと思ってたら今のところ、やってくれてない。あれー?
テニスチャンネルのウェブサイトは当てにならないので、突然やってくれたりするのかもしれませんが…

メンズのドバイはどうするんでしょうねぇ。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラーのニュー コーチ?

ダレン・ケイヒルが、オーストラリア デビスカップチームのコーチを、個人的な仕事上の理由で辞めたことから、しばらく前から噂されていたことが現実味を帯びてきました。
http://www.news.com.au/heraldsun/story/0,21985,25079802-3162,00.html

全豪決勝での敗退で、フェデラーもいよいよコーチを雇う時ではと言われていましたが、ついにかな。

ケイヒルは、元ヒューイットアガシのコーチ。

今年の全豪でのフェルナンド・バダスコの活躍も、ケイヒルとレイエス(元アガシのトレーナー)とのトレイニングが功を奏したという話です。

とてもありそうなシナリオですが、まだ発表はないようで、Stay tuned...
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

アンディ・ラムにはビザ発給?

ATPのダブルスプレーヤー、イスラエルのアンディ・ラムには、ドバイのトーナメントへのビザが発給されそうです。

ちょっと前に、ラムへのビザが拒否されたというニュースを読んだのですが、アメリカの議会議員やUAEの大使までが絡んできて、ビザが発行される方向へ。
http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/atptour/4692024/Under-fire-UAE-likely-to-give-Israels-Andy-Ram-a-visa.html

この状況からいって、ビザが出た以上、アンディはプレイしないわけにはいかないでしょうから、となると、彼、周辺のセキュリティーは、大変なことになるでしょうね。

一方、デビスカップのタイ、スウェーデンxイスラエルは、スウェーデンのアリーナで、観客なしで行われることに。
ガザ侵攻への大きなプロテストが予想されているための安全措置だそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー デュバイ&デ杯を欠場。

えーっ!?

理由は、去年の秋に痛めた背中が、まだ完全ではないので、予防措置として数週間休むのだそう...
http://www.rogerfederer.com/en/rogers/news/newsdetail.cfm?uNewsID=868

穿った見方をすれば、全豪での敗北から立ち直るのにまだ時間を要しているから?
それとも、シャハル・ペアのビザの拒否問題で、デュバイにトレーニングの拠点を置き、テニスプレーヤーとして最も影響力のあるフェデラーが、何か行動に出るべきとの声もあり、それが関係してるとか?

デビスカップのスイスxアメリカ、楽しみにしてたのになぁ。


ところで、今日は、メンフィスのトーナメントで、錦織選手がバグダティスと対戦。
結果は残念ながらストレートセットで敗退。

バグダティス、ランキングを100位以下に落としていますが、実力はある選手ですもんね。

錦織選手も、昨年の2月のデルレイ ビーチの優勝ポイントを失ったことで、今週は、フリーフォール、90位まで順位を落としています。
今年は去年と違って、守るポイントがあって大変ですね。
怪我をしないで、また順位を上げていってもらいたいと思います。


それから、今日、楽しませてもらったのは、マルセイユ Open13のシモン対ブルガリアの新星 ディミトロフ。
1セット目はディミトロフ、そして2セット目はシモン。
3セット目は接戦の末、7-5でシモン。

先週のロッテルダムでは、ナダルと対戦。
フルセットの末敗れています。

ウィンブルドンと全米のジュニアチャンプのディミトロフも、オーストラリアのジュニア、トミックのように感情をあまり表に出さない選手。
スポーツサイコロジストとか、付けてるんでしょうかね。

ディミトロフ、将来が楽しみそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:15 | コメント(2)| トラックバック(0)

アラブ首長国連邦 ペアの入国を拒否。

イスラエルのシャハル・ペアが、アラブ首長国連邦にビザを拒否されたため、デュバイのトーナメントに出場できないことに。
(彼女の代わりの出場の、日本の森田あゆみ選手、チェクベターゼを下して、2回戦に進出しています。)

ペアは、去年、カタールのトーナメントに、初のイスラエル人プレーヤーとして出場していますが、イスラエルのガザ侵攻があったことがあり、今回の入国拒否は、予想できなかったことではないかもしれません。

今回、この問題が大きく取り上げられたことが、今後によい影響を及ぼすといいのですが…

本人、シャハル・ペアは、“デュバイのトーナメントに出場できないのは本当に残念。政治がスポーツに介入すルべきではない。このようなことが、どのプレーヤにもまた起こらないことを祈っている。”

1月には、ニュージーランドのオークランドのトーナメントで、ガザ侵攻へのプロテスト グループが、ペアにトーナメントの棄権を迫ったこともありました。

WTAのCEO、ラリー・スコットは、“今年のトーナメントは、ペアと彼女の家族の他のプレーヤーへの考慮から、そのまま続行をなったが、今回、ペアが入国を拒否されたことで、デュバイはトーナメントを失う可能性もある。”と話しています。

このトーナメントを放送予定だったテニスチャンネルは、ペアの入国拒否にプロテストして放送をキャンセル。
(代わりにメンフィス、いっぱいやって!)

波紋は広がりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

モレスモの2年ぶりV!

泣いているモレスモを観ながら、優勝から遠ざかって2年、怪我あり、病気ありで、苦しかっただろうなぁと思わずテレビの前でもらい泣き。

5-3のサービスゲームでマッチポイントを逃し、崩れてしまうのでは…と心配してしまいましたが、5-4のサービスゲームは、デメンティエバのリターンミスもあり、ゲームセット。
地元、パリスオープンで優勝です!
http://www.setanta.com//uk/Articles/other-sports/2009/02/15/Tennis-Mauresmo-takes-Paris-Open-title/gnid-40415/

セレモニーでのデメンティエバのフランス語の上手さにびっくり。国際的だね。


メンズのロッテルダムは、マレーが優勝。
こっちは、ビデオストリームで。

2セット目に右ひざを痛めたナダルですが、2セット目を取り、ファイナルセットへ。

でも3セット目は、全然走れないし、サーブも威力なし。6-0でゲームセットとなりました。

RICK NEDERSTIGT/AFP/Getty Images

最後までリタイアしなかったのは立派。
優勝スピーチで、マレーは、“ラファの怪我は残念!でも片足だけで2セット目を取るなんて、やっぱりすごいプレーヤー。”と話しています。

ところでこのトーナメントのディレクターは、リチャード・クライチェック。
すっかりビジネスマンっぽくなってました。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 04:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

「TENNIS」マガジン ヤングガンズ特集。

昨日メールで送られてきた「TENNIS」マガジン(USTAのメンバーシップに、このマガジンの購読料も含まれています。)、最近、どんどん薄くなっちゃって、大丈夫かなぁ。

という心配はさておいて、今回号にヤングガンズ特集があったのです。
http://tennis.com/magazine/issue.aspx?id=163884

そこに錦織クンも取り上げられていた!

“テニスの王子様は、ボレテリメイド=強いフォアハンドに両手バックハンド+今ひとつのサーブ。
「サーブのバラエティー、特にセカンドサーブの強化を目指している。」と錦織クンのコーチ。
そして、「彼の強みはスピード。それを生かして、ディフェンスのショットをすぐにオフェンスに切り替えることができる。」と称えています。”(ナダルみたいになれるかな)

お隣のページは、このグループから頭ひとつ、ふたつ抜き出ているデルポトロ。
裏のページは、先週、ザグレブで優勝のチリッチ。
他にフィーチャーされていたのは、サム・クウェーリー(アメリカの期待の星?…まではいかないか)とラトビアのグルビス君。
みんな、1年後はどうなっているかと楽しみな面々。

そして、サンノゼのSAP Openで、1回戦ミュラーに勝った錦織選手、次の相手は、かなりの確率で、お隣のページの彼。
ヤングガンズ対決、見たい。(けど、時差もあるし、ビデオストリーミングは有料みたいだしな…)


昨日、今日と、季節はずれの暖かさ。
2日連続て、霧がすごい1日の始まりでした。
せっかくほとんど雪が溶けたのに、また明日は雪マーク。冬に逆戻りですと…。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェド カップ。

今日のチーム練習で、コーチがサービスラインからサーブを打って、それをリターンするという練習をやったんだよね。
もう少し早くこの練習をやってくれていたら、この前の土曜の試合に役立ったかもしれないのにぃ…(いまだに引きずっている)

先週末はフェドカップ。

アメリカはウィリアムシスターズが出場しないというのでもうだめ?と思ったけれど、最後のダブルスで、アメリカ国籍を取ったリーゼル・フーバーがアメリカを救ってくれました。

フーバーって、そんなに上手そうに見えないのに、ダブルスNo.1なので、すごく上手いんだろうね…

というわけで、次の相手はチェコ。

もう一方のセミは、ロシアとイタリアとなりましたが、イタリアxフランス戦での、ペネッタのアンパイアへの抗議が物議をかもしています。
http://uk.eurosport.yahoo.com/07022009/3/mauresmo-furious-pennetta-fed-cup-finger-insult.html

試合中はワーニングだけで、試合後、2000ドルの罰金となったようですが、モレスモは、アンパイアを侮辱した時点で、退場となるべきだったと怒っています。
カルロス・モヤに裏切られて、ペネッタ、かわいそうだなぁーと思っていたのでしたが(ちょっと過去の話ですが)、これにはびっくりです。びっくり

日本はセルビアに完敗。
ヤンコビッチとイバノビッチだものね…。
この2人のダブルス見てみたかったです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

WADA アンチ ドーピング ルール。

世界アンチドーピング機関というのがあるそうで、WADA(World Anti-Doping Agency)と呼ばれています。

そこが今年から厳しいルールをスポーツ選手たちに課したということから、選手達の間からは反対の声が。

テニス界では、ナダルが、“プライバシーの侵害だ”として反論しています。
http://www.earthtimes.org/articles/show/253168,nadal-rebels-against-new-anti-doping-code-its-a-disgrace--feature.html

記事によると、1年中、365日、一日のうちのある1時間、本人がどこにいるのかを知らせなくてはならないそうで、もし知らせた時間に知らせた場所にいなければ、ルールに違反とみなされるそう。

そしてそれが18ヶ月以内に3回重なると、出場停止処分になるかもしれないのだとか。

トーナメントに出場していると、勝ち負けで次の日の居場所も変わるわけで、それをいちいち知らせるのも面倒そうだし、オフィシャルの度々の訪問もストレスになりそうな気がします。

マイク・ブライアンは、まだこのルールが課せられてからまだ1ヶ月半だというのに、すでに2回違反をしてしまったそうで、大丈夫かなぁ。

アンディー・マレーもこのルールを批判。
http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/tennis/article5671975.ece
上の記事を読むと、その場面を想像して、ちょっと笑えたりもしてしまいました…冷や汗

(4日前にもテストをしたにも関わらず、オーストラリアから帰って来た直後、朝7時に調査員がやって来た。時差ボケで頭が朦朧としているところに、IDを提示しろと言う。その上、ズボンを下ろしてサンプルを採取するところを見るとまで言い出す。そして、今度は住所を書けだって。自分が朝7時においらの自宅に来てるっていうのにさ。)

一方、フェデラーやウィリアムスは、厳しいルールだけれど、これは必要悪であるとして、慣れるまで大変だけど、こうでもしないとドーピング違反をしている選手を取り締まることはできないだろうという、このルールのサポート派。
(こちらも確かにねーです。)

ベルギーでは、すでに裁判沙汰になっているそうですが、どうなるでしょう。 Stay tuned...
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロジャーのメルトダウン&全豪14日目。

ブースカに早く起こしてもらったお陰で、ナダルフェデラーの決勝は、後半ライブで見ることができました。

そして5セット目、ロジャーがアンフォーストエラーを連発。
解説で、「この時点でのナダルのフォーカスはすごいので、まず彼はミスをしないから、ロジャーは攻めていくしかない。」と話していましたが、その通り、全然疲れを見せないもの。

一方ロジャーは精神的なプレッシャーからか(プラス体力的なものも)、サービスをキープできず、ファイナルセットは6-2でラファの勝利!
初のスパニヤード全豪チャンプです。

TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images

見ているこっちもガッカリしましたが、この試合、当事者ロジャーには大きな傷跡を残しそう。
スピーチでフェデラーがこんなになっちゃうの、こっちまで泣けてくるじゃないの。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:31 | コメント(4)| トラックバック(0)

奇数年優勝&全豪13日目。

前日のナダルとバダスコの熱戦を見た後だったこともあり、セリーナとサフィナの決勝は、“あれれ?”で、あっけない1時間未満の試合となりました。(6-0,6-3)

2年前の決勝を思い出させるような一方的な試合。
あの時の犠牲者はシャラポバでした。(6-1,6-2だったかな?)

これでセリーナは、4連続奇数年優勝!
10個目のグランドスラムトロフィーです。

来年は、誰か違う人が優勝できるかな。


メンズの決勝は、ここの時間は夜中の3時半かなんかから。
今、ミックスの決勝をやってますが、とてもナダルとフェデラーの決勝まで起きてられそうにありません...ZZZ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 14:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

杉山選手の決勝進出&全豪11日目。

杉山選手、ダブルス決勝進出おめでとうーくすだま

セミファイナルは、ダッシー&サンタンジェロにストレートセットで勝利です。

見るたびに思うのですが、このサンタンジェロの打ち方、とても変わってる。WTAプレーヤーらしくないというか…、うちのクラブにいそうな感じ?
でもきっとパワーのある球なんでしょうね。

杉山&ハンチュコバの決勝の相手は、ウィリアムシスターズ。
ここでは今夜の放送。なんとかライブで見たいです。

セリーナは、シングル&ダブルスのダブルクラウンに挑戦。
セミファイナルのデメンティェバとの試合、やはり競ってくるとデメンティェバのサーブが…
ダブルフォルトが多かったです。

セリーナの決勝の相手はサフィナ。
去年の全仏の決勝では、イバノビッチに敗れていますが、今回はどうでしょう。このマッチアップはサフィナの応援だな。


メンズのセミは、ロジャーのサーブが冴え、ロディックにストレートセットで勝利!
2人ともアンフォーストエラーが少ない、よい試合でした。


2年前の全豪で、ロディックがフェデラーに負けた時は、プレスカンファレンスでアンディがぼこぼこにされていましたが、今回はかなり静かなカンファレンス。

でも最後の方で、また彼らしさを出していました…
http://www.australianopen.com/en_AU/news/interviews/2009-01-29/200901291233231480671.html

もうひとつのセミのスペイン対決、バダスコの“気”が、ラファにどれくらい通用するでしょうか?


それから、私にとってはとってもいいニュースが!
ジミー・コナーズが、今年のUSオープンから、テニスチャンネルの解説陣に加わることになったんだって!

去年からテニスチャンネルの解説をしているナブラチロバ(とても解説が上手)に加わり、これは楽しみです。

ここのところメンズテニスで耳障りな解説をしているギメルストブ、もういいからね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

猛暑ポリシー&全豪10日目。

全豪10日目も、暑ーい一日となり、ついにセリーナxクズネツォバの試合、2セット目が始まる前にロッド・レーバー アリーナの屋根を閉めましした。

クズネツォバにしてみれば、1セット目を取ったところで、流れに乗っていきたかった部分もあったでしょうね。クズネツォバは不満そうでした。
結果はセリーナの勝利。オールロシアン セミファイナルにはならずです。

全豪のExtreme Heat Policy (EHP)は、気温と湿度をあわせて判断される
Wet Bulb Globe Temperature(計算方法は不明)によって、アリーナの屋根を閉めたり、アウトサイドコートの試合をサスペンドしたりするようですが、セリーナの試合の前にプレイしたデメンティエバ(ベスト4進出)や、このアリーナの名前になっているロッド・レーバーは、「なぜもっと早く屋根を閉めないのか?」との疑問を声にしています。
http://www.sport24.co.za/Content/Tennis/AustraliaOpen/787/ac11c96418df4d85b30b987a916ced2f//Open_heat_policy_sparks_anger

自分もロディックとジョコの試合を見て、温度計振り切れてるのに、なぜ屋根を閉めないんだろう?と。

トーナメント側としても、それぞれのプレーヤーの意見や、アウトサイドコートのスケジュールもあるでしょうし、判断が難しいんでしょうね。

あの暑さの中で元気にプレイしているロディックを見るに、プレーヤーのコンディショニングにもよるんだなぁと思ったし、クズネツォバは、閉めない方がいいと思ったわけだし。

メンズの方は、ナダルは順当に勝利、セミの相手は、同国レフティーのバダスコ。

全豪といえば、去年のツォンガ、その前のバグダティスとびっくりファイナリストが出ています。
バダスコがそれに続くことは、ナダルの好調さを見ていると、ちょっと難しそう…。

もうひとつのセミの方は、奇数の年に全豪で好調なアメリカのロディックが、フェデラーと対戦。
(アメリカのセリーナも、優勝はいつも奇数の年。面白い偶然です。)
ジョコとの試合を見ていても、今年のロディックは違いそうなので、好試合となりそうです。


話は変わって、この冬はとんでもない冬だと思っていたら、今朝のラジオで、この辺り、観測史上最も雪の多い冬になっているんだって。
今朝もざんざか雪が降り、学校に送っていくのに、うちのサブディビジョンを出たところから渋滞!
もう勘弁しておくれって気分です。まいったぁ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

やったね、杉山選手!&全豪9日目。

杉山&ハンチュコバ、3セット目のタイブレーク3-6ダウンからのカムバック。
3セット目のタイブレークを逆転で12-10で取り、#1シードのブラック&フーバー組を破ってセミファイナルへ!おめでとう!!

久しぶりに、ムスコにうるさがれながら大騒ぎで応援でした。
マッチポイント、幾つぐらいセーブしたでしょう。7ポイントぐらいかな。

杉山選手、ハンチュコバを引っ張ってがんばってました。

カーラ・ブラックを見るといつも思うのですが、ローボレーの時に面が立ってるんだよねー
見習いたいです。


今日のオーストラリアは猛暑!晴れ

ロディックxジョコビッチ戦の時は、コート上の60℃までの温度計がふり切れてました!!

このヒートのせいもあり、ジョコビッチが試合を途中棄権、ロディックがセミに駒を進めています。

ロディックはコーチ ステファンキを雇ってから、体重も落として、調子を上げてきていますね。
(コーチ ステファンキ、食べ物とかにもかなりきびしいそうで。)

ロディックの次の相手は、今日快勝のフェデラー

どうした?デルポトロ?
私が朝、起きた時に始まった試合、1セット目はロジャーの6-3、子供を学校に送って戻ってきたら、もうすでに2セット目がロジャーの6-0で終わってる!
3セット目もあっという間に6-0でダブルベーグル。やっちゃったぁ
これはデルポトロ、落ち込むだろうな。
ロジャーの調子もよかったけど、デルポトロ、どこか具合が悪かったんでしょうか?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハッピーオーストラリアデイ!&全豪8日目。

バダスコがマレーを破ってベスト8に進出!バダスコには悪いけどびっくり。
トータルポイントでは、マレーが138-137で1ポイントリード。3時間以上のフルセットとなっています。

バダスコはラスベガスで、アガシの元トレーナー、ギル・レイエス、そしてヒューイットとアガシの元コーチ、デイレン・ケイヒルとトレーニングをしたそうですが、その成果でしょうかね。

ケイヒルはESPNの解説もやっているので、バダスコのパフォーマンスにとてもうれしそうでした。

シモーンxモンフィースは、またまたモンフィースが怪我。途中棄権となっています。
怪我に泣かされますね。

というわけで、トップハーフは、両方とも西仏対決。
ナダルxシモーン、バダスコxツォンガとなっています。

途中棄権といえば、アザレンカ、残念でした!

朝起きた時から具合が悪かったようで、対セリーナ戦、1セット目を6-3で取ったところまではよかったけど、2セット目はもうフラフラ。

ゆらゆらとしながら継続しようとするアザレンカに、ボックスのコーチが“辞めろ”のサイン。
泣きながらの途中棄権となりました。惜しいです!

中国のゼン・ジーも、転んだ時に手首を痛め途中棄権。クズネツォバがベスト8に進んでいます。

女子の方は、準々決勝、各対戦にロシアのプレーヤーがいるので、オールロシアン セミファイナルもあり得そう…だけど、ドキッチとスアレス ナバロにはがんばって欲しいなぁ。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

Narrow Escapes & 全豪7日目。

サフィナ、フェデラーともちょっと間違ってれば負けてました。
ヤンコビッチは上の2人のように窮地から脱出できず、フランスのバートリに敗退。

バートリ、2年前のウィンブルドンでも、エナンを破って、ファイナルまで進んでいます。
個人的には、バートリは好きではないプレーヤー。
とてもエキセントリックな感じで、サービスモーションがとても不自然(前よりよくなりましたが)。
というわけで、JJを応援したんだけど、残念でした。

サフィナは、1セット目オートクルーズで取ったかと思ったら、その後自滅への道をまっしぐら。
3セット目、5-2でコーネになったところから、何とか立ち直りました。

フェデラーの前に、ヤンコビッチ、サフィナと負けてしまったら縁起が悪いじゃないのと思っていたのだけど、サフィナががんばって勝ってくれたのに、ロジャーは1セット目をコロッと落としてしまうし。

フルセットで2セットダウンからカムバックできてよかったよ。
ポジティブに見れば、いいテストになったってことで。
準々決勝の相手は、デルポトロです。

注目のドキッチは、フルセット(3セット目は8-6)でクレイバノーバに勝利。

PAUL CROCK/AFP/Getty Images

彼女のドリームランは続きます。次の相手は、サフィナ。

観客のドキッチへの応援がすごかったので、クレイバノーバ、ちょっと気の毒でした。
それにしてもクレイバノーバのウェアの組み合わせは不思議。
トップは鮮やかな黄色で白い襟にピンクのパイピング。で、スカートはこれも鮮やかなパープル。冷や汗
ペトロバもビックリです。まいったぁ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:18 | コメント(1)| トラックバック(0)

煙幕で大騒ぎ&全豪6日目。

6日目のマッチ オブ ザ デイは、ゴンちゃんxガスケ
5セット目、12-10の熱戦でした。

結果はゴンザレスが2セットダウンからカムバック。
ゴンちゃんのチリの応援団は、煙幕を焚いてもう大騒ぎでした。


ファンの応援に感謝しながらも、あの煙には首を振って理解できない様子だったゴンザレス、試合後の記者会見で、「チリでは、試合後にあんなふうに煙幕を焚いたりするものなのか?」との質問に、「そんなことはない。自分もびっくりした。」と話していました。
警察は火を焚いた犯人は特定できなかったようです。
http://www.news.com.au/heraldsun/story/0,21985,24960245-661,00.html

ゴンザレスの次の相手はナダル

ガスケは負けてしまいましたが、フランスからは、モンフィース、シモーン、そしてツォンガがベスト16へ。

モンフィースは好きなプレーヤーですが、なんといっても怪我が多い。でもこの全豪、いい調子です。
次の相手はATPレベルでは初対戦のシモーン。
ベスト4に進むには、ナダルの壁。でも今年のドーハでは、ナダルに勝っています。


今日のお楽しみは、ヤングガン対決、デルポトロxチリッチ。(もうやってますね)

それからファンの応援合戦がすごいことになりそうなジョコビッチxバグダティス
そのせいか?ロッド レーバー アリーナの最後の試合にスケジュールされています。

ロジャーとバーディッチの試合は、調度私が熟睡中の時間になりそう。ZZZ
夢の中で応援してるからね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

また起こってしまった衝突&全豪5日目。

セキュリティーを増強していたはずなのにね。


2名が逮捕され、30名が会場からキックアウトされています。

ヴィーナス&セリーナのダブルスの試合にはストリーカーが…
セキュリティーの人たちとっても、忙しい一日となりました。

見所いっぱいの5日目だったのに、食べる時間がなくて空腹のままテニスをしてきたせいか、さぁ観るぞ!とソファーに座ったとたん、ぐわーんとすごい眠気が襲ってきて...
ラファエルと一緒に意識不明。

意識が戻る度に、細切れに観ているものを理解しようとしたのだけど、上手くいきませんでしたね。

というわけで、フェデラーサフィンの試合は、半分ぐらい再放送で観戦。
ロジャー、今までのところ、すごく調子がよいように見えます。
次の相手は、バブリンカに勝ったバーディッチ。

ドキッチは、ウォズニアッキーにまたまた勝利でベスト16へ!
トップハーフでただ一人、アンシードでベスト16に進出です。

一方、イバノビッチは、ロシアのハードヒッター クレイバノーバに負けてしまいました。
イバノビッチはほとんど優勝候補から外れていましたが、それでも大きなアップセットとなっています。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

旧ユーゴスラビアファンの対立&全豪4日目。

全豪というといつもこのニュースが。

チリッチxティプサレビッチのクロアチアとセルビアの対決。
こちらの試合の方は、ちょっとお互い様的な感じもしますが、このセルビアの応援団が、マティーユxデリッチ(ボスニア生まれのアメリカ人)戦に流れ込み、観客席でセルビアファンとボスニアファンがシュプレヒコール合戦。

これはマティーユは堪りません。

試合の結果はデリックの勝利。
試合後、デリッチはマティーユに謝罪。(彼のせいではありませんが)
1回戦のデントxデリッチ戦でも、ボスニアのファンに対して苦情がでています。
(関係ないけど、デリッチは、帽子をかぶるとフェデラーに似てると思う)

そして次のデリッチの相手は…ジョコビッチ。

この試合を前に、惜しくもツォンガに敗れたクロアチアのリュビチッチが、“自分の母国の選手を応援しているというよりも、政治的な理由でここに来ているようだ”と、これらのファン達に苦言を呈しています。
http://nz.sports.yahoo.com/tennis/news/article/-/5276550/ljubicic-slams-political-tennis-fans

2007年の全豪では、セルビアとクロアチアのファンが衝突。警察沙汰になっています。

また同じようなことが起きなければよいですが。


全豪4日目は、女子の方で大きなアップセットがありました。
ヴィーナスがスペインのスアレス‐ナヴァロに敗退。

メンズの方は、ベスト8までいけるかもと期待していたグルビスが、アンドレアブにフルセットの末敗れています。

今日の注目は上にも書きましたが、デリッチxジョコ。それから好試合を期待、フェデラーxサフィン。マジックよ再び、サントロxロディック

がんばれ愛ちゃん、杉山選手xヤンコビッチ。勢いに乗って4回戦進出なるか、ドキッチxウォズニアッキー。
見所いっぱいです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

ドキッチの勝利&全豪3日目。

こういうのに、とっても弱い…思わずもらい泣きでした。


ヤレナ・ドキッチ、アナ・チャクベターゼに6-4,6-7,6-3で勝利。

お父さんには大変苦労した彼女、また全豪に戻って来ることができてよかったね。
(今ではお父さんとの関係は、すっかり切れているようです。)

こちらは1回戦後のプレスカンファレンス。



一方、トミックは、ミュラーに敗退。
彼の印象は、“淡々”。
全オーストラリアの期待が重すぎにならないといいですが…

ロジャーとサフィンが2回戦を勝ったことで、この2人が3回戦で対戦です。
2005年の全豪のフェデラーxサフィンは、名勝負としてクラッシックになっています。

サフィンの妹、サフィナも1セット目、苦戦しましたが、3回戦に進出。
全豪で、サフィーナではなく、フィナと呼んで欲しいとリクエスト。
解説者たちも“フィナ”と呼んでいます。

今までのピンクのウェアではそんなに目立ちませんでしたが、この大会の黄色と黒のウェアは、タンクトップということもあって、体重を落とした彼女のフィットな体がよくわかります。

メンズサイドのアップセット オブ ザ デイは、ナルバンディアンをフルセットで下した台湾のLu選手。
ナルバンディアン、先週のトーナメント優勝で、ちょっと疲れていたかも。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

アナンドの破局&全豪2日目。

アナ・イバノビッチ&フェルナンド・バダスコのカップルが破局!とFoxsportsが伝えています。
http://msn.foxsports.com/tennis/story/9100814/Ivanovic-hoping-for-another-run-at-Aussie-glory

テニス界のスターカップル、ブリスベンのトーナメントでブレイクアップしたとか。(でもアナの友達の話だから、どうなんでしょうね…)
これでお互いに全豪に集中できるでしょうか…?


全豪2日目、錦織選手、残念なプレイでした。
もちろんTVの放送はなかったので、インターネットで見ましたが、猛暑と風、痛めた右ひじが影響したのでしょうか。

カムバックトレイルのプレイヤー達に注目すると、ヒューイットは、ゴンザレスにフルセットの末、惜敗。(ドローのくじ運も悪かったです)
リュビチッチは、ロシアのKunitsynにフルセットの末、競り勝ち。
トミー・ハースも2回戦に進んでいます。

優勝候補のナダル、マレー、彼らを脅かしそうなグルビス、ツォンガ、モンフィース、カーロビッチらも順当勝ち。


今日の注目は、オーストラリアのカムバックキッド ドーキッチxチャクベターゼ、オーストラリアの期待の星 トミックxマラソンマン ミュラー。
もちろんジョコやフェデラーの試合もね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

ヤンコビッチのニュー スポンサー&全豪1日目。

アンタ?エーエヌティーエー?

ヤンコビッチがリーボックとの契約が切れた後、契約を結んだのは、噂になっていたラコステではなく、中国のブランド、ANTA。
http://www.onthebaseline.com/2009/01/18/no1-jelena-jankovic-signs-apparel-deal-with-chinese-sports-brand-anta/

Li Ning(リーニン)は、リュビチッチやシャキール・オニールをスポンサーしているので知っていましたが、ANTAは初めて聞きました。

契約金は3年間で約500万ドル保証とか。

全豪初日のヤンコビッチのグリーンのドレス、かわいいと思いました。
http://news.yahoo.com/s/afp/20090119/sp_wl_afp/tennisopenausjankovic


全豪1日目、ロディック、ジョコビッチはかなり下位の選手に快勝した一方、フェデラーは、シードをぎりぎりでカットされたイタリアのセピを相手に、結果としてはストレートセットですが、6-1,7-6,6-5のかなり競った試合。

次のロジャーの相手は、モヤに勝ったコロレブ。

それから、昨日はオーストラリアの16歳の期待の星、トミックがイタリアのスタラーチに競り勝ち。

オーストラリアは盛り上がっているでしょうね。

このトミック、この全豪の前にいろいろと物議をかもしていまして、フューチャーズのトーナメントで試合を放棄したり(彼のお父さんが原因ですが…詳しくはこの記事)、過去には、全仏ジュニアでのプレイに努力が足りないとして、オーストラリアのテニス協会からペナルティーを受けたりしています。


将来、ヒューイットのようになるでしょうか?Stay tuned…
彼の次の相手は、フェリシアノ・ロペスに、5セット目、16-14で勝ったミュラーです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウィナーズ サークル。

Kooyongでのエキシビション、久しぶりにフェデラーが、オリンピックのダブルスパートナー、バブリンカに6-1,6-3で優勝!くすだま
エキシビションとはいえ、よいチューンナップになったと思います。

ところで、バブリンカのウェア、いつの間にアディダスからラコステへ!?
http://www.theage.com.au/news/sport/tennis/federer-breezes-through-kooyong-final/2009/01/17/1231609046622.html

シドニーは、ナルバンディアンがニーメネンに2-1で勝利。
http://www.medibankinternational.com.au/2009/01/nalbandian-claims-the-singles-crown#more-1602

オフの間にちょっと肉がついた(筋肉?)感じのナルバンディアン、とてもよい調子。
自信もついて、全豪へ入るにはパーフェクトの前哨戦でした。


パーフェクトな調整といえば、WTAのシドニーを優勝したデメンティエバ。

セミ ファイナルのセリーナ戦は、2セット目、セリーナのやる気と集中力が全然見られず、6-3,6-1の快勝。

決勝は、ローラーコースターのフルセットマッチ。
6-3,2-6,6-1でサフィーナに勝っています。
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/tennis/7833021.stm

ビックリしたのは、デメンティエバのサーブ。
まだダブルフォルトも目立ちますが、エースも取ったりして(セカンドサーブでも!)、ついに彼女の弱点だったサーブを克服?

この前の週も、ASBクラッシックで優勝。今年は負けなしです。(訂正)

ニュージーランドのハイネケンオープンは、本命、デル ポトロがサム・クウェーリーを下して優勝。
(サムのファンクラブ“The Samurai"はガッカリ)
http://tvnz.co.nz/tennis-news/del-potro-captures-heineken-open-2445057

全豪は、ここの時間では今夜から始まります。
初日から見所いっぱい。
明日はキング牧師の誕生日で学校がお休みで、6時に起きなくてもよいので夜更かしできそう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:22 | コメント(4)| トラックバック(0)

セシル・カラタンチェバ、全豪予選通過。

個人的にどんなふうになったのか見てみたい人。
15歳の時に彗星のように現れて、1年後にはドーピングが発覚。
2006年から2年間、出場停止処分となりました。

2008年から復帰後、今回グランドスラムの予選を始めて通過。

言うこともかなり大胆だった彼女、19歳になっています。
メインドローでは、3回戦でセリーナと当たる位置に引かれているので、そこまで勝ち上がって来ると、テレビで見ることができそうです。


予選通過といえば、伊達選手、すごいです。
全豪オープンのサイトでもニュースになっていました。
http://www.australianopen.com/en_AU/news/articles/2009-01-17/200901171232172549953.html?promo=sub_toparticles

伊達選手は、勝ちあがればサフィーナと3回戦で対戦です。がんばれ!

PAUL CROCK/AFP/Getty Images
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

シドニー セミファイナル。

今日朝起きたら、気温がマイナス25℃。
風が強かったこともあって、この辺りの学校はぜーんぶ休校。

自分もオフだったので、朝がゆっくりできてラッキー!

その上、シドニーのセミファイナルも見ることができました。

ジョコビッチが、ニーメネンに負けたのはちょっとびっくり。
ジョコは、イライラした感じで、2セットとも最後の方は、荒いショットが多かったです。
新しいラケットに思ったようにうまく順応できていないのか…?

ファイナルまで行けば、ワールドランキングNo.2となるところでしたが、フェデラーをキャッチするのに20ポイント足らずです。

そしてオーストラリアンオープンでは、守るポイントが2000ポイント。
全豪のジョコの山は、ジョコで決まり?と書きましたが、spoke too soon だったでしょうか?

ニーメネンのファイナルの相手は、ガスケに勝ったナルバンディアン

ガスケ、Tweenerのミラクルショットはあったんだけどなー。


今日は自分の試合もありました。(この寒さでもキャンセルされず)

クラブ対抗戦、初めて組んだマイリーちゃんはアドサイドが好きなので、今日は私が不得意だけどデュースサイド。

とんとん拍子に4-0になったところまではよかったけど、その後追いつかれ5-5。
なんてったって、私のサーブが全然だめ!
こんなにサーブがだめだったのは久しぶりだー。

でも競って7-5で1セット目を取ることができたら、2セット目は相手がシュンっとなって6-1でいただきました。

月曜の練習の時にストリングが切れ、張り替えたのをピックしてそのまま試合となったのだけど、なんだかいつもよりテンションが高いような気がするんだよなぁ…。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪 ドロー。

ちらりとオフィシャルドローのAOラジオを聴くことができました。

http://www.australianopen.com/en_AU/scores/draws/ms/index.html

注目のマレーは、ナダルのハーフへ。

そして錦織クンは、マレーのクオーター。
勝ち上がれば、3回戦でマレーと当たる位置。
1回戦の相手はメルツァーです。
他にはグルビスとツォンガがマレーの山に。
ツォンガは怪我があるので、準々決勝に出てくるのはグルビスの方の可能性が高いかな。

ナダルの方は、順当に行けば、4回戦でガスケと、準々決勝の対戦相手は、モンフィースかシモーン、またはカーロビッチになりそう。

フェデラーのハーフには、マレーがいないのはラッキーだったのですが、まず、彼のクオーターを勝ち抜くには、3回戦でサフィン、4回戦でバブリンカ、その後はチリッチかデルポトロと当たる可能性があります。

フェデラーのハーフのジョコビッチの山には、ナルバンディアンロディックが引かれています。

パッと見、ジョコビッチの山が、一番順当に彼が出てきそうな感じ。


予想ではマレーを優勝候補に挙げる人が多いですが、どうなるでしょうか。楽しみです!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

欠場&欠場。

一番の欠場ニュースは、ディフェンディング全豪チャンプのシャラポバ。

肩の故障からの回復が遅れ、全豪で戦えるレベルではないとして、今年の全豪を欠場です。
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/tennis/7822727.stm

シャラポバの肩、時間がかなりかかっていますね。
彼女のうなり声は、まだしばらく聞けないようです。


もう1人、肩の故障で欠場はサフィン
http://uk.reuters.com/article/tennisNews/idUKSP42651020090112

Kooyongのエキシビションを欠場で、イヴァン・リュビチッチが代わりに出場となりました。
リュビチッチ、昨年の後半は、ランキングぐぐっと下がってしまいましたが(現在55位)、このチャンスを生かして、調整できるといいですね。

このKooyongのAAMIクラッシック、グルビスがダブルブッキングで抜け、ブレークもなんだかマネージメントのミスで抜け、そしてサフィンが抜けてしまい、始まる前までに半分ぐらいメンバー入れ替わりそうです。
(グルビスとブレークの代わりは、ヴァダスコとモヤ)

現在、このエキシビションの8人は、フェデラーバグダティス、チリッチ、ゴンちゃん、バブリンカ、そしてヴァダスコ、モヤ、リュビチッチとなっています。


ハイネケンオープンに出場した錦織クンは、J C フェレロとの試合を残念ながら途中棄権。

今度痛めたのは右腕。怪我が付きまといますねー。
早い回復を祈ります。


最後に、今年の全豪のドレスコードニュース。
http://www.news.com.au/couriermail/story/0,23739,24898266-953,00.html

あまりに露出が激しいウェアの着用には、最高2000ドルの罰金が科せられるそうです。
確かに最近のウェアは、出しすぎ?と思われるものが…。

先週のホップマンカップのコーネット(フランス)のトップが、特に物議をかもしたようです…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

ブリスベン決勝。

思いがけずテレビでやってました。
バダスコxステパネックの試合、面白かったです。

1セット目はバダスコが取ったものの、2セット目は、いろいろとプレイを織り交ぜたステパネック、冴えてました。
3セット目はバダスコが1-4からカムバック。でも一歩足らず、ステパネックが3-6、6-3、6-4で勝利。

ウェア対決もなかなかのもの。
アディダスの夕焼けウェアのバダスコに対して、パープルのショーツにパープルのチェックのシャツのステパネック。彼のウェアは独特ですねー

30歳のステパネック、まだまだいけそうです。
対戦するには、いやな相手でしょうね。
ヒューイットに負けず劣らずFeistyで、Plan BとかCとかありそうだし。

優勝はお得意の“Worm”でお祝い。

WILLIAM WEST/AFP/Getty Images

おまけでブリスベンのインタビューで、ステパネックのことも話している錦織クン。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

やったねチーム、プレイオフです!

今日のUSTAコンボリーグの最終戦、勝てばプレイオフへ、負ければシーズン終了という試合。

私は気楽に応援組だったのですが、今日は、朝から大雪!雪だるま
試合、キャンセルになるんじゃないかなぁと思ってたのに、なんと決行だって!
ならやっぱり行かなきゃねと道をつるつる滑りながら、クラブに応援に行きました。

3試合のダブルス対抗戦で、まずはコート#3がストレートセットで勝利。
あとひとつ勝てば、プレイオフだよー。

コート#1は、最初のセットを楽に取ったあと、2セット目を5-7で落とし、10ポイントのマッチタイブレークへ。

大騒ぎの応援の甲斐あって?、10-8で、うちのチームの勝ち!!

コート#2は、残念ながらマッチタイブレークを12-14で落とし、全勝とはなりませんでしたが、やったねチーム、プレイオフ進出です!

ビールやワインを飲みながらの応援のあとは、シャンパンまでいただき、これは最高です。ヘヘ


それにしても今日の雪、よく降るったら。

特大雪見だいふく。

そして相変わらず、雪がおいしいラファエル。


明日の朝は、また雪かきでスタートです。まいったぁ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー、今度こそならず…。

マレーに、USオープンで勝って以来、3対戦連続負けです。

1セット目をタイブレークで取ったまではよかったのだけど、そのあと2-6、2-6はちょっとなぁ。

マレーには、ロジャーに勝つコツをつかまれてしまいましたかね。

ナダル、マレーに勝てなくなると、今年もロジャーにとっては厳しい1年になるかも。
この2人以外にも、ヤングガンズがいっぱいいますもんね。

これでドーハの決勝は、ロディックとマレー。
モンフィースとマレーの方が、面白そうだったけどな。


ホップマンカップの決勝、ロシアxスロバキアの方は、チブルコバが接戦の末サフィーナに勝利。
次の2試合目、兄ちゃんの腕の見せ所だったのだけど…ハバティーが3セット目のタイブレークを取り、サフィンを下しました。(よい試合でした)

スロバキアのドミニク&ドミニカ、ホップマンカップ優勝です。くすだま


明日は、USTAコンボのリーグ最終戦。
勝てばプレイオフ進出、負ければおしまいという大切な試合。
私は出ないので、ちょっとお気楽。もちろん応援には行きますよ。メガホン

テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATPのNew CEO。

昨年末でATPを去ったヴィリエール氏の後任が決まりそうです。

その人は、Adam Helfant氏。
元ナイキのエグゼクティブで、ハーバードのロースクール卒だそうです。
(オバマ次期大統領と同窓ですねー)

http://www.usatoday.com/sports/tennis/2009-01-08-ATPchief_N.htm

オフィシャルな発表はまだないようですが、このヘルファント氏とオーストラリアの元テニスプレーヤーBrad Drewett氏のどちらかというニュースが以前出ていました。

正式発表は、全豪の前までにはあるようです。


今日のドーハは、モンフィースがナダルを破る金星!
試合には関係ないけど、モンフィース、ヘアスタイルが、テニスボールよりボワボワしていていい感じです。
http://www.abc.net.au/news/stories/2009/01/09/2462095.htm

準決勝はロジャーとマレー、ロディックとモンフィース。
ロジャー、今度こそです!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織 x バーディッチ。

今日の朝は、ちょっと時間があったので、錦織クンの試合をチェック。
そしたらバーディッチと1セット目のタイブレーク中。
というわけで、珍しくライブストリームを観ています。

1セット目は、錦織クンが9-7でタイブレークを取りました。

がんばれ!

日本からもこのライブストリーム、観られるのかな?
http://channelsurfing.net/watch-wabsg-1.html



*やったね、錦織クン!! バーディッチに7-6、6-3で勝利です。
ブリスベンの試合は終了ですが、ドーハの試合はこちらで。
http://channelsurfing.net/watch-wabuk-3.html
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

セルビアプレーヤー達をめぐる噂いろいろ。

ジョコビッチ、ヤンコビッチ、そしてイバノビッチ、それぞれ新しい年を大きな変化でスタートです。

ジョコビッチは、ラケットをウィルソンからヘッドにスイッチ(バック)。

なぜこの大事な時に!?莫大な契約金?
(ジョコビッチを狙っていたアディダスはガッカリでしょうね。そしてアディダスのラケットの新たな標的は、バダスコ?との噂もあります。)

このヘッドのラケットに代えたジョコビッチは、ブリスベンのトーナメントで、グルビスに1回戦で敗退。イタタッ
http://www.canberratimes.com.au/news/national/national/sport/stunned-novak-a-head-case/1401273.aspx
(ジョコビッチの敗退で、フェデラーが全豪へNO.2で入ることが確定です。)

敗退後のインタビューで、“ヘッドの新しいラケットに代えたばかりで、リズムに乗るのが難しかった。”と話しているところをみると、フォーラムで話題になっていた、外見だけがヘッドのペイントで、実は元のラケットでは…?というのはなかったみたいですね。


次にヤンコビッチは、今年からIMGとエージェント契約。
http://www.msnbc.msn.com/id/28522319/
ナダル、フェデラー、シャラポバ達の仲間入りです。

オフコートでモデルをやってみたり、アクティングに挑戦してみたりと、結構派手好き?の彼女には、IMGは合っているかもです。

ウェアはリーボックからラコステへ?ラケットは、プリンスからウィルソンへ?
この噂はほんとかな??


最後にイバノビッチは、コーチSven Groeneveldと決別。

ブリスベンにはコーチなしで参戦。
でも1回戦には勝利しています。(def Kvitova)

このコーチは、彼女のスポンサー、アディダスから任命されていたということもあり、今年でアディダスとの契約が切れるイバノビッチ、アディダスを離れるのではとの噂も。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

ホップマンカップ 2009。

土曜日から始まったホップマンカップ。
以前はいっぱい見せてくれてたテニスチャンネルも、なまけてアメリカの対戦しか見せてくれないんだよね。

一番観たいのは、ロシアなのに…


それからフランスも。


でもグループ分けは、US、オーストラリア、ドイツ、スロバキアのAグループと、ロシア、フランス、イタリア、タイペイのBグループなんだよな。

ロシアはイタリアに2-1で、フランスはタイペイの3-0で勝ってます。

サフィン&サフィーナ、ダブルスはボレリ&ペネッタに負けたようですが(7-5,4-6,7-6)、この熱い二人、兄妹喧嘩にならなかったかな?

アメリカと同じAグループでは、久しぶりにヒューイットが観られるのは楽しみ!


ところでアブ ダビのエキシビションは、ナダルを下してマレーが優勝。
ATPの2009年、なんだか面白くなりそうです!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

アブ ダビ 決勝はナダルxマレー。

フェデラー、またマレーに負けちゃった。

でも3セット目がタイブレークで8-6だったってところが救いかな。
どっちに転んでもおかしくない試合だったってことで。
でも負けは負けだもんなぁ。

マレーは、オフシーズンのフロリダでの3週間の厳しいトレーニングの成果ありというところでしょうか。

一方ナダルは、2&3でダビデンコに貫録勝ちです。
http://news.yahoo.com/s/cpress/20090102/ca_pr_on_te/ten_abu_dhabi

今年の前半は守るポイントが少ないマレー、前半でどれだけNo.2とNo.3に近づけるでしょう?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

アブ ダビ エキシビション。

Happy New Year!くすだま 2009年がよい年になりますように!

早速今日から、Abu Dhabiでトッププレーヤー6人を迎えたエキシビション、Capitala World Tennis Championshipが始まりました。
http://www.capitalawtc.com/en/Home.aspx

その6人は、ナダルフェデラー、マレー、ダビデンコロディック、そしてブレーク。
優勝賞金は25万ドルです。

No.3のジョコビッチは、出場だけでかなりの報酬がもらえるこのエキシビションをパスして、すでにオーストラリア入り。
このあとドーハのトーナメントに出場のナダル、フェデラー、マレーたちライバルとは別コースで、全豪に向けて調整のようです。

今日行われた対戦は、ダビデンコxロディックとマレーxブレーク。

ダビデンコが6-4、6-4で、マレーが6-2、6-2で勝利して、明日の対戦はダビデンコxナダル、マレーxフェデラーとなります。

シーズンオフはあっという間に終了で、いよいよテニスシーズン再開ですね。
ファンとしては嬉しいですが。

自分の方は、まぁ食べてばかりのホリデーシーズンで、かなりやばいことになっています。

キッチンにあまり近づかないようにした方がいいと思いつつも、ついつい手がのびて…
早いとこ普通の生活に戻らなくては!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:29 | コメント(6)| トラックバック(0)

ATPの新しい ウェブサイト。

2009年からの新ATPツアー開始に伴って、オフィシャルウェブサイトも模様替えです。
アドレスも atpworldtour.com となり、以前よりずいぶんカラフルな感じになりました。

バックグラウンドは、「Heroes」風に。


新しいロゴに関しては、前の方が好きだったなぁ。
   
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:43 | コメント(2)| トラックバック(0)

バリケード5 サマースラム。

アディダスのClimaCoolをここのとこずっと履いていたのですが、最近のデザインは今ひとつ…

いっぱい買い置いていたClamaCool FeatherIIがついになくなり、どうしようかと思っていたところ、バリケードにちょっといいかもというデザインを発見で、オンラインでオーダーしたものが昨日到着。

バリケードも、なんかごつごつした感じが好きになれなかったけど、夏に出たこのデザインはちょっと気に入りました。


クリスマスを前に、ぐっと値段が下がったのでお買い上げ。
ClimaCoolとちがって、ブレイクインが必要な感じですが、もし履きやすかったら、この機会にまた買いだめです。


今日は、この冬一番の冷え込み。
気温はついに華氏で零下に。(マイナス18℃)
まいったです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

メリークリスマス From ATP プレーヤーズ。



WTAとのミックスバージョンは、こちら。


Happy Holidays!!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:48 | コメント(2)| トラックバック(0)

ダベンポート おめでた。

再引退するのか、それともまだWTAでプレイし続けるのかという憶測に、全豪に出場ということで、答えを出したダベンポートですが、第二子を妊娠していることがわかり、もちろん、全豪は欠場することに。
http://news.yahoo.com/s/cpress/20081217/ca_pr_on_te/ten_davenport_pregnant

当分の間はテニスはお預けと話していますが、このまま引退になる可能性大ですかね。

引退といえば、テニス界の今年一番のビックリニュース、突然引退のエナンが、ベルギーのスポーツギャラで、ライフタイム アチーブメント アワードを受賞しています。
http://www.justine-henin.be/public/shownews.asp?ID=3579&lang=en

久々にみたエナン、表情もやわらかくてよい感じ。
第二の人生、楽しんでいるようですね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナディア・ペトロバの髄膜炎。

ペトロバが髄膜炎で入院。
年明けの、ニュージーランドでのASBクラッシクを欠場することになりました。
http://www.onthebaseline.com/2008/12/15/nadia-petrova-hospitalized-with-viral-meningitis/

ウィルス性の髄膜炎ということで、細菌性ほど厄介ではないと思われますが、早くよくなるといいですね。


それから、今度はおめでたいニュース。
レイトン・ヒューイットに第二子、男の子が誕生です。
名前はCruz。一姫二太郎(長女Miaは3歳)でなかなかよいかも。
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jdaNIG_YDbjU7GXqP3GNosrtWXAg


今日はちょっとテストをしに病院へ行ったのですが、保険が新しくなったこともあって、先週電話で予約をするのに30分、今日病院でレジストするのに20分かかり、やっと手続きが終わって窓口に行ったら、
「ここでそのスキャンはできないの。他のロケーションに行ってください。」だって。こけた。
何のための手続きだったのよ?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

マレーの記事訂正。

The Timesが、マレーが来年からK-Swissと契約というニュースを流してから数時間後に、マレーが、2009年もフレッド ペリーのウェアを着ると発表しました。
http://www.andymurray.com/news/article/481

???
K-Swissとの契約は、どこから出てきたのか…
とりあえず、昨日の記事を訂正です。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

マレー K-Swissと契約??(訂正あり)

訂正記事をご覧下さい。

マレー、フレッドペリーにさようならで、来年からK-Swissと契約だそうです。
http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/tennis/article5333992.ece

契約金は3百万ドルぐらいではないかと書いてありますが、期間は書いてないですね。

ナイキとアディダスも、マレーを狙っていたと思いますが、K-Swissにアウトビットされたのかな?

K-Swissの契約プレーヤーといえば、マーディー・フィッシュ、ベラ・ズボナレーバ、あとトミー・ハースぐらいしか頭に浮かんできませんが、となると、マレーはK-Swissの看板スターとなりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

イバノビッチ マヨルカにお家を購入。

イバノビッチ、ナダルやモヤのご近所さんに。
450万ユーロ(5億3千万円)のお屋敷を購入したそうです。
http://www.ultimahora.es/discreto.dba?3624+12+455647

夏にスペインのマヨルカでバケーションを過ごしたという彼女、その時から家を探していたとか。
そうこうしているうちに、スペインの坊ちゃん、バダスコが彼女のボーイフレンドにもなり、マヨルカに別荘はパーフェクト?

ところで昨日はサイバーマンデー。
オンラインストアで大きなセールがあると言われている日です。
(もともとは、アフターサンクスギビングの買い物に疲れ、その週末が終わった翌日の月曜日に、出かけるのを避け、どっと人がオンラインで買い物をしたということから始まったみたい。)

めちゃくちゃすごいディールには巡り会わなかったけれど、オンラインクーポンを使って、ムスコのクリスマスギフトの楽器を購入です。プレゼント
ひとつ大物が片付いた!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

Copa Davis はスペインへ。

デルポトロの代わりに出場のアカスーソ、がんばりましたが、アルゼンチンを崖っぷちで食い止めることは出来ませんでした。

フェレールに代わったバダスコが、6-3,6-7,4-6,6-3,6-1で4thラバーを制して、スペインが3-1で2008年のデ杯獲得です。


アルゼンチン、かわいそうだったな。
2年前もロシアに決勝で敗れています。
デルポトロとナルバンディアンの2枚看板が健在なうちは、またチャンスが巡ってくるかとは思います。
でも、ホームコートのナダル抜きを活かせなかったのは、とっても痛かった。

これで、テニス観戦はしばらくお休み。
のろのろしてたら、もう今週はサンクスギビング。
ちょっと慌てましょう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

崖っぷち アルゼンチン。

今日のダブルスラバーは大接戦。

予想通り、アルゼンチンは、アカスーソの代わりにナルバンディアンを投入。カレリ&ナルバンディアン組。

スペインは、ここ2年のデ杯ダブルスペア、ロペス&バダスコ、チーム レフティー。

決勝前の予想でも、ダブルスはスペインが取るだろうと言われていましたが、その上に、ロペスは昨日、サイラ…じゃなくて、デルポトロに勝利でノリノリ。
(ムスメがデルポトロを見るたびに…特に彼が髪を切ってから…「Heroes」のサイラに似てる、似てると。ゆとびっちさんちのご主人もそうおっしゃっているそうで…。最近は、らくだクンからテニス界のサイラになっています。)

でもいい試合だったなー。どっちに転んでもおかしくないような。
3時間以上のかなり長い試合となりました。(5-7,7-5,7-6,6-3)

3セット目は、スペインが大きくリードしていたので(5-1)、このセットはいいかっとサブウェイにサブを買いに行ったのに、帰って来たら、やっと3セット目が終わったところ。
(ついでに薬局やクリーナーズにも寄ってきたのに)

アルゼンチン、あそこまで追いついたら、タイブレーク取りたかったね。

過去36年間で、ダブルスに勝った国が優勝しなかったのはたった3回なんだって。

デルポトロが明日プレイできなければ、その代わりは、アカスーソかカレリ。
うーん、アルゼンチン、かなり厳しい状況となってます。

不死身のサイラのようにファイトだよ、デルポトロ!


で、手に汗握る試合を観た後で、USTAのコンボの試合に行ってきました。

手に汗じゃなくて、額に冷や汗ものの2セット目だったけど、6-2、7-5で勝利!
今日初めて組んだパートナーも、とても小柄な人。
Team Little People、ロブに負けず、がんばりましたです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

コリアとガウディオ。

アルゼンチンのこの2人、今回のデビスカップ決勝は、コメンテーター席から観戦のようです。

2人とも別々のTVステーションの解説だそうですが、ガウディオはまだしも、コリアは複雑な気分なんじゃないかなー

ジュニアの頃から、しのぎを削ってきた同い年のナルバンディアンは、アルゼンチン デビスカップチームの牽引役。

一方コリアは、夏にまたブレークをとったまま、まだ復帰の日程は決まっていないようで…

このデビスカップがいい刺激になったりするかも?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

サプライズ サプライズ!

デビスカップ 決勝、1試合目は予想通り、ナルバンディアンがストレートセットでフェレールに快勝。


で、2試合目のデルポトロ x ロペス。
1セット目は6-4でデルポトロ。
でもここから、ロペスががんばりました。
2セット目、3セット目共、タイブレークの末、ロペスが取り、ロペスの2-1。

そして4セット目、ロペスが3-2で迎えた6ゲーム目、デルポトロがクロスに打ち込まれた球を走って取りに行ったところで、右太股を痛めてしまいました。

その後は…、動きがままならず、6-3でロペスが4セット目を取ってゲームセット。


スペインのキャプテン サンチェスの目論見が大当たり?
ナダルが抜けて、アンダードッグとなったことが、返ってロペスをのびのびとプレイさせてくれたかな。

デルポトロには、アルゼンチンのエースとしてのプレッシャーがかかったのか…
怪我の度合いによっては、日曜日のプレイにひびいてくるので、3-1でアルゼンチンかなーと思っていましたが、どうなるか分からなくなってきました。

明日のダブルスラバー、楽しみだー
アルゼンチン、ナルバンディアンを投入してくるかな?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップ ファイナル 2008

明日は2008年の締めくくり、デビスカップ ファイナルが始まります。

今日発表された対戦は、
第1試合:ナルバンディアン x フェレール
第2試合:デルポトロ X ロペス
第3試合:カレリ&アカスーソ X ロペス&バダスコ
第4試合:デルポトロ X フェレール
第5試合:ナルバンディアン X ロペス

シングルスは、バダスコでいくかと思いましたが、ロペスが選ばれています。
アナ・イバノビッチもボーイフレンドのバダスコの応援に、アルゼンチンに駆けつけるとか。
張り切らなきゃね。

第3試合目以降は、1日目の試合の結果によって、選手の変更があるかも。

ナダルが抜けると、アルゼンチンのホームコートアドバンテージもあり、上り調子でシーズンを終えたナルバンディアンとデルポトロを相手に、スペイン、苦戦しそうです。


ところで、マスターズカップを途中棄権でシーズンを終えたロディックが、ラリー・ステファンキをコーチに雇いました。
http://www.andyroddick.com/match-updates/2008/11/20/roddick-taps-larry-stefanki-as-head-coach/  
コーチ ステファンキ、いつの間にゴンザレスとお別れしてたんでしょう?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

セルビア スウィープ。

今年の上海のマスターズカップ優勝のジョコビッチとダブルスのジモニッチはセルビアのプレーヤー。

ジモニッチのパートナーであるカナダのネスターも、元々はセルビア(当時はユーゴスラビア)出身です。(苗字はネストロビッチでした。)
子供の頃、カナダに移住して、今はカナダ人です。

WTAでも、イバノビッチが全仏チャンプとなり、ヤンコビッチはランキングNo.1。

セルビアのテニスにとって、すごい年になりましたね。

ジョコビッチファミリーが購入したATPトーナメントも、ATPからセルビア開催への承認がでたようです。


昨日から、また雪が降り、今日の朝は道路が凍ってガリガリ。
11月からこんな調子で、先が思いやられるなぁ…



今日はチーム練習。
終わった後、“ショットの調子が悪いので、ちょっと打ってくれない?”と頼まれ、居残り乱打。
それが堪えて、体がガタピシです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:12 | コメント(2)| トラックバック(0)

上海に幕。

ジョコビッチ、上海のマスターズカップを手に入れました。(Def ダビデンコ 6-1、7-5)

去年は上海で0勝だったことを考えると、大進歩。

シーズンの初め(全豪)と終わりをフォルティッシモで決めて、2008年を終了です。


ダブルスの方は、ネスター&ジモニッチ組がブライアンズに勝ち(7-6、6-2)、マスターズカップとイヤーエンド No.1ワールドランキングを獲得。

マイク&ボブ ブライアン、4年連続1位の記録ならずです。

これでATPのシーズンはおしまい。
上海のマスターズカップも今年で終了。来年からはロンドンです。
残すところは、デビスカップのファイナルですね。

デビスカップといえば、来年のワールドグループ1回戦、USxスイス、会場の候補が発表になりました。

サンアントニオ、ラスベガス、バーミンハム(アラバマ)、グリーンビル(サウスキャロライナ)の4つ。
どこに決まっても遠いなぁ…


昨日、ムスコがドライビングスクールのセグメントII を卒業。
ペーパー上はドライビングテストを受ける準備が整いました。

テストを受けるまで少し待たなければなりませんが、年内には免許獲得となるかなー。
車の保険の掛け金がバカ高くなることを考えると、その前にアルバイト始めてもらわないとね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:44 | コメント(4)| トラックバック(0)

フェデラーとマレーのバトル。

フェデラーxマレー、いい試合でした。

腰のトリートメントを受けながら、ロジャー、がんばってましたね。
“コートに足を踏み入れたら、自分は諦めない。”
言葉通りでした。

3セット目は、背中がかなりタイトになっていたんでしょう、ポイントを短く終わらせようとしていましたが、惜しいっ、5-7でマレーに敗退です。


長い目で見れば、無理し過ぎなくてよかったともいえるかも。

これでフェデラーの2008年は終了。
ゆっくり体を休めることができるといいですね。
今年はどこでバケーションでしょう?


そしてビヨークマンは、17年のプロキャリアに幕引きです。
マスターズカップのセミファイナルに進めなかったのは残念!
観客にHugs and Kissesでお別れです。
http://english.people.com.cn/90001/90779/90868/6534202.html


今日は日中ぽっかりと空いていたので、「何をしよう~」と楽しみにしていたのに、デスクの上に置き去りにしていたレターを発見。
「わー、締め切り目前!」と慌て、

そこに書かれていた書類を捜すのにとんでもなく時間がかかり、

最終的には捜すのをやめても見つからなかったという悲しい時間の使い方となったのでした…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織選手の記事。

11月のデュースマガジンに大きくフィーチャーされています。

http://www.atptennis.com/5/en/deuce/november2008/nishikori.asp

プロジェクト45からプロジェクト10になるとすごいです。

でもこの記事でも書かれているように、まずは怪我をしないことですね。
2009年が楽しみです。


ところで、上海のコートに借り物だらけでやって来たステパネック、寝起きに電話を受けたわけではなく、荷物が空港のカスタムで引っかかったそう。

タイでバケーション中だったという彼、セミファイナルへの出場はなくなりましたが、マスターズカップでプレイできることは誇りと話していました。

今日、ゴールドグループのもう一人の勝ち抜けがダビデンコに決定。(def デルポトロ)
1位がジョコビッチ、2位がダビデンコとなりました。

明日の赤組は、ロジャーの勝敗がすべてを決めます。
マレーに勝てば、グループ1位でセミへ、負ければ、待ちに待ったバケーション。

本当のところ、どっちが彼にとっていいのかな。
今日、ジョコビッチが負けたことで、ワールドランキングを年内に抜かれることもなくなりましたが、やっぱり“フェデラー”としては、セミに進出することの方が大切?
体としては、もう休みたいよーって気分なんでしょうが。

ダブルスの方は、本命ブライアンズと、WC ホーナ&クエバス(全仏チャンプ)が、セミファイナル進出を決めました。
(訂正:アルタネットはフィルステンバーグ&マトコウスキー組でした。ホーナ&クエバス組は、20位以内のグランドスラムチャンプに与えられる8番枠で出場です。)
ホーナ&テニス界のジョシュ・グローバンと勝手に呼んでるクエバス組、応援です!

テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

ステパネック 借り物競争。

ロディックが上海のマスターズカップを途中棄権で(足首の捻挫)、ステパネックが代役に。

ステパネック、ATPレースでは26位。
10位以降、26位のプレーヤーまで上海の代役はパスだったんでしょうか...?

それにしても、ステパネック、ラケットはジョコビッチからの借り物、ソックスはマレーからの借り物、そして自分のコンタクトレンズも無かったっていうんですから、寝起きに電話もらいましたかね。

借り物競争はなかなかの成績でしたが、試合はフェデラーにストレートセット負け。

といっても、ロジャーも調子があまりよくなくて、1セット目はタイブレークだったし、2セット目もアンフォーストエラーが多かったです。(7-6,6-4)

背中がいまいち不安な上に、具合もよくないみたい。
「昨日はずっと休んでいて、今日の試合が遅い時間だったことと、ステパネックが自分のラケットじゃなかったことがラッキーだった。」と話していました。

そして、「ミラクルを起こしてセミへ」なんて、けっこう弱気?

次の相手はノリノリのマレーですから、その気持ちもちょっとわかるかな。
体調が万全でないと、今のマレーに勝つのは難しいかも。

勝てれば、セミへ進出。がんばれ!

Miracles happen, once in a while, when you believe♪

マレーは、シモーンにしっかりストレート勝ち。
ステパネックがソックスを借りに来て、“こんな状態だと、フェデラーには勝てないだろうから、ゲームはたくさん落とせない”と思ったそうです。
シモーンに1セット落としたら、三つ巴の混戦となったかもしれませんが、マレー、6-4,6-2の快勝で、セミファイナル進出です。



全然経済的にいいニュースがない最近ですが、ちょっとだけいいこともありました。

もう拝むことがないかなーと思っていた1ドル台!
この前まで、1ガロン 4ドル以上だったので、すごくうれしい!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATP マスターズカップ 2008

今年のオフィシャルピクチャー。

Quentin Shih
デルポトロ、一番若そうに見えないですね…


フェデラーの背中は、とりあえず無理しないとOKな状態のようです。
「月曜日に試合をやってみないと分からないけど、今のところはいい感じ」と話しています。


WTAのチャンピオンシップは、ヴィーナスとズヴォナレーバが決勝進出です。

インディアンサマーが去り、急激に冬。
明日は家でゆっくりテレビ観戦日和となりそうです。まぁ、それもいいかっ。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:42 | コメント(2)| トラックバック(0)

ナダル 上海を欠場。

ATPレースのNo.1 ナダルが上海のマスターズカップを欠場すると発表しました。
http://www.rafaelnadal.com/nadal/en/home

長いシーズンの疲れた体を休めるのと、デビスカップ決勝への準備のための悩んだ末の決断のようです。

今年のマスターズカップの8人は、全員違う国の代表だったのですが(スペイン、スイス、セルビア、イギリス、ロシア、アメリカ、フランス、アルゼンチン)、これで補欠のシモーンが繰り上がりです。

2005年のマスターズカップのように、次から次へと選手が欠場なんてことにならないといいのですが、背中を痛めているフェデラー、デビスカップ決勝を控えているデルポトロ、どうかな。


ドーハのWTAのチャンピオンシップの方は、今週行われます。

こちらはセルビアのイバノビッチ&ヤンコビッチ、USのヴィーナス&セリーナ、そしてロシアはクズネツォバ、デメンティエーバ、サフィーナ、ズヴォナレバの4人。3カ国の独占です。

グループ分けは、ホワイトにヤンコビッチ、イバノビッチ、クズネツォバ、ズヴォナレーバ、マルーンに(なんでマルーンなんて色にしたんだろう?)サフィーナ、セリーナ、デメンティエーバ、ヴィーナスとなっています。

こちらも楽しみです。


そして明日は大統領選挙!!アメリカ
この辺は学校もお休み。テレビに釘付けになりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:24 | コメント(2)| トラックバック(0)

ツォンガ優勝!

やりましたね。(6-3、4-6、6-4)
第3セットの10ゲーム目、ブレイクアップ5-4でツォンガのサーブ、トリプルブレークポイントをセーブしてのサービスキープでゲームセットとなりました。立派です。
この優勝でATPレースも7位となり、上海へ。

全仏は怪我でプレイできませんでしたから、ホームクラウドを前にこの活躍、本人も嬉しかったでしょうね。

そしてナルバンディアンの上海とデビスカップのジレンマも、これで決着です。


今日、デイライト セイビング タイムが終了。
1時間、時計を戻したので、日曜だというのに、7時台に目が覚めました!

2、3日は、1時間の時差が残って、朝が楽かなーと期待。


先日、ムスメがデジタルカメラを壊し、“そういえば2年保障を買ったんだっけ!”とレシートをチェックしたら、06/11/06って書いてある。

11月6日?やった!と思って勇んで電話したら、カスタマーサービスのお兄さんが、“11月6日ではなくて、6月11日です。もう切れてますよ。”だって。
がーん!

カスタマーサービスのお兄さんと一緒に笑ってしまった。
都合のいいように読んでましたね…冷や汗
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:49 | コメント(2)| トラックバック(0)

パリ 決勝 ナルバンディアンxツォンガ。

ナルバンディアン、そのままの勢いでダビデンコにも競り勝ち。(6-1,5-7,6-4)決勝進出です。

一方、もうひとつのセミは、ツォンガがストレートセットでブレークを下し、明日の決勝で勝った方が、上海へのATPレース ペスト8入りです。

そしてブレークが負けたことで、デルポトロのエリート8入りが決定。

もしナルバンディアンが明日勝てば、二人のアルゼンチーナがクオリファイです。今まであったかな?

ナルバンディアンの試合後のインタビューでは、上海へ行くかどうかは、まだ迷っている状態だと話していました。

少し前に比べると、ちょっと上海よりになった感じの発言?
というか、本人的にも、ここまで上海行きの筋書き通りになるとは思っていなかったと思われます。

去年も同じように年末の猛チャージがありながら、ほんの少しポイントが上海へ足りませんでしたから、行きたい気持ちもあるでしょうが、上海のすぐ後にスケジュールされているデビスカップ決勝のことを考えると、移動距離、時差、疲労などネガティブな要因がたくさんで迷う気持ちもわかります。

そしてこの決勝は、アルゼンチンのホームコートアドバンテージ付きですから、デビスカップを手にする絶好のチャンス。

もし会場がコルドバに決まっていたら、完全デビスカップ優先だったかも…?

まぁ、これは取らぬ狸ってやつで、決断はまず明日勝ってからですね。


今夜はムスコたちのステイト ファイナル。
なんてったって彼らの出番は、夜の10時過ぎっていうんで、えらく夜遅くなってしまいそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 04:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

棄権 フェデラー&ナダル。

トップ2が、パリのトーナメントを棄権です。

ナダルは、対ダビデンコ戦、1セット目を1-6で落とした後、フェデラーは、ブレーク戦が始まる前に、棄権を表明しています。

ナダルは膝、フェデラーは背中。シーズンも終盤となると、故障も多くなりますね。

フェデラーは、ATPレベルでの763試合で、初めての途中棄権だそうです。

これでブレークのセミファイナル進出が決定。
今日、ツォンガがロディックに勝つと、ブレークかツォンガのいずれかが決勝に進むので、シモーンの上海はなくなります。

それにしてもナルバンディアン、去年と同じように、終盤のインドアシーズン、絶好調です。

ナルバンディアン、優勝すれば、行くかどうかは別としてエリート8入り。

ナルバンディアンが優勝、ブレークが準優勝となると、デルポトロも落選です。(こちらも行く気があるかどうかは分かりませんが)


ところで、今日はハロウィーン。
すごくいい天気で、とっても暖かいの。

この陽気に誘われて、出足もいいかと思い、またお菓子を買い足しに行きました。


今年は超怠けて、飾りつけはほとんど無し。
フランケンぐらい出しておいた方がいいかなぁ。
犬達の衣装、探さなくっちゃ。どこにしまったっけ…?
見つからないで…とラファエルは思ってるね、きっと




テニス日記 | 投稿者 ケルン 04:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロディック エリート8入り。

今日のマスターシリーズ パリ、ロディックがシモーンにストレートセットで勝って、上海への切符を手に入れました。

上海を欠場するのではという噂があったロディックですが、試合後のインタビューで、“(出場、欠場は、)出場資格を得てからの話すもの。そして今日、出場資格を得たわけで、マスターズカップをプレイするのを楽しみにしている。”と話しています。

残るスポットはふたつ。
ATPレース、7位の今日ナルバンディアンに敗退したデルポトロと8位のシモーンは、他の上海ホープフルたちの結果待ちです。

ブレーク、ツォンガ、ナルバンディアンの明日に注目です。


今日は、友達の家で1日早いハロウィーンパーティーが開かれましたが、午前中仕事だったので午後から参加したら、すでにピークは過ぎており、宴の後状態でした。(朝からみんな元気です。冷や汗

テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATP Race in Paris

上海のマスターズカップへのATPレース、8スポットの内、残っているのは3つ。

今シーズン最終戦、パリ マスターズシリーズのトーナメントの結果に、上海への出場が懸っていたフェレール(9位)、バブリンカ(11位)、そしてソダリング(17位)が今日敗退。(フェレールに関しては、あまり上海に燃えてなかったようですが…)

残るは、6位ロディック、7位デルポトロ、8位シモーン、10位ブレーク、12位ツォンガ、14位ナルバンディアン、15位バダスコ、16位のモンフィースとなりました。

ツォンガまでは、自力で資格獲得もありますが、ナルバンディアン以下のプレーヤーは、このトーナメントで優勝して、且つ、他のプレーヤーの出来具合にかかっています。

というわけで、バダスコとモンフィースは、3回戦の相手が、それぞれマレーとナダルということもあり、もう無理かなぁ。

ナルバンディアンは、去年の年末の活躍があるので、もしかしてもしかするかもです。
3回戦の相手は、またまたデルポトロ。3週連続の対戦です。
もし優勝すれば、シモーンとブレークの結果如何で、上海への切符を手に入れる可能性あり。
でも、デビスカップ決勝を控えているナルバンディアンは、もし出場資格が得られたとしても、上海はパスするつもりだと話していましたね。


今日は、ロジャーの試合が始まる時に、調度いいタイミングでテレビをつけたまではよかったけど、はっと気がついたら、1セット目が終了してました。まいったぁ
ソファーで完全に熟睡ZZZ
ウォームアップが始まったところから、1セット目が終わったところまで、ぴったり。

でもって、すぐに出かけなくてはいけなくなって、結局、彼の試合、ほとんど見ることが出来なかったのでした。

でも強力サーバーのソダリングに勝ててよかった。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

サフィン 引退しないでね。

マスターシリーズ パリでの1回戦敗退後に、サフィンがインタビューで、引退もあるかもとほのめかしています。

“テニスなしでの、リラックスした休養が今は必要。数ヶ月休んでみて、やる気になったら続けるし、そうでなければ、おしまいかな。”
http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/atptour/3274068/Marat-Safin-to-consider-his-future-after-Paris-Masters-defeat--to-Juan-Monaco-Tennis.html

彼のようなキャラクターは、ATPに他にいないので、すごいタレントを持っているんだし、もう少しプレイを見せてもらいたいと思います。

オーストラリアでのホップマンカップは、妹のサフィーナと組んで出場することになっているので、その時には、決断を下しているでしょうかね…?。


一方、昨日、パリへの出場を決めたフェデラー、今度はデビスカップ ワールドグループの1回戦(vs USA)をプレイすると今日発表。これは楽しみです!
http://www.rogerfederer.com/en/rogers/news/newsdetail.cfm?uNewsID=823
インディアン ウェルズの直前の週末というスケジュールだったので、どうかなぁーと思ってましたが…

またチーム フェドリンカのプレイが見られるかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:46 | コメント(2)| トラックバック(0)

フェデラー パリに出場。

マスターシリーズ パリの出場を保留にしていたロジャーですが、今日、出場すると発表しました。
http://www.rogerfederer.com/en/rogers/news/newsdetail.cfm?uNewsID=822

初戦の相手は、先週のリオンのトーナメントで優勝したソダリングの可能性が高いです。
最初から大変そう。


さて、今日は雪が降るかもよという予報でしたが、さっきみぞれが降ってました。

でもカラッと晴れてみたり、土砂降りになったり、昨日に続きヘンテコな天気です。

昨日は雷がなって、雹まで降りました。
冬だぞーっていう合図かな。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー ハットトリック。

バゼルのスイス インドドアズ、フェデラーの3連覇です。
おめでとう~!

3&4のストレートセットで負けたナルバンディアンが、“今日のフェデラーのパフォーマンスは、これまでの彼との対戦の中で、もっとも素晴らしかったもののひとつ”と話しています。

今週から始まるパリのマスターシリーズに関しては、
“今のところ、体の方はOKだけど、明日の調子で考えるよ。”と、まだパリへの出場を保留しています。

ロジャーのエージェントによると、来年はエキジビションを控え、グランドスラムなどの大事なトーナメントに集中していくとのこと。
サンプラスの記録(14個のグランドスラムタイトル)の塗り替えを狙って行く構えです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

スイス インドアズ フェデラーxナルバンディアン。

昨シーズン末は、ナルバンディアンのリサージで、ファンをあっと言わせた顔合わせがまた実現。
シーズン末の恒例です。

ナルバンディアンは、準決勝でアルゼンチンの後輩、デルポトロを退けての決勝進出。先輩の意地発揮ですね。

フェデラーも、“対戦が楽しみだ”と話していましたが、バゼルはロジャーの地元、絶対勝ちたいでしょう。
彼が子供の頃、ボールボーイを勤めた大会を3連覇できるチャンスです。

それから、ロジャーがバゼルでのインタビューで、ワールドランキング1位を失ったことは残念だけれど、ナダルの今年のプレイは、ワールドNo.1に値すると話しています。
http://africa.reuters.com/sport/news/usnJOE49P023.html?rpc=401&
No.1ランキングを失ったことで、その分プレッシャーがなくなったこともあるようで、もうポイントを気にすることなく、トーナメントで優勝すること、そして健康を維持し、ツアーを楽しむことが大事だとも話していました。

パリのマスターシリーズへの出場の可能性は50/50だとも。
どうなるでしょう。

欠場といえば、今日、ガスケがパリの欠場を発表しています。
マドリッドで痛めた肘が原因のようです。
母国でのトーナメントを欠場ということで、また叩かれなければいいけどなぁ…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:46 | コメント(2)| トラックバック(0)

昨日の敵は今日の友。

どうも、最近バックハンドスランプに陥っています。
なんかタイミングがずれているというか…。
“調子悪いなぁ”と思っていると、余計に自信がなくなり、負のスパイラルにはまってしまった。まいったぁ
なんとかしなきゃ。

ところで、昨日、今日と、また今週も試合がありました。

金曜のクラブ対抗戦の相手は、結構近所のクラブ。
やってきた人たちを見ると、あれあれ、見知った顔々が。

最初の試合の相手は、今年の夏、USTAのチームメイトだった人と、今のUSTAコンボチームのチームメイト。
やりにくいです。

最初に相手のサーブをブレイクして先行するも中だるみ。
でも、最終的には3ゲームアップで終了。
なんとか踏ん張ることが出来てよかったです。

2試合目は、夏も今もUSTAで一緒にやってるチームメイトと、最近友達の紹介で知り合ったプレーヤー。
これまたやりにくいです。

最初に相手のサーブをブレイクして先行するも中だるみ。(ここまでは最初の試合とまったく一緒!やっちゃったぁ
でも今度は逆転されちゃった。
5-6で迎えた私のサーブ。
時間切れまであと5分(ブザーが鳴ります)。

パートナーのビーちゃんは、“4つのサービスエースで決めちゃって!”なんて言ったけど、なかなかそうはいかないもので(カーロビッチじゃないんだもん)。

もたもたしているうちにデュースとなり、やっとアドバンテージを取って、“あと一本”と思ってサーブをしたところで、時間切れのブザーが。

でもすでにサーブをしていたので、ボールはインプレイ。
ボレー合戦の末、ビーちゃんが決めて、結果は6-6のタイで終了。ピュ~ッ


そして今日のUSTAコンボの試合は、昨日の1試合目の敵だった彼女がパートナー。

最初のセットを6-1でさらっと取ったところまではよかったんだけどね、またまた中だるみ。

2セット目、5-2でリードしてたのに追いつかれ、なんともぎりぎり7-5で取って試合終了。
まぁ、バックハンド、ひどかったです。まいったぁ

この中だるみトレンドも何とかしなきゃいけません。
も~っ、自分のテニスが嫌になった試合でした…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロディックのプライベートレッスン。

1時間のロディックのプライベートレッスンが、15,000ドルで落札されました。(高い?安い?)

エルトン・ジョンのチャリティーイベントの一環で、オークションにかけられたもので、ロディックが上半身裸でとか、ヌードでとか言ったもので、それが大きな話題に。
http://www.tennis-x.com/xblog/2008-10-18/630.php

でもそこはロディックのいつものジョークだったようです…冷や汗
http://www.andyroddick.com/headlines/2008/10/18/andy’s-blog-mid-october-update/


マドリッドの決勝、シモーン、さすがに力尽きました。
2セット目がタイブレークになった時は、“またよみがえっちゃう!?”と思わせましたけどね。

マレーはこれでマスターシリーズ、連続優勝。(シンシナティ)
“ビッグ3”から“ビッグ4”時代へ??

シモーンは、マドリッドの準優勝で、上海へのATPレース、8位のデルポトロに6ポイント差の9位に浮上。
そして、ガスケ、ツォンガを抜いて、フランスのNo.1プレーヤーとなりました。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

マドリッド ダブルアップセット。

だいたいセミファイナルに、フェデラーナダルが出てきたら、まずはこの2人のファイナルとなるのがここのところは普通でしたが、マレーxシモーンのファイナルにはおぉです。

今まで、ロジャーとラファがセミに駒を進めた後、そこで2人とも負けてしまったことってあったのかな?

マレーは、もしかしたら、フェデラーに勝つかもとは思ってました。
でも、1セット目を見た時は、“これはロジャー、行けそう!”と思ったんですけどね…

2セット目には、マレーにモーメンタムがシフト。
ここ数試合のロジャーの相手のように、ここぞという時にダブルフォルトをプレゼントしたりしないところが、やっぱりマレー、経験を積んでました。

3セット目の最後のゲームでの、マレーのアングルチェンジアップサーブも(サービスエース)、彼の巧妙さを表してましたね。

残念ながらロジャー、ファイナル進出ならず。
ションボリです。
これで、2008年のナダルのワールドランキングN0.1が確定です。

でもセミファイナル、2試合目のシモーンの勝利には驚き!
カーロビッチとの試合で、かなり疲れているだろうなぁと思ってましたから。

“いいプレイが出来ていると思っていたので、3時間かかろうが、4時間かかろうが、1ポイント1ポイントを戦い抜いてやると思ってた。”と試合後、シモーンが話していますが、3セット目のタイブレークが終わった時には、もう体力使い果たしたように見えました。

それにしても、競った試合で、見てるこっちまで疲れてしまいそうな、手に汗握る試合でした。
トータルポイントは、ナダルが126ポイントに対して、シモーンは123ポイントと、ナダルの方が3ポイント多く取っています。

シモーンは、このトーナメントで4戦(2回戦以外)、3セット目のタイブレークで勝利をものにしています。(アンドレアブ、ジネプリ、カーロビッチ、そしてナダル戦)
そしてアンドレアブ戦で4コの、ジネプリ戦で2コのマッチポイントをセーブしています。
天も彼に味方してるって感じですね。

マレーxシモーン、今年、ワールドランキングNo.1、2、3に勝利している2人の戦い。
シモーンの燃料タンクがキーでしょうか。

一方、今日敗退したフェデラーですが、来週のバゼルのトーナメントに出場すると発表しています。
http://www.rogerfederer.com/en/rogers/news/newsdetail.cfm?uNewsID=812
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

AIG デ杯スポンサーから撤退。

1999年以来、アメリカのデビスカップのスポンサーだったAIGが、契約の延長をせず、今年でスポンサー契約が切れることになりました。
http://www.straitstimes.com/Breaking%2BNews/Sport/Story/STIStory_291508.html

AIGは、デビスカップに$何ミリオンも払える状況じゃないですもんね。

政府から、税金を使っての10兆円以上の救済措置を受けながら、AIGのエグゼクティブたちは、“やったぜ”とばかりに何千万円も使って大パーティー。市民の非難轟々です。
どういう神経なんでしょう…?

おっと、話はそれてしまいましたが、USTAとしては、このビッグスポンサーを失うのはとっても痛い。
こんな経済状況ですから、お金を集めるの、大変でしょうね。


今日のマドリッド、フェデラー、デルポトロにストレートセットで勝利してましたね。

自分の試合があったので、対戦相手チームのクラブのロビーで、2セット目の最後の方を、ちょっとだけ見ました。

さっき、今日の試合の再放送が始まったので、これからゆっくり観戦します。

ロジャーのセミの相手は、USオープンの決勝で当たったマレー。

マレーは、USオープン以来、気合を入れてトレーニングしてきたようだし、“USオープンの時よりも、ずっとリラックスして対戦できると思う。”と話しています。

一方フェデラーは、“マレーは策士だし、計画的にゲームを組み立ててくると思う。モンフィースとも上手く戦っていので、明日の彼との試合は大変そうだなぁ。”とコメント。

自分の試合は、今日、初めて組んだコービーちゃんと2戦とも勝利でとっても嬉しかったのですが、1試合目の途中で、左のヒップの筋肉をひねったみたいで、試合中も痛かったけど、夜になったら、ちょっと歩行困難状態。やっちゃったぁ

これ以上悪化しませんように…
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:14 | コメント(2)| トラックバック(0)

マドリッド カーロビッチxジョコビッチ。

カーロビッチ、今度はワールドNo.3に勝利です。

この夏、シンシナティでフェデラーに勝ったカーロビッチですが、マドリッドでは、速いコートも味方して、ジョコビッチを7-6、7-6で下しました。

ジャイアント“ジャイアント キラー”です。

フェデラーが以前インタビューで、いやな対戦相手にカーロビッチを挙げていましたが、彼のサーブの調子がいいと、速いコートではブレイクするのが非常に困難。

タイブレークとなると、どちらに転ぶか分かりませんからね。

今日のカーロビッチとジョコの試合も、トータル獲得ポイントは77ポイントでタイ。
どっちが勝ってもおかしくない試合でした。

カーロビッチがベスト4に進出すると、今度はナダルと対戦です。(かなりの確率で)

彼のVictim Listにワールドランキング1、2、3がそろったらすごいね。

反対にナダルが勝って、ファイナルに進出となると、2008年のワールドランキングNo.1が確定です。


フェデラーとツォンガの初対戦は、フェデラーが6-4、6-1で勝利。

意外と競りませんでしたね。
うっかりコスコに行ったら、見逃してしまいました。やっちゃったぁ

次の対戦相手はRed Hot デルポトロ。
去年はロジャーが楽勝していますが、今年の彼は違いますからね、どんな試合を見せてくれるでしょう。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

マドリッド フェデラーxステパネック。

今日は午前中テニスに行き、午後の仕事から上がったところで、マドリッドのテニス観戦。

フェデラーxステパネック戦、かなりの部分をミスしてしまったのですが、テレビをつけたら2セット目が終わるところ。(後で再放送を見ます。)

1セット目は6-3で順調に取ってました。
でも2セット目は、タイブレークにもつれ込む接戦。

最初にミニブレークしたのはステパネックの方でしたが、大切なところで、ステパネックがダブルフォルト。
その後、ロジャーが盛り返して、タイブレークを8-6で取り勝利です!

ロジャー、ちょっと痩せたんじゃないかなぁ。
新しいウェアのせいで、そう見えたのでしょうか…

この勝利で、フェデラーのキャリア賞金総額が、$43,300,847となり、サンプラスの記録を抜き($43,280,489 )、オールタイム リーダーとなりました。
約43億円!お金持ちだ。(これにエンドースメントを加えると、またとんでもない金額になるんでしょうが…)

3回戦の相手は 初顔合わせのツォンガ。
これまた楽しみです。


今週、子供達の学校はHomecomingの前のSpirit Weekです。

月曜日はアニメのキャラクター、火曜日は有名人と来て、今日はOut of this world Day。

この週だけは学校のドレスコードが棚上げ状態になるようで、みんなすごく面白い格好をしてくるみたい。

昨日は、上半身裸で、体中にマーカーで刺青を描き、ドラムスティックを持ってトラヴィス・バーカー(この前飛行機事故にあった、元BLINK182のドラマー)になっている人がいたと聞き、「すごいねー」とその力の入れようにビックリしたのですが、今日は、“E.T.”のエリオットになっている子がいたそうで、自転車で、かごにE.T.を入れてクラスを移動していたとか。これもすごい!(写真を見せてもらったけど、キャラクターそのものの格好)

ムスコとムスメは、「Men in Black」と何だか妙な宇宙人になって行きました。スマイル
Mr.or Miss Spiritになるには、もっとすごいアイディアが必要だね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジョコビッチファミリー ATP トーナメントを購入。

すごいですね。
http://www.blic.co.yu/sports.php?id=3046

オランダのアメルスフルトで行われていたダッチオープン、メジャースポンサーが手を引いてしまったことで、ジョコビッチファミリーとの間で売買またはリース契約の話が持ち上がってたようです。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601077&sid=a5k6fc5We.ak

セルビアは、なんといってもWTA ランキング 堂々1位のヤンコビッチ、5位で全仏チャンプのイバノビッチ、そしてATP 3位のジョコビッチ、ダブルス4位のジモ二ッチ、ティプサレビッチもがんばっているし、そしてトロイツキも台頭してきています。

ATPトーナメントがセルビアにやって来るには、絶好のタイミングです。

ジョコビッチファミリーは、現在、ベルグレードにテニスセンターを建設中。
完成予定は2010年だそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

マドリッド ナダルxグルビス。

今日の仕事を終了し、テレビを観たら、まだやってました、今日の目玉、ナダルxグルビス。

今年のウィンブルドンでも対決しましたね、この2人。

2セット目をグルビスが取り、調子に乗っていけるかと思いましたが、大事なところでエラーが出てきて、やっぱり終わってみると、3セット目6-3でナダルが勝利。

2セット目の後のナダルのメディカルタイムアウトも、流れを変えるのに役立ったかもね。

明日はフェデラーとジョコビッチが登場です。

フェデラーはインタビューで、体調がいいのでマドリッドには出場できたけど、今後のスケジュールは、その時の体調次第と、慎重なことを言ってました。


明日のロジャーの相手は、ステパネック。
この2人もよく当たりますね。このトーナメントで今年3度目。(ローマとUSオープン)
ローマでは、ステパネックが勝っています。

ステパネックと言えば、ニコール・バイディソバを伴ってマドリッドのプレーヤーズ パーティーに出席。

バイディソバ、こんなことしてていいのか…

折りも折、2007年にステパネックとの婚約が破棄となり、その後、コカイン使用疑惑で引退したマルチナ・ヒンギスのインタビュー記事が、昨日、出ていました。
http://msn.foxsports.com/tennis/story/8668514/Still-claiming-innonence,-Hingis-ready-to-move-on?CMP=OTC-K9B140813162&ATT=199

この記事によると、交際していた時は、自分のテニスそっちのけで、もうラデック中心だったようで、ステパネックの女の子を惹き付ける魅力ってすごいんだね...ちょっと不思議。ごめんね、ラデック。

おまけでマドリッドのプレーヤーズ パーティーでの、グルビス君と彼の妹。かわいいです。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナルバンディアン 怒ってます。

今日、ITFがデビスカップの開催地をマー デル プラタに決定。

アルゼンチンが提案した会場の第一候補は、ナルバンディアンのホームタウン コルドバのスタジアム。
代替候補としてマー デル プラタを挙げていました。

両会場とも、デビスカップの決勝会場としての規定最低座席数12,000席に足りないのですが、マー デル プラタの会場の方が、より座席を増やしやすい状態であると、両会場を訪れた視察団のレポートを受けて、ITFのコミッティーが決定を下しました。
http://www.daviscup.com/news/newsarticle.asp?articleid=14759

これを受けてナルバンディアンが怒りのコメント。
http://news.yahoo.com/s/afp/20081010/sp_wl_afp/tennisdavisfinalvenue
“この決定はおかしいよ。プレーヤーもキャプテンもアルゼンチンのテニス協会もコルドバでプレイしたいと言っているのに。なぜもう一方の会場を選ぶわけ?
コルドバの方が、街の施設も整っているし、どうみてもコルドバの会場の方がいいと思うよ。
これは水面下で、マー デル プラタとの間で何かあったね。”(意訳)

ナルバンディアンは、上海への出場資格があったとしても、デビスカップ決勝への調整のために出場しないと、デビスカップへ向けて気合が入っています。(出場資格への可能性はかなり低いですけどね)

決定を覆すことはまず無理でしょうから、気持ちを入れ替えて、チーム アルゼンチン、初めてのデビスカップを目指してもらいたいものです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジョコビッチ ランキング2位のシナリオ。

フェデラーが年内1位奪回の可能性について書きましたが、おまけでジョコビッチがフェデラーを追い越して、2008年を2位で終えるケースについて。

今週のランキングは、フェデラーが5930ポイント、ジョコが4960ポイントで970ポイント差。

でもこの2人、もっともっと接戦状態です。

彼らが年内に失うポイントは、フェデラーが1325ポイントに対して、ジョコは465ポイント。
それを差し引くと、2人のポイント差はたった110ポイント。

今後ジョコはマスターシリーズ マドリッドとパリ、そして上海をプレイする予定。フェデラーはこれらにプラス、バセルのトーナメントに出場予定です。

110ポイントといえば、マスターシリーズ級の準々決勝以上だとほとんど1勝差です。
(優勝500p、準優勝350p、ベスト4で225p、ベスト8で125p)
上海でも、ラウンドロビンで1勝すると100ポイント。

ロジャーの方が、ひとつ出場するトーナメントが今のところ多いですが(バゼルは優勝で250ポイント)、ジョコビッチがロジャーをキャッチアップする可能性は十分にありです。


ところで、今日のストックホルム、錦織クン不戦勝でベスト4進出です。
対戦相手だったマリオ・アンチッチは急性気管支炎のため棄権。

アンチッチは、モノを患って以来、なかなか体調万全にならず気の毒です。

錦織クンの準決勝の相手は、地元のソダリング。
いいプレイが出来るといいですね。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー マドリッドに出場。

ストックホルムオープンを欠場する時は、年内にトーナメントに出場するか分からないと思わせぶりな発言をしていましたが、来週からのマスターシリーズ マドリッド、フェデラーの出場が決まったようです。
http://www.sportsline.com/tennis/story/11019202/rss

結局はそんなに休養できなかったんじゃないかな?

マドリッドをミスすれば、今年の年末のランキングは、ナダルで確定。もしかしたら、ジョコビッチにも抜かれて3位になってしまう可能性も十分にありでした。(出場してもありですけどね)

フェデラーの年内1位奪回は、残りのマドリッド、パリ、上海とバゼルで優勝して、且つナダルの成績が全然振るわなかった場合にのみ実現します。(かなり奇跡的)

今週の2人のランキングのポイント差は1070ポイント。
年末までに失う、去年加算されたポイントは、フェデラーは1325ポイント、ナダルは675ポイント。

今後、フェデラーがマドリッド、パリ、バゼルで優勝、そして上海で負けなしの最高の成績を出したとしても、稼げるのは2000ポイントで、2008年のトータルが6605ポイントとなります。

ということで、ナダルが年内に280ポイント以上稼ぐと、彼の今年のトータルポイントが6605ポイントを越えるので、そこでナダルの年度末1位が確定です。

ロジャー、体調は十分なんでしょうかねー。
ファンとしては、彼のプレイを見られるのは嬉しいですが…


ここのところすっかり涼しくなり、霜が降りた朝もあり、ついに冬が目の前の気分です。やっちゃったぁ


明日はクラブ対抗戦が、あさっては、先週末から始まったUSTAコンボリーグの第2戦があります。
気合を入れていきますよっ


テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:20 | コメント(4)| トラックバック(0)

クロアチアに罰金。

デビスカップ ワールドグループのプレイオフ クロアチアxブラジル戦で使われたハードコートが、速すぎるとして、クロアチアに罰金です。
http://www.daviscup.com/news/newsarticle.asp?articleid=14757
金額は不明。

罰金に加え、デビスカップのランキングポイントを2000ポイントを失います。(デビスカップにもポイントがあったんですね…)

しかしながら、ブラジルが要求したように、クロアチアの勝利取り消しとはならず、結果はクロアチアの勝利のまま。

使われたコートは、RuKortHard。
サービスエースキング カーロビッチとチームメイトのアンチッチにはピッタリのコート。
ブラジルに4-1で勝利して、来年のワールドグループを決めています。

レフリーが、コートが規定に適していたと判断したことと、ブラジルのアピールが、プレイオフの2日目のに入ってからと遅かったことが考慮されたようです。

このデビスカップ コミッティーの判断に、両国ともまたアピールすることができるようですが、どう決着がつくでしょうか…


デビスカップといえば、決勝のアルゼンチンの会場がまだ決まっていません。(11月21~23日)

アルゼンチンは、ナルバンディアンのホームタウン、コルドバの会場を推しているようですが、ITFの規定、観客席12,000席以上に3,000席足りません。

代わりのMar del Plataの会場も提案されていますが、期限内にコルドバの会場の席を規定数まで増やすことが出来るかどうかがキーのようです。

スペインからは4000人の応援団がアルゼンチンにやってくるという話ですから、デビスカップ決勝、盛り上がりそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織&鈴木選手、残念!

鈴木選手は、フェレールから1セット目を取りましたが、残念ながら2-1でフェレール。
惜しいです。

錦織選手は、1時間にも満たない試合だったみたいですね。
セトルダウンする前に試合が終わった感じだったのでしょうか。
そして、この日のガスケはとても安定したプレイだったようで…。
錦織クン、次回に期待です。



年度末のマスターズカップ出場を賭けたATPレースも佳境です。
ナダルフェデラー、ジョコビッチ、マレーの4人がすでに出場を決めているので、残るは4スポット。

AIGオープンのベスト8には、それを狙うフェレール、ロディック、デルポトロ、ゴンザレス、そしてまだ少しは望みがあるガスケが残っています。
優勝すると50ポイント、準優勝で35ポイントゲット。
マスターシリーズを前に、少しでもポイントを稼いでおきたいところです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:39 | コメント(2)| トラックバック(0)

フェデラーの休養。

ででフェデラーが、今日、来週から始まるストックホルムのトーナメントを欠場すると発表。
http://www.rogerfederer.com/en/rogers/news/newsdetail.cfm?uNewsID=806

楽しみにしていたスウェーデンの人たちはガッカリでしょうね…

フェデラーのコメントによると、
“今年は、年初にモノニュクリオーシスを患ったために、出遅れた分を取り戻そうと、自分にとって大変な年となりました。
幸運にもまた健康な状態に戻ることができましたが、これから先、長くトップレベルのプレイを続けたいし、またワールドNo.1を狙っていくためにもここで少し休養して、体調を整えることが必要です。
そうすれば、年内中、もしかしたら来年になるかもしれませんが、100%の体調で戻って来られると思います。
いつまたトーナメントでプレイするかは、まだわかりません。できれば年内中と願っています。”

というわけで、ロジャーの年内の予定は、
ストックホルム
マスターシリーズ マドリッド
バゼル(ロジャーのホームタウン)
マスターシリーズ パリ
そして上海のマスターズカップとなっています。

モノがまたぶり返したりしていないといいのですが…

今年は体力的なことも然ることながら、精神的にもローラーコースター状態でしたからね、USオープンでの優勝で、やっと肩にずっしりで、地面に埋まりそうだった重荷も下ろすことが出来たので、ファンとしては彼のプレイのお預けは残念ですが、ここで休養を取るのは賢いかもしれません。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 09:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

1980年以来、2人のベスト16。

AIGオープンで、錦織クンと鈴木さんがベスト16に進出。
2人の日本人選手がベスト16に進むのは1980年以来だそうです。(神和住&福井選手)

それぞれ次の相手は上位シードプレーヤー。
錦織クンはガスケと、鈴木さんはフェレールと当たります。
2人ともベスト8となると快挙ですねー

No.2シードのロディックは、ベイジンの疲れもあったのでしょうか、チェコのミナーに苦戦でしたが、3セットともタイブレークの接戦を制しています。
(チャイナオープンで優勝のロディック、賞金の一部を中国の地震被災者に寄付。私の中での株UPです。)


ところで、近所で行われている映画のロケ
なんとテニス友達の1人が、しっかりエキストラとして参加しているというではないですか。
今日、一緒にテニスをするので、よく聞いてみなきゃ。
Lord of the Ringsの俳優さん(名前を忘れた)やらが来ているらしく(オーランド・ブルームでないことは確か。彼なら“疎ケルン”もさすがに知ってる)、時間がある時に、犬の散歩がてら見に行ってみようかな。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 22:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

アディダスのラケット。

アディダスがラケットを発売することに。(70年代にもアディダスブランドのラケットが発売されているので、再発売です。)

アディダスとしては、ジョコビッチにラケットを使ってもらいたいようですが、こんなピーク時にラケットを代えるって、ジョコはやらないかもなと思いますがどうでしょう。

とりあえず、ジョコのウィルソンとの契約は今年の末に切れるので、アディダスもがんばっているようです。

ウェアの方もがんばらないと、ジョコビッチ、イバノビッチともに来年末に契約切れ。

最近のアディダスのウェアを見ていると、アディダスを去っていくチャクベターゼの気持ちもわかるかな。(→フィラ)

ラケットの方は、靴と同じ名前で、バリケード、レスポンス、そしてフェザーがあるようです。

「アディダスのバリケード見せてください。あっ、靴じゃなくてラケットの方です。」
なんて、ややこしいことにならないかな。

アメリカでは来年の2月に発売となるようです。


テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:29 | コメント(7)| トラックバック(0)

ジョコビッチ 弟クンのメインドロー デビュー。

ノバックの弟、17歳のマルコがタイランド オープンのメインドローに、ワイルドカードで出場。

経験&実力の差からいってダブルベーグルかと思いましたが、ニーメネンから2ゲーム取っていました。(2-6、0-6)

マルコの現在のATPランキングは1734位。
いい経験にはなったでしょうね。

兄貴ノバックと組んだダブルスの方も、残念ながらサントロ&ツォンガに6-2、6-2で敗退です。


ところで、先日、デビスカップのセミファイナルでロシアに3-2で勝利を挙げたアルゼンチンですが、ダブルスに出場したカニャスが強盗に遭っています。

カニャスを狙った犯行ではないようですが、彼の車と共に、持っていたラケットや現金、クレジットカードを盗られたようです。
本人に怪我が無かったのが不幸中の幸いでした。
http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,25197,24395182-5010361,00.html
テニス日記 | 投稿者 ケルン 23:49 | コメント(4)| トラックバック(0)

デビスカップ 2009 ドロー発表。

先週末のワールドグループプレイオフの結果を受けて、今日、来年のドローが発表になりました。

ワールドグループ 1回戦の注目は、スペインxセルビア、そしてアメリカxスイス。
ベストメンバーが出場するなら、スター対決です。
http://www.daviscup.com/news/newsarticle.asp?articleid=14742

ホームコートは、スペインとアメリカ。

1回戦は、3月の最初の週末に行われ、2009年の新ATPカレンダーだと、マスターズ1000(現マスターシリーズ)のインディアンウェルズの直前の週末になります。

マスターズ1000は、トッププレーヤー達にとってはマンダトリーのイベントなので、大事なトーナメントの直前で、大移動を余儀なくされるとなると、デビスカップの1回戦は、スキップする選手が多くなるかもしれません。

アメリカxスイスに関しては、開催地がアメリカということで、トッププレーヤー達も出場しやすいかも。
フェデラーはどうするかな…。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップ ダブルス決着。

デビスカップ、今日のダブルスで決着がついたタイは、
セルビア3-0スロバキア
ジョコビッチ、ティプサレビッチ、そしてダブルスのジモニッチの“ッチ”トリオがセルビアにはいますから、順当勝ちですね。

そしてスイス3-0ベルギー
やったね、チーム フェドリンカ。二人の勝利の儀式もやってました。
http://www.daviscup.com/shared/medialibrary/image/gallery/DC_9940_gallery.JPG
来年は、目指せデビスカップです。

昨日、シングルスラバーで0-2と相手にリードされてしまった他の国々は、ダブルス勝利で明日への希望をつなげています。

セミファイナルの2試合もそうでした。

アルゼンチンxロシアは、圧倒的にロシアの勝利かと思いましたが、セットカウント0-2からアルゼンチンのカニャス&ナルバンディアン組が突如息づき、結局試合は5セット目までもつれ込み、最後は8-6でロシアが何とか踏みとどまりました。

スペインxUSAも、フィッシュがボブ・ブライアンの代わりにがんばり、5セットマッチをものにしています。
ロペスは誕生日をスペインの勝利で飾れなくて残念でした。

両対戦とも、明日の4thラバーが楽しみです。(ナルバンディアンxダビデンコナダルロディック
テニス日記 | 投稿者 ケルン 11:17 | コメント(2)| トラックバック(0)

デビスカップ 2008 2日目。

昨日の試合、自分の試合から帰ってきた後、アルゼンチンxロシアとスペインxUSAをチャンネルを行ったり来たりしながら観戦。

でも、自分の試合であまりにも疲れ、途中から寝てました。

昨日はクラブ対抗戦、シーズン初試合。
パートナーは今年初めてチームメートとなったピー先輩。
彼女は元々はシングルスプレーヤーなので、雁行陣でいきました。

1セット目は私たち、ほとんどミスなし、球が決まりまくり、いい感じ。
でもこういうのは長続きしないもので、5-0とリードしたところから、ミスもし始め…
終わってみると6-2、4-6、5-4で時間切れ。

このリーグは2ゲームアップしていないと勝ちとみなされないので、結果はタイ。
めちゃくちゃ疲れた~

というわけで、デビスカップ観戦途中でソファーで転寝。ZZZ

はっと目が覚めてみると、デルポトロとダビデンコの試合終わってた。(デルポトロの勝利)

それで、ちょっと時間遅れで放送しているスペインxUSの試合のチャンネルに変えたら、
「あれー、ナダル、今日はショーツだったっけ?」

しばらくは、ナダルxクウェーリーの試合が終わってしまっていることに気付かず、何で解説の人はロディックの話をしてるんだろうと完全に寝ぼけ状態でした。まいったぁ

各対戦の方は、イギリスxオーストリア、イスラエルxペルー、韓国xオランダ以外はどの対戦も2-0になっています。

イギリスxオーストリアの対戦は、試合が始まる前からマレーとメルツァーの言葉対戦で熱くなってますから、明日の直接対決は見ものです。
(この対戦は先ほどダブルス終了で、オーストリアが2-1でリード。明日のこの4thラバーに勝負がかかってます。)

スイスはベルギーを2-0でリード。フェデラー&バブリンカの金メダルコンビが今日勝てば、来年、ワールドグループでデビスカップを目指せます。

寝ぼけて見ていたセミファイナルの方は、どちらも順当にホームコートのアルゼンチン、スペインが2-0でリード。

スペインのフェレール、ロディックに5セット目8-6で勝利で、今日、ボブが欠けてしまったブライアン&フィッシュ組にレフティーペア、ヴァダスコ&ロペスが勝てば、決勝進出です。

会場のマドリッドの有名なラス・ベンタズ闘牛場。雰囲気が独特そうです。
会場をマドリッドにするに当たっては、マドリッドが標高が高いところにあり、ボールが速くトラベルするので、スペイン側のアドバンテージに影響すると、プレーヤー達とマネージメント側でひと悶着ありましたが、とりあえず結果オーライ?になってます。

アルゼンチンの方は、オートクルーズモードで、昨日の両ラバーともストレートセット。
ロシアが今日のダブルスに勝って、延命できるでしょうか…。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 00:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

デビスカップ。

今週末はワールドグループのセミファイナルをはじめとして、各地でデビスカップのタイが行われます。

先週末は、とっても地味にフェドカップの決勝が行われ、かなり盛り上がりに欠けていましたが(ロシアdefスペイン)、今週末のデビスカップのほうはスター揃いです。

放送があるのはセミのスペインxアメリカとアルゼンチンxロシアだけ。
ほとんどの国がベストメンバーで臨んでいるので、どのタイも面白そう。

スイスxベルギー、見たかったな。

スイスはバブリンカがグンと力をつけてきたことで、デビスカップ優勝も夢ではなくなってきた感じ。
フェデラーもバブリンカとダブルスの金メダルを取ったことで、かなりやる気になったかな。

数年前のクロアチアのチッチーズ(アンチッチとリュビチッチ)のように、2人だけで勝ち抜いてデビスカップを手にすることも出来るわけで、来年はもしかしてもしかするかも?


ところで、今日、新聞に「おぉ?」と思わせるものを発見。

たまにバスタブにお湯をはると、そこでのんびりとSudokuをするのが趣味。

そこでSudokuのお隣に発見したのがこれ。


Word SleuthとかWord Searchとか呼ばれるパズルですが、今日のカテゴリーは、“ウィンブルドンで複数回優勝している人”。
そしてボーナスワードはRoger      

ちなみに今日のSudokuは難しくて、のぼせそうになったので途中で断念!まいったぁ
テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー 朝のショー巡り。

全米オープン優勝の翌朝から、ロジャー忙しくしていました。

CBS The Early Show



こちらは、NBC Today Show


試合後のインタビューで、"オリンピックで金メダルを取ったことがいい刺激となった"と話していたフェデラー、プレッシャーも和らいだことだし、シーズン終盤のマスターシリーズ マドリッドとパリでもいいプレイを見せてもらいたいところです。
(去年はこれらのトーナメントで優勝していないので、ポイントを増やすチャンスでもあります。)
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー USオープンチャンプ!!

He is baaaaack!!

やったね、ロジャー!めでたいです!!

テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

フェデラーvsマレー 月曜決勝。

月曜日にUSオープンの決勝が行われるのは、1987年のレンドルxビランデル以来だそうです。

今回、トロピカル ストーム“ハナ”が運んできた湿気のせいで、ナダルのスピン球がいつもより弾まなかったことが、マレーにとっては有利だったと解説で話していましたが、マレー、初のグランドスラム決勝です。

男子の決勝は、usopen.org でアメリカ国内だけですが、ライブストリームでも見られるようですね。

ロジャーの5連覇、達成できるといいなぁ。


ところで、今日は、チームの練習があり、そこに見たことがないコーチが1人やって来ました。

「大学生?」と思わせる若者クンで、若い時のサフィン風。
アドバイスもタイミングよく出してきてくれるし、ルックスプラスで、なかなかよいコーチでした。○


そろそろ決勝が始まりますね。楽しみだー
テニス日記 | 投稿者 ケルン 05:21 | コメント(4)| トラックバック(0)

7桁の家賃。

先日、日本に駐在中の友達が、一時帰国中に遊びに来てくれました。

この夏、彼女の家を訪ねていこうかなぁと思ったのですが、あの暑さに怠け者になり、都心に出かけてゆく元気が出ずおあずけ。

それで、今回、彼女と話しているときに、家賃の話が出て、その金額を聞き、今度の機会には絶対行って見なきゃと思ったのでした。

そしたら、昨日、また他の知人が日本に駐在になるという話で、そのまた家賃がすごいのなんのって。びっくり
「もったいない!!」と思ってしまった。貧乏性だわね…


ところで、今日のUSオープンセミファイナル、ロジャー勝ちました!!
(実はジョコが勝つんじゃないかと思ってたんだ…ごめんよ)

ジョコビッチ、疲れてそうでしたね。

でも時間を繰り上げての試合スタートが功を奏して、雨が降り始める少し前に終わることができてよかったです。

もし雨天中断で翌日ってことに、途中でなったりしてたら、ジョコビッチが勝ってたかもですね。

一方、ナダルxマレーの方は、雨雲競争に勝てず雨天中断。

ナダルにとっては恵みの雨。
マレーは、2セット連続で取った勢いに乗って行きたかったところでしょう。彼にとってはアンラッキーでした。

この雨で、女子の決勝は明日に順延。
男子の決勝は月曜日の夕方とリスケジュールされています。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

Happy B-Day!!

今度はムスコです。祝
そしてブースカの誕生日は来週で、うちの家族はダンナー以外、ぎゅぎゅっと誕生日が混雑してます。

彼の友達が週末に、誕生日が近い他の2人の友達と一緒にパーティーを催してくれるということで、“それなら今日はうちにいるのね”とケーキも用意したのにさっ。

友達が車で迎えに来て、出かけちゃった…フンッ

...でもまぁいいかっ。


昨夜は、ロディックのカムバックか!?と思われたジョコビッチ戦、ロディックの5-4で、彼のサーブという時に、ありゃりゃのダブルフォルト連発で、結局はジョコビッチが3-1で勝利。

ロディックの、“ジョコの怪我、ホントかいな?”的な発言がジョコビッチを奮起させたようで、ジョコビッチに、彼を傷つけたことを謝った上で、「でも、結局は自分の発言が、彼のためになったてことかな?」と話していました。

ところで、トロピカルストーム“ハナ”が、イーストコーストに沿って北上する予想で、今夜遅くからニューヨークは雨の予報です。雨

明日の日中は、天気が少しよくなるかもという予報に、試合をなるべくスケジュール通りに進めようと、明日のメンズ セミファイナルは時間を繰り上げて開始されるようです。

天気次第では、ナダルとマレーの試合は、アームストロング スタジアムで行われることになるかもしれないみたいですね。

もしセミが明日出来なかった場合、男子の決勝はとりあえず月曜の午後に予定されています。

チケットを持っていない自分にはあまり関係ありませんが、男子準決勝、そして男女決勝のチケットホルダーにとっては、リスケジュールによって、見に行けなくなったりしたら悲しすぎですね。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 07:57 | コメント(2)| トラックバック(0)

ロディックvsジョコビッチ まじめにテニス対決。

ベスト4、最後のスポットを賭けての対決は、ロディックvsジョコビッチ。

物まねでは、ジョコビッチの方がうわてでしたが、まじめ対決はどちらでしょう。

ジョコビッチは、4回戦のロブレドとの試合で、あちこちの怪我や呼吸困難、胃の不調を訴え、何度かトレーナーを呼んでいますが、結局はロブレドに勝利。

ロブレドは試合後のインタビューで、ジョコビッチのことを、“Novak was
doing the show, that he was that he couldn't run.”と時間稼ぎのためにトレーナーを呼んでいると非難していましたが、ロディックも、“I’ve got to feel
good. He’s got about 16 injuries right now.”とコメントしています。冷や汗

ロディックの4回戦のサーブの調子でいくと、怪我と病気が本当ならジョコビッチ、かなり厳しいかも。


昨日は、因縁の対決、マレーvsデルポトロがありましたが、デルポトロの怪我もあって、マレーが3-1で勝利。
グランドスラム、初のベスト4進出です。

試合の後、ネットで握手する時に、いろいろ話をしてました。
少しはわだかまりがほぐれたみたい?

そして、昨日というか、今日というか、私が熟睡中に、ナダルもフィッシュに勝利で、順当に準決勝に進んでいます。


今日、日中にはフェデラーも、ミュラーにストレートセットで勝ちました。
ロジャーのモジョは健在でしたね。

これで、グランドスラムで準決勝に18回連続進出です。
すごい記録ですね。
今年は彼にとっては調子の悪い年ですが、それでも、全豪、全仏、全英、そして全米とベスト4に進んでいるのは、やっぱり“フェデラー”です。

今夜は8時過ぎにはロディックとジョコの試合が始まる予定なので、なんとか最後まで起きてられるかな…

テニス日記 | 投稿者 ケルン 08:09 | コメント(2)| トラックバック(0)

ミュラー 見たことあると思ったら…。

学校が始まったのは嬉しいのですが、朝6時に起きないといけないのは痛い!

夏休みの間、ダンナーだけの時は7時でOKでしたが、お弁当を作ったり、7時に子供達を学校に送っていったりで、朝が弱い私には、慣れるまでにしばらく時間がかかりそうです。


昨日のフェデラーの試合、冷や汗でしたが勝ててよかった!!

何かが吹っ切れたのか、ショットが決まった時も、失敗した時も、感情を表に出していて、ちょっと違ったロジャーでいい感じでした。

次の相手は、ダビデンコに勝ったギル・ミュラー。

なんだか聞き覚えのある名前…

で、写真を見たら、「あー、この人っ」

数年前(3年前?)のUSオープンで、モジョ(mojo)を失ったロディックが、1回戦で負けた相手でした。
(この年のアメリカン エクスプレスのCMは、アンディが寝ている間に、彼の体からモジョ…お守りみたいなもの…が出て行ってしまい、勝手に遊びまくり、モジョを失ったアンディのショットの調子が悪くなってしまうというもの。
ロディックが1回戦で負けてしまったので、とっても命が短いコマーシャルとなりました。やっちゃったぁ

そういえば、今年はロディックのアメリカン エクスプレスのCM見ませんねぇ。
毎年、面白いのやってたのにね。

テニス日記 | 投稿者 ケルン 01:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織君、ベスト16!

昨夜は、日本から遊びに来ている友達を招いて、バーベキューパティー。

そうしたら、テレビをチェックしていたムスメが、
「にしこりクン、すごいがんばってるよ~!」

「えーっ!」そりゃ、応援しなきゃ!!
というわけで、ゲストほっぽりだして応援してしまいました。

5セット目、錦織君5-3の時に、フェレールにブレイクされた時は、このままフェレールに持っていかれるかも…と思いましたが、最後まで攻めてて、立派なプレイでした。



次の相手は、上昇気流に乗ってる“らくだクン”ことデルポトロ。
ティーンエイジャー対決です。楽しみですねー。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 03:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロディックvsジョコビッチ 物まね対決。

全米オープンの始まりのイベント、アーサー・アッシュ キッズデイ。

今年はロディックとジョコビッチが面白いことをやってました。ガハハ
ご覧下さい。↓
http://www.youtube.com/watch?v=nXGm2JVRUZc
テニス日記 | 投稿者 ケルン 06:51 | コメント(2)| トラックバック(0)

祝 初戦勝利。

フェデラーの初戦、相手はマキシモ・ゴンザレス。
初めて見るプレーヤーです。

1セット目、3セット目とも3-3までは競っていましたが、結果は3、0&3でロジャーの勝利。

どのトーナメントも、初戦は怖いですから、いいプレイで勝ててよかったです。

他の初戦突破おめでとうは、もちろん錦織選手。

モナコに3-1で勝利です。
テレビで見られたのは、3セット目の終わりと、4セット目のマッチポイントのみでしたが、この調子で2回戦もがんばれっ。

サフィンも、4セット目にフットフォルトのコールで揉めに揉め、大丈夫かなーと思われましたが、5セット目を取り、スペディアに競り勝ちました。
http://sports.espn.go.com/sports/tennis/usopen08/news/story?id=3554203

反対に初戦突破ならず、残念!は、ガスケ
相手はベテランのハース。この試合も5セット目にもつれ込む接戦でした。

バーディッチも、2メートル級対決でクエーリーに完敗。

応援のドナルド・ヤングも、大金星まで後一歩だったのですが、ブレークに5セット目を落として敗れてしまいました。(あのイヤリングは、母的感覚でいくとちょっとだめだな。)


ところで、今日はムスメの誕生日。祝

夜、彼女の友達がサプライズ パーティーをやってくれるそうで、うれしいですねー。
でも、どうも、彼女の友達、物事を隠すのがあまり上手ではないようで…冷や汗

まずはパーティーの相談のテキストメッセージをみんなに送ったみたいですが、間違ってなんと本人にも送ってしまってるし。あれー?
(でもムスメは、これは見ない方がいいなと思って、読まずに削除したそう)

昨日は、私の知人を装って電話をしてきて、パーティーの相談を私としようと思ったところが、その電話を取ったムスメには、すぐに声でバレバレ。
私に電話を渡す時も、笑いを堪えていました。

まったく微笑ましい限り。スマイル
そしてとってもありがたいです。

さて、ムスメはうまく驚けるかな?
テニス日記 | 投稿者 ケルン 21:44 | コメント(2)| トラックバック(0)

ATPチェアマンの退任。

ATPの最高責任者であるエティエンヌ・ド・ヴィリエール氏が、契約が切れるこの12月で退任するそうです。

彼がチェアマンに就任してから、トーナメントへのラウンドロビンの導入や(すぐに失敗で取りやめ))、ATPカレンダーの変革(来年からATP新ツアーがスタート。この変革に伴い、ランクダウンされた開催地からの裁判も起こされました。)などを次々と実現してきましたが、トッププレーヤー達からは、厳しいスケジュールやルールに対してかなりの反発があったようです。

特にナダルは声を大にして、彼を批判していました。

今年はプレーヤーズ カウンシルにトップ3(ナダル、フェデラー、ジョコビッチ)が参加して、ATPのマネージメントに選手の意見を反映させようとしていました。

その甲斐あってか、ド・ヴィリエール氏の契約が延長されること無く、12月の任期終了後退任となったそうです。
(多くのトッププレーヤーは、彼の任期延長に反対していたみたいですね。)

ディズニーの国際テレビ部門からやってきたド・ヴィリエール氏、テニスのエンターテイメント化には本領発揮でしたが、プレーヤー側とのバランスはうまく取れなかったようで…。

新チェアマンは、これから選考されるそうです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 12:46 | コメント(2)| トラックバック(0)

USオープン メインドロー。

全米オープンの組み合わせが発表になりました。
http://www.usopen.org/en_US/scores/draws/ms/index.html?promo=topnav

注目のNo.3シード、ジョコビッチはボトムハーフに入り、ロジャーにとってはアンラッキー。

でも、フェデラーのクウォーターに入っているのは、ダビデンコ(No.5)、ガスケ(No.12)、バダスコ(No.13),アンドレアヴ(No.23)などで、準決勝までは勝ち上がって行けそうです。

一方、ジョコビッチの山は、危険なサフィン、ライジングスターのガルビスとチリッチ、銀メダリストのゴンちゃん(No.11)、それからロディック(No.8)がいます。
この山はかなり厳しそう。

トップハーフのナダルの山は、サービスエースキング カーロビッチ、ナダルが不得意なブレーク、それからノッていると怖いモンフィースらが。
ナダル、初めてのNo.1シードで迎えたグランドスラム、長い夏の疲れの影響が心配されます。

フェレールの山は、誰が出てきてもおかしくないかな。
最近ノリノリのデルポトロ(No.17)、今年のシンシィで初めてのマスターシールド手にしたマレー(No.6)、ダブルス金メダリストのバブリンカ(N0.10)たちに大きなチャンス。
日本の錦織選手もこの山。活躍に期待です!!
初戦の相手はモナコ。...うーん、がんばれっ!
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:03 | コメント(2)| トラックバック(0)

US Open シード。

USオープンのドローの発表は明日。

昨日シードの発表がありましたが、No.1シードは新キングのナダルフェデラーはすごく久しぶりのグランドスラム No.2シード。(2004年の全豪以来、その時のNo.1シードはロディック

ボトムハーフのフェデラー、なんだかピンときません。

No.3シードはジョコビッチ、それに続きフェレール、ダビデンコ、マレー、ナルバンディアン、ロディック、ブレーク、そしてNo.10シードはバブリンカ。

ジョコがどっちのハーフになるかがキーですが、読んだ予想の中では、ジョコビッチまたはフェデラーを優勝候補として挙げているものが多いかな。
(ナダルのUSオープンの速いコートでのプレイと、この長い夏の疲れが懸念されているよう。)

でも、今年の春からのナダルはモンスターですから、グランドスラム3連覇もありえるかも。

日本の錦織選手は、ヒューイットの棄権により、予選をプレイすることなく、メインドロー入りとなりました。
この錦織クンへのグッドニュースは、予選が始まる20分前に入ったとか。

ヒューイットはヒップの手術を受けるため、彼の今シーズンは終わりとなりました。
来年の全豪を目指して調整するようですね。


さて、自分のテニスは、来週から秋のシーズンのチーム練習がスタートです。

毎夏、チームのシャッフルがあるのですが、今回、今までのチームから、他のチームへ異動。
私と一緒に動いた人も数人いるのですが、新しいチームでの練習は、また今までと違うでしょうから楽しみです。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 10:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

冠ナダル。

ロジャーの金メダルの余韻でめでたくしているところに、今週のランキングが出て、ついにナダルがオフィシャルにワールドNo.1となりました…

フェデラーの4年半(237週)連続1位の記録は途絶えてしまいました…が、また返り咲きます、きっと。


女子の方は、今週、またイバノビッチが1位となりました。

ヤンコビッチとクズネツォバが、オリンピックの決勝まで進めば1位のチャンスがあったのですが、クズネツォバは初戦でリ・ナに、ヤンコビッチは準々決勝でサフィーナに敗れてしまい、オリンピックを棄権したイバノビッチが1位に戻ってきました。(最低でも2週間は1位。)


今日は、USTAのチームの打ち上げパーティーがありました。

キャプテンがみんなにプレゼントを用意してきてくれて、それぞれの人にちなんだ物だったのですが、私がもらったのは、これ↓

一言で言えば、「しゃべるハエたたき」

なぜハエたたきかというと、長い話を短くすれば、プレイオフの時に、コートサイドのベンチの下に蜂の巣があり、その蜂にちょっと悩まさてしまったということで、備えあれば憂い無し。

このハエたたき、叩くと「ゴッチャ~(Gotcha)」としゃべるのです。
これは遊べそう。

早速、うちのラファエルで遊びました。
非常に盛り上がっておりました。食べられないように気をつけなきゃ。
テニス日記 | 投稿者 ケルン 13:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェデラー&バブリンカ 勝利の儀式。

あの不思議な儀式は、バブリンカのプレイが冴え、燃える男